14日目その1 北海道神宮 ★夏の札幌をぶらつく日


すすきののネカフェから札幌駅へ
20160823札幌 (3)
北海道は台風9号が通過中
昼過ぎ以降まで長距離列車はほぼすべて運休

20160823札幌 (8)
このちっこい台風まで北海道にやってきたわけだ
なんかもう来すぎてよくわからん
冬だったら爆弾低気圧でも正直テンションが上がるけど
台風だとだださがり

20160823札幌 (10)
皮肉なことに札幌は台風一過
道東もスマホでチェックしたら青空がのぞいていた記憶がある
動けなくなるのを覚悟でもう1日粘ればよかったかなあ…とか自分の決断力のなさに後悔していたが
この後8月末の大雨で石勝線など道内各地が寸断
一歩間違っていたら本当に動けなくなっていた可能性もあるわけだから
台風通過前に釧路を脱出した策は間違っていなかったはず

円山公園へ向かう
20160823札幌 (14)
地下鉄

20160823札幌 (21)
円山公園駅で下車
今日は空の色が違う
青すぎ

20160823札幌 (25)
公園に隣接する北海道神宮を参拝

20160823札幌 (30)
開拓神社
名前からして北海道らしい
開拓神社とは、昭和13年(1938)北海道開拓70周年を迎えるに当たり、開拓功労者をしのんで北海道神宮内に創建された。北海道の名付け親である、幕末の探検家松浦武四郎氏など、北海道の開拓に尽くした先人37柱が祭られている。(たびらい
そうな


20160823札幌 (40)
北海道神宮
パクってくるのも面倒なので詳しくはwikipediaでも見るがよい
もともとこの土地に日本の神様なんていなかったというか
土着の信仰をぶっ壊した上で出来たものだからなんか有難味が薄い気もする
まあこんなことを言い出したらもうキリがないし
だいたい宗教ってそんなもんなんだから面倒なことなんて考えずに馬鹿がありがたい気持ちになれればそれで良い
というわけでいつものように10円を入れ参拝
金持ちにしてくださいなんて言わないから無事に家に帰してください
写真の順番的に北海道神宮を上に持ってくるのが適切だったかもしれないがまあいいか

20160823札幌 (45)
この後神宮脇から登山道を通り円山へ上る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

13日目END 道東脱出 ★台風襲来道東の旅

12日目へ


20160822釧路 (3)

夜に台風が通過
そこそこ風は吹いたもののそう大したことはなかった
今日は台風一過を期待したがライブカメラで見た厚岸は御覧のあり様

20160822釧路 (29)
幣舞橋
釧路の街も霧が立ち込めていた

20160822釧路 (35)
困った

20160822釧路 (48)
青看板

20160822釧路 (53)
なんだよお前

20160822釧路 (56)
風も吹いていないのに列車はすべて運休

20160822釧路 (59)
困った

20160822釧路 (74)
下手したら大雨で路線が寸断されて動かなくなる可能性もあるので
札幌行の高速バスで釧路を脱出することにした
早い時間帯の便はどれも満席で18時ごろの便しか取れなかった

20160822釧路 (77)
23時ごろ
札幌駅バスターミナルに帰還
とりあえずはホッとする
念願の夏の道東の旅はこれにて終了となってしまった

この翌日早朝には台風9号が日高に上陸
北海道を縦断していった
ここまで台風に合う機会も稀だと思うがとにかく台風に邪魔されまくりの旅だった
無駄に金は使うことになるし最悪だ
北海道の鉄道は8月末に接近した台風10号から延びる雨雲により
各地の路盤・鉄橋が流出するなど多大な被害が発生…

翌日も札幌から各地へ向かう鉄道は運休も多かったので札幌をぶらぶら
次回はその様子を




関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

12日目 霧多布でぐしょ濡れになる ★台風襲来道東の旅

20170827 (1)
台風11号接近中…
列車は運休
こんな状況下だが無謀にも憧れの夏の霧多布岬行を強行

20170827 (2)
くしろバス運行の路線バスに乗る

20170827 (3)


20170827 (4)
路肩のでっかい水たまりにタイヤが入るとビシャッという音と共に泥水が床から噴き出してきた
バスは急停止
車内の一部と自分はびちゃびちゃ
運転士曰くタイヤハウスがぼろくなっているからそこから水が入ってきてしまったらしい
ということで席の移動を頼まれた
向こうも平謝りだしこっちも半笑いで済ませたが
100パーセント向こうが悪いんだし雑な整備してるわけだから
文句の一つでも言ったほうがよかったかもしれない

20170827 (5)
水と一緒に上がってきた錆が壁に付着
とにかく最悪だ

20170827 (6)
霧多布に着くころには大体乾いた

20170827 (7)
釧路から1時間半ほどで霧多布湿原のすぐ脇に建つ霧多布ビジターセンター着

20170827 (8)
木道が続く
雨はまだ小雨
意地でも霧多布を散策するつもりなのでこの天気でもレンタサイクルを借りる
受付のおばさんは自己責任だと笑っていた
とりあえず霧多布岬を目指すことにするも途中でいきなり暴風雨になる

20170827 (9)
結局霧多布岬にたどり着けずに引き返す
ちなみに釧路から乗ったバスは霧多布岬行
欲張ってチャリンコで周遊なんてことは考えずに霧多布岬だけに集中すればよかったか
どっちみちこの天気では一緒か
20170827 (10)
鉛色の海を見て憂鬱になる

20170827 (11)
何もやることがない

20170827 (12)
嫌がらせのように厚岸湾周辺に強い雨雲がかかりっぱなし
もう嫌だ



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR