2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅 メニュー

1日目


2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅1日目その1 倉敷美観地区 など・・・ 青春18きっぷ

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅1日目その2 倉敷美観地区&水島臨海鉄道キハ20 青春18きっぷ


2日目

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その1 瀬戸大橋など

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その2 瀬戸大橋・鷲羽山

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その3 後楽園・岡山城

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その4 岡山城・吉備津彦神社

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その5 吉備津神社

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その6 伯備線乗り鉄




3日目

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅3日目その1 鞆の浦

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅3日目その2 鞆の浦 太子殿 原爆ドームなど

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅3日目その3 広島城・マツダスタジアム



4日目

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その1 錦帯橋

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その2 錦帯橋 岩国城など

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その3 宮島 など

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その4 宮島・弥山 など

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その5END! 宮島 厳島神社 


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その5END! 宮島 厳島神社 

メニューへ

その4へ

16時18分 やっと厳島神社…
13宮島 (83)




13宮島 (84)
回廊を進む


13宮島 (85)
おなじみの景色


だいぶ潮もみちてきた





13宮島 (86)
海を覗くと魚もいた




13宮島 (87)
五重塔をバックに

天気が良かったらなあああ



海も正直あんまりきれいじゃないし 







13宮島 (88)
舞台の先っぽから大鳥居を望む


どーんより




13宮島 (89)
能舞台と菅原道真を祭っている天神社

個人的に朱色より茶色のほうがカッコイイと思う




厳島神社は思ったよりも小さかった

回廊の入り口から出口まで走ったら3分くらいで駆け抜ける事が出来ると思う

駆けたところでどうなるもんでもないけど







13宮島 (90)
回廊の出口近くの代願寺

この辺り寺社が密集して立っている



そろそろ帰るか



連絡船乗り場へ向けて歩く



13宮島 (91)
なかなか良い雰囲気だと思う


もみじまんじゅうを揚げた揚げもみじとかいう食い物が売ってあったんで喰った

たしか中にクリームがはいっているやつを食べたと思うが外は油でサクサクなかはクリームでそこそこ旨かった




途中こんなものもあった
13宮島 (92)
長さが7.7メートル最大幅2.7メートル重さ2.5トンの世界一?巨大なしゃもじ

ただのでっかいしゃもじだったんで別に感動とかなかった







13宮島 (93)
買い物中の鹿


店の人はなかなか出てきてくれない






13宮島 (94)
金持ってないと買えないんだよ



その後適当に土産物屋を物色してたらどんどん時間は過ぎた






13宮島 (95)

ちょっと長居し過ぎた


普通列車で帰ると今日中に家に着かない




小倉博多間は帰りも新幹線利用になりそう


高いんだよなあ




宮島航路144
宮島17:10→宮島口17:20

今後の乗り継ぎ計画を立てるため時刻表とにらめっこしながら一体いつ船は動き始めるんだろうと思っていたらもう宮島口についていた

どうも自分の感覚はおかしい



下関へ向かう列車は当分来ないんであなごめしでも食うかと思ったけど値段見たら食欲なくなった



普通363M(岩国から3381M)
宮島口17:44→徳山19:21

13宮島 (97)

黄疸のイエロー登場



とりあえずやってきた新山口行き普通列車に乗り込む


携帯で調べていたら徳山駅前に吉野家があるらしいんで徳山で下車






普通3475M
徳山19:58→下関21:50

13宮島 (98)

新山口以西へはどっちみちこの列車に乗らないといけなかったんで時間ロスしたわけじゃない


やっとマトモな色に合えた


下関駅の窓口で小倉博多間のきっぷをお願いする

下関博多間のきっぷが出てきた


駅員は誤発券の手続きに手間取り危うく小倉行きに乗り過ごしそうになる





まあなんとか間に合ったんで無問題




普通5233M
下関22:01→小倉22:17

のぞみ55号55A
小倉22:24→博多22:40

13宮島 (99)


博多では狂気の2分乗換

次の快速に乗れないとまたも特急でショートカットする羽目になる



快速1331M
博多22:42→鳥栖23:14

13宮島 (100)
先頭車両に大急ぎで乗車

自分の後も駆け込み客が続き若干遅れて博多駅を発車

割と珍しい415系の快速

博多発車時の車内は帰宅客で満員だった



普通2889M
鳥栖23:30→END




おわり


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その4 宮島・弥山 など

メニューへ


その3へ

13宮島 (69)
整備された登山道の階段を登る

観音堂の横を通ってどんどん進む

本堂から10分弱進むと前に巨大な岩が現れる
13宮島 (70)
岩と岩の隙間を潜って山頂へと進む

ちなみにこの岩の名前はくぐり岩というらしい

そのまんま

こんなのが頭に落ちてきたら確実にべっしゃり潰れる

ここを過ぎるともう間もなく山頂だ


13宮島 (71)
13時50分 奇岩が立ち並ぶ弥山の山頂に到着

標高は535メートル

ロープウェイの獅子岩駅を見下ろす

空気が澄んでいる日には四国の石鎚山も見えるらしいけど今日は…

近くの年寄り夫婦があの島は多分四国だろうとかとんちんかんな事を言っていたけど奥に見える島は江田島です


ちなみにこのとき山頂は新展望台の建設工事中で大部分が立ち入り禁止となっていた


13宮島 (72)
月に数回はヘリコプターで資材の搬入も行っているそうでその時は山頂周辺の立ち入りが規制されるらしい

夏休みシーズンにこの工事やらんでもいいやないかと思ったけど工事は相当時間がかかるようで今年の春あたりからずっとやっているそうで



※2013年の11月に弥山山頂の展望台建替工事は完了したそうです




工事の影響で立ち入り可能エリアが狭くなってしまった山頂に長居する気も無いんでとっとと下る事にする

元来た道を下るのもつまらないので大日堂の方へ進む

どっちみち本堂で合流するし


13宮島 (73)
階段をふさぐ鹿

13宮島 (74)
あんたらは斜面を登ってこい



目の前にでっかい岩が見えた

これは干満岩と言ってその岩のちっちゃな横穴の水たまりの水が干満によって水位が上下するとか言うオカルトスポット


13宮島 (75)
穴の中をのぞく

確かに水がはいっていた

しかもこれは塩水だとか

ほんとうなんだろうか

腹壊しそうだったんで舐める勇気は無かった

13宮島 (76)
トカゲの子供がいた

自分が住んでいるところではカナヘビしかいなかったんで新鮮

青い尻尾が美しい





13宮島 (77)
再び獅子岩からの景色

やっぱりもやってる





13宮島 (78)
再びロープウェイに乗り下山




紅葉谷駅から30分ほど歩いて大聖院に到着
13宮島 (79)
参拝


宮島で最古の歴史を持つ寺院だそうで




13宮島 (80)
かなりでかいお寺だった


13宮島 (81)
ここを出た後多宝塔とか宝物館にも行ったけど面倒なんで端折ります




13宮島 (82)
研修中の人力車

おつかれさまです




次はやっと厳島神社





人気ブログランキングへ

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その3 宮島 など

メニューへ


その2へ


とりあえず一番遠いところから攻めようと思ったんでまずは弥山に登る事にする

鹿に絡まれながら海岸沿いの道を十数分進むと砂浜の向こうに大鳥居が見えてきた

どうも鹿はパンフレットを餌だと勘違いするらしく手に持っているパンフを何度となく食われそうになった

匂いを嗅いでみたら旨そうな匂いがしないでもない


13宮島 (45)
この辺りの浜は御笠浜というらしい

アオサらしきものが波打ち際に打ち上げられてるのか生えているのか知らないけど青々しててヤドカリでも漁りに行きたくなったがそんな事をしている馬鹿は誰ひとりとしていなかったんで我慢する



13宮島 (46)
石造りの鳥居も現れた

これ厳島神社の鳥居ですよね?








13宮島 (47)
狛犬の下では鹿がだらけていた

右側の鹿は一瞬梶谷に似ている気がしたが多分気のせい




13宮島 (48)
日本三景宮島の景色がいよいよ目の前に広がる

大鳥居は近くで見たらでっかい!

以外にも高さは16メートルしかないそうだけど周りに比較する建物が無いせいなのか神々しさからなのかそれよりもでっかく見える

そそり立つ巨大な柱は大木をそのまま使ったらい

表面のごつごつさが妙に男らしいじゃないか



今は干潮の時間帯だけど大潮じゃないんで残念ながら濡れずに鳥居の根元まで行くのは無理そうだった




13宮島 (49)
鳥居に行くのは無理としてもせっかく来たんだし半端に潮が引いた浜に降りてみる

家族連れや一眼で写真を撮っている外人で賑わっていた



13宮島 (50)
浜から社殿を見る

もう少し近づくと社殿からこっちを撮っている観光客の邪魔になりそうだったんで遠慮しておく

この先には誰もいなかったし


潮だまりを覗くとヤドカリやらハゼやらちっちゃい生き物が凄い密度で蠢いていて楽しい

見ていて飽きない

ちっちゃい子供もはしゃいでいる

ちなみにこのあたりの浜は絶好の潮干狩りスポットらしく春の大潮の日にはアサリとかを獲る人間で賑わうらしい

でも大鳥居より内側は神社の敷地のため採集は禁止だそうで


13宮島 (51)
気づいたらどんどん潮が満ちてきたんでそろそろここを離れる事にする

磯の生き物好きとしては楽しかった

今回は時間と予算の都合でパスした宮島水族館に行かなくとも十分楽しめた

その後すぐ近くの丘の上に立つ豊国神社の本殿である千畳閣に行く事にする





13宮島 (52)
wikipediaによると
「豊臣秀吉が戦歿将兵の慰霊のために大経堂として建立した」
らしい

へえ

造っている途中に秀吉さんは死んじゃったんで今も未完成のまま


千畳というだけあって中は広かった

年季が入ったでっかい柱が立ち並んでいて凄い

天井を見上げると複雑に木が入り組んでいてこれも凄い

外からは風がはいってきて気持ち良いんで外の回廊に座って寛ぐ人もいたりする

明治の廢佛毀釋で神社になったそうなんでその関係なのかは良く知らないが本殿に入って写真も撮れる神社ってめったにないと思う


13宮島 (53)
神社なんで祭殿もある

実はこれが本殿みたいな扱いだったりするんだろうか

なんか物凄くとんちんかんな事を書いてそうで怖い

後ろにはでっかいしゃもじもある












13宮島 (54)
外に面した回廊

良い雰囲気で長居した

13宮島 (56)
回廊の下を潜り五重塔を見に行く

この建物のでかさが分かると思う






13宮島 (55)
1407年に建てられた五重塔


この後弥山へ向かうロープウェイ乗り場へ向かう

パンフを片手に内陸へ進む

この後寝不足からなのか馬鹿だからなのか知らないけど適当に進んだらしい

迷った覚えなんて全くなかったが
13宮島 (57)
なんか明らかにメインの道じゃない


前に家族連れが歩いていたから安心していたのかもしれない

良くわかんないけど
13宮島 (58)
その家族連れは川を渡りでっかい石を越えて向こうへと消えていった

どう見ても道じゃないよ



どうする事も出来ないんで自分もそれについて行く





13宮島 (59)
無事本道に合流できました


そんなこんなで12時45分 紅葉谷駅に着く


ロープウェイ乗り場に向かうが





13宮島 (60)
小さい


定員8人らしいこの小さな箱が短い間隔で次々やってくる

車両?はロープウェイより観覧車に近い感じだと思った



相席になった事もあり小さい車内は凄まじく蒸し暑かった

10分ほどのっていると榧谷駅に到着

山へ向かうにはここでロープウェイを乗り換えないといけないらしい




13宮島 (61)
獅子岩駅へ向かうロープウェイがやってきた

こっちの車両はごく普通のロープウェイだった


海側に視界が開けて晴れてたら凄まじく眺めが良かったと思うがもやっていて何がなんだかよく分からないような状況だった

獅子岩駅についたらなんと小雨が降ってきた

雨の中山を歩く気合いは無いんでとんぼ返りしようかとも思ったが数分待つと雨は止み青空が見えてきた



13宮島 (62)
獅子岩駅のすぐ脇にある展望台からの景色

うーん・・・

焦点の定まらないような景色をしばらくぼけーっと眺めていた



13時20分 弥山へ向けて登山開始

ロープウェイを使わないと結構本格的な登山となるらしいけど獅子岩駅から弥山へは1時間ほどで往復できるらしい

13宮島 (63)
山道を進む

途中今日何度目かのスズメバチと遭遇

屋内ほどの恐怖感は無いが奴ら馬鹿なんで何されるか分かんない

近くにキ○ガイがいるのと似たようなもんだと思う

油断大敵



13宮島 (64)
歩道の路肩がスパッと切れている場所があった

看板によると平成17年の台風による土石流で歩道が流されたらしい

もっとも今は歩道は新しく整備されていて特に危なくも無かった

13宮島 (65)
15分ほどあるくと弥山本堂に到着


13宮島 (66)
本堂の向かいには霊火堂が立っていて空海が灯した火が1200年間消える事無く燃え続けているらしい

中に入って賽銭を入れてきたが凄まじく煙たかった


13宮島 (67)
弥山本堂の脇では二匹の鹿がいちゃついていた

白昼堂々女どうしでなにやってんねん



かわいい






13宮島 (68)
例の鹿をしばらく観察した後弥山の山頂へ向かう事にする

旗によると霊火堂は恋人の聖地らしい

けしからんね

そんな低俗な物に媚びる必要無いよ

その4へ




人気ブログランキングへ









テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その2 錦帯橋 岩国城など

メニューへ

その1へ



13宮島 (21)
3分ほどの乗車で山頂へ到着





13宮島 (22)
駅舎

なんかグニャっているのは気のせいかな

どうもこのデジカメ広角にしなくでも歪んでる気がしていかん




13宮島 (23)
森の中を歩き岩国城へ向かう

城に近づくにつれぶんぶんぶんぶん不快な音が聞こえてくる


13宮島 (24)
城の入り口

視界をでっかいオレンジのシマシマが横切ってゾッとする

どう見てもスズメバチやん

怖いので城の中にとっとと逃げ込む



城の中にはさすがにいないだろうと思っていた





チケット売り場を過ぎ展示室へ向かう途中の通路に早速スズメバチがいてビビる

展示室へ入る覚悟が出来なくて2,3分うろうろしていると他の観光客(おっさん)がやってきて
多分自分に行ったんだろうけど大丈夫的なニュアンスの言葉を口にしたんでこっちも黙ってうなずく

そのおっさんスズメバチに向かってチュッチュチュっチュ舌を鳴らしながら奥へと進んでいく

スズメバチを手懐けているつもりなんですかね

どうもこっちが過剰にビビり過ぎているような気もするんでそのおっさんとは多少距離を置いて自分も進んでいく


13宮島 (25)
床にスズメバチの死体が…

怖い怖い

展示室には刀やらなんやらが飾ってあったんだけどあんまり興味が無いんで別に良い








なんかバチバチ聞こえるんでその音のほうを見ると
13宮島 (26)
スズメバチがガラスにアタックしていた

怖い怖い

途中開いている窓からスズメバチが進入する瞬間を見たりして冷や汗をかきまくる

閉めとけよ

階段を登って上の階へ上るんだけどスズメバチって天井あたりを飛んでいるんで上がるときは自分の体がそのエリアに侵入する形になるんで恐ろしかった

上りは良くもも無いけど良いとして下りなんかはいつ自分の足元から襲撃されるか分かんないんで冷や冷やした

なんも悪いことしてないですから刺さないでくださいよ

やっとの思いでてっぺんの展望台へ到着

錦帯橋や岩国市街地を一望できるらしいが




13宮島 (27)
いきなりこの張り紙が目に入る

窓の外を見ると目を凝らさなくてもスズメバチが飛びまわっているのが見えて恐ろしい

たまに窓ガラスに果敢にアタックする個体もいて頭がおかしいんじゃないかと思う

窓閉まってんの見て分からんのかばーか


てか下の階の窓も閉めとけよ




13宮島 (28)
肝心の景色もいまいち


なんでこんなもやっているのか

そこまで蒸し暑かった記憶もないんで大陸生まれの空気がやってきているのか


13宮島 (29)
せっかく来たんで錦帯橋をアップで撮影

その後冷や冷やしながら下へ降りる

なんとか刺されずに生還できたんでうれしい

野外ならともかくとして建物の中のハチは本当に怖い

ゴキブリ以上に怖い

係員の話では最近巣を駆除したんでまた造りに来てるとか何とか言ってたけど…





13宮島 (30)
スズメバチと戯れた思い出もできた岩国城を後にする

ちなみにこの天守閣は元あった場所とは違う見栄えがいい場所に1962年に建てられた偽天守そうです

偽という書き方もいけない

所詮模擬天守です

これから行く人はスズメバチに注意


岩国城ロープウェイ
山頂9:40→山麓9:43

20分間隔で運行されるロープウェイに再び乗り込み下山



13宮島 (31)
途中重要文化財の住宅があったんで寄ってみる

13宮島 (32)
お家です



白蛇観覧所なるものがあったんで寄ってみる
13宮島 (33)
白蛇です

小さい施設で5分もあったら十分楽しめる

楽しめるのかは知らないが暇つぶしくらいにはなるのかならないのか





再び錦帯橋を渡る

13宮島 (34)
下から見上げる

良く作ってありますねえ

昔の人は凄い

今ある橋は2004年に掛け替えられたものだけど



13宮島 (35)
振り返る

あの車もうちょっと別の場所に止めてくれたらいいんだけど





13宮島 (36)
山の上にはお城も小さく見える


岩国市営バス
錦帯橋10:08→岩国駅10:25

13宮島 (37)
意外とお客は多かった

JRに乗り換え宮島へと向かう



普通1546M
岩国10:41→宮島口11:04

13宮島 (38)
23分の乗車で宮島口へ到着

駅前に出て地下道で道路をくぐるとすぐにフェリー乗り場に到着

すぐ近くには広電の駅もあった

時間があったら広島市内から広電でやってきたかったんだけどそれはまたの機会ということになった



13宮島 (39)
宮島へは宮島松大汽船と18キップで乗れるJRの連絡船が運行している

自分は青春18きっぷと昨日買った宮島フリーパス(2日間有効で広電と宮島のロープウェイ&松大汽船が利用できる)
を持ってたんでどっちに乗ろうか迷っていたけどJRの汽船のほうは大鳥居に接近してくれるサービスがあるようなんでそちらに乗船する事にする



宮島航路21
宮島口11:10→宮島11:20

13宮島 (40)
連絡船の出航時間に迫っていたらしく係員から急かされるようにして乗船

その後も数人が走って乗船した後出航

13宮島 (41)
5分6分ほど進むと大鳥居に接近

接近といっても割と遠かった



13宮島 (42)
10分の乗船で宮島に到着

宮島初上陸という事でテンションもそこそこ上がる

13宮島 (43)
フェリー乗り場の建物を出るとこの景色

観光地オーラがビンビン出ててビンビン



13宮島 (44)
早速鹿を発見

眠いのかぼけーっとしている

当然便所の躾はされていないようでそこらじゅうに糞が転がっていて獣臭い

4日目その3へ続く



人気ブログランキングへ


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR