FC2ブログ

北海道北海道北海道北海道

20190718 (8)
2012年から6年連続北海道に行ったのも今は昔
社畜となり昨年で連続渡道記録もストップ

20190718 (9)
北海道に行くために生きていたようなもんなので労働意欲も湧かない

20190718 (10)
まあブラック何でそんなのお構いなしにこき使われるわけだけど

20190718 (7)
こき使われて半月板をぶっ壊す

20190718 (3)
ああ北海道

20190718a.jpg
本当は今の時期が一番いいんだろうけど逃げ損ねた
毎日毎日残業まみれ

20190718 (1)
ああ哀れ

20190718b.jpg
当分?一生?山登りも出来ん
ああ哀れ

20190718c.jpg
待っとけよキハ40…
1か月後は北海道…

20190718z.jpg
本当に辞めれるんだろうか

20190718K.jpg
転職決まらんやったら人生行き止まりどころか終わりやな

終わり

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

5日目その6 猿だらけロッブリー プラプラーン・サームヨートをプラプラ★タイ国鉄乗り倒しの旅

20190705 (1)
プラプラ
>プラーン・サームヨート (Prang Sam Yot 〈プラ・プラーン・サームヨード[1]、Phra Prang Sam Yod〉、タイ語: พระปรางค์สามยอด) は、タイの中部、ロッブリー県の県庁所在地(ムアン)ロッブリーにあるクメール時代の3基の塔堂(プラーン、prang)をもつ寺院である。(wiki)

20190705 (2)
お猿

20190705 (3)
鹿せんべいの猿版みたいな草

20190705 (4)
遺跡の目の前にあるビル
看板も出ておらずボロボロ
廃ビル?

20190705 (5)
観光名所目の前の一等地なのに殆どのシャッターが閉まっている
何故だ

20190705 (6)
人通りもまばらで目に付くのはお猿だけ

20190705 (7)
そんな廃ビルの目の前にあるプラプラ
入場料を払い入場

20190705 (8)

20190705 (9)

20190705 (10)
>寺院はおそらく12世紀末[1]から13世紀[2]、クメール支配によるジャヤーヴァルマン7世(在位1181-1218年/20年)の統治時代に構築された[3]。もともとの機能は明確ではないが、アンコールの多くの寺院と同様に、プラーン・サームヨートは当初ヒンドゥー教の寺院であり、3基の塔はヒンドゥー教の神ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの[2]三神一体を表すものとされる[4]。(wiki)

元々の機能分かってないんかい


20190705 (11)

20190705 (12)
お猿のアスレチック状態

20190705 (13)
猿のせいで遺跡がボロボロになっている気がしないでもない

20190705 (14)

20190705 (15)
まあそんなことタイの人たちは気にしてないんだろう

20190705 (16)

20190705 (17)
ロッブリー駅
バンコクに戻るぞ

20190705 (18)
バーンスーまでの切符を購入
12時20分発のバンコク行き快速を待つ

20190705 (19)
106列車は10分ほど遅れてやってきた
列車は客車ではなく日本製DCの5両編成

続く

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

5日目その5 ロッブリー猿の寺 サーンプラカーン ★タイ国鉄乗り倒しの旅

20190702 (2)
再びロッブリー駅

20190702 (3)
駅前の通りを北に進むとサーンプラカーンへ着く

20190702 (1)
ただ駅から猿寺へ向かうには線路上を歩いて行った方が手っ取り早い
良いのか悪いのかは知らないがタイの他の地域と同様に多くの人が線路上を歩いていた

20190702 (4)
途中見つけたトカゲ

20190702 (5)
ルンピニ公園とかにいるオオトカゲ(イグアナ風)ではなく日本のトカゲのような風貌

20190702 (6)
サイズは少々デカいが中々親しみやすい
動画

20190702 (7)
線路上を進む
惹かれないように前方後方注意
横の崩れかけはワット ナコーン コーサー

20190702 (8)

20190702 (27)
サーンプラカーンに着いた

20190702 (20)
夜の神様らしい
中はだいぶ混雑しているんで遠くから手を合わせた

20190702 (16)
この辺の主役のお猿

20190702 (9)
こんな感じで木の上で遊んでいるだけならいいが

20190702 (13)
地上にもうじゃうじゃいる

20190702 (14)

20190702 (15)
ヤクルトっぽいものを飲むお猿

20190702 (22)
美味いか?

20190702 (25)
中には人間の背中に飛び乗って悪さをするロクでもない猿も居たりする
怖えなあ

20190702 (18)
噛まれるだけならまだしも狂犬病のキャリアかもしれないし
奈良の鹿みたいに猿に引っ付いている白人も結構いたけどその怖さを理解してるんだろうか

20190702a.jpg
路上の猿
事故も多そう

20190702b (1)
線路にも猿

20190702b (2)
警報機にも

20190702b (3)

20190702 (29)
猿像の横にも猿

20190702 (28)
向こうに見えるのはロッブリー一の観光名所プラ プラーン サーム ヨート
次回はその記事

続く


関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR