2014年春 九州縦断適当な旅 メニュー

1日目 (旅名人の九州満喫きっぷ使用)

その1 三井化学専用線 など

その2 三井化学専用線 宮浦駅 など

その3 熊本電鉄青ガエル&くまモン電車など

その4 熊本電鉄で藤崎宮へ

その5 熊本電鉄併用軌道区間 など

その6 路面電車で熊本中心部へ&さくらラッピング新幹線で鹿児島へ


2日目 

その1 城山→噴煙を上げる桜島へ

その2 サクラジマアイランドビューで桜島観光



3日目(鹿児島中央→博多 間はガチきっぷ使用)

博多へ向かう


4日目 (旅名人の九州満喫きっぷ使用)
その1 吉塚で撮り鉄→門司港

その2 九州鉄道記念館へ

その3 筑豊電鉄に乗る

その4END 西鉄で太宰府へ





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その4END 旅の締めは太宰府天満宮 2014年春 九州縦断適当な旅

その3へ


メニューへ

西鉄天神駅にやって来た
14H鹿児島3 (61)
JR線との競争のためか少子高齢化の影響か天神の地盤沈下なのか理由はよくわからないけれど
利用客の減少傾向が続いていてとうとう1日の乗降客数が13万人を割り込んでしまっている

とはいえ一応九州唯一の大手私鉄のターミナル駅ということもあり終日大勢のお客で賑わっている

この駅は九州で一番都会を感じられる場所のような気がする


もともと西鉄はあまり使う機会がないこともありこの場所に来るといまだにワクワクする



14H鹿児島3 (62)
西鉄二日市駅に到着


本当は特急でやって来た








14H鹿児島3 (63)
ホームにはLCDの発車標がぶら下がっていた


上写真の西鉄天神駅の改札の発車標も巨大なLCDになっていた


調べたら最近設置されたもののようだ



個人的にはフルカラーLEDの方が好きなんだけどまあどうでもいいか




この後何するかは特に決めていなかった




適当に西鉄電車の写真でもとるかと思っていたけどせっかく乗り放題の九州満喫きっぷを使ってるんで暇つぶしがてら大宰府線にのることにした

14H鹿児島3 (64)

あっという間に終点大宰府に到着



そういえば九州北部民なのに一度も太宰府天満宮に行ったことがない


学がない自分には無縁の場所のような気もしたけどどうせ暇だしという酷い理由で太宰府天満宮に向かう









14H鹿児島3 (65)
春休み期間とはいえ平日夕方なんで参道も閑散としている

ただ雨上がりの石畳を歩くのは案外気持ち良いし観光地気分も高まる





14H鹿児島3 (66)
なんか変わった建築で割と有名らしいスタバ


ここで一服コーヒーでも…といった人間じゃないんでスルー








14H鹿児島3 (67)
鳥居が見えてきた








14H鹿児島3 (68)
でっぷり太った牛がいる


御神牛と言い体の悪い所を撫でるとそこが良くなるらしい



当然頭を撫でる


自分以外にも頭の悪い人間は大勢いるらしく牛の角周辺は塗料が剥げててっかてかになっていた

そのてかてかを触っていたら禿げ頭を思い出した












14H鹿児島3 (69)
拝殿…じゃない本殿に到着

本殿に直接参拝する神社もあまりないような気がする

それこそ学がない人間なんで詳しくは知らないけど


手前の梅の花が咲いていたらそこそこまともな写真になったと思うけどまだ時期は早かったようで少ししか咲いていなかった



…と思ったけどこの時はもう3月下旬なんで梅は終わっていたのかな








14H鹿児島3 (70)
境内の様子


アジア系の観光客がわーわー騒いでいてうるさい


雰囲気ぶち壊しだよ


最近日本中どこに行ってもこんな感じになりつつある




観光に来てもらう分はありがたいんだけどもうちょっとその声の大きさ

どうにかしてください











14H鹿児島3 (71)
その後天神に戻る


春日あたりでは連続立体交差化の工事が行われていた


電車は仮の線路をしばらく走る


通過する駅のホームも当然すべて仮の構造になっている

あまり見ることができない光景で結構面白い






50キロ制限がかかっているようでその区間は信号機も減速信号が現示されていた






14H鹿児島3 (72)
仮線区間が終わり本線へ合流


このあたりの風景も数年後には大きく変わることだろう






14H鹿児島3 (73)

天神に到着

電池が切れたのでここでおしまい



この後特に見せ場もなく家に帰りましたとさ



お疲れ様でした






おしまい




メニューへ




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その3 筑豊電鉄に乗車 など… 2014年春 九州縦断適当な旅

戻るのだ

14H鹿児島3 (46)
その後黒崎へ向かう






14H鹿児島3 (47)
黒崎駅の立ち食いうどん屋でかしわうどんを食べる


腹が減っていたこともあって物凄くうまかった


汁も全部飲み干した


おすすめです






この後筑豊電鉄のりばへと移動







14H鹿児島3 (48)
13時48分発の筑豊直方行電車に乗り込む


本来ならば旧型の2000形が運用に入っているはずだったけどホームには3000形が停車していた

筑豊電鉄のホームページで確認してもこの列車の運用は3両 つまり2000形で間違い無いようだ


急な運用変更があったんだろうけど少し残念


ほぼ座席が埋まる形で黒崎を発車



14H鹿児島3 (49)
ドア上に設置されていた幕式の運賃表


中々珍しいもんだなあと思ったけどそういや初日の熊電青ガエルにも幕式運賃表がついていたことを思い出した







14H鹿児島3 (50)

大半の電車が折り返す中間を過ぎたあたりから車内には空席が目立つようになった

14H鹿児島3 (51)
窓の外も田畑が目立つようになった

路面電車タイプの車両から田畑を眺めるのもなかなか新鮮だった





14H鹿児島3 (52)
車内の様子


ワンマン運転はされておらず全列車に昔ながらのカバンを下げた車掌が乗務している

駅を出るたびに短い車内を巡回している

乗客からは両替などひっきりなしに声がかかっていて案外忙しそうだった





運転席の無線が騒がしい


耳を澄まして聞いてみるとどこかの踏切が故障しているらしい







14H鹿児島3 (53)
運転席後ろにかぶりついビデオを回しながら前方を注視していると電車は徐行し始めた


手旗を持った作業員が踏切に立っている

そこが故障したんだろうか


電車はその踏切で一旦停止した後係員の手旗誘導で発車

割とあっけない



特に面白いものが見れたという感じもなく正直ビデオを回すまでもなかった











14H鹿児島3 (54)
その後特に遅れることもなく何事もなかったかのように終点直方に就いた





14H鹿児島3 (55)
筑豊直方駅から10分ほど歩いてJR直方駅にやってきた


歴史ある駅舎は取り壊されていてピカピカの橋上駅舎が建っていた





14H鹿児島3 (56)
ただ駅前には見るからにボロッちいバスセンターが残っていた


前来た時は軒先にも看板などが設置されていて高度経済成長期そのままの雰囲気が残ってたけどそれは取り外されていた









14H鹿児島3 (57)
半端に時間が余ってしまった


この後どこに行くのか決めてないけどとりあえず博多に戻ることにする





14H鹿児島3 (58)
誰もいない車内


ロングシート車ということもあり余計がらんとした感じに映る





14H鹿児島3 (59)
博多に到着







14H鹿児島3 (60)
なんとなく天神にやって来たのだ




だいぶだれてきたけど続く







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その2 九州鉄道記念館 2014年春 九州縦断適当な旅

その1へ



14H鹿児島3 (22)
九州鉄道記念館にやって来た




左の方には2013年に追加展示されるようになったカットモデルが並んでいる










14H鹿児島3 (23)
正直生首みたいで全然好きじゃない


485系のRE色くらいは1両丸ごと保存してほしかったんだけど…

拡張する土地もないだろうししょうがないか








14H鹿児島3 (24)
生首に文句を垂れていたけど運転台が公開されてるってのはありがたい

これは485系の運転台










14H鹿児島3 (25)
「電車」じゃなくて「列車」という感じの運転席


たまらんなー






この車両と同型車はいまだに現役で走ってる











14H鹿児島3 (26)
こちらはED76形の運転台


485系以上にごつい



マスコンハンドルのギザギザの威圧感もすごい



この車両も同型機がいまだ現役で貨物を引いている








14H鹿児島3 (27)
車両展示場



C59








14H鹿児島3 (28)
EF10






14H鹿児島3 (30)
ED72









14H鹿児島3 (29)
キハ07



1969年まで宮原線(廃止)で使用されていた









14H鹿児島3 (31)
この気動車は機械式、要はギアチェンしながら走らせる車両らしい



総括制御も出来ないため併結運転時には運転士の呼吸をぴったり合わせて運転しなければならなかったそうだ







14H鹿児島3 (32)
ニス塗りの車内が美しい



現役当時もこんなピカピカの状態で運用に就いていたんだろうか











14H鹿児島3 (33)
みんなのヒーロー485系








14H鹿児島3 (34)

ばったんこシートが並ぶ







14H鹿児島3 (35)
昨年追加された⒕系寝台客車






14H鹿児島3 (36)
2段式のB寝台車








14H鹿児島3 (37)
九州ブルトレには1度も乗ることができなかった









14H鹿児島3 (38)
洗面台


もはや骨董品と言ってもいいような味が出ている


はまなすの車両にもまだ付いているんだろうか








14H鹿児島3 (39)
こちらは581系もどき





14H鹿児島3 (40)
車内はロングシート区画もある715系のまんま


こんな珍車両が十数年前まで最寄りの路線を走っていたというのが信じられない


本当に、あと十年早く生まれたかった

余談だけどネットサーフィン中にこの715系内で撮影されたと思われる露出…


まあいいや














14H鹿児島3 (41)
館内の様子






14H鹿児島3 (42)

運転シュミレーター







14H鹿児島3 (43)

ちびっこ運転士たち




並んでいる間はすごく楽しそうに見えるけどいざ自分が運転するとなるとギャラリーの視線もあって結構緊張する



実際の運転士は自分みたいなやつが運転台の後ろに張り付いてたりするんだからかなりのストレスがかかるんだろう



ご苦労さんです







14H鹿児島3 (44)
門司港駅へと戻る



廃止になった貨物線を走るトロッコ列車が通過していった



九州の鉄道全線に乗った気でいたけどそういえばこの路線には乗ってなかった










14H鹿児島3 (45)
せっかくなんで港に出て関門海峡を眺める



…悪天候のため関門橋も霞んでいた






続く









人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その1 吉塚駅で雨の中撮り鉄…→門司港へ 2014年春 九州縦断適当な旅


メニューへ

3日目へ

適当な旅もいよいよ最終日…


この日は1日目と同じで旅名人の九州満喫きっぷ使用です






14H鹿児島3 (1)
通勤ラッシュの博多駅






14H鹿児島3 (2)
博多の隣の吉塚駅にやって来た




この駅で撮り鉄の真似事をやってみることにする


平日の朝ラッシュということもあり次から次へと列車が来る


さて撮るかとホーム端にスタンバイした途端大粒の雨が降って来た





カメラが濡れてぶっ壊れたら元も子もないんで屋根があるところまで引っ込む









14H鹿児島3 (3)
気合で撮ってみる


ホーム端の金網に被らないように顔の上までカメラを上げてズームで撮っているんで当然ぶれる






14H鹿児島3 (4)
787系12両で運転されるきらめき3号






14H鹿児島3 (5)
福北ゆたか線の普通列車








14H鹿児島3 (6)
813系


どうしても金網が…


もう少し背が高かったらよかったんだけど






14H鹿児島3 (7)
鹿児島線と福北ゆたか線の列車が同時入線






14H鹿児島3 (8)
お目当ての415系12両編成の快速がやって来た





14H鹿児島3 (9)
後ろが切れてる…









14H鹿児島3 (10)
ホーム停車中の姿を後ろから撮るもホームがカーブしてるんで編成全体は写らない…







14H鹿児島3 (11)
入線時の写真を撮るのはあきらめてホーム博多方の端っこで後追い写真を撮ることにした



さっきの415系もココで撮ったほうが良かったようだ



この後783系12両のきらめきも撮る計画だったけどもう諦めた



腹が減ったんで駅前の牛丼屋で朝食を食べる











14H鹿児島3 (12)
そのあと折尾駅にやって来た


かつてあの有名な駅舎が建っていた場所にはちっこいプレハブの仮駅舎が建っていた


年々減少傾向とはいえ3万人を超える乗降客数を誇る駅とは思えないくらいの規模の小ささ


ラッシュ時なんかはこの駅舎で客を捌けるんだろうか












14H鹿児島3 (13)
地下道はまだ昔のままだった


ただここも近いうちにぶっ壊されるんだろう








14H鹿児島3 (14)
再び列車に乗りこんどは門司港駅にやって来た


14H鹿児島3 (15)
向かいのホームには415系の関門PRラッピング車が停車中


これは初めて見た


貫通扉に貼ってあるシール式のヘッドマークがどことなく有田陶器市号のヘッドマークに似ている気がした


ここ何年かは陶器市号のヘッドマークは付けられてないらしい





14H鹿児島3 (16)
ラッピングを…






14H鹿児島3 (17)
割と悪くない







14H鹿児島3 (18)
囲いに覆われた門司港駅舎





現在大修理が行われている


工事が終わり再び駅舎が見れるようになるのは2018年になってからだそうだ









14H鹿児島3 (20)
駅前から門司港駅を見てみる


数年にわたり使う囲いだけあってかなり立派な造り





14H鹿児島3 (19)
囲いの周囲には足場が組まれ中が覗けるようになっている




これは玄関の屋根の部分だろう




思った以上に老朽化している





こりゃ修理が5年以上かかるのも無理はない











この後九州鉄道記念館へ向かった




その2へ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR