春の3泊4日適当な旅のカテゴリー記事一覧

さらに古い記事一覧へ≫

2014年春 九州縦断適当な旅 メニュー

1日目 (旅名人の九州満喫きっぷ使用)

その1 三井化学専用線 など

その2 三井化学専用線 宮浦駅 など

その3 熊本電鉄青ガエル&くまモン電車など

その4 熊本電鉄で藤崎宮へ

その5 熊本電鉄併用軌道区間 など

その6 路面電車で熊本中心部へ&さくらラッピング新幹線で鹿児島へ


2日目 

その1 城山→噴煙を上げる桜島へ

その2 サクラジマアイランドビューで桜島観光



3日目(鹿児島中央→博多 間はガチきっぷ使用)

博多へ向かう


4日目 (旅名人の九州満喫きっぷ使用)
その1 吉塚で撮り鉄→門司港

その2 九州鉄道記念館へ

その3 筑豊電鉄に乗る

その4END 西鉄で太宰府へ





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その4END 旅の締めは太宰府天満宮 2014年春 九州縦断適当な旅

その3へ


メニューへ

西鉄天神駅にやって来た
14H鹿児島3 (61)
JR線との競争のためか少子高齢化の影響か天神の地盤沈下なのか理由はよくわからないけれど
利用客の減少傾向が続いていてとうとう1日の乗降客数が13万人を割り込んでしまっている

とはいえ一応九州唯一の大手私鉄のターミナル駅ということもあり終日大勢のお客で賑わっている

この駅は九州で一番都会を感じられる場所のような気がする


もともと西鉄はあまり使う機会がないこともありこの場所に来るといまだにワクワクする



14H鹿児島3 (62)
西鉄二日市駅に到着


本当は特急でやって来た








14H鹿児島3 (63)
ホームにはLCDの発車標がぶら下がっていた


上写真の西鉄天神駅の改札の発車標も巨大なLCDになっていた


調べたら最近設置されたもののようだ



個人的にはフルカラーLEDの方が好きなんだけどまあどうでもいいか




この後何するかは特に決めていなかった




適当に西鉄電車の写真でもとるかと思っていたけどせっかく乗り放題の九州満喫きっぷを使ってるんで暇つぶしがてら大宰府線にのることにした

14H鹿児島3 (64)

あっという間に終点大宰府に到着



そういえば九州北部民なのに一度も太宰府天満宮に行ったことがない


学がない自分には無縁の場所のような気もしたけどどうせ暇だしという酷い理由で太宰府天満宮に向かう









14H鹿児島3 (65)
春休み期間とはいえ平日夕方なんで参道も閑散としている

ただ雨上がりの石畳を歩くのは案外気持ち良いし観光地気分も高まる





14H鹿児島3 (66)
なんか変わった建築で割と有名らしいスタバ


ここで一服コーヒーでも…といった人間じゃないんでスルー








14H鹿児島3 (67)
鳥居が見えてきた








14H鹿児島3 (68)
でっぷり太った牛がいる


御神牛と言い体の悪い所を撫でるとそこが良くなるらしい



当然頭を撫でる


自分以外にも頭の悪い人間は大勢いるらしく牛の角周辺は塗料が剥げててっかてかになっていた

そのてかてかを触っていたら禿げ頭を思い出した












14H鹿児島3 (69)
拝殿…じゃない本殿に到着

本殿に直接参拝する神社もあまりないような気がする

それこそ学がない人間なんで詳しくは知らないけど


手前の梅の花が咲いていたらそこそこまともな写真になったと思うけどまだ時期は早かったようで少ししか咲いていなかった



…と思ったけどこの時はもう3月下旬なんで梅は終わっていたのかな








14H鹿児島3 (70)
境内の様子


アジア系の観光客がわーわー騒いでいてうるさい


雰囲気ぶち壊しだよ


最近日本中どこに行ってもこんな感じになりつつある




観光に来てもらう分はありがたいんだけどもうちょっとその声の大きさ

どうにかしてください











14H鹿児島3 (71)
その後天神に戻る


春日あたりでは連続立体交差化の工事が行われていた


電車は仮の線路をしばらく走る


通過する駅のホームも当然すべて仮の構造になっている

あまり見ることができない光景で結構面白い






50キロ制限がかかっているようでその区間は信号機も減速信号が現示されていた






14H鹿児島3 (72)
仮線区間が終わり本線へ合流


このあたりの風景も数年後には大きく変わることだろう






14H鹿児島3 (73)

天神に到着

電池が切れたのでここでおしまい



この後特に見せ場もなく家に帰りましたとさ



お疲れ様でした






おしまい




メニューへ




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その3 筑豊電鉄に乗車 など… 2014年春 九州縦断適当な旅

戻るのだ

14H鹿児島3 (46)
その後黒崎へ向かう






14H鹿児島3 (47)
黒崎駅の立ち食いうどん屋でかしわうどんを食べる


腹が減っていたこともあって物凄くうまかった


汁も全部飲み干した


おすすめです






この後筑豊電鉄のりばへと移動







14H鹿児島3 (48)
13時48分発の筑豊直方行電車に乗り込む


本来ならば旧型の2000形が運用に入っているはずだったけどホームには3000形が停車していた

筑豊電鉄のホームページで確認してもこの列車の運用は3両 つまり2000形で間違い無いようだ


急な運用変更があったんだろうけど少し残念


ほぼ座席が埋まる形で黒崎を発車



14H鹿児島3 (49)
ドア上に設置されていた幕式の運賃表


中々珍しいもんだなあと思ったけどそういや初日の熊電青ガエルにも幕式運賃表がついていたことを思い出した







14H鹿児島3 (50)

大半の電車が折り返す中間を過ぎたあたりから車内には空席が目立つようになった

14H鹿児島3 (51)
窓の外も田畑が目立つようになった

路面電車タイプの車両から田畑を眺めるのもなかなか新鮮だった





14H鹿児島3 (52)
車内の様子


ワンマン運転はされておらず全列車に昔ながらのカバンを下げた車掌が乗務している

駅を出るたびに短い車内を巡回している

乗客からは両替などひっきりなしに声がかかっていて案外忙しそうだった





運転席の無線が騒がしい


耳を澄まして聞いてみるとどこかの踏切が故障しているらしい







14H鹿児島3 (53)
運転席後ろにかぶりついビデオを回しながら前方を注視していると電車は徐行し始めた


手旗を持った作業員が踏切に立っている

そこが故障したんだろうか


電車はその踏切で一旦停止した後係員の手旗誘導で発車

割とあっけない



特に面白いものが見れたという感じもなく正直ビデオを回すまでもなかった











14H鹿児島3 (54)
その後特に遅れることもなく何事もなかったかのように終点直方に就いた





14H鹿児島3 (55)
筑豊直方駅から10分ほど歩いてJR直方駅にやってきた


歴史ある駅舎は取り壊されていてピカピカの橋上駅舎が建っていた





14H鹿児島3 (56)
ただ駅前には見るからにボロッちいバスセンターが残っていた


前来た時は軒先にも看板などが設置されていて高度経済成長期そのままの雰囲気が残ってたけどそれは取り外されていた









14H鹿児島3 (57)
半端に時間が余ってしまった


この後どこに行くのか決めてないけどとりあえず博多に戻ることにする





14H鹿児島3 (58)
誰もいない車内


ロングシート車ということもあり余計がらんとした感じに映る





14H鹿児島3 (59)
博多に到着







14H鹿児島3 (60)
なんとなく天神にやって来たのだ




だいぶだれてきたけど続く







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その2 九州鉄道記念館 2014年春 九州縦断適当な旅

その1へ



14H鹿児島3 (22)
九州鉄道記念館にやって来た




左の方には2013年に追加展示されるようになったカットモデルが並んでいる










14H鹿児島3 (23)
正直生首みたいで全然好きじゃない


485系のRE色くらいは1両丸ごと保存してほしかったんだけど…

拡張する土地もないだろうししょうがないか








14H鹿児島3 (24)
生首に文句を垂れていたけど運転台が公開されてるってのはありがたい

これは485系の運転台










14H鹿児島3 (25)
「電車」じゃなくて「列車」という感じの運転席


たまらんなー






この車両と同型車はいまだに現役で走ってる











14H鹿児島3 (26)
こちらはED76形の運転台


485系以上にごつい



マスコンハンドルのギザギザの威圧感もすごい



この車両も同型機がいまだ現役で貨物を引いている








14H鹿児島3 (27)
車両展示場



C59








14H鹿児島3 (28)
EF10






14H鹿児島3 (30)
ED72









14H鹿児島3 (29)
キハ07



1969年まで宮原線(廃止)で使用されていた









14H鹿児島3 (31)
この気動車は機械式、要はギアチェンしながら走らせる車両らしい



総括制御も出来ないため併結運転時には運転士の呼吸をぴったり合わせて運転しなければならなかったそうだ







14H鹿児島3 (32)
ニス塗りの車内が美しい



現役当時もこんなピカピカの状態で運用に就いていたんだろうか











14H鹿児島3 (33)
みんなのヒーロー485系








14H鹿児島3 (34)

ばったんこシートが並ぶ







14H鹿児島3 (35)
昨年追加された⒕系寝台客車






14H鹿児島3 (36)
2段式のB寝台車








14H鹿児島3 (37)
九州ブルトレには1度も乗ることができなかった









14H鹿児島3 (38)
洗面台


もはや骨董品と言ってもいいような味が出ている


はまなすの車両にもまだ付いているんだろうか








14H鹿児島3 (39)
こちらは581系もどき





14H鹿児島3 (40)
車内はロングシート区画もある715系のまんま


こんな珍車両が十数年前まで最寄りの路線を走っていたというのが信じられない


本当に、あと十年早く生まれたかった

余談だけどネットサーフィン中にこの715系内で撮影されたと思われる露出…


まあいいや














14H鹿児島3 (41)
館内の様子






14H鹿児島3 (42)

運転シュミレーター







14H鹿児島3 (43)

ちびっこ運転士たち




並んでいる間はすごく楽しそうに見えるけどいざ自分が運転するとなるとギャラリーの視線もあって結構緊張する



実際の運転士は自分みたいなやつが運転台の後ろに張り付いてたりするんだからかなりのストレスがかかるんだろう



ご苦労さんです







14H鹿児島3 (44)
門司港駅へと戻る



廃止になった貨物線を走るトロッコ列車が通過していった



九州の鉄道全線に乗った気でいたけどそういえばこの路線には乗ってなかった










14H鹿児島3 (45)
せっかくなんで港に出て関門海峡を眺める



…悪天候のため関門橋も霞んでいた






続く









人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その1 吉塚駅で雨の中撮り鉄…→門司港へ 2014年春 九州縦断適当な旅


メニューへ

3日目へ

適当な旅もいよいよ最終日…


この日は1日目と同じで旅名人の九州満喫きっぷ使用です






14H鹿児島3 (1)
通勤ラッシュの博多駅






14H鹿児島3 (2)
博多の隣の吉塚駅にやって来た




この駅で撮り鉄の真似事をやってみることにする


平日の朝ラッシュということもあり次から次へと列車が来る


さて撮るかとホーム端にスタンバイした途端大粒の雨が降って来た





カメラが濡れてぶっ壊れたら元も子もないんで屋根があるところまで引っ込む









14H鹿児島3 (3)
気合で撮ってみる


ホーム端の金網に被らないように顔の上までカメラを上げてズームで撮っているんで当然ぶれる






14H鹿児島3 (4)
787系12両で運転されるきらめき3号






14H鹿児島3 (5)
福北ゆたか線の普通列車








14H鹿児島3 (6)
813系


どうしても金網が…


もう少し背が高かったらよかったんだけど






14H鹿児島3 (7)
鹿児島線と福北ゆたか線の列車が同時入線






14H鹿児島3 (8)
お目当ての415系12両編成の快速がやって来た





14H鹿児島3 (9)
後ろが切れてる…









14H鹿児島3 (10)
ホーム停車中の姿を後ろから撮るもホームがカーブしてるんで編成全体は写らない…







14H鹿児島3 (11)
入線時の写真を撮るのはあきらめてホーム博多方の端っこで後追い写真を撮ることにした



さっきの415系もココで撮ったほうが良かったようだ



この後783系12両のきらめきも撮る計画だったけどもう諦めた



腹が減ったんで駅前の牛丼屋で朝食を食べる











14H鹿児島3 (12)
そのあと折尾駅にやって来た


かつてあの有名な駅舎が建っていた場所にはちっこいプレハブの仮駅舎が建っていた


年々減少傾向とはいえ3万人を超える乗降客数を誇る駅とは思えないくらいの規模の小ささ


ラッシュ時なんかはこの駅舎で客を捌けるんだろうか












14H鹿児島3 (13)
地下道はまだ昔のままだった


ただここも近いうちにぶっ壊されるんだろう








14H鹿児島3 (14)
再び列車に乗りこんどは門司港駅にやって来た


14H鹿児島3 (15)
向かいのホームには415系の関門PRラッピング車が停車中


これは初めて見た


貫通扉に貼ってあるシール式のヘッドマークがどことなく有田陶器市号のヘッドマークに似ている気がした


ここ何年かは陶器市号のヘッドマークは付けられてないらしい





14H鹿児島3 (16)
ラッピングを…






14H鹿児島3 (17)
割と悪くない







14H鹿児島3 (18)
囲いに覆われた門司港駅舎





現在大修理が行われている


工事が終わり再び駅舎が見れるようになるのは2018年になってからだそうだ









14H鹿児島3 (20)
駅前から門司港駅を見てみる


数年にわたり使う囲いだけあってかなり立派な造り





14H鹿児島3 (19)
囲いの周囲には足場が組まれ中が覗けるようになっている




これは玄関の屋根の部分だろう




思った以上に老朽化している





こりゃ修理が5年以上かかるのも無理はない











この後九州鉄道記念館へ向かった




その2へ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

3日目 鹿児島→福岡  2014年春 九州縦断適当な旅


メニューへ


2日目へ


kagosiha14001 (1)

増床工事中のアミュプラザ鹿児島


大階段があった場所に東急ハンズが入るビルが建つらしい



この日は鹿児島から福岡に移動しただけ…


午前は中央駅ビルの本屋で適当に暇をつぶしたりしていた


観光する気力もわかない







kagosiha14001 (2)
駅前の電停


花がきれいだった









kagosiha14001 (3)
いぶたま







kagosiha14001 (4)





kagosiha14001 (5)
指宿枕崎線の普通列車





kagosiha14001 (6)

817系ばっかり来て正直つまらない


10年前だったらまだ急行型が現役だったんだけど…









kagosiha14001 (7)
黄色のキハ200




貫通扉の三角のマークは開聞岳だろうか











kagosiha14001 (8)
はやとの風


オートで適当に撮っているだけなんで黒く潰れてしまった


kagosiha14001 (9)
さくらで博多へ…






kagosiha14001 (10)
車販から焼肉弁当を買い求めた





kagosiha14001 (11)
常温…というか冷たかった



味は可もなく不可もなく…


正直吉野家の豚丼のほうがうまいんじゃないかなと思った

ごめんなさい











kagosiha14001 (12)
白川を渡ると間もなく熊本







kagosiha14001 (13)
脊振山地をトンネルでくぐり間もなく博多に到着








kagosiha14001 (14)
あっという間に博多着



さすが新幹線



はやい















夜は入場券を買い博多駅で撮り鉄


安物カメラだけど夜でも明るく撮れる





写真撮るのががうまい人が使えば中々使い勝手がいいカメラなのかも





4日目へ続く


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2日目その2 サクラジマアイランドビューで桜島を観光 2014年春 九州縦断適当な旅 

その1へ


続いてやって来たのは赤水展望広場

2004年の8月に長渕剛がオールナイトコンサートをやった場所でなんと75000人もの観客がやって来たらしい



⒕春鹿児島 (20)
それを記念した「叫びの肖像」も建てられていた


好きな人にとっちゃ聖地みたいなもんなのかもしれんけど正直どうでもいい



8分ほど停車した後バスは出発







⒕春鹿児島 (21)
赤水展望広場から約15分ほどで湯平展望所に着いた


標高373メートル


桜島を間近に眺めることができる







⒕春鹿児島 (22)
錦江湾と鹿児島市街地も一望できる



この日はもともと霞んでいたのとさっき噴火した影響もあり今一つパッとしない景色













⒕春鹿児島 (23)
桜島の山頂をアップで


当然登山は禁止となっている


何百年後かには登れるようになるんだろうか


崩落も過ごそうだけど






20分くらいまでものすごい量の噴煙が出てたのに風に流されたのか完全に消えていた



⒕春鹿児島 (25)

こんな感じの展望台





⒕春鹿児島 (24)
避難休憩施設というプレート


非常時にはここに逃げ込むことになりそう



阿蘇の避難施設兼ロープウェー駅みたいに要塞みたいな造りではないんで意味があるのかは疑問








⒕春鹿児島 (26)
バスの発車直前にまた噴火


やっぱり音はしない








⒕春鹿児島 (27)

1時間ほどで鹿児島港に戻って来た







⒕春鹿児島 (28)
海岸沿いには遊歩道も整備されてるんで少し歩いてみる

溶岩が流れ込んで出来たごつごつした磯が続く




ここらの景色は利尻島の仙法志御崎に似ている気がする









⒕春鹿児島 (29)

利尻山…ではなく桜島

この辺は桜島溶岩なぎさ公園として整備されている


画面中央の小川のようなものは足湯となっている

全長100メートルとかなり長い


桜島を見ながら足湯に浸かるのも気持ちいいのかもしれないけど個人的に温泉も足湯も大っ嫌い

写真だけ撮って通り過ぎる





⒕春鹿児島 (30)
足湯は海岸線間近まで続く


見てる分は本当に気持ちよさそうだけど…








⒕春鹿児島 (31)
さっきの公園から続くなぎさ遊歩道を少しだけ歩いてみる

1914年の対象噴火でこのあたりは溶岩に埋まってしまったらしい


100年たった今も低い木々しか生えておらず独特の景観が続く










⒕春鹿児島 (32)
溶岩の隙間には水がたまっている…ように見えたけど実は海水が来ているようだ








⒕春鹿児島 (33)

磯の向こうに桜島







⒕春鹿児島 (34)
磯にも降りられる


ちなみに国立公園なんで持ち帰りは厳禁






⒕春鹿児島 (35)
生物密度が濃そうな磯だなと思い少々漁ってみたけどヤドカリ一匹見つけることはできなかった


何にもいないはずがないし見つけられなかっただけだとは思う


ただ見つけられなかったとしたらそれはそれでショックだったり





フェリーターミナル近くの浜に降りた

砂浜を赤い粒みたいなのがうごめいている





写真を撮って拡大してみたら…






14だにk
この形…

ダニ!



げええと思い急いでその場を立ち去る


調べたら「タカラダニ」という人間に悪さはしないダニらしい



ただやっぱり気持ちが悪い



また一つ賢くなってしまった









⒕春鹿児島 (37)
日も傾いてきたんでフェリーで鹿児島へ帰る







フェリーからの眺め






⒕春鹿児島 (38)
鹿児島港に接岸








⒕春鹿児島 (39)
その後天文館付近で路面電車を撮ったりして時間を潰した後適当なところでホテルに戻った




3日目へ





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2日目その1 城山&噴煙を上げる桜島 2014年春 九州縦断適当な旅


メニューへ



1日目へ


⒕春鹿児島 (1)
ホテルでごろごろしていたらあっという間に11時を過ぎた

どこに行くか決めてなかったけどこのままどんどん時間が過ぎてしまうのももったいない

とりあえず鹿児島観光の定番である城山に向かうことにした







⒕春鹿児島 (2)
電車通りを歩く


素直に路面電車に乗ればいいものを160円をケチりたいがために乗らなかった









⒕春鹿児島 (3)
天文館まで歩いてきた







⒕春鹿児島 (4)
熊本のほうがだいぶ活気があった


まあ平日の真昼間だし比べちゃダメなのかもしれない


天文館もかつては九州有数の繁華街だったようだけど郊外の大型商業施設とJR九州の駅ビルに押されてかなりの打撃を受けているそうな






⒕春鹿児島 (5)
西郷さん…だよね







⒕春鹿児島 (6)
かなり顔がでかい









⒕春鹿児島 (7)

山道を登り城山の展望台へ向かう

運動不足の体には結構こたえる


登ってから知ったけど城山展望台まで直通するバス路線もあるらしい

それに乗ればよかった









⒕春鹿児島 (8)
ひいひい言いながら25分ほど山道を登ると展望台に着いた



疲れた







⒕春鹿児島 (9)

肝心の景色も春霞なのか大陸からの汚染物質が飛来してるのか知らないけどどこか霞んでいる


まあこんなもんか








⒕春鹿児島 (10)

目つきの悪い猫

ケンカ売られているようだ








⒕春鹿児島 (11)

せっかく鹿児島に来たんで桜島へ渡ることにする






⒕春鹿児島 (12)
城山から40分ほど歩いてようやく鹿児島港に到着








⒕春鹿児島 (13)
桜島フェリーに乗船


ココのフェリーはなんと24時間運航

日中は10分とか15分とかいう短い間隔で運行されておりとても使いやすい

しかも料金も安い





⒕春鹿児島 (14)
出航







⒕春鹿児島 (15)

15分ほどで錦江湾を挟み対岸の桜島港に到着




⒕春鹿児島 (16)
桜島の国民宿舎前のバス停から桜島アイランドビュー(周遊バス)に乗り込む

調べたら桜島港にもバス停はあったようだったが気づかなかった





乗車したらすぐに運転手からフリー券を買わされた


ココのバスは前払いなのか










⒕春鹿児島 (17)
噴火してる…




⒕春鹿児島 (18)
乗車して5分ほどで烏島展望所に到着


ナイスタイミングで噴火してくれた

ありがとう桜島







⒕春鹿児島 (19)
大迫力



かなり噴煙の量も多い


どっかーんと音がしそうだけど全くの無音だった





その2へ続く


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

1日目その6  熊本市電&さくらラッピング新幹線 2014年春 九州縦断適当な旅 


メニューへ


その5へ


⒕春熊本 (76)
上熊本の電停には新型電車が停車中


こっちに乗れるのかなと思ったけど





⒕春熊本 (77)
隣に停まっているこちらの旧型の電車が先発するようだ








⒕春熊本 (79)
乗ってみると中々年季が入った車内だった

床も板張りで結構良い感じ








⒕春熊本 (78)
運転台



ピカピカのマスコンが印象的だった

磨き上げられているんだろう




上熊本を発車する路面電車は意外と本数が少なくほぼ15分間隔で運転されていた

乗車後もしばらくは発車しない

結局17時27分ごろに電車は発車した



その後20分ほどで熊本の中心部である通町筋電停に到着












⒕春熊本 (80)
日曜夕方ということもありアーケード街は多くの買い物客で賑わっていた







⒕春熊本 (81)
夕日に照らされる熊本城と路面電車






⒕春熊本 (82)
周辺にはデパートや商業施設などが立ち並んでいる


歩道は人で溢れかえっていた


熊本がこんなに栄えているとは思わなかった









⒕春熊本 (83)
大勢の人たちが道を渡る

その向こうには熊本城


大勢の人が行きかう商業地の向こうにお城という風景は見ていて面白い

お城も路面電車も街に溶け込んでいる感じがかなり良い







⒕春熊本 (84)
その後お城の方向へ歩く


振り返るとビルの壁面にくまモンがいた


くまモン殖え過ぎ




⒕春熊本 (85)
坪井川の縁に神社があったんで行ってみた


熊本城稲荷神社というらしい






⒕春熊本 (86)
その近くにももう一つ神社があった


こちらは熊本大神宮というそうな


いかにも明治以降に建てられたような名前の神社だった








⒕春熊本 (88)
坪井川と熊本城の石垣

お濠に見えるけど天然の川




夕日に照らされてなかなかいい感じ

桜がちらほら咲いている


満開の日の夕方なんてのは中々綺麗なんだろう





⒕春熊本 (87)
通町筋を振り返る


相変わらずの賑わい






⒕春熊本 (89)
熊本城・市役所前電停から路面電車に乗車

電車を待っているときにアジア系の外人から熊本駅にはどうやって行けばいいのか聞かれる

来た電車に乗ればいいんだけど上熊本に行く系統と熊本駅前を通る系統があってどういえばいいのか分からない

結局パンフを指差して系統のラインカラーを滅茶苦茶な英語で教えた

なんとか通じたようでよかった


英語ができないとこんな簡単なことすら教えられない



もう少し頭のよさそうな人に聞いたら良かったのに…と思ってはいけないか


まあ外人さんも日本人は英語がしゃべれないんで行先を聞くにも苦労するということが身にしみて分かっただろう


それでも心優しき日本人が変な言語で必死に教えてくれたというのはいい思い出になったに違いない



どうなんだろうね















⒕春熊本 (90)

熊本駅前に到着








⒕春熊本 (91)
新幹線口の駅舎



写真では見たことがあるけど生で見るのは初めて

中々洒落ている










新幹線の発車シーンをビデオで撮ったりしていたらどんどん時間が過ぎていった

車掌の視点から眺めていたりしたら意外と楽しい






そろそろ鹿児島に向かわないと…



つばめ339号3339A
熊本19:18→鹿児島中央20:14

⒕春熊本 (92)
特に調べていたわけではなかったけどさくらラッピング車両がやって来た

熊本でさくらに追い越されるんでそれに乗ったほうが鹿児島には早く着くけどせっかくなんでこの800系に乗ることにした












⒕春熊本 (93)
さくらだけどつばめ








⒕春熊本 (94)
シンプルだけど結構きれいだった






⒕春熊本 (95)
乗車する


車内は特に変わったところはなかった







⒕春熊本 (96)
1時間弱で鹿児島中央に到着



駅前のホテルへと向かった





翌日へ







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

1日目その5  熊電併用軌道を楽しむ くまモンと青ガエルとボケガエル 2014年春 九州縦断適当な旅 

その4へ





併用軌道区間に向かう





⒕春熊本 (43)
踏切から藤崎宮前駅を見る






チンチンチンと昔ながらの警報機の音が聞こえた

音のする方へ走ってみると踏切をゆっくりと電車が通過していった






⒕春熊本 (44)
路地を進む

途中行き止まりに入ってしまった

遊んでいた子供から声をかけられる

こっちに来ると抜けられるそうなんでついていくとアパートの駐輪場を抜けて無事道に出ることができた

本当は部外者が入っちゃダメなんだろうけど…

それにしてもこっちが聞いてもいないのに道を教えてくれるなんてよくできた子供たちだと思った

自分以外にも迷い込むバカが多いのかもしれない








⒕春熊本 (45)
道中すこし変わった形をした架線柱を見つけた

ちょっとだけ鳥居みたいに見えなくもない







⒕春熊本 (46)
藤崎宮駅から20分ほどで併用軌道のポイントに到着







⒕春熊本 (47)

凄い所に線路を敷いたもんだ

線路が敷かれた後に道路ができたのかな

この辺はよくわかんない

まあいいや






⒕春熊本 (48)
家の真ん前に線路がある



車庫入れなんかにもたついたら列車が突っ込んできそう







⒕春熊本 (49)
15時27分ごろ

チンチンチン…という警報機の音とともに御代志行がやってきた







⒕春熊本 (50)
なにげにかなりの急カーブのようで





⒕春熊本 (51)

ゆっくりとしたスピードで通過していった


熊電は日中ライト付けないのね





⒕春熊本 (52)
良い天気







⒕春熊本 (53)

15時35分ごろ藤崎宮前行きがやって来た





⒕春熊本 (54)
スカートが東南アジアっぽい気がする





⒕春熊本 (55)
数々の鉄道写真に収められてきたコンビニも今は営業していないようだった









⒕春熊本 (56)
併用軌道から専用軌道へ…






⒕春熊本 (57)
原爆でやられたみたいな銅像


何なんだろう


男みたいだけど







⒕春熊本 (58)
15時58分ごろ

先ほどの折り返しである御代志行きがやってきた


上熊本~藤崎宮前間も交換設備がないため1本の列車しか入れない







⒕春熊本 (59)





⒕春熊本 (60)





⒕春熊本 (61)
車のすぐ横を通過






⒕春熊本 (62)
行ってしまった






⒕春熊本 (63)

なんか路面電車の軌道よりも適当な感じがする線路


スピード出したらレールが外れそうな感じ










⒕春熊本 (64)
併用軌道の目の前にある高校


ココの学生はこの風景をいつも見ながら登校していることになる

非日常な風景が近くにあるなんて不思議だなあと思うけどこの辺の人たちにとってはそれが日常なんだろう





16時05分ごろ藤崎宮行きのくまモン電車がやって来た

土日は朝以外30分間隔で運行されている


平日ラッシュ時と土日朝は15分毎に列車が運転されているんで本格的に撮影を楽しみたい人はその時間帯に来るのがいいかもしれない

くまモン電車の折り返しに乗車するため黒髪町駅へと向かう






⒕春熊本 (65)
併用軌道のポイントから歩いて5分ほどで黒髪町駅に到着


崩れそうなホーム上屋が建っていた

柱を力いっぱい押したらたぶん倒壊するだろう








普通53列車
黒髪町16:28→北熊本16:31
⒕春熊本 (66)

またくまモン





北熊本で下車







直ぐに上熊本行き電車の接続があったけど1本見送ることにした

次の電車は30分後…







⒕春熊本 (67)
駅併設の車両基地にはケロロ軍曹のラッピング車も止まっていた

今日は終日運用に入らないようだ


ノーマルタイプが青ガエルの愛称ならこっちはボケガエルになるのか









⒕春熊本 (68)
石積みのホームに木の架線柱

何十年も前からこの光景は変わってないんだろう


鉄道の架線柱は数十年たっても普通に使用されるようだけどこの木製架線柱は設置から何年くらいたってるんだろう







⒕春熊本 (69)
青ガエルがやって来た

ここまで木製の架線柱が林立する光景が見られるのは熊電だけだろう


さすがにあまりにも古くなりすぎたのか一部区間では枕木がコンクリート製のものに交換されたり架線柱も通常タイプのものに更新されていたけどまだ大部分はこんな感じの木製架線柱が現役で頑張っている





こんなノスタルジックな鉄道も珍しい

もっと観光客が来てもよさそうだと思う




まあ観光地化されてないのが熊電の魅力なんだけど




普通42列車
北熊本17:02→上熊本17:11


⒕春熊本 (70)
というわけで青ガエルで上熊本に戻る







⒕春熊本 (71)
幕式の運賃表

増税されたんで今はこの運賃じゃないです

念のため…







⒕春熊本 (72)
つり革の広告は東急時代のまま



⒕春熊本 (73)
ワザと残してあるのか、放置してあるのか…

どっちなんだろう


それにしても30年前の広告とは思えないくらいの状態の良さ










⒕春熊本 (74)

線路状態があまりよくないらしく低速で走っているのに電車は良く揺れた

カーブ区間やトンネル内では長いつり革が網棚にぶつかってガチャガチャ音を立てていた




韓々坂→上熊本の車内の様子


ゆっくりゆっくり走る






⒕春熊本 (75)

終点上熊本に到着


車内には自転車も持ち込めるようだ


間もなく青ガエルも車齢が60年に達するんだけど具体的な置き換え計画はまだ無いようだ





もうしばらくはこの懐かしい光景を楽しめそう




この後路面電車に乗り市内中心部へ…




続く






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR