20日目その3&21日目END やっと終わり! ★北海道から列島南下の旅

その2へ

26826h (40)
金谷から再び東海道を下る…

26826h (41)
多分富士川の鉄橋


26826h (42)
浜松で313系の普通に乗換


26826h (43)
豊橋でまたまた乗換


26826h (44)
飯田線の線路を走る名鉄パノラマスーパーと並走


26826h (45)
そして追い抜く
拠点ターミナルをJRに押さえられている名鉄も気の毒だ


26826h (46)
一気に飛んで天王寺
最終の関空快速に乗り関西空港を目指す予定が


26826h (47)
…日根野?
どうも関空に着いた列車は折り返し日根野行きの上り最終列車「シャトル」となる運用が組まれている
疲れでぐっすり寝ていたんで関空で降りれずに日根野まで運ばれてきてしまった
車掌か駅員から起こされて気づいたわけだけど本当に呆然とした

せめて最終列車なんだし関空で車内点検位してほしい
この日がたまたまやってなかったのか普段からそうなのかは知らんけど

まあ寝過ごす客が一番悪いんだけど、終点だと思って油断してるわけなんだし、時間も23時半過ぎ
自分で自分を擁護するのもアレだけど、これはしょうがないわ

駅近辺にネットカフェは無く、すでに大阪方面への列車の運行も終了

26826h (48)
1時間半ほど改札前と駅前のコンビニの間をうろうろしていたら

26826h (49)
駅の営業は終了してしまった
橋上駅舎の入り口にシャッターは無いんで締め出されることはなさそうだ
リュックを枕にここで寝ようかとも思ったけど、駅前のコンビニのトイレが使用禁止になっているのを見るに
この辺はあまり治安が良くないのかもしれない
目と鼻の先に当直駅員が詰めていると思われる駅事務室もあるし、身ぐるみ剥がされる危険はさすがにないだろうけど
深夜に駅員から追い出される可能性もゼロではない
というわけで駅から少し離れたコンビニで漫画を立ち読みしながら一夜を過ごす羽目になってしまった



2014年8月26日(火)
本日の予定 
帰宅!

26826h (50)
4時過ぎ 再び駅に戻って来た
4時半ごろから天王寺へ向かう列車が発車するため駅はすでに営業を開始していた
ホームに下り冷房の効いた待合室で暇をつぶす


26826h (51)
5時過ぎに駅員から起こされた
起こされなかったら何時間か寝ていたかもしれない
ありがとうございます…

5時半過ぎの関空行き始発のシャトルに乗り

26826h (52)
関西空港へ…

26826h (53)
そして予約していた飛行機に無事搭乗


26826h (54)
1時間ほどで


26826h (55)
鹿児島空港着


総括
疲れました

END!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

20日目その2 大井川鉄道のボロ電車を撮影 ★北海道から列島南下の旅

その1へ

26826h (17)
金谷から大井川鉄道にちょいのりする
本来なら千頭の先、井川線沿線の吊り橋を散策しようと思っていたけど
富士登山で静岡側に下山できなかったため予定が狂ってしまった

大井川鉄道に未練たらたらなので一つ先の新金谷駅までプチ乗車することにした
ちなみに2年前に全線乗り潰しています

14時06分発の新金谷行き電車に乗り込む
狙っていた南海ズームカーではなく近鉄からやって来た16000系が運用についていた

26826h (18)
14時06分 ほぼ貸し切りの状態で金谷駅を発車

近鉄では特急として使われていた車両ではあるけど1965年から製造された形式なので車内には
リクライニングシートではなく回転クロスシートが並ぶ

リネンも真っ白で一見するととてもきれいな車内のようにも見えるけど


26826h (19)
座席肘掛は写真の様にそぜてボロボロになっていた
なんか内臓が飛び出したように見えてとても気色悪い


26826h (20)
14時10分 終点新金谷に到着
この駅は車両基地・工場を併設している大井川鉄道の拠点駅となっている

26826h (21)
側線にはトーマス列車も留置中
個人的にはあんまり好きではないなあ
てかこれ人身事故やらかしたらそれこそホラーみたい


26826h (22)
ターンテーブルの上にはC11が乗っていた
車両基地の一部は有料で公開されているけど今日はもう終わっていた
まあ2012年に来たしいいや

26826h (23)
駅から大井川付近へと延びる側線
通称「構外側線」とか呼ばれているらしい
線路上には引退した421系が留置(放置?)中

26826h (24)
住宅街の中にボロボロの車両が存在している少し異常な風景


26826h (25)
車輪には雑草の蔓が絡んでいた
もう走ることは無いんだろう

26826h (26)
こっち側のテールライトは落っこちたのか
目が潰れた哀れな顔を晒していた


26826h (28)
車両基地を観察…
西武から移籍してきたEL


26826h (31)
車庫のなかには十和田観光鉄道からやってきた元東急7200系の姿も…
今年の2月から大井川鉄道で運転を開始したそうな

50年くらいたった車両を8000万かけて導入したとかで
そこまで金出すくらいだったら東急のもっといい中古車をもらえたような気がしないでもない
まあ両運転台の車なんでこれの方が使い勝手が良いんだろう
大井川鉄道は数年前にダイヤを大幅減便するなど経営は火の車
7200系を買わざるを得ない状況はそれを象徴する出来事のような気もする


26826h (32)
ちなみにこの引き込み線は1キロほどの距離があり
終端部には部品取り用の錆びたSLの残骸などが放置してあるここの比ではない異常な光景が広がっているらしい
興味のある人は適当にググったら画像が見れるはず
自分は時間が無いんでこの後駅に戻りました

26826h (34)
JR新金谷駅へ引き返す
千頭からやって来た新金谷行き普通列車にはお目当ての元南海ズームカーが運用されていた
このよれよれの木造架線柱が立ち並ぶローカルな雰囲気
本当に大好きです!
熊電と違いクロスシート車が運用についているから益々良い

26826h (35)
あまり知られていない気もするけど新金谷~金谷間はスタフ閉塞
というわけで右手にスタフ、左手に手旗を持った駅員が列車の到着を待っていた

26826h (37)
草ぼうぼう、よれよれの線路を進み金谷へ…

26826h (38)
数分で終点金谷着
昭和33年にデビューした南海21000系
原型ヘッドライトの急行型亡き今、鉄道界で最高の顔をした車両だと勝手に思っている

26826h (39)
惚れ惚れしてしまう素晴らしいデザイン
大井川鉄道 万歳!

続く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

20日目その1 関東脱出!東海道を下る ★北海道から列島南下の旅

前日へ

2014年8月25日(月)
青春18きっぷ8日目
本日の予定 
東京→名古屋→大阪→関空

26826h (1)
朝6時過ぎの東京駅
駅前にはほぼ無人の高層ビル街が広がる

26826h (2)
駅構内も自分以外に歩く人間はほとんどおらず
ゴーストタウンと言っていいレベル

あと30分もしたら全く違う光景になるんだろう
この場に張り付いて観察したいところだけど撮り鉄の為新幹線ホームに向かった


26826h (3)
E4系Max号
E1系が数年前に引退したんでMaxもこの系式だけになってしまった
E4系も2012年に東北地区から衰退し現在は新潟~東京間だけの運用になってしまったそうで
しかも2016年ごろまでには全廃されるらしい

ついこの前まで丸顔の200系が走ってたりJR東日本の新幹線はとてもバリエーション豊富なイメージを持ってたけど
このような状況もそう長く続かなそうだ

26826h (4)
E7系かW7系もやってきた

26826h (5)
全ての新幹線車両に言えることだけどこの車両は特に見る角度によって大きく顔の印象が異なる


26826h (6)
物凄い癖のある色だけど個人的には結構好きです
未だにかっこいいのか悪いのかの判別が難しい所ではあるけど…

26826h (7)
東海道新幹線ホームに移動
こちらは大部分がN700系
しかも地元九州地区でも見ることのできる車両なんでまったくわくわくしない
JR東海は特に無機質で冷たい感じがするけど駅員が手旗で合図を出しているところを見ると
ああやっぱり鉄道っていいなあと思う



26826h (8)
この角度から見るとなんか分岐駅のようで面白い


26826h (9)
その後満員電車を体験するために埼京線に向かう
赤羽~新宿間を体験乗車した
広幅のE233系が導入されたとはいえ混雑はかなりのもの
E233ですらドアによっては通対が客を押し込まないとドアが閉まらない状況が続いている
205系時代の惨状は想像しただけでも恐ろしい

それにしてもドア上を必死に掴み尻で客を圧縮しながら車内に乗り込むサラリーマンの姿は見ていて哀れだった
東京は住むとこじゃない…


26826h (10)
痛勤ラッシュを体験した後東海道線に乗り根府川へやってきた
相模湾沿いにあるこの駅は東京近郊とは思えないほどローカルな雰囲気
天気が良かったら青い海が望めたはずだけど…

26826h (11)
無人駅

この後再び東海道線に乗る


26826h (12)
上写真は少し飛び沼津駅手前の写真
前面展望を楽しんでいたら急に前方の信号が赤に変わり非常停車
運転台にも「非常」の文字がついている


26826h (13)
信号の誤作動だったのか結局数分停車したのちに無事発車


26826h (14)
非常停車の分遅れて沼津駅に到着した


26826h (15)
この駅で下車し駅近くのすき屋で食事をとった
駅前はビルが立ち並び人通りもそこそこある
沼津の街は思ったよりも栄えていた


26826h (16)
その後東海道線を下り金谷で下車

続く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

19日目 富士山登頂!なるか? ★北海道から列島南下の旅

前日へ

2014年8月25日(月)
19日目
本日の予定 
富士山→富士宮→島田→大井川鉄道→奥泉



148255 (1)
標高3250M 富士山八合目
時刻は午前1時過ぎ

雨降ってます!!!
山頂はかなり荒れているらしい

翌朝
ここらの天候は安定しているけど山頂は荒れているとの情報が…
山小屋の人も下山を進めている
気合で登ろうかとも思ったけど安物の雨具しか持っていない
低体温症でくたばったらえらいことなので大人しく下山することに…

当初の予定では静岡の富士宮に下った後東海道線経由で大井川鉄道のアプト線沿線の宿に向かう贅沢な計画を立てていた
が、当然予定はぶち壊しとなった

148255 (2)
8時ごろのバスで下山
金だけが減った山行となってしまった
まあしゃあない

148255 (3)
富士山駅で下車?
この辺のことはあまり記憶にない

148255 (4)
そして再び河口湖駅に…
トーマス列車などを撮影

148255 (5)
んで再び富士山駅?
どんな行動をしてたんだろうか
とりあえず富士山フリー乗車券を購入していたんで不正乗車ではありません…


148255 (6)



148255 (7)


148255 (8)
富士山駅から115系スカ色のJR線直通高尾行きに乗車
車内はガッラガラ
それにしても富士山フリー乗車券を購入しておいて正解だった
復路は捨てる気でいたけど、無事に消化できたので良かった
ただ大井川鉄道井川線沿線の宿を2食付で予約していたけど、直前キャンセルなんで全額請求されてしまった
この後東京の郵便局で大人しく振り込んだ

148255 (9)
寝台車が留置してる駅も…

148255 (10)

148255 (11)
中央線と合流し

148255 (13)
大月のJR線ホームに到着

148255 (12)
留置線の115系

148255 (14)
大月から1時間弱、12時半前に終点高尾着

148255 (15)
神田にやって来た
駅近くのやよい軒で昼食を食べた後


148255 (16)
ガード下を歩き秋葉原へ…
真新しい上野東京ラインの高架が建っていた

148255 (17)
そんで秋葉原
ブックオフで3匹のおっさんを数時間立ち読みしていたと思う


148255 (18)
気付いたら夕暮れ時…


148255 (19)
それにしても東京は人が多すぎる

この後適当にぶらついた後多分神田のネットカフェに泊まったと思う
それにしても富士山は登れなかったし白馬三山も天候不順で断念
礼文・利尻の絶景は楽しめたけどなんか消化不良・・・

本日の予定

後日追記します

翌日へ

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

18日目その3 ついに富士登山開始! ★北海道から列島南下の旅

その2へ

14824 (33)
12時半発の富士登山バスに乗り
五合目を目指すことに

発車10分前にのりばにやって来たんで長打の行列の最後尾
座れないどころか乗れないかもしれんと心配になった


14824 (34)
ぎっしり満員だったけど何とか乗り込めた
それにしても半分以上外国人観光客…

14824 (35)
ゲロを吐きそうになるくらいに酔った
1時間ほどバスに揺られてなんとか五合目着
貸し切りバスで乗り付けた中国人観光客筆頭に観光客であふれていた
一応標高2300メートルと高山と言っていいくらいの標高ではあるけれど、そんな風情は全くなし

14824 (36)
富士山の頭がはっきり見える
それにしてもぶっちゃけ対して綺麗ではない
やっぱり富士山は雪がある時期に遠くから眺めたほうが良い

14824 (37)
神社に参拝した後山小屋の予約を取り、14時前に登山開始

14824 (38)
協力金を払い登山道を進む
相変わらず外国人の姿が目立つが白人黒人が中心で、5合目には大量にたむろっていた中国人観光客の姿はほとんどなかった
たぶん中国人は大部分が貸し切りバスのツアー客なので、みんな五合目までで引き返していくんだろう

14824 (39)
木々が生い茂る中を進む
観光客用に乗馬もやっていた
馬が言うことを聞かないと係がぶっ叩いていてちょっと引いた
馬も結構気の毒だ
人間でよかった…

14824 (40)
森林もあっという間に消えこの先は富士山おなじみ灰色の景色が延々と続く

14824 (41)
なんかもう嫌になって来た
人多すぎ

14824 (42)
15時18分 七合目で小休止
チャイを買って飲む
とても美味かった…

14824 (43)
さらに上へと進む
ツアーの団体も多く登山道は慢性的に渋滞していた

14824 (44)
タイ語?のいろはす
ということはこの人はタイからやって来たのか…

今富士山に登っている自分が言うのも変な話ではあるけど、このタイ人筆頭に外国人観光客たちは何に惹かれて富士山にやってきてるんだろうか
美しい景色を見たいんなら立山とかに行ったほうがよっぽど満足できると思う
外国人にも日本一というブランドが通用してる証拠ではあるんだろうけど、なんか釈然としない


14824 (45)
登山道を振り返る
ずっと似たような景色が続く
ずっと渋滞も続く

登山気分も糞も無いわと思っていたけど標高が上がるにつれ何となく息苦しくなってきた
空気が薄くなってきたようだ


14824 (46)
どっかの山小屋で用を足す
「一歩前 振って散らすな 竿の露」
山小屋の従業員のドヤ顔が目に浮かぶようで微妙に癪に障る
「一歩前へ」だけでいいやん

14824 (47)
17時40分ごろ
標高3250M、8合目の元祖室に到着
今晩はここに宿泊…


14824 (48)
自分のスペースは寝袋一枚分…
夕食にカレーを食べた後この小さなスペースで横になる
高山病の症状か若干の息苦しさと頭痛はあるものの大した疲労も無くここまで到達できた

翌日へ


本日の行動
後日追記します


テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR