2013年8月 仙崎・青海島日帰り旅行その3END 碧濤台・象の鼻など 青春18きっぷ

その2へ

船越海岸から徒歩5分、青海島自然研究路のクライマックス
碧濤台(へきとうだい)に到着

正直今日の状況からしてあまり期待してなかったんだけど・・・

いきなり東に景色が開ける
oumi (33)
めっちゃ綺麗じゃないですか

左の島は相島

奥の奇怪な形の岩礁には変装行列だとか十六羅漢だとかいろいろ名前が付いているそうな







oumi (34)
輝く海!


風がない日だったら海の底がかなりはっきりと見えると思う

礼文の海を思い出す

しばらくこの景色に見とれていた

冬に来たら荒波が凄そう

途中家族連れがやってきたんだけど記念写真を撮ってすぐに帰ってしまった

もったいないなー

結局10分ほどここにいた

そのあと遊歩道をさらに奥に進むことにする


oumi (35)
らしいです


oumi (36)
その和っこの浦を見下ろす


oumi (37)
人がいる!

船越海岸から崖沿いを泳いできたんだろうか?と思ったがこの先海岸に降りれる階段があった
それにしても水がきれい





oumi (38)
またまた奇怪な穴あき岩が・・・
象の鼻という名が付いているらしい

この後階段で浜に降りた





oumi (39)
ここ一帯を中の浦というそうな

10分ほど散策した後再び遊歩道に戻る



oumi (40)
再び浜が現れる
ここがバス停の名前にもなっている静が浦らしい


oumi (41)
下にも降りれそうだがとりあえず先に進んで帰りに降りることにする

そろそろ遊歩道も終点だろうと思っていたら
oumi (42)
やっとここでAコースが終わりらしい

時刻は15時41分 船越から約1時間

・・・

バスの時刻は16時15分・・・

どう考えても間に合いそうにない


とりあえず先に進む




そこから約5分ほどで遊歩道の終点(たぶん)に到着
oumi (43)
ダイナミック!

この後静が浦でも見て帰るかとも思ったが何か奇跡的にバスに乗れそうな気もしたんで

走る!


oumi (44)
アップダウン!

16時05分頃には船越海岸に着いちゃいました

汗まみれどころじゃ無かったんで公衆便所でシャツを着替える

いつも日帰りで着替えなんて持ち歩かないんだけど夕立対策で一応念のため持ってきたのが功を奏したようで



oumi (45)
青海大橋を再び渡り青海島を後にする

仙崎駅で美祢線直通の列車に3分の待ち時間で乗り換えの予定だったが観光船乗り場のバス停で乗降があって
仙崎駅には2分ほど遅れて到着

ダッシュでホームに飛び出て16時32分発の厚狭行きに無事に乗れて一安心


oumi (46)
美祢線を下る

典型的なローカル線の車窓だったけど美祢駅付近ではセメント工場への専用線が分岐してたりして割と面白い


oumi (47)
厚狭で下関行き普通に乗り換え


oumi (48)
九州に上陸


oumi (49)
その後帰宅

旅のまとめ
その1 仙崎の観光船は景色はすばらしいが夏は糞暑いし酔う
その2 路線バスを使う際は時間に余裕を持て
その3 碧濤台の景色はすばらしい


今考えると静が浦の浜を散策できなかったのが心残り

END


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 仙崎・青海島日帰り旅行その2 仙崎散策→青海島へ 青春18きっぷ

その1へ

oumi (17)
駅前の道路を進む

閑散としている



oumi (19)
数分で金子みすゞ記念館
時間がないんで通過


oumi (20)
駅から5分ほど進むと青海大橋を望む海辺に到着

しばらく海を眺める


oumi (21)
対岸の青海島には謎のでっかい石碑が・・・
なんだろう


oumi (22)
円究寺
前から見ただけ


oumi (23)
細い路地



oumi (24)
八坂神社
時間がなかったんでダッシュで参拝

その後駅前のバス停から14時21分発のバスに乗る
数分遅れて到着

静ヶ裏には14時36分、1分遅れで到着


oumi (25)
バスを見送る



oumi (26)
謎の建物

oumi (27)
青海島自然研究路へと向かう

数分入口が分からなくてさまよった


oumi (28)
海が見えてきた


oumi (29)
看板を見る

とりあえず端っこまで行ってみるか


oumi (30)
船越海岸
もろ逆光
すごい景色だけど海の青さが見えないんで残念


oumi (31)
遊歩道を進む

oumi (32)
崖をアップで

この断崖は長浜群洞とよばれ60個もの洞穴が開いているらしいものの・・・
さっきから書いてるようにもろ逆光で見えない

その3へ続く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 仙崎・青海島日帰り旅行その1 青海島観光汽船に乗船… 青春18きっぷ

角島旅行から2日後、何をどう思ったのか普通列車で5時間かけて再び長門に行った旅行の記録

角島が若干消化不良と言うか、もっと澄んだ海を見たかったというか要は暇だったんでしょう


当然青春18きっぷ利用





oumi (1)
いつものとおり早朝に家を出る


oumi (2)
赤間だかどっかでDLとすれ違う

今回は飛び込みする奴もいなくて順調に進む


oumi (3)
9時03分発小串行きに乗車

その後小串で長門市行きに乗り換え

oumi (4)
今日も微妙な空と海

ぱっとせん


oumi (5)
長門市には11時04分に到着

oumi (6)
典型的な山陰の地方駅の雰囲気

考えたらこんな辺鄙な駅に降り立つのももう5回目くらいか

それこそ降り立っただけなんで青海島なんかに行くのは今回が初めてだけど


oumi (7)
11時17分発サンデン交通バスに乗車
思ったより客が多く驚く
皆もしかして青海島や仙崎へ向かう観光客かと思ったがバス停に着くたびに客は降りて行き仙崎の観光船のりばに着くころにはガラガラに

ちなみに6分で到着
oumi (8)
観光船乗り場
この時点ではまだ閑散としていた

11時40分発の観光船に乗ることにしたがまだ時間があるんでいくつかある食いもの屋の一つで焼き竹輪かなんだかを頼むが5,6分待たされた

すぐ出てくんじゃないのかよー


わざわざ竹輪だかそんなのを5分6分まって食うつもりも無かったしそこまでして食う味じゃ全然なかった

なんでこんなに文句垂れてんのかというとその待ち時間の間にどんどんどんどん乗船する客は増えていき
出てきた竹輪を食い終わった時にはすでに乗り場には結構な列ができていた




oumi (9)
乗船の列の最後に・・・

完全に満席のようだったんで乗船前に係員に次の船に乗ってはダメかと聞くもダメダメと即答される
そんな言い方せんでもいいだろとカチンとくるもしょうがないんで乗船
ちなみに船酔いしやすい体質

もう払い戻しして乗船止めようかとも思ったけどこの雰囲気だと払い戻すのもダメなんて言われそうだったんで乗船



oumi (10)
船内

席に着くが
oumi (11)
便所の横やん

便所のアンモニア臭とトイレボールみたいな匂いが混ざってなんともいえん

窓を開けようかとも思ったけどこの船全部の窓が開くわけではないらしく自分の横の窓は開かなかった

しかも船内はクソ暑い
前の窓は開くんで前席の客に頼んで開けてもらう

oumi (13)
こんな感じの景色

運行距離が長いらしく観光スポットとスポットの間は猛スピードですっ飛ばす
移動中は窓を閉めろと放送が流れたんで一部の子供以外はそれに従う

oumi (12)
窓に波がざぶざぶ当たる

このあたりで暑さ&客の汗臭さ&便所臭で吐き気が

船酔いしたようだ

後半の30分くらいは全く顔をあげることも出来なくなった

胃の中の竹輪が余計だったようだ




oumi (14)
13時ごろ、港に到着

ゲロ吐かなくてよかった

ふらつきながらベンチに座る

10分ほどしたらだいぶ回復した

近くのポプラにあったカレーがやたら美味そうだったんで
oumi (15)
カレーを食う

美味い!





oumi (16)
遠くにはセメントの積み込み施設が


oumi (18)
徒歩で近くの仙崎駅に移動

青海島行きバスには少し時間があるんでレンタサイクルでこの辺を回ることにする

時刻は13時40分ごろ

その2へ続く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR