夏 アルペンルート&松本の旅のカテゴリー記事一覧

2006年7月 アルペンルート&松本の旅最終日END 松本城など

さてさて最終日

松本の定番観光地といえば当然松本城…というわけで




2006007 (90)

松本城へやってきた


1500年代終盤に建てられた現存天守が残り国宝にも指定されている

世界遺産に推薦しちゃってもいいんじゃないのと個人的には思う





2006007 (91)
池の鯉















2006007 (92)


平成初期に復元された黒門から入場







2006007 (95)

天守内は急階段の連続

1段ごとの高さも大きいんで結構疲れる









2006007 (93)

宇宙つつじ。。。

普通のつつじでした









2006007 (96)

中町通り

昔ながらの町並みが残る

いいお散歩コース




2006007 (97)

松本駅に戻ってきた





2006007 (98)

駅舎は橋上化工事中だった






2006007 (99)

相当新しい感じの改札口

たぶん改装したて何だろう







2006007 (100)

留置線には185系が止まっていた

初めて見た






2006007 (101)

特急しなのに乗車し木曽路を名古屋へ向け下る

日本の田舎といった風景が続く








2006007 (102)

高層ビル立ち並ぶ名古屋に戻ってきた

アルペンルートやら木曽路など大自然を通ってきたんで余計都会に見える






2006007 (103)

名鉄に乗り中部国際空港に戻る

名鉄名古屋駅はひっきりなしに列車が発車していて驚く

すさまじい過密ダイヤらしい







2006007 (104)

中部国際空港に到着

往路はすぐに名鉄ホームに向かったんで空港内を見物する暇はなかったけど今回は飛行機まで割と余裕があるんで土産物屋なんかを覗いたりした





2006007 (105)

そんなことをしていたらすぐに搭乗の時間に。。。





2006007 (106)

夕焼けの空を飛び墜落せずに無事福岡に到着

その後高速バスで帰宅しましたとさ

お疲れ様でした




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2006年7月 アルペンルート&松本の旅3日目その2 黒部ダム

その1へ


2006007 (77)

黒部ダムに到着

観光放水をやっていた

大迫力で少しビビる





2006007 (76)
黒部湖の遊覧船に乗船することにした






2006007 (75)
前日の大雨により水は濁っていた

本当だったらエメラルドグリーンの湖面を眺めることができたんだろうに残念


2006007 (78)
ダムサイトから黒部渓谷を見る





2006007 (79)
一瞬だけ虹を見ることもできた


2006007 (80)

長い長い階段を上りダム展望台へとやってきた

観光パンフでよく見る景色はここから撮ったものだろう

220段の階段を上る体力と暇がある人にはおすすめ






2006007 (81)

ダムサイトのすぐわきにある新展望広場からは放水をまじかに眺めることができる





2006007 (82)
凄い




2006007 (83)

看板






2006007 (84)

扇沢行きのトロリーバスに乗り込み県境を越える

ここから富山県ではなく長野県となる





2006007 (85)

長野県の扇沢に到着






2006007 (86)

こんどは普通のバスに乗り大糸線の信濃大町駅にやってきた

やっとアルペンルートも終了

天候に恵まれなかったのが最悪だけど黒部ダムでは雨が降らなかったのが不幸中の幸いだと思う







2006007 (88)

駅名表




2006007 (87)

普通列車に乗り今晩の宿がある松本へと向かう





2006007 (89)

やっと着いた…

ネオン煌めく松本駅前

思ったよりも都会で登山用ザックを背負った登山客や観光客でにぎわっていた

最終日へ続く





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2006年7月 アルペンルート&松本の旅3日目その1 アルペンルート

2日目その2へ

3日目



8時過ぎのバスで弥陀ヶ原を出発

前日の夜は大雨が降ったようでこの日もあまり天気は良くないらしい





2006007 (54)




バスから見た弥陀ヶ原

今日も残念なことに霧がかかっていて視界がきかない




2006007 (55)




曲がりくねった道

この場所は勾配が特別きつかったというわけでもないのに道がグネグネしている

まっすぐ通せそうなものだけど

曲線のほうが高原気分も出るし好きだけど






2006007 (56)



標高2000メートルを超えていると思う

このあたりまで来るとだいぶ雪も残っている

九州の人間から見るとかなり新鮮な景色






2006007 (57)



ただ雪渓はどれも泥まみれで近くで見るとあまり綺麗ではなかったりする

2006007 (58)




まあこんなもんだ







2006007 (59)


天狗平付近では滝も見ることができた

ソーメン滝とかそんな感じの名前だったと思う





2006007 (60)


霧の天狗平をバスは進む





2006007 (61)



間もなく室堂というところでいきなり現れた雪の塊




2006007 (62)



これがあの有名な雪の大谷の成れの果て…と書いたらおかしいけど夏の間はこんな感じ

薄汚れてはいるけどまだ雪が道路両脇に数メートル単位の高さで残っていた

前の冬が大雪だったため例年より多く残っていたらしい







2006007 (63)



室堂に到着

石碑っぽいのをとりあえず撮る

霧が凄くて当然立山の姿を見ることは叶わず…

せめてみくりが池くらいは散策しようと思ったけど雨霧で見えなさそうなんでいかなかった

5年後の2011年にリベンジでやってきたけどそれはまた別の機会に…












2006007 (64)


室堂ターミナル屋上から望む雪渓


2006007 (65)




ずらりと並ぶ色とりどりの観光バス









雪の大谷だった場所を進むバスを撮る

2006007 (67)




アップで



2006007 (68)





ここからはトロリーバスに乗り換え






2006007 (69)




トンネルの中を進む






2006007 (70)




大観峰で立山ロープウェイに乗り換えた






2006007 (71)




駅名表






2006007 (72)




黒部平駅から見る黒部湖

若干霧も晴れてきた




2006007 (73)




残雪が残る高山

何山だったっけ…





2006007 (74)



ここからはトンネルの中を進むケーブルカーに乗り換え黒部ダムへと向かう

その2へつづく


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2006年7月 アルペンルート&松本の旅2日目その2 アルペンルート&弥陀ヶ原

その1へ

2006007 (40)



地鉄富山駅にやってきた

ホーム壁にはヘッドマークがズラリと並べられていた

味があっていいと思う






2006007 (41)

イエローとグリーンのツートンカラーの電車が入線


電車に乗車し立山駅へと向かう







2006007 (42)




列車は富山平野を突っ走る

揺れもひどく鉄橋では脱線するかと思うほどの走りっぷり

いつもこうなんだろうか

車窓には富山平野独特の散居集落も点在していた


防風林の中には何十回も冬を越し風雪に耐えてきたように見える立派な農家が建っていた







2006007 (43)

間もなく終点というところまで進むといよいよ周囲も山深くなった

有峰口駅の手前で列車は常願寺川を渡る

下流でも渡ったのでこれで2回目だ






2006007 (44)

終点立山に到着後立山ケーブルカーに乗り換える

その後ケーブルカーの終点美女平で今度は高原バスに乗り換えとなる






2006007 (45)




白樺の林を高原バスは進む






2006007 (46)


木々の向こうの白い筋は称名滝

この滝はなんと落差350メートルと日本一の落差を誇る名瀑

さすがにこの距離だと対して迫力も感動もない




2006007 (47)



遠くの山には雪もまだ残っているようだった




2006007 (53)



バスは弥陀ヶ原のバス停に到着

バス停の目の前にある弥陀ヶ原ホテルが今晩の宿

(上写真は翌日バス車内から撮影)







2006007 (48)

まだ昼過ぎなんで一帯に広がる弥陀ヶ原湿原を散策することに

生憎の天気だけど…






2006007 (49)



整備された木道の横には池塘も点在し湿原独特の景色が広がる



ちなみに弥陀ヶ原では池塘のことを「餓鬼田」と呼ぶらしい

餓鬼が飢えをしのぐために田を作ってるんだとか





2006007 (50)

池塘の縁に咲くチングルマ

自分でも知っていたくらい代表的な高山植物


もう少し時期が早かったらワタスゲも綺麗だったらしい





2006007 (51)

こちらはイワカガミ

結構小さいんだけどかなりの存在感

なんでだろう








2006007 (52)

ほどほどのところでホテルに戻った





翌日へ続く









人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2006年7月 アルペンルート&松本の旅2日目その1 富山駅で早朝撮り鉄

1日目へ

2日目です。。。









2006007 (16)



早朝の富山駅で撮り鉄





2006007 (17)




中線に留置されていた413系をとりあえず撮影

この後朝ラッシュ時の運用にでも就いたんだろう






2006007 (18)

寝台特急北陸号が入線

残念なことに2010年春のダイヤ改正で廃止されてしまった







2006007 (19)



方向幕







2006007 (20)



10分もしないでやってきた金沢行きの急行能登






2006007 (21)




このころはまだ489系のボンネット車が現役だった





2006007 (22)




方向幕






2006007 (23)



車番






2006007 (24)




北陸と違い能登は2010年春のダイヤ改正で臨時列車化

その後しばらく多客時に列車が設定されていたが2012年を最後に列車が設定されることはなくなった





2006007 (26)




451系

走る電車の博物館というか化石のような車両

シールドビーム化されてなかったらもっと良かった






2006007 (25)

451・471系は2011年度に廃車されたとか…






2006007 (27)

高山本線の軽快気動車




2006007 (29)



2011年春ダイヤ改正で消えた食パン電車

このころはまだ現役だった






2006007 (30)

サンダーバード





2006007 (28)

幕とロゴ







2006007 (34)



ローカル輸送の主役である急行型電車






2006007 (33)

原型ライトがかっこいい

北陸新幹線全通の影響でたぶん15年春で消えることがほぼ確定的




2006007 (32)




側面はサボではなくLED化されていた

なかなか見にくくないかい





2006007 (31)

妻面のプレート

昭和42年製造らしい






2006007 (33)

宿泊していたホテルと一緒に…







2006007 (36)

上沼垂色の485系北越





2006007 (37)

JR東日本の車なんでJRロゴは当然グリーン





2006007 (38)




富山駅舎

新幹線開業で大きく変わると思う



2006007 (39)

駅前の風景



この後地鉄に乗りアルペンルートに向かいます

続く


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2006年7月 アルペンルート&松本の旅1日目 富山へ向かう

2006年7月下旬に富山・長野県に旅行した時の記録。。。


まずは佐賀駅バスセンターから高速バスに乗り福岡空港に向かった

道路状況で若干遅れながらも飛行機には十分間に合う時間に無事到着

バス酔いも抜けて人生初の飛行機登場ということでテンションが上がる


早めに搭乗手続きを済ませ椅子に座る

落ちるかもしれないとかハイジャックされたら死ぬんだろうかとかいろいろ考えていたらあっという間に搭乗の時間が来た





2006007 (1)


ANAと言うと白と青の機体のイメージがあったけどこの日は白地に金色の機体が運用されていた

金シャチジェットとか呼ばれているらしい

とりあえず結構珍しい飛行機みたいだけど別に飛行機好きというわけでもないし特に嬉しくもない




飛行機の室内は割と新幹線に似ていた

新幹線が飛行機に似せていると言ったほうが正しいのかもしれない

贔屓目で見ているからかもしれないけどやっぱり新幹線の方が足元は広いし自由に動き回れるしで快適だと思う




間もなく離陸するとのアナウンスがある

ゴーっとエンジンの音が響いたと思ったらあっという間に加速し福岡を飛び立った

あまりにあっという間だったんで別に感動しなかった




2006007 (2)



あっという間に雲の上

いまいち実感がない






2006007 (3)


綿菓子みたいに見えなくもない


前席の乗客の顔が真っ青になっていて驚く

客室乗務員がやってきて声をかけていた

ゲロ袋を持って下を向いて苦しそうにしている

感染症なのかもしれない




せっかくの旅行なのにこの人が持っている謎の感染症を移されたらどうしようと心配になっていた

この人が感染症にかかっているという根拠は当然何もない

ごめんなさい





余計な心配をしていたら海上を旋回してあっという間にピカピカの中部国際空港に到着

拍手したい気持ちになったがほかの客は平然としていて誰も拍手している人間はいなかった

自分は心の中で手をたたいた







2006007 (4)


名鉄に乗りJR名古屋駅へ向かう

運賃が割と高い



2006007 (5)

名古屋駅で人生初のきし麺を食べた

そこそこの味だった




2006007 (6)

名古屋駅の駅名表

国鉄っぽいフォントが素敵だと思う




2006007 (8)

しらさぎに乗り今晩の宿である富山へと移動








2006007 (7)

ジャパニーズ なんとか ホクリク

というロゴシールが乗降口の脇に貼ってあった

JR3社が絡んだ大型キャンペーンのようだった



2006007 (9)

指定席は満席とのことだったが自由席は最後まで開いていた



2006007 (10)


沿線の特徴的な木々



2006007 (11)

敦賀駅には小浜色の113系が留置してあった

なかなか爽やかな塗色で113・115系列の塗色の中では一二を争うほど好きだったけど車両転配で数年後にあっさり消えてしまった




2006007 (12)

福井駅付近では485系特急雷鳥とすれ違う

これも2011年春のダイヤ改正で消えてしまった


2006007 (13)


金沢で大部分の乗客が降車
ガラガラの状態で終点の富山に到着

名古屋から3時間半ほどかかった




2006007 (14)



富山駅ビルの白えび亭で夕食

煮たり焼いたエビは独特のにおいが嫌で食べれないけど生で食べるエビは甘くて旨かった

画像を見ると海鮮丼も食べたようだけどよく覚えていない



2006007 (15)



地鉄駅に併設されたホテルに宿泊

窓から線路越しに見える北口駅前の夜景がそこそこきれいだった


2日目へ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR