春旅北海道上陸編のカテゴリー記事一覧

peachで北海道上陸→釧路へ★1日目その2 毎年恒例?普通列車で行く春の大旅行記

その1へ

13時03分に堺を発車する空港急行に乗車し
160225 (17)
13時08分 羽衣で下車

160225 (18)
駅は現在高架化工事中
元々のホームはすでに取り壊された後のようでホームも線路も仮説の造りとなっていた

160225 (19)
通過列車を動画で撮影した後に改札を出た
仮の高架下を通り滅茶苦茶狭い駅前の通りを抜け
JR阪和線羽衣支線の東羽衣駅を目指し歩く

160225 (20)
南海の羽衣駅から建設中の高架沿いを歩くこと数十秒 
羽衣支線の東羽衣駅に着いた
JRの高架は南海線の目の前でぶつ切りとなっている
この先に延伸計画があったとかなら分かるがそういったものも存在しないようだし
わざわざ何で高架にしたんだろうか
南海線ですらいまだに地平を行き来してるのに…

160225 (21)
構内に入場
ホームは1本の線路の両側にホームがある2面1線
乗車用と降車用のホームが分かれている私鉄風の造りとなっている
水色の103系に乗り込み13時42分 東羽衣を発車

160225 (23)
高架を下りカーブして阪和線が見えるとあっという間に終点鳳に着いた
羽衣支線の距離は1.7キロ 乗車時間は3分だった
短い!


160225 (24)
阪和線ホームから離れ小島のような雰囲気の羽衣支線ホームを見る
すでにこの時点で羽衣支線のカーブは曲線を描く
阪和線と別れる気満々だ
建物や木々の間から顔を出す103系は結構可愛い

160225 (25)
関空快速に乗り関空に戻ろう…

160225 (26)
まだ時間があるので日根野で下車


関空行きの関空快速と和歌山行きの紀州路快速の連結・解結シーンを撮影した
車内では乗り間違え防止のためしつこいくらいに案内放送が繰り返される


160225 (27)
関空到着

160225 (28)

新千歳行きのピーチに乗り込む
3日前に予約したので運賃は鹿児島から新千歳まで合計して2万円ほどかかった
まあ直前だしこれ位はかかるだろうと覚悟を決めていたんで特に驚きもしなかった
ジェットスター利用で成田経由で新千歳に向かうルートもあったがこっちも同じく2万ほどかかると表示されたので
ならば慣れた関空利用の方がいいわと思いピーチを利用した次第

しかし成田までジェットスター利用
成田→新千歳まではバニラエアを利用するとなんと3日前なのに1万ちょいで行けるということをコンビニで金を払った直後に知ってしまった

バニラエアの存在を忘れていたというかほぼ知らなかったのは痛恨のミス
いまだに大損した気分だ
それにしてもバニラエアはどの日を見ても不気味なほど安い
あれはいったい何なんだ
鹿児島にも就航してくれればいいのに…

160225 (29)
だだっ広い平野の上(たぶん濃尾平野)を飛んでいると思っていたら
いきなりどこまでも雪山が続く景色となった
北アか南アかは知らんけど多分というか確実にこれは日本アルプスだ

160225 (30)
凄い…
これは夏に登った白馬山と安曇野の上空を飛んでるんだろうか…
とか思いながら写真を撮る
この景色を見れるのは窓側に座った人間だけ
数百円プラスして座席指定したかいがあった

160225 (31)


夕暮れのころには下の地形は雲海に隠され見えなくなった
ただこれはこれでかなり綺麗だ
綺麗過ぎて現実感がない
何の根拠もないけど上の写真はたぶん東北付近上空だろう

その後無事に日が暮れた新千歳空港に到着

pipipi.png
JR北海道のカウンターで航空券を提示しpeachひがし北海道フリーパスを購入
説明するのはめんどくさいんで詳しくは上の画像で…
発売期間などに制限があるんで購入される際は当然JR北海道のサイトを参照してください
もう見ての通りかなりお得な切符
特急に乗れるというのがまたでかい!
普通列車の旅と違うんかという突っ込みはしないでもらいたい

160225 (34)
もう20時前だけど今から釧路を目指します

次の南千歳で下車
20時16分発のスーパーおおぞら11号 釧路行きを待つ
気温はマイナス10度近く
160225 (35)
ただ風は無いので思ったほど寒くはない
各乗車口に数人列を作って待っていたので自分も待合室ではなくホームで列車の到着を待つ
定刻よりも5分ほど遅れてキハ283系のスーパーおおぞらがやってきた

160225 (36)
釧路行きの最終列車なんでそこそこ混んでいるはずだと思っていたが車内はごらんの様にガラガラ

160225 (37)
釧路までは3時間以上の長旅だ
車窓も楽しめないしかなり退屈するだろうと思ってたけどうつらうつらしてたりぼーっとしてたりしたら結構あっという間に時間が過ぎた
終点釧路には定刻の23時57分到着
自動改札機にきっぷを通し改札外へと出る

160225 (38)
道路はところどころ見ただけでもヤバいような凍り方をしていた
当たり前だけど足を乗せただけで滑る
慎重に歩きながら無事安宿に到着

翌日へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

peachで関空&南海電車&ゲコ亭 ★1日目その1 毎年恒例?普通列車で行く春の大旅行記

毎年恒例?春の大旅行
2016年2月25日(木)
Peachひがし北海道フリーパス1日目
本日の予定 
鹿児島→関空→千歳→釧路

P1560698.jpg
いつも通り準備に手間取り手続きの締め切り時間ぎりぎりに鹿児島空港に到着
コンビニで発見した支払書の番号を機械に打ち込みチェックイン
手荷物検査場ではペンケースの中に小学生が使うような小さな赤いハサミが入っていたようで検査員から
「申し訳ないのですがこちらのはさみは廃棄となります。よろしいでしょうか」
とバカ丁寧に聞かれたんでこっちも
「いやーすいません 気づかんやったっすねぇ」
と平謝りする
よろしいでしょうかも何もダメなもんはダメなんだから一言捨てますねと言えばいいのになあと思う
日本人の面倒くさいところだ

それにしても過去飛行機に搭乗した際もペンケースの中にハサミを入れていた気がする
今年の1月には新千歳空港の保安検査場で検査員がハサミを見逃してしまい飛行機が遅れるなどの騒動も発生している
空港側も案外適当にチェックしてたのかもしれない
恐ろしいことにもしかすると自分が大騒動を起こすきっかけを作っていたかもしれないわけだ
反省しよう…


160225 (1)
本来は8時45分に出航の予定も到着機の遅れかなんかで20分かそこら
遅れの離陸となった
霧島連山を横目に見ながらどんどん高度を上げていく

160225 (2)
その後5分ほどで海上に…
日南の北当たりを飛んで日向灘に達したようで窓からは青島や大淀川、宮崎の市街地などが見えた

160225 (3)
上の写真は多分剣山付近の山々だと思う

160225 (4)
山頂付近はうっすらと雪化粧をしていた
写真には撮っていないが足摺岬付近の海は飛行機から見ても分かるほど青々としていた
2月終わりでこの青さだったら夏なんかは相当美しいはず
四国には使いやすいふりーきっぷも割と充実しているしいつか行く機会を作りたい

160225 (5)
10時前に関空到着

160225 (6)
SUGOCAにチャージし南海のホームに入場
難波まで出ようかなあとも思ったけど
とりあえず堺まで出て飯がうまいと有名らしいゲコ亭(乗り鉄放浪記さんを見て知った)で昼飯としよう

160225 (7)
10時56分発の空港急行難波行きに乗り込む

160225 (8)
11時28分 堺に着いた
列車は堺を出ると天下茶屋、新今宮と停まり終点難波へたどり着くらしい
スマホで時刻表を見ると堺から難波まではわずか11分
堺というと関空の直ぐ近くのようなイメージを持っていたけど実際はかなり難波寄りの位置だった

160225 (9)
適当に撮り鉄
写真は南海7100系
国鉄で言う所の103系世代にあたる
未だに特急サザンの普通車として運用にバリバリついてるし関西私鉄の物持ちの良さは異常なレベルだ

160225 (10)
堺駅
堺というとめっちゃコテコテなイメージというか言い方悪いけど
正直新今宮みたいな感じの小汚い駅なんだろうなあと思っていたがご覧の様にガラス張りの高架駅舎で自分が持っていたイメージとは大きく異なっていた

160225 (11)
駅前通りを歩き大通りに合流
右折し阪堺電車の線路を見ながらゲコ亭目指し歩く

CIMG3136.jpg
歩くこと20分強
大通りからちょっと逸れたところにあるゲコ亭に到着
かなり有名な店らしいんで行列ができていたらどうするかといらん心配をしていたが
入店すると店内は混雑していたもののすんなり座ることができた

CIMG3135.jpg
座席を適当に決めてからおかずを取るスタイルとなっていた
会計は後払い
壁かどこかに貼ってあったメニューを見るとそんなに高いわけでもなさそうだったんで
何も考えずに目についたものをお盆いっぱいになるまで取った
奥の厨房の方を見ると貫禄のあるじいさんが立ってなんかやっていた
あの人がここの名物である「飯炊き仙人」のようだ

料理をもって席に着くと店員の中年女性がやってきて伝票が渡された
伝票を確認するとサービスと思っていた味噌汁は有料であった
まあいいや
値段を見るとなんと900円弱 とても安いじゃないか!
他のブログや食べログなんかでも絶賛されているコメの旨さというものはぶっちゃけ自分の舌で感じ取ることはできず
家で食ってる米と大差ないやんとか思いながら食べ進めたものの他のおかずはかなり旨かった
自分の家は実家の農家からコメを仕送りで送ってもらっている
うちの婆さんはコンビニ弁当やよそで飯を食べたときによく「うちの米がおいしか」と愚痴をこぼしていたが
正直自分にはどこで食っても米は米であって硬さは違えど味の違いは殆ど分からなかった
周りの人間も飯が旨いとか言いながら食べてるし自分の舌はいったい何やろか…と微妙な気分になった

10分ほどで平らげた
吐き気を催すほどに満腹となった
レジへ向かい伝票と1000円札を出そうとすると「???円」
???ってなんやと思われるかもしれないが正確な額を忘れたのでこうするしかない
ただ1500円を超えるくらいだったと思う
1000円弱やなかったのか
お前もういっぺん伝票見せてと言うわけにもいかんのでその額をSUGOCAで支払い退店
たしか伝票には900円とか書いてあったはず
首をかしげながら堺駅へと来た道を引き返す

というわけで写真から食ったものを割り出し食べログで料金計算をしてみるとたしかに1500円強は喰ってる
低級の定食屋ではないしよくよくかんがえたらこんだけ喰ったわけだしこのくらい取られるのも当たり前だ
一体自分の頭は何をどう思って900いくらとかいう勘違いをしたんだろうか…

まあ旨かったしいいや
次くるときは飯と肉じゃがとひじきだけと言った具合に感じに節約しよう

160225 (13)
阪堺電車最新鋭の超低床電車と遭遇
2013年から投入が開始された1001形で堺トラムというそのまんま過ぎる相性が付けられている

160225 (14)
宿院と書いてしゅくいんと読む
西鉄電車の薬院を連想するような名前の停留所があった

160225 (15)
乗らないけどやってきた電車を撮影した


南海電車の堺駅へ戻って来た
160225 (16)
7100形に乗り羽衣へ向かう(写真は普通だけど本当は2番線の7100形急行に乗りました…

続く

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR