夏の本州周遊9日間の旅【前】のカテゴリー記事一覧

さらに古い記事一覧へ≫

真夏の本州周遊9日間の旅 前編 メニュー

11natu03 (90)

真夏の本州周遊9日間の旅 前編 メニュー

1日目 2011年8月2日(火) 佐賀→下関→大阪→南彦根 青春18きっぷ1日目
その1 佐賀から滋賀へ…  
その2 滋賀は遠かった…

2日目 2011年8月3日(水) 南彦根→米原→金沢→穴水→富山 青春18きっぷ2日目
その1 北陸本線を北上
その2 金沢市内観光
その3 能登路を進む
その4 西岸駅→富山

3日目 2011年8月4日(木) 富山→弥陀ヶ原→室堂 (立山黒部アルペンルート)
その1 地鉄&ケーブルカー&バスで弥陀ヶ原へ
その2 弥陀ヶ原から室堂へトレッキング 
その3 天狗平から室堂へ
その4 標高2500メートルの室堂を歩く
その5 夕方の室堂 


4日目 2011年8月5日(金) 室堂→立山登山→黒部ダム→信濃大町→松本 (立山黒部アルペンルート)
その1 浄土山経由で立山(雄山)へ向かう          
その2 立山登山 雷鳥がいた!
その3 立山(雄山)の頂に立つ
その4 黒部ダムを見学し松本へ…            
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その4 黒部ダムを見学し松本へ 真夏の本州周遊9日間の旅

その3へ


114kurobe (1)
大観望駅からは立山ロープウェイに乗車





114natukiri.jpg
何も見えない…





114kurobe (2)
黒部平駅に近づくにつれ霧も晴れてきた


眼下には黒部湖が広がる






114kurobe (3)

黒部平に到着



今度は黒部ケーブルカーに乗り換える





114kurobe (4)
黒部ケーブルカーの車両


全線がトンネルの中を走る






114kurobe (5)

黒部湖駅に到着後長いトンネルを歩いて…






114kurobe (7)
黒部ダムに到着




なんとか観光放水の時間に間に合った






114kurobe (8)

まさに大迫力


風向きによっては水しぶきも飛んでくる





114kurobe (10)
その後黒部ダム駅へ向かう






114kurobe (11)
黒部ダム駅からは関電のトロリーバスに乗車








114kurobe (12)
長野県の扇沢に到着






114kurobe (13)
ここからはアルピコの路線バスに乗車






114kurobe (14)
途中夕立に合う


登山中や観光中は天気が何とか持ってくれたんでよかった




114kurobe (15)
そして信濃大町駅に到着


ようやくアルペンルートが終了


連休時やお盆、紅葉シーズンは乗り換えの度に数時間待ちとなることもあるらしい


そんな時には絶対行きたくない

今回はそこまで混むこともなく割とスムーズに信濃大町まで来ることができた

前にも書いた通り霧に悩まされたりはしたけど天気は大崩れすることもなく持ってくれた


大満足のアルペンルートでした

多分もう来る機会はないでしょう…









信濃大町駅の駅舎はここ数年の間に小奇麗に改装されたようだ

5年前に来た時は昔ながらの大きなモルタル造りの駅舎が建っていた





預けていた手荷物を受け取りに行くとすでに店の営業時間は過ぎていて係りの人が店の前でぽつんと立って待っていた

営業時間をすっかり忘れていた


すいません









114kurobe (16)
ここからはJR東日本の列車に乗り込む


JR東日本管内に入るのも5年ぶりだけあってわくわくする








114kurobe (17)

19時52分 松本に到着




翌日へ続く



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

4日目その3 立山(雄山)の頂に立つ 真夏の本州周遊9日間の旅

その2へ

11natu4mu (35)
11時35分 数分休憩したあと一の越を出発

いきなり道が険しくなる

すこし大丈夫かなあと心配になる


前の集団は小学生か中学生か、児童の集団も登っている

子供でも登れるんだから自分が登れないはずはないだろうと気合を入れなおす










11natu4mu (36)
かなり険しい道が続く

足場も不安定で浮石も多い



靴底がすり減ったスニーカーで登っているんでダイレクトに地面のゴツゴツが足の裏に伝わる


まえのおばちゃん集団が歩いた衝撃で人の頭くらいの大きさの落石が落ちて来たりもした

ばばあ共笑いながら謝ってたけど笑い事じゃねーよ


足元にも注意しないといけないけど登山客が起こす落石にもかなり注意しないといけないようだ

自分も気を付けよう


11natu4mu (37)
建物の影が見えてきた


間もなく頂上






11natu4mu (38)

12時26分 雄山の山頂に無事到着

このあたりの標高は約3000メートル

自分にとって未知の世界

高山病の心配をしていたけど若干息が上がりやすいかなと感じる程度だった







11natu4mu (39)

ペットボトルが500円

高い!


弥陀ヶ原、室堂、雄山とどんどん値段が上がっている



標高の高さとペットボトルの値段の高さは比例しているようだ


それにしてもどうやってここまで運んできたんだか

ヘリがやって来るほどの大規模な山小屋もないんで人力だろうか







11natu4mu (40)
山頂ではお祓いが行われていた


お祓いを受けるのにもかなりの列ができていた






11natu4mu (41)
山頂でお祓いを受ける


標高3003メートル

ずいぶん登ったもんだ







11natu4mu (42)
山頂の祠から売店施設が視認不可能なレベルまで霧が濃くなる


晴れていたら素晴らしい眺望を楽しめたはずなんだけど…






11natu4muro43 (2)
山小屋?の脇からは立山最高峰である大汝山へと続く道も伸びている


天気が良ければ行く予定だったけどこの天候だと何にも見えないし危険も伴いそうなんで断念する


この登山道入り口の脇にあるトイレがとんでもなく臭い


山頂はハエが多かったけどこんなところから湧いてるんだろうか






11natu4muro43 (1)
雷鳥荘で注文した弁当を食べる







11natu4muro43 (3)
通路の横は断崖絶壁






12natu4oyama (1)
13時35分ごろ 下山開始


下に降りるとだいぶ霧が晴れてきた


足元には室堂の景色が広がる

凄い高度感を感じる



いやー凄い


山頂でもこの景色を見たかった…






12natu4oyama (2)
一の越山荘が見えてきた


ジャンプしたらあっという間に着けそうな気もする







12natu4oyama (3)
14時30分ごろ

一の越に戻って来た

12natu4oyama (4)
その後室堂へと戻る


行きは浄土山経由でやって来たためこの道は初めて通る

とても整備された道だった








12natu4oyama (6)
途中2か所ほど雪渓が残っていた


通行量が多いためか踏み固められてつるっつるになっていた

雪渓に乗った瞬間にすっ転んだ


緩い下り坂になっていてとても歩けないため半分しゃがんだ状態で前に進む


おかげで尻がびじょびちょになった








12natu4oyama (7)
間もなく室堂ターミナル


凄い人だかりができていた


まさか…






12natu4oyama (5)
また雷鳥!

しかも今度は親子連れ


母親鳥が1匹と子供が5羽ほどいた


距離がそこそこあるため画像では見にくいけれど肉眼でははっきりとみることができた



3回も雷鳥を見れるとは中々運がいいのかもしれない


しかもメス・オス両方の成鳥とひな鳥も見ることができた


大満足










15時25分 室堂に到着!






12natu4oyama (8)
トロリーバスに乗り黒部ダム方面へと向かう












12natu4oyama (9)

続く


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

4日目その2 立山登山 雷鳥がいた! 真夏の本州周遊9日間の旅

その1へ

11natu4mu (21)
一の越を目指す



2,3名の登山客が中腰になってなにかを眺めていた


11natu4mu (22)
雷鳥がいる!

存在自体忘れていたけど立山の主役と言ってもいい生き物だ

逃げる様子もなく人間の集団から数メートルの場所で悠然と砂浴びをしている





11natu4mu (23)
保護色のため写真写りがかなり悪い


それにしても本当に背景に溶け込む色をしている

ハイマツの中にいたら見つけることはほぼ不可能だと思う









11natu4mu (24)
結構かわいい顔をしている






11natu4mu (25)
その後ハイマツのなかへ消えていった


雷鳥がこんなに人に慣れているとは思わなかった

追っかけたりする人間がほぼいないからこんな行動をするんだろうけど

めったに見れない幻の鳥

みたいなイメージを勝手に持っていたもんだから少し拍子抜けした





11natu4mu (26)
時折見える青空


登山もいいなあ






11natu4mu (27)
霧は冷たい空気と一緒にやって来る(霧自体が冷たいといったほうがいいのかも)んで霧に包まれると気持ちがいい





11natu4mu (28)
断崖にへばりつく高山植物


過酷な環境で必死に生きている





歩いてるとなんかガサガサ音が聞こえるんでその方向を見てみると

11natu4mu (29)
なんか黒い鳥がいた


…こいつなんやっけ と数秒考えた

これも雷鳥だ!



オスの雷鳥のようだ











11natu4mu (30)
目が合ったけど逃げる気配がない




11natu4mu (31)
この後岩をひょこひょこ登りながら岩影に入っていった






11natu4mu (32)
密集して咲いていたイワツメクサ


比較的まともに取れた写真だと思う




11natu4mu (33)
道がだいぶ細くなった







11natu4mu (34)
11時30分 一の越山荘に到着


ここからいよいよ雄山登山となる






続く

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

4日目その1 浄土山経由で立山(雄山)へ向かう 真夏の本州周遊9日間の旅

3日目へ

2011年8月5日(金)



この日は立山(雄山)に登山後信濃大町に出て松本に宿泊する計画





11natu4mu (1)
5時前に目が覚めた


外に出るともう夜が明けていた


東に来ると夜明けが早い


当たり前のことだけど何だか新鮮な気分だった



今日も天気はよさそうだ







朝食までだいぶ時間があるので近くを散歩することにした





11natu4mu (2)
気が付いたらターミナルを超えて雄山方面への登山口付近まで来ていた





このあたりでやめとくかと思っていたらこのあたりで観光案内をやっているらしいおじさんに
「この先の室堂山展望台ではもっと素晴らしい景色が見れる」と言われた

今日この先の予定もあるしどうしようか迷ったけど次ここにくる機会も恐らくないだろうから…

ということでおじさんについていくことにした





11natu4mu (3)
雪渓を横目に見ながらどんどん歩く







11natu4mu (4)
山荘を出て1時間ほどで室堂山展望台に到着


空気も澄み渡っており素晴らしい展望を楽しめた


でっかいリュックを背負って何日もかけてここから遠くの山々に向かう登山者も多いらしい


いろんな趣味の人がいるもんだ





11natu4mu (5)
先っぽがとんがっている山は槍ヶ岳


この山が見える日は1年でそう無いんだとか


結構運がいいらしい








11natu4mu (6)
さて戻るか


映り込んでいる人が案内してくれたおじさん


ありがとうございました








11natu4mu (7)
イワカガミとチングルマ









11natu4mu (8)
日が昇るにつれて刻々と変化する景色…と言ったらいいのか分からないけど

山かげに光が当たり始めると雰囲気も大きく変わる



それにしても腹が減った


へろへろ…





食堂についた時にはもう食べている客はいなかった

一応時間内ではあるけれど自分が一番最後見たいだ







11natu4mu (9)

朝ご飯を食べ準備をして8時20分

いよいよ出発


当初予定より1時間ほど遅れたけどまあ影響はないでしょう



ただ夕立がちょっと怖いけど









11natu4mu (10)
「時間があるんだったら浄土山経由で登ると面白い」とおじさんが言っていたんでその言葉に従う


2時間ほど前に通った道を再び歩く



昨日の午後もこのあたりまでやって来たんでもう3回目だけど何度通っても良い


飽きるなんてことはまずあり得ないと思う














11natu4mu (11)
ジャガイモの花だ

と思ったけどこんなとこにジャガイモはさすがに生えてないと思う


何の花だろう






11natu4mu (12)
浄土山登山口に到着


ここまでは今朝やって来た道と重複していたけどこの先はいよいよ初めてのルート

先を眺めるといきなり岩場を登らないといけないようで初っ端から本格的な山登りといった感じになる


一応標高は2500メートルを超えているし油断したら大変なことになるかもしれないんで慎重に進む







11natu4mu (13)

岩場を上る



下を見たらぞっとした


そこまで断崖というわけでもないけどこんなとこを登るのは初めてなんで少し怖い


まあそのうち慣れるだろうと考えておく









11natu4mu (14)
何分かしたら慣れた







11natu4mu (15)
再び後ろを振り返る


だいぶ登った







11natu4mu (16)
30分ほど岩場を上ると浄土山山頂に到着

時刻は10時15分



何だか遺跡みたいなのがあった

石垣の真ん中には軍人霊碑が建っていた


日露戦争中に死亡した富山県出身の兵士を祀っているそうな







このあたりから残念なことに霧が出てきた






11natu4mu (17)
可憐な感じの白い花

たぶんイワツメクサだと思う





高山の花全般に言えることだけど小さいけれど存在感があって目立つ






11natu4mu (18)
霧がかかり始めた稜線を進む








11natu4mu (19)
岩にへばりつくように咲いていたリンドウ


色鮮やかでとても綺麗だった


11natu4mu (20)
10時35分 富山大学立山研究所の前に到着


このあたりは少し開けていて数人の登山客が休憩していた


自分も数分ここで休憩した





続く

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その5 夕方の室堂 真夏の本州周遊9日間の旅

その3へ

11natu03 (85)
立山室堂を通り玉殿の岩屋へと向かう

残雪の上は滑りやすい

だいぶ溶けていて何度か踏み抜いた

というか8月なのにこんなに残っているとは思わなかった





11natu03 (86)
太陽がいい感じに傾いてきた

見るものすべて綺麗に見える








11natu03 (87)
玉殿の岩屋に到着

昔はここで行者が修行していたそうな





11natu03 (88)
道を引き返す


素晴らしい景色が続く



何気にこの道も断崖絶壁とまでも行かないものの転んだらタダじゃすまないだろう

山はどこで怪我するかわからない




11natu03 (89)
まだまだ時間があるので室堂山のほうへ行ってみる


雷が嫌いなんで夕立を警戒して午後は何も予定を入れてなかった

この天気だったらこの日に雄山に登ってもよかった気がするけどまあ結果論だし考えたところでどうにもならない





11natu03 (90)
この時間になると登山客の姿もほとんど見かけなくなる






11natu03 (91)
明日登る予定の雄山山頂もはっきりと見えた





11natu03 (92)
適当なところに座り景色を楽しむ


室堂ターミナルの人影も随分と減った

あれだけ観光客でにぎわっていた湧水の前にもだれもいない




11natu03 (93)
最高





11natu03 (94)
日が傾くと空もますます青くなる







11natu03 (95)
そろそろ戻ろう






11natu03 (96)
少し霧が出てきた



11natu03 (97)
だれもいないみくりが池から雄山を眺める

頂上にも雲がかかっている


山の天気は変わりやすい






11natu03 (98)
雷鳥荘に戻って来た


11natu03 (99)
夕陽は正直そこまで綺麗ではなかった





11natu03 (100)
意外とおいしかった夕食


ご飯はおかわり自由だったので山のように食べた


山のように茶碗についだは良いけど満腹になった

残すのももったいないんで無理して何とか食べ終わる


吐きそうになり前のめりで自室へ戻る

そのままベットで横になっていたら寝てしまった


翌日へ続く

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その4 標高2500メートルの室堂を歩く 真夏の本州周遊9日間の旅

その3へ


11natu03 (64)
標高2500メートルの室堂を散策


室堂ターミナルから少し歩くとまだ雪が残るみくりが池が見えてきた


2006年に来た時は霧と雨で室堂を散策できなかった

念願だった室堂散策がいよいよ今日できる


天気も回復傾向だしめっちゃうれしい








11natu03 (65)
先ほどまでの登山道と違いさすが室堂、人が多い


九州某県の中心市街地よりも確実に活気がある








11natu03 (66)
大勢の人がカメラを構えて同じ方向を見ている


どうも雷鳥がいるらしい






11natu03 (67)
自分も同じようにカメラを持って雷鳥を探すも…



分からん



まあそのうち会えるでしょ










11natu03 (68)
記念写真を撮る人間で混雑していたみくりが池








11natu03 (69)
さらに進むとみくりが池よりも少し小さい池が見えてきた


この池はりんどう池というらしい


今晩は写真左の雷鳥荘に宿泊する










11natu03 (70)
さらに進む


このあたりから階段も増える




かなり起伏のある道が続く







11natu03 (71)
池塘かと思ったけどよく見ると赤い色の水がたまっている


血の池というそのまんまな名前がついている

血じゃなくて酸化鉄の影響でこんな色になってるんだとか










11natu03 (72)
雷鳥平とキャンプ場を見下ろす




結構テントが張られているけど大混雑といった感じでもない







11natu03 (73)
雷鳥平へ下る










11natu03 (74)
トイレはチップ制だそうな









11natu03 (75)
称名川を渡る


この先も登山道が続く







11natu03 (76)
8月でもまだ雪解け水なんだろうか

物凄く冷たかった







11natu03 (77)

少し川沿いの道を進む






11natu03 (78)
適当なところに座り景色を眺めることに




水分補給し一服



最高のひと時








11natu03 (79)
雪渓を渡っている人がいる


これを進むとどこに出るんだろうか









11natu03 (80)
この後地獄谷へやって来た



目に染みるくらいガスがキツイ


警報音がピーピーなっているが人が通行しているんで立ち入り禁止ではないらしい



自己責任で進めということなのかも







11natu03 (81)
物凄いにおいがする



別府の地獄なんて屁じゃないかと思うくらいの景色






11natu03 (82)
温泉が湧いていた


風で熱風が運ばれてくるくらい熱い

人が入れるレベルじゃないんだろう


11natu03 (83)
地獄谷経由でみくりが池の縁に戻って来た


11natu03 (84)
この後ターミナル横を通りこの地域一帯の名前のもとにもなった小屋を見物


見物と言っても外から小さな小屋を眺めるだけだけど




続く




テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その3 天狗平から室堂へ 真夏の本州周遊9日間の旅

その2へ


11natu03 (44)
前方には登山客の集団がいる

登山ツアーのご一行だろう


11natu03 (45)
点在する池塘


歩くのが楽しい






11natu03 (46)
バス道路をわたる





11natu03 (47)
12時08分


天狗平山荘



写真だけ撮って前へ進む






11natu03 (48)
いよいよあと1時間で室堂!







11natu03 (49)
再び木道を歩く






11natu03 (50)
夜間は通行禁止になるらしい


夜歩く人もいないだろうけど








11natu03 (51)
まさかまさかの石畳


歩きやすいっちゃ歩きやすいけど整備され過ぎているような気もする



このあたりから周囲にお花畑が広がるようになる








11natu03 (52)
チングルマの群落








11natu03 (53)
ピンボケだけどコバイケイソウ


見れば見るほど不思議な花








11natu03 (54)
ミヤマキンバイ…かな




11natu03 (55)
チングルマとイワカガミ






11natu03 (56)
立派な橋で川を渡り奥の階段を上る



左方向へ進むと地獄谷に道が続いているらしい






11natu03 (57)
見るからに珍しい蝶







11natu03 (58)
地獄谷へと続く道


立派な道が続いているけれど人影は全くない







11natu03 (59)
遠くにはバス道路も見える


雪がだいぶ残っている

このあたりが雪の大谷だった部分だと思う


もう大谷と言える感じではなくなっているけどそれでも雪の高さはバスよりも高い







11natu03 (60)
日本最高所の駅である室堂ターミナルが見えてきた







11natu03 (61)
青空が見えた!


天気は回復するのかな








11natu03 (62)
残雪が残る山々も見える!









11natu03 (63)
13時10分 室堂に到着



続く

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その2 弥陀ヶ原から室堂へトレッキング 真夏の本州周遊9日間の旅

その1


11natu03 (21)
9時36分

トイレを済ませ出発


人生初の本格的な登山がいよいよスタート…





ホテル裏手から延びる木道を進む









11natu03 (22)
霧がかかっているため山は良く見えない






11natu03 (23)
木道の周りには池塘が点在する

弥陀ヶ原では餓鬼田とも呼ばれる









11natu03 (24)
9時50分

分岐に到着

右折し一ノ谷方向へ進む



このあたりまではサンダルでも歩ける






11natu03 (25)
たしかに餓鬼が田を植えたように見えなくもない







11natu03 (26)
周囲が湿原から熊笹の密集地に変わりつつある

弥陀ヶ原湿原もこのあたりまでなんだろう






11natu03 (27)
ゼンテイカの花

黄色で花の大きさもそこそこあるのでよく目立つ



弥陀ヶ原では思ったより高山植物の花は咲いていなかった


8月なので花の時期は終わってしまったのか







11natu03 (28)
だんだん登山道といった感じになって来た







11natu03 (29)

何本か沢を渡る









11natu03 (30)
周囲は完全に湿原ではなくなった


熊笹林の中にそこそこ高い木が点在して生えている


いかにも高山といった感じの景色









11natu03 (31)
一ノ谷へと下る








11natu03 (32)
進む





11natu03 (33)
現在標高は1870メートル

天狗平まであと3,9キロ…

今日のゴールである室堂の標高が約2500メートルなんであと600メートル近く登らないといけない

明日登る立山は3000メートル超なんで1000メートルくらい山を登ることになる


大丈夫かなあ・・・






11natu03 (34)
10時18分 一ノ谷の沢を渡る


手前の岩の上をあるんだけど非常に滑りやすかった






11natu03 (35)
その後は一気に登り道

というか鎖で岩をよじ登ることになる


写真のでっかい岩が獅子ヶ鼻岩





11natu03 (36)
鎖場を慎重に上る

マップには滑りやすいんで注意するようにと書かれてあったけど意外と大したことはなかった

ジャングルジムを登れる人なら誰だって行ける気がする

まあ油断大敵、落ちたらたぶん死ぬだろう







11natu03 (37)

下を見る


高所恐怖症の人だったら無理だろう









11natu03 (38)
獅子ヶ鼻の鎖場をあがると天狗平

ここから室堂までは誰でも歩ける比較的平たんな道が続く







11natu03 (39)

木道が熊笹に覆い隠されようとしている


そこそこ人通りの多いコースだと思うけど熊笹の生命力のほうが上回っているらしい







11natu03 (40)
キンバイ…じゃなさそうだし

何の花だろう





11natu03 (41)
パセリみたいな花もある

何でしょうね…


チングルマとイワカガミとチングルマとコバイケイソウ、あとゼンテイカくらいしか知らないんで判別できるはずもなく…








11natu03 (43)


リンドウっぽいやつもある



標高が高くなったせいなのか徐々に花が増えてきた




11natu03 (42)
遠くを見るとバスが行き来していた




バスで通り過ぎるだけではもったいない景色が続く










続く







テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その1 地鉄&ケーブルカー&バスで弥陀ヶ原へ 真夏の本州周遊9日間の旅

2日目へ


さて3日目

2011年8月4日(木)





11natu03 (1)
始発で富山を出発しようと思ってたけどやっぱり寝坊…






11natu03 (2)
途中牛丼屋で朝食をとった後富山駅へと向かう






11natu03 (3)
手荷物回送サービス(信濃大町まで荷物を送ってくれる)の受付をした後7時25分発の電車に乗り込む








11natu03 (4)

転換クロスシートが並ぶ車内






11natu03 (5)
新幹線の橋脚が建設中


北陸新幹線開業後は北陸の観光客も大幅に増えるんだろうかね





11natu03 (6)

石積みのホームが残る駅に到着

地鉄はどの駅もボロ…というか歴史を感じさせてくれる


ここ最近はどの駅も塗り替えられたりして手が加えられているらしい

北陸新幹線開業を見越して。。。だと思う














11natu03 (7)
神通川…じゃない常願寺川を渡る

気づけばだいぶ山深くなってきた





11natu03 (8)
もうすぐ立山







11natu03 (9)
車内も閑散としている


もっと混んでいると思ったけど…





11natu03 (10)
8時28分

立山に到着






11natu03 (11)
8時40分発のケーブルカーに乗り換え


大勢の観光客でにぎわっていた


大部分の観光客は地鉄を利用せずに立山駅まで観光バスかマイカーでやって来るようだ




11natu03 (12)
階段に椅子がついたような車内





11natu03 (13)
凄い坂


運転席には蜂が入って来たんで物凄くビビった


集中しているのかいつものことなのか微動だにしない運転士


さすがです


気づけば蜂もどっかに消えていた



7分で美女平に到着


ここからは高原バスへ乗り換えとなる





11natu03 (14)
バスの改札には長蛇の列…


寝坊なんてしなければよかったと物凄く後悔



幸いなことに弥陀ヶ原など途中で降りる客は室堂行の客とは別のバスに乗せられたため待たずにすんなりとのることができた





11natu03 (15)
9時ちょうどに美女平を発車




11natu03 (16)
杉林のなかを進む





11natu03 (17)
滝見台


日本最大の称名滝をここから見ることができるんだけど…





11natu03 (18)

霧のため良く見えん


大丈夫かな、天気…








11natu03 (19)
30分ほどで標高1930メートルの弥陀ヶ原に到着


ここに来るのは5年ぶり





11natu03 (20)
この後弥陀ヶ原ホテルの裏手から延びるトレッキングコースを歩き室堂へと向かう



続く



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR