台風襲来道東の旅のカテゴリー記事一覧

さらに古い記事一覧へ≫

14日目その2 リスを探しに円山に登る ★真夏の札幌をぶらつく日


20160823札幌 (54)
12時55分ごろ 円山登山開始



20160823札幌 (58)
円山にはリスが多数生息しているらしい
こんな感じで巣箱が設置されたりもしていたが

20160823札幌 (73)
13時50分前
リスを発見できないまま山頂についてしまった

20160823札幌 (75)
眺めはいいがリスが見たかった…

20160823札幌 (84)
さすが190万人都市
何もない原野からこれだけの街を作ったというのはなかなかロマンがある

20160823札幌 (87)
ひときわでかいビルはJRタワー

20160823札幌 (101)

20160823札幌 (120)
遠くには美幌大橋
その後ろに写っているものは観覧車だろうか
検索してみると江別市に観覧車は存在しないらしい
ヒットしたのは岩見沢にある北海道グリーンランドの観覧車のみ
写真を見ると確かにこんな感じの色をしている
ここから江別まで約20キロ
岩見沢までは倍の40キロ
望遠だから相当圧縮されているのを考えてもそんな離れてるようには見えないけど

20160823札幌 (142)
下山
もと来た道を引き返したつもりだったがなんだかよくわからないとこに出てきた

20160823札幌 (145)
なんか立派な家々が並んでいる
円山は札幌の高級住宅街だそうで

20160823札幌 (147) 
スマホ片手に移動しようやく幹線道路に出た
これを道なりに進むと地下鉄の円山公園駅にたどり着けるらしい

20160823札幌 (149)
たまにプロ野球の試合が行われる円山球場

20160823札幌 (151) 
歩道のすぐ横に立つスコアボード
間近で見るとでかいというかただのビルみたいだ

20160823札幌 (156)
円山動物園
寄ろうと思ったがスルー

20160823札幌 (161)
着いた

20160823札幌 (164)
すすきのへ

20160823札幌 (179)
今回の旅行で一番良かったのはすすきのの60分だったかもしれない

20160823札幌 (169)
そんな悲しい旅だった
明日は廃止間近の留萌線にお別れ乗車に行く予定
留萌線の記事は鮮度が落ちまくりなのでしばらく月日が経って発酵してから載せます
翌日へ

お疲れさまでした
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

14日目その1 北海道神宮 ★夏の札幌をぶらつく日


すすきののネカフェから札幌駅へ
20160823札幌 (3)
北海道は台風9号が通過中
昼過ぎ以降まで長距離列車はほぼすべて運休

20160823札幌 (8)
このちっこい台風まで北海道にやってきたわけだ
なんかもう来すぎてよくわからん
冬だったら爆弾低気圧でも正直テンションが上がるけど
台風だとだださがり

20160823札幌 (10)
皮肉なことに札幌は台風一過
道東もスマホでチェックしたら青空がのぞいていた記憶がある
動けなくなるのを覚悟でもう1日粘ればよかったかなあ…とか自分の決断力のなさに後悔していたが
この後8月末の大雨で石勝線など道内各地が寸断
一歩間違っていたら本当に動けなくなっていた可能性もあるわけだから
台風通過前に釧路を脱出した策は間違っていなかったはず

円山公園へ向かう
20160823札幌 (14)
地下鉄

20160823札幌 (21)
円山公園駅で下車
今日は空の色が違う
青すぎ

20160823札幌 (25)
公園に隣接する北海道神宮を参拝

20160823札幌 (30)
開拓神社
名前からして北海道らしい
開拓神社とは、昭和13年(1938)北海道開拓70周年を迎えるに当たり、開拓功労者をしのんで北海道神宮内に創建された。北海道の名付け親である、幕末の探検家松浦武四郎氏など、北海道の開拓に尽くした先人37柱が祭られている。(たびらい
そうな


20160823札幌 (40)
北海道神宮
パクってくるのも面倒なので詳しくはwikipediaでも見るがよい
もともとこの土地に日本の神様なんていなかったというか
土着の信仰をぶっ壊した上で出来たものだからなんか有難味が薄い気もする
まあこんなことを言い出したらもうキリがないし
だいたい宗教ってそんなもんなんだから面倒なことなんて考えずに馬鹿がありがたい気持ちになれればそれで良い
というわけでいつものように10円を入れ参拝
金持ちにしてくださいなんて言わないから無事に家に帰してください
写真の順番的に北海道神宮を上に持ってくるのが適切だったかもしれないがまあいいか

20160823札幌 (45)
この後神宮脇から登山道を通り円山へ上る


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

13日目END 道東脱出 ★台風襲来道東の旅

12日目へ


20160822釧路 (3)

夜に台風が通過
そこそこ風は吹いたもののそう大したことはなかった
今日は台風一過を期待したがライブカメラで見た厚岸は御覧のあり様

20160822釧路 (29)
幣舞橋
釧路の街も霧が立ち込めていた

20160822釧路 (35)
困った

20160822釧路 (48)
青看板

20160822釧路 (53)
なんだよお前

20160822釧路 (56)
風も吹いていないのに列車はすべて運休

20160822釧路 (59)
困った

20160822釧路 (74)
下手したら大雨で路線が寸断されて動かなくなる可能性もあるので
札幌行の高速バスで釧路を脱出することにした
早い時間帯の便はどれも満席で18時ごろの便しか取れなかった

20160822釧路 (77)
23時ごろ
札幌駅バスターミナルに帰還
とりあえずはホッとする
念願の夏の道東の旅はこれにて終了となってしまった

この翌日早朝には台風9号が日高に上陸
北海道を縦断していった
ここまで台風に合う機会も稀だと思うがとにかく台風に邪魔されまくりの旅だった
無駄に金は使うことになるし最悪だ
北海道の鉄道は8月末に接近した台風10号から延びる雨雲により
各地の路盤・鉄橋が流出するなど多大な被害が発生…

翌日も札幌から各地へ向かう鉄道は運休も多かったので札幌をぶらぶら
次回はその様子を




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

12日目 霧多布でぐしょ濡れになる ★台風襲来道東の旅

20170827 (1)
台風11号接近中…
列車は運休
こんな状況下だが無謀にも憧れの夏の霧多布岬行を強行

20170827 (2)
くしろバス運行の路線バスに乗る

20170827 (3)


20170827 (4)
路肩のでっかい水たまりにタイヤが入るとビシャッという音と共に泥水が床から噴き出してきた
バスは急停止
車内の一部と自分はびちゃびちゃ
運転士曰くタイヤハウスがぼろくなっているからそこから水が入ってきてしまったらしい
ということで席の移動を頼まれた
向こうも平謝りだしこっちも半笑いで済ませたが
100パーセント向こうが悪いんだし雑な整備してるわけだから
文句の一つでも言ったほうがよかったかもしれない

20170827 (5)
水と一緒に上がってきた錆が壁に付着
とにかく最悪だ

20170827 (6)
霧多布に着くころには大体乾いた

20170827 (7)
釧路から1時間半ほどで霧多布湿原のすぐ脇に建つ霧多布ビジターセンター着

20170827 (8)
木道が続く
雨はまだ小雨
意地でも霧多布を散策するつもりなのでこの天気でもレンタサイクルを借りる
受付のおばさんは自己責任だと笑っていた
とりあえず霧多布岬を目指すことにするも途中でいきなり暴風雨になる

20170827 (9)
結局霧多布岬にたどり着けずに引き返す
ちなみに釧路から乗ったバスは霧多布岬行
欲張ってチャリンコで周遊なんてことは考えずに霧多布岬だけに集中すればよかったか
どっちみちこの天気では一緒か
20170827 (10)
鉛色の海を見て憂鬱になる

20170827 (11)
何もやることがない

20170827 (12)
嫌がらせのように厚岸湾周辺に強い雨雲がかかりっぱなし
もう嫌だ



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

11日目その2 塘路から釧路までくしろ湿原ノロッコ3号に乗車 ★台風襲来道東の旅


20170826 (35)
塘路から9333レ くしろ湿原ノロッコ3号に乗る
といっても指定を取っているわけではないので乗車した車両は機関車の次の普通の客車
まあ貴重な50系だから悪くはない

20170826 (36)
この車両に合うのは流氷ノロッコ以来半年ぶり

20170826 (39)
50系客車
青モケットのセミクロスシートで雰囲気はキハ40とほぼ同じ

20170826 (41)
塘路発車時刻は14時45分
しかし釧路行が遅れていたのでこちらも7分ほど遅れての発車となった

20170826 (44)

20170826 (47)
釧路湿原
かなり増水していて湿原の林もマングローブ状態

20170826 (45)
ただ並走する釧路川は濁流というほどまでではなかったので
カヌーも列車も通常運行

20170826 (48)
細岡駅

20170826 (49)
岩保木水門が見えると湿原とはお別れ

20170826 (50)
東釧路で花咲線と合流

20170826 (51)
釧路川を渡り

20170826 (53)
終点釧路には15時33分の定刻より2分ほど遅れての到着
ダイヤには相当余裕があるらしい

20170826 (54)
先頭を務めた運転台付きの客車オクハテ510
基地に引き上げる様子を記録






20170826 (55)
この後駅近く
和商市場で釧路名物勝手丼
釧路に来た際にはやじ馬で何度か訪れたが買って食うのはこれが初めて
大体この量で1000円ちょい
あんまりいったらいけない雰囲気かもしれないがそこまでお得ではないと思う

20170826 (56)
市場のテレビでは北海道らしく?日ハム戦が放映中
まさか日ハムが優勝するなんて…
本当に世の中何が起こるかわからん





テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

11日目その1 ツインクルバスに乗り知床峠・開陽台・神の子池へ ★台風襲来道東の旅


20170826 (1)
11日目の朝8時前
ウトロでは雲の切れ間から青空がのぞいていた
この日は鉄道利用者専用・JR北海道が運営するツインクルバスの羅臼・湿原号に乗り知床から阿寒湖まで向かう計画
網走駅に着いた日に窓口で購入した
何年か前までは1500円ぐらいで乗れる破格のバスだったが値上げと減便・縮小が繰り返され
この年はウトロから阿寒まで5000円か6000円もした
まあ丸1日乗っているわけだし距離を考えるとどうしようもなく高いというわけではない

20170826 (4)
8時ごろ ウトロを出発
なんとこの日の乗客自分だけ
自分+バスガイド+運転士
バスガイドは自分だけのためにマイクを握る
気まずいったらありゃしない
しかし割とこまめに見どころを教えてもらえる利点もあったりして中盤以降は慣れた

こんな状況だったためかこの羅臼・湿原号も今年は運転されていない
どうも廃止となってしまったようだ
神の子池や開陽台に向かうには物凄く使い勝手のいいバスだっただけに残念というか
この二つの観光地に公共交通機関を使っていくことはほぼ不可能になったわけだ

20170826 (6)
峠へ進むバス
いきなり雨が降ってきた

20170826 (7)
知床峠
車窓から観察とかいう扱いだったが止まってくれた

20170826 (8)


20170826 (9)

20170826 (11)
運行担当は今事故多発で話題の網走観光交通だった
JR北海道の病気が感染したんだろうか

20170826 (14)
羅臼側に降りてきた
道の駅で休憩

20170826 (13)
海霧…

20170826 (16)
どこまでも続く直線道路を通り標津・開陽台へ…

20170826 (19)
到着

20170826 (20)
天候が良ければ原付を借りて回る計画だった


20170826 (23)
もやってても車窓は雄大
そういや昔はこの辺にも標津線が走っていたんだった
一度乗ってみたかった

20170826 (25)
ホルスタイン
本当に晴れていたらなあ

20170826 (27)
続いては神の子池へ
アクセス道路は砂利道の悪路
離合にも苦労する

20170826 (28)
神の子池

20170826 (31)
こんな感じで木道が作られている

20170826 (30)
青い水の中にはオショロコマの姿も…
四川の九塞溝のミニバージョンといった感じか
よっぽど雨が降らない限りは濁らないらしい
昔はもっと広い範囲が青かったが観光客が増えたためその面積は減ってしまったとか…

今年の9月は本気で黄龍・九塞溝に行こうかと思っていたが地震でああなってしまったし
この年に台風連続襲来の北海道ではなく四川に行っておくべきだった
もっと早く海外に目を向けていたら…などと今更後悔してもどうしようもない


動画

20170826 (33)
塘路駅でノロッコ号と接続
バスは釧路へ先回り
釧路駅から再びバスに乗り阿寒湖へ向かう行程となっているが
再び台風が接近していたこともありツインクルバスの旅はここで打ち切ることにした
運転士とバスガイドは今日中に大空かどこかの車庫まで帰るらしい
おつかれさまでした




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

10日目その5 知床ウトロ オロンコ岩に登る ★台風襲来道東の旅


20160819しれとこ (1552)
ウトロ港近くの宿にチェックイン後周囲を散策
こちらのそそり立つ岩はゴジラ岩
ゴジラに似てるらしい
20160819しれとこ (1566)
もう一つ有名なのがオロンコ岩
こっちは登れるし道路用トンネルも掘ってある
ゴジラ岩とはでかさの桁が違う

20160819しれとこ (1578)
わきの階段から上る


20160819しれとこ (1586)
落石防護用ネットが全体に張られている
ネットの中には小さい落石がたくさん転がっている
ネットはどのくらいの落石まで耐えることができるんだろうか

20160819しれとこ (1588)
だいぶ登ってきた

20160819しれとこ (1596)
5分ほどで岩の頂上に到着
高さは60メートル

20160819しれとこ (1626)
海の向こうには知床連山
冬に上れたらもう物凄い景色なのは間違いないが残念ながら閉鎖されている
凍った階段を登れるはずはないから当然か

20160819しれとこ (1611)
もう一隻のオーロラ号が帰ってきた

20160819しれとこ (1616)
もう客を乗せる便はない
こんな遅い時間に港の外で何をやってたんだろうか

20160819しれとこ (1656)
薄暗くなってきたので下る


20160819しれとこ (1662)
オロンコ隧道と書かれたトンネルの向こうには

20160819しれとこ (1666)
ウトロ港
時刻は18時30分前
夕焼けを見ることはできなかった




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

10日目その4 どんより知床クルーズ 知床岬など  ★台風襲来道東の旅


20170820 (42)
知床にはいくつかクルーズ船運航会社があるが今回はドルフィン号に乗車
座席は早く予約した人間からいい席に割り振られる仕組みだったと思う
今回はロングというかフルバージョンというか
先っぽの知床岬まで行くコースを選択
お値段なんと8000円
下手したら大阪から北海道まで8000円あれば飛行機で来れるのに
とかいろいろ考えたが次いつ来るかわからないから思い切っての出費となった

14時過ぎに出航
20160819しれとこ (770) 
そこそこ早めに予約していたので2階席に座ることとなった

20170820 (43)
海面から見たフレペの滝

20170820 (44)
奥に移っているようにクルーザーとも多数すれ違う

20170820 (45)


20160819しれとこ (877) 

20170820 (47)
海に直接流れ出る滝が多数存在
20170820 (49)
いちいち何滝だったとか書くのも面倒なので書かない

20160819しれとこ (926) 
ここはルシャ湾?
たしかヒグマがよく出るということでクルーザーも岸に近づいたものの動くものは何もなし

20160819しれとこ (971)
その後も何度か岸辺に寄った
全員が岸辺に大注目するもヒグマは現れず
目撃率は9割越えらしいのに見れないのかと落胆していたら

20170820 (51)
某所川の河口付近でヒグマを見ることができた

20170820 (52)
観測用の首輪を嵌められていた
それにしても距離が遠いんで肉眼では犬かヒグマかよくわからんような感じだった
写真で見るとちゃんとヒグマなので良かった


20170820 (54)

20170820 (60)

20160819しれとこ (1118) 
2階建ての立派な漁師小屋の真後ろにも巨大な滝
落差はたぶん何十メートルレベルのはず
説明放送があったのかもしれないが忘れた

20170820 (56)
なんかの形に見えるとかいう岩

20170820 (58)
15時30分過ぎ 知床半島の先端部

20160819しれとこ (1249) 
これが知床岬
道は通じていない

20160819しれとこ (1250)
断崖絶壁とかいうわけではなく平べったい陸地が途切れているだけ
知ってて来たわけだけどやっぱりあっけない

ぐるっと羅臼側に回り込むわけではなくまたウトロへ1時間半かけて引き返す

20160819しれとこ (1305) 
砕氷船おーろら号ともすれ違う
夏の間は知床に出稼ぎに来ている

20160819しれとこ (1542)
微妙に神々しい

20160819しれとこ (1547)
幌別橋が見えてきた
まもなくウトロ港

1602288 (65) 
幌別橋
やっぱ知床は流氷がないとつまらん

17時前 ウトロ港着
ドルフィン号と入力するとサジェストに事故 と出てくるので調べてみたら
ドルフィン号の船長は今年の6月 
スクリューに絡まったロープを外そうと海に潜ってそのまま行方不明になったらしい
見つかったという記事もないんで今も行方不明のままなんだろうか

世の中何が起きるかわからないし気を付けよう




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

10日目その3 エゾシカを見た後に鹿カツカレーを食う  ★台風襲来道東の旅


20170820 (34)
12時40分ごろに出るバスで知床五湖を後にする

20170824 (1) 

20170824 (3)
エゾシカが見えたとかでバスの中は盛り上がる
ポールの左に体が映っている
冬は木々の葉が落ちるため嫌になるほどエゾシカを見ることができるが
夏場はなかなか目を凝らさないと発見できない
冬毛よりも夏毛が好きなだけに少々歯痒い感じもする

20170820 (35) 
12時55分
長靴を返すため知床自然センターで下車

20170824 (2)
フレペの滝へと続く遊歩道
なんか気配がするので少し歩いたら

20170820 (36)
エゾシカを発見

20170820 (37)
なんか食ってる

20170820 (38)
イケメン

20170820 (39)
人間様も腹が減ったので自然センターの食堂で

20170820 (40)
鹿カツカレーを注文
当然その辺のエゾシカが使われている
お値段1000円也
さっき見た生々しさが残っているからかは知らないけど妙に獣っぽい味だった
くそ不味いというわけでもないので記念に食べる分にはいいかも

20170820 (41) 
14時ごろ バスに乗りウトロ着
時刻ぎりぎりというか集合時間には若干オーバーしていたがなんとか滑り込みセーフ
酔い止めの薬を歩きウトロ港へ向かう
ということで次回は知床クルーズの様子をアップ予定


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

10日目その2 知床五湖地上遊歩道&高架木道を歩く ★台風襲来道東の旅


20170820 (13)
10時15分過ぎ
知床五湖フィールドハウス

20170820 (11)
地上遊歩道へ入るためにチケットを買う

20170820 (12)
立ち入り認定証
8月は植生保護期

公式ページからコピペすると…
地上遊歩道は、レクチャーを受けた方のみ散策できます。
混雑に伴う植生浸食を避けるために、10分おきに50名までの立入になります。
地上遊歩道に入る人数を制限するために、混雑時は待ち時間が生じる可能性があります。立ち入る日の10日前から受付30分前まで予約をすることもできます。
安全管理のため、ヒグマの出没時は地上遊歩道を閉鎖します。
地上遊歩道から高架木道に接続されます。(高架木道に上がる一方通行)
地上遊歩道散策ルートは 、大ループまたは、小ループの2パターンのルートで散策できます。 いずれも一方通行です。
高架木道は自由に散策できます。
地上遊歩道内にトイレ・売店はありません。

ということでこの後10時半開始のレクチャーを集団で受ける
たしかヒグマと会ったらどうするだの歩道の外には出るなとか超基礎的な内容

20170820 (14)
10時45分ごろ
地上遊歩道に侵入
ヒグマが普通に生息しているエリアなんで遭遇したらどうしようかと思っていたが
この混雑っぷり
その心配はなさそう

地上遊歩道は小ループ(1.6キロ)と大ループ(3キロ)に分かれている自分は五湖全部回れる大ループを歩いている
20170820 (15)
沢を超える

20170820 (16)
雨で遊歩道はぬかるんでいた
自分はフレペの滝の知床自然センターで長靴をレンタルしているんで無問題
スニーカーで強行している子どもなんかも多数見かけた
五湖でもレンタルやってくれればいいのに

20170820 (17)
11時 知床の五湖に到着

20170820 (18)
知床五湖の五湖

20170820 (19)
四湖
水たまりやんけ

20170820 (20)
みるからにやばいキノコ

20170820 (21)
これはたぶん三湖の水面

20170820 (22)
三湖

20170820 (23)

20170820 (24)
とうとう雨が降ってきた
一応傘も持ってるし雨合羽も来ているんでよほどの土砂降りにならん限りは続行できそうだ
というか一方通行なんで引き返すことはできない
さすが世界遺産というか雨が降ってきたから逆に雰囲気が出てきた気もする


20170820 (25)
これは二湖の淵のはず

20170820 (26)
二湖

20170820 (27)
一湖

20170820 (28)
高架木道が見えてきた

20170820 (29)
扉を開け階段を上り…

20170820 (30)
12時05分
高架木道の終点にある撮影スポットに到着

20170820 (31) 
雨もやみ山もくっきりと見えるようになった
ただ正直なところやっぱり雪がある季節のほうが見ごたえがありそうだ
地上遊歩道のどこよりもここからの景色が一番良いというのも
なんか微妙な気分にさせられる


20170820 (32)
高架木道は電気柵が張られているんでヒグマが出ても問題なく
歩くことができる
講習も必要なく金も無料

20170820 (33)
やっぱ初夏か紅葉の時期に来たいなあ…





テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR