4日目その6 バーンレム駅から再びメークロン線の旅 ★初めての大陸(タイ王国編)


20171119 (14) 
バーンレム側の船着き場に到着
自力ではなく今度はチャリンコタクシーに乗ってバーンレム駅を目指す

20171108mek (35) 
写真はマハーチャイで撮ったやつ
右に止まってるやつみたいな感じのやつに乗っている

20171114バーンレーⅯ (19) 


おっさんの背中

自転車は船着き場の横から延びる道路を右折
お寺の敷地内へと入る
これだと歩いてきたらまた迷ったかもしれない

20171114バーンレーⅯ (20) 
船から見えた仏像はこれか

20171114バーンレーⅯ (22) 
船着き場からやく3分
なんかすごいところで降ろされる
一応列車が見えているから駅には違いないはずだけど裏手にもほどがある
タクシーのおっさんはスリーと言ってきた
3バーツとはやけに安いなあと思い小銭を3枚出したらノー!!と怒り出した
30バーツだったらしい
財布の中には100バーツしかなかったのでこれを出したら
嘘か本当か知らないけどどうもつり銭がないらしい

20171114バーンレーⅯ (21) 
ということで結局100バーツ丸々渡す羽目になってしまった
おっさんは上機嫌(たぶん)で船着き場へ戻っていた
まあ300円ちょいだしいいか

20171114バーンレーⅯ (23) 
駅の敷地へ入る
列車の向こう側にホームが見えたんで適当に回り込んでそっち側へ向かった

20171114バーンレーⅯ (24)
駅の正面側はこんな感じ
右手の小屋みたいなところに窓口がある簡易な作り
線路終端のすぐ先はターチン川


動画で見るとこんな感じ
この場所にそのまま渡し船を付けてくれれば迷わずに済んだのに

20171119 (3)
ホームは地味にかなり急カーブしている
ただ低床ホームなので高床ホームみたいに大きく隙間が空くとか
そういった問題は無い

20171119 (1)
ホームから伸びる道

20171119 (2)
メークロン方向を見る

20171119 (5)
駅窓口できっぷを買う
1000バーツを渡すと笑顔で拒否されたので100バーツを払う
いい加減両替しないとやばいんだけどこの先大丈夫だろうか

20171119 (4)
列車内の便所
たぶん垂れ流し
あのレバーを踏めば便器の底がパカッと開く構造になっていると思うけど
使っていないんで分からない
1回ぐらい使っとけばよかった

20171119 (6)
列車内
そこそこの乗り具合

時刻表上の発車時刻は13時30分
だいたい定刻に発車
20171119 (7)
発車直後はターチン川沿いを進む
でっかい船がずらりと停泊していてなかなか面白い車窓だったが

20171119 (8)


20171119 (9)
その後は田園なのか草原なのか藪なのか分からん中を進む

20171119 (11)
ずっとこんな感じの平原
ただ木々は多く遠くの見通しはあまりよくない

20171119 (12)
うつらうつらしていた

20171119 (13)
そのうち草原・田園からこんな感じの車窓に代わり始める
えびの養殖池だろうか
写真右奥にも見えるようにときたま工業団地みたいなのが平原の中に建ってたりもしたが
とにかく面白くない車窓が続く






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

4日目その5 ターチン川渡船に乗りマハーチャイからバーンレム駅へ ★初めての大陸(タイ王国編)


12時30分過ぎ
そろそろ列車の発車時刻なのでマハーチャイから対岸のバーンレムへ再び移動
予定よりも3時間近くマハーチャイで時間を食うことになったが
駅東側の線路上市場やでっかい寺院も見物できてこれはこれで楽しかった
ただメークロン線市場滞在時間が大幅に減ったのはやっぱり痛すぎる

20171114バーンレーⅯ (2)
写真は午前中に乗った時のもの
午前中の記事の時には渡船の写真を殆ど載せていなかったんで今回載せることにする
マハーチャイ側のりばはこんな感じ
立派な過ぎるのりばとなっている

20171114バーンレーⅯ (3)
桟橋も近代的
割と新そう

20171155ばーんれむ
しかし船は木造でぼろい

20171114バーンレーⅯ (5)
たぶん沈没したら死ぬはず

20171114バーンレーⅯ (6)
運賃は片道3バーツ
だいたい10円

20171114バーンレーⅯ (8)
エンジンも丸見え

20171114バーンレーⅯ (7)
ターチン川を渡る
河口に近いため海側をみると大型船が山のように停泊中
漁船だろうけど何を採ってるんだろうか

20171114バーンレーⅯ (9)
上流側
川幅は数百メートル
ろくに堤防も整備されてないんで大雨と満潮が重なったらあっという間に
付近は冠水するはず

20171114バーンレーⅯ (10)
さすがタイ
金ぴかの仏像

20171114バーンレーⅯ (11)
ロイヤルタイポリスと書かれた船ともすれ違う
オロナミンCの高いやつではなく間にタイが挟まってるんで警察船
皇宮警察的なもんかとおもったけどググるとタイ王国国家警察庁のことだそうな

20171114バーンレーⅯ (12)
ゆっくり進んで10分弱で対岸へ

20171114バーンレーⅯ (13)
到着
桟橋接岸部分は竹かでっかい葦を組んだもので作っていた





20171114バーンレーⅯ (17) 
岸辺の潟にはマッドスキッパーもいる
潟が割と身近なところにあったんで妙に親近感がわく
日本にいるトビハゼの種だろうか
20171114バーンレーⅯ (14)


20171114バーンレーⅯ (16)
午前中この看板を発見してればよかったんだけど

20171114バーンレーⅯ (15)
バーンレム側船着き場はこんな感じ
アーケードというか屋根のかかった商店街を少し歩くと船着き場



関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

4日目その4 マハーチャイを歩く ★初めての大陸(タイ王国編)


20171108mek (35)
マハーチャイを歩く
トゥクトゥク(三輪タクシー)やバイクタクシーのほかに
自転車というか人力三輪車?の後ろに席を付けたタクシーも良く見かけた
人力三輪車タクシーとでも言えばいいんだろうか
バンコクでは見なかったがこの辺りまでくるとまだ現役のようだ

20171108mek (28)
駅北側の街並み
向こう側にはでっかい寺院

20171108mek (29)
めちゃくちゃでかい

10181110bbk (1)
英語もタイ語も読めないんで分からん

10181110bbk (2)
道路沿いの溝
でっかいトカゲがいたんでカメラを向けたがシャッターを押したときにはもう溝の中に逃げ込んだ後

20171108mek (30)
入口

20171108mek (31)
凄いなあ
このとげとげしい感じがなんともいえない
こんなにでかいのにほとんど誰もいないし
曇り空の下で見たら恐ろしく感じそうだ

20171108mek (32)

20171108mek (33)
階段を上り本堂?へ

20171108mek (34)
上ってみた
本堂の中は作業員がいて工事をしているようだったんで入らなかった
軒下の日陰には地元の子供が寝っ転がってスマホをいじったりして
のんびりとした空気が漂っていた

この寺の名前はグーグルによるとWat Pom Wichian Chotikaram
日本語ではワット・ポム・ウィチャン・チョーティーカーラームと読むらしい
日本語のページがほとんどヒットしないんでいつ建てられたとかはよく分からんけど
とりあえず王室にも関係のある由緒あるお寺らしいということだけは分かった

まあ王室かよっぽどぼろ儲けしている宗教じゃないかぎりここまでの規模の宗教施設は
建てられないだろう

20171108mek (38)
再び駅前のメイン通り
時刻は12時過ぎ
交通量ががだいぶ増えてごみごみ具合に拍車がかかった気がする
本当にインドに来たんじゃないかと錯覚するぐらいカオスで歩いているだけで面白い

20171108mek (39)
マハーチャイ市場では袋詰めの謎のものや

20171108mek (40)
魚などを売っている

20171111mrk (1) 
丸焼きの鳥
写真を見て120バーツなんて安すぎやろと思ったがたぶんこの値札は後ろの魚だとおもう

20171111mrk (2)
山積みのカニ

me-kuronsebun1111.jpg
道沿いのスペースがあるところはすべて露店で埋め尽くされていて
セブンイレブンの前もこんな感じ
というかこんなごみごみの街中に普通にセブンイレブンがあるというのがまたおもしろい

20171108mek (9) 
2個前のページで上げた写真だけど左側のセブンイレブンの前がこんなかんじ

20171108mek (41)
生魚や果物だけではなく串焼きなどを売る屋台も当然出ている
イカ焼きは1本10バーツ
日本円で35円ぐらい
タイの月収は11万円らしいのでまあ日本の3分の1ぐらいか
そうすると×3で現地の人の感覚で言うと日本のコンビニと同じぐらいの1本105円ほど
現地価格からしてもそう高いものではないようだ

注文すると炭火で表面を焼いた後謎のソースを入れたビニール袋に入れて渡してくれる
味は普通のイカ焼きだけどソースの味がなかなか独特
スパイスも聞いていてけっこう辛い

20171108mek (42)
こっちは豚串
イカ焼きよりも多少値が上がりたしか15バーツ
もしかすると20バーツぐらいしたかもしれない
どんな味がするんだろうかと思っていたが日本の焼き鳥の豚串と殆ど変わらずめちゃくちゃうまい
タイでは至る所にこんな感じの屋台が出ているのでこの後も何度か豚串を買った
ただマハーチャイ駅横の肉屋みたいなとこから仕入れた肉だろうから
それを考えると豚だけど少し鳥肌が立つ



関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR