夏旅北海道東日本パス【後】のカテゴリー記事一覧

さらに古い記事一覧へ≫

7日目その5END 4328D→4334D&334Dで旭川へ ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


旭川へ帰る
20170622 (81)
17時17分発普通4328D名寄行き
毎度世話になっているキハ54に乗り込む

20170622 (82)

20170622 (83)
やっぱり微妙な抜海の丘

20170622 (84)
抜海駅
晴れた冬の日に一度訪れたい
そして抜海港まで歩いてアザラシと雪を被った利尻富士を見物…と妄想

20170622 (85)
行きと同じく兜沼駅で対向列車待ち合わせ

20170622 (86)

やって来たのはサロベツ号
絵幕が素晴らしく美しい
今年の改正でキハ183系の運用は無くなくなってしまった
動画は後日深川駅で撮ったサロベツ号発車の様子も一緒にまとめたもの

20170622 (87)


20170622 (88)


途中ガコンという衝撃と共に急ブレーキ
エゾシカと衝突したため急停止したとの放送が流れる
運転士と指令の無線交信によるとエゾシカは線路わきの斜面に落下したようで死体は確認できなかったそうな
乗っている列車が急停止するのは過去何度かあったが何かとぶつかるのは今回が初めて
鉄道事故初体験ということで鹿には申し訳ないけど妙に気分が盛り上がる
初体験が人じゃなくて良かった
youtubeのタイトルは非常にみっともないけど気にしないでください


20170622 (89)
音威子府には19時57分の定刻より10分ほど遅れて到着
運転士がスカートと連結器付近を点検

20170622 (90)
ここにぶつかったんですよと見物の野次馬数人にわざわざ説明してくれた
確かに血痕が付いている
下のスマホはほかの野次馬のもの

20170622 (91)
雨に濡れた音威子府駅
なかなかいい雰囲気だった
ていうか雨降ってたのか

20170622 (92)
20時33分 音威子府発車
ここからは4334Dとして名寄を目指す

20170622 (93)
21時34分の定刻より数分遅れて終点名寄着
跨線橋を渡り22時ちょうど発の旭川行き334Dに乗り換える
閑散線区にはありがちだけどこの列車は7駅も通過で普通列車扱い
ちなみに4334Dも音威子府~名寄間13駅中6駅も通過するのに普通列車
まあ普通列車であって各駅停車ではないしこのへんではこれが普通なんだから
日本語的に間違ってはいない

20170622 (94)
いろんな列車に乗っているけど青のボックスシートが一番落ち着く
化粧板が緑色とかならもっとよかった

20170622 (95)
中間の運転台
男の職場感が凄くいい

20170622 (96)
23時30分 終点旭川着
いつものように松屋で夕食後ネカフェに入った
北海道&東日本パスの有効期限は7日間なのでこれを使用した旅は今日で終了
途中の原付の旅はなかなか良かったが本体の鉄道の旅は正直ここまでいまひとつ
翌日からは青春18きっぷを使用し道東を巡る
天気が良くなさそうなのが気になるが
旅行はまだまだ続く…

続く

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

7日目その4 どんより最北宗谷岬 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


20170622 (63)
11時56分 終点稚内着


20170622 (64)
12時53分着 スーパー宗谷1号
実際には13時前の到着だった

20170622 (65)
13時20分頃発の宗谷バスに乗り最北を目指す

20170622 (66)
宗谷湾の縁を進む
多分稚内空港付近を進んでいるときの写真のはず

20170622 (67)
1時間弱で宗谷岬
4年ぶり2度目の宗谷岬
前回と同じようなどんより具合

20170622 (68)
なんか記念写真を撮る人で混雑しているし
こういう雰囲気は個人的には嫌い
なら来るなよという話になるけど

20170622 (69)


20170622 (70)


20170622 (71)
宗谷丘陵を少しだけ歩く

20170622 (72)


2012年訪問時にはもう少し先まで進んだ
20170626 (1) 


20170626 (2)
上2枚は2012年訪問時
宗谷岬ウィンドファームの風力発電機が立ち並ぶあたりまで今回はいけなかった
オトンルイ風力発電所あたりもだけど晴れていたら壮観だったと思う

天気が回復していたら稚内フットパスを歩きたかったがこんな天気なので
次のバスで引き返すことに
こんな天気で白い道を歩いても意味がない
20170626a (1) 
さらば宗谷岬
もう来ることは無いだろう

20170626a (2)
バスに乗るにも長蛇の列
あほくさい

20170622 (73)
今日は稚内には泊まらず旭川まで戻ることにする
15時02分 バスがやって来た
20170622 (74)
立つ
つらい

20170622 (75)
16時前に稚内駅に戻ってきた

20170622 (76)
寂れまくった駅周辺

20170622 (77)
稚内の防波堤ドーム

20170622 (79)

20170622 (78)
礼文か利尻からやってきたハートランドフェリー
礼文利尻行きたいけどどうせこの後の天気も悪いから行ったところで意味はない

駅に戻り
20170622 (80)
2階のフリースペースで充電
日本の公共施設はコンセントが設置されてない場合が多く糞不便だけど
ようやく最近になって増えてきた感がある


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

7日目その3 どんより宗谷線 兜沼駅など ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅



20170622 (47)
完成当時の姿に復元された天塩中川駅

20170622 (48)
年季の入った木造駅舎が残る雄信内駅
たしか2012年に下車した際の記録があると思うので興味ある人は横から探してください


20170622 (49)
安牛駅

20170622 (50)
10時37分 定刻より17分遅れで幌延着
この駅の発車時刻は10時48分
長時間とまるダイヤのおかげで遅れを全て吸収

20170622 (51)
駅待合室は道内他の駅と同様に大谷だらけ
2年前に来た時は2軍選手がご当地大使になったとかでポスターが貼ってあったけど
見事に大谷に塗りつぶされてしまったようだ

10時48分 定刻に幌延発車
20170622 (53)
このあたりまで来ると原野といっていい
なんもない景色が広がるようになる
宗谷本線の中でも一番北海道を感じられるエリアなのに
天気はどんより

20170622 (54)
兜沼駅で行き違いの為停車

20170622 (55)
待合室
老人用カートが置いてある
利用客のものなのかもしれない

20170622 (56)
駅構内は2面2線
※構内踏切より撮影

20170622 (57)

20170622 (58)

20170622 (59)
上り4326D名寄行きを待った後
11時24分定刻に発車


20170622 (60)
抜海駅
いまだ下車したことがない
抜海港まで歩くのも面白そうだけど
今回もこんな天気なのでスルー

20170622 (61)
気だるい雰囲気の車内
座席が結構埋まっていることもありなんとなく圧迫感を感じる

20170622 (62)
宗谷本線随一のビュースポットである抜海の丘
前回2014年夏に乗車した際は夕暮れが素晴らしかったけど今回は天候のせいでかなり微妙…

20170622 (63)
11時56分 旭川から5時間54分かけて最北の地稚内に到着
もう3度目ということで感動も何もない



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

7日目その2 異音で緊急停車&スズメバチ来襲4323D ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


20170622 (24)
快調にすすむ

20170622 (25)
初野駅(旭川から101.9キロ)

20170622 (26)

20170622 (27)
紋穂内駅(旭川から105.0キロ)

20170622 (28)

20170622 (29)
恩根内駅(旭川から112.1キロ)

20170622 (30)
恩根内→豊清水 間で列車は急停止
異音がしたため停まったらしい

20170622 (31)
運転士が確認のため車外に出る

20170622 (32)
一旦戻ってきて手ブレーキを回した後

20170622 (33)
車両後方へ…

20170622 (35)
見えなくなるところまで行った後

20170622 (36)
戻ってきた

その後指令に衛星携帯電話で報告
これをきっかけに運転士の腹具合も悪化したようで指令に許可を取り便所で用を足していた
結局15分ほどこの場に停車したのち発車



動画にするとこんな感じ
手ブレーキを回すところは何気に貴重かもしれない
後ろから撮って申し訳ないです
一応モザイクかけてるから許してください
当然便所のくだりは取ってないし載せてない
youtubeならともかくアクセス数が極めて少ないこのブログなら書いてもよかでしょ


20170622 (37) 
異音と腹痛の影響で当然豊清水には15分ほど遅れて到着
行き違いの為少々停車するらしい
時刻表を見てみると本来音威子府で交換予定だった特急とこの駅で交換することになったようだ

20170622 (38)
駅舎も残っているしホームに降りてみるかと思い先頭デッキに向かうとなぜか扉は締切状態
近くの客の話によるとスズメバチが入って来たので運転士がドアを閉めたらしい
みんな窓開けっぱなしだし客室もヤバくないのこれと思っていたら案の定
車内にもスズメバチが来襲



20170622 (39)
よりによって自分が開けていたところから入ったらしい

20170622 (40)
この爺さんは素手でスズメバチと格闘していた
運転士がスプレータイプの殺虫剤でスズメバチを車外へ追い出した


運転士vsスズメバチの戦いの記録

動画を見ていると殺虫剤の液体がぼとぼと床に落ちている
20170622 (41)
ワタシのバッグにも多分いっぱいかかったはず
まあしょうがないけど

20170622 (42)
9時08分頃 スーパー宗谷2号と行違う

20170622 (43)
咲来

20170622 (44)
ソバ畑

20170622 (45)
定刻より約30分遅れの9時22分
音威子府着
本来なら10分の停車時間が組まれていたが当然削られたので駅そばも食べられず
近くのおっさんもぶつぶつ言っていたがどうしようもない
黒い麺が特徴的な個々の駅そばは2012年に食べたっきり
まあそんなにうまいもんでもないけどやっぱり食べたかった

20170622 (46)
天塩川沿いを進む




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

7日目その1 宗谷本線始発321Dの旅 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


旅は7日目
北海道東日本パスも7日目
20170622 (1)
6時前の旭川駅
台風一過がこの辺にも当てはまるのかはよくわからないが
とりあえず今のところ天気は良い

20170622 (3)
旭川6時02分発 宗谷線下り始発321Dに乗り稚内を目指すことにした
人生3度目の宗谷線

20170622 (4)
そこそこ座席が埋まる

定刻に旭川を発車
20170622 (5)
高架から地平へ降り架線下を進む

20170622 (6)
駅名は新旭川だけど古くて立派な駅舎が建つ新旭川駅

20170622 (7)
新旭川から宗谷線に入る
直ぐに車窓も長閑な感じになってきた

20170622 (8)
列車は基本的に各駅に停まるが永山と南比布だけはなぜか通過
写真は駅名標のとおり比布駅
ピップエレキバン

20170622 (9)
6時44分 塩狩駅
この駅で列車交換

20170622 (10)
下車客だったか見物客だったか忘れたけどホームには親子連れの姿が…
近くの宿の宿泊者だったかもしれない
親子でこんなとこにいるなんてよっぽどの物好きだ
まあ時期が時期だけに帰省客の可能性もあるが

20170622 (11)
直ぐに上り始発320Dがやってきた

20170622 (12)
峠を越えて和寒駅

20170622 (13)
東六線、剣淵、北剣淵と停まり士別駅
標津線の標津ではない

20170622 (14)

20170622 (15)
名寄の一つ手前 東風連

20170622 (17)
7時45分 名寄着

20170622 (16)
後ろ1両を切り離し7時51分発車
乗ってる分には何も変わらないがこの駅からは列車番号が4323Dとなる


20170622 (18)

20170622 (19)
ホーム と物凄く小さく書かれた看板
除雪車用だろうか

20170622 (20)
その標識の先には砂利のホーム横に貨車流用待合室が置かれた智恵文駅

20170622 (21)
智北駅手前の踏切


20170622 (22) 
板切れで作られた南美深駅

20170622 (23)


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

6日目その6 美瑛パノラマロードとルベシベの丘 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅

電動レンタサイクルに乗り美瑛パノラマロードを進む
20170611 (56)
ぶっちゃけ曇りでこの先は大して楽しくなかったのであまりアップする気力もないけど
忘れないうちに書くことにする

20170611 (57)
拓真館
色々綺麗な写真が飾ってあった
入場料はタダ 滞在時間10分弱

20170611 (60)
美瑛の丘を進む

20170611 (61)
畑の中に延びる砂利道を撮る
晴れてたらなあ

20160815美瑛 (767)
ここは多分三愛の丘の駐車場

20160815美瑛 (777)
こんな景色
特に変わり映えしない

20170611 (64)
さらに道を進むとこんな景色に出くわした
高圧線の鉄塔の雰囲気とかがアメリカンな感じがする
アメリカというよりも異国情緒?
写真を撮った後地図を見たら道を間違えていたことが判明し引き返す
まあこの景色を見れたので悪くはない

20160815美瑛 (791)
丘を下り

20170611 (67)
線路を超え

20170611 (68)
あの赤い家を見下ろす地点が

20170611 (70)
新栄の丘
ここも花畑があるわけでもなかったのでジュースを飲んで一服した後ルベシベの丘に向けて出発

20170611 (72)

20170611 (73)

20170611 (74)
クリスマスツリーの木(たぶん)

20170611 (75) 
普通の民家のすぐ後ろにこんな風に日本離れした丘がある


20170611 (76) 
今回一番楽しみにしていたルベシベ(留辺蘂)の丘に向かう

20170611 (77)
うーん

もっといいビュースポットもあったらしいけど下調べ不足でその直前で引き返してしまっていた
20170611 (79) 
もーどうしようもない(牛だけに)

20170611 (80)
まあこの天気だとどこに行っても大したものは見れないから大して後悔はない
台風が悪い

20170611 (81)
迷った…

20170611 (82)
看板を見つけたので大体の居場所の見当は付いた

20170611 (85) 
前回の美瑛訪問の際にも立ち寄った菅野ファーム
現在時刻は18時15分 閉園時刻を15分過ぎているが中にはまだ観光客の姿があるため入ってみた

20170611 (86)
写真を撮って退散
ここまで来ると美馬牛駅まであと少し

20170611 (88) 
この辺でも普通に美瑛を感じる
わざわざ留辺蘂とかいう辺鄙な場所に時間をかけて行く意味は結果的に無かった

18時20分頃 延滞料金を支払い自転車を返却
日没後30分までやってるのでかなり便利な店だ
また気候のいい時に借りたい

20170611 (89)
駅舎

20170611 (90)
駅の消防小屋

20170611 (91)
ディズニー激おこ

20170611 (93)
列車を待つ
アジア系観光客でホームは混雑

20170611 (94)
この人たちからすれば異国の列車になるわけか
18時31分発の旭川行きに乗る


20170611 (95)
19時19分 旭川着
この後いつもの松屋で飯食っていつものネカフェに向かった


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

6日目その5 美馬牛駅と四季彩の丘 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


20170613 (1) 
12時42分頃美馬牛着
この駅で下車
ホームが短いので4両目はドアカット
時刻表上の発車時刻は38分なので5分ほど遅れて発車していった

20170613 (2)


20170611 (37)
小ぶりの駅舎
昔はもっと広かったりしたんだろうか

20170611 (38)
駅舎内部
殺風景ながらも座布団が備え付けられていた

20170611 (39)
駅構内は2面2線
ホームが舗装されてないのがいかにも北海道といった感じでなかなかいい

20170611 (40)
駅舎とは逆側のホームの裏側から延びる砂利道を歩きレンタサイクルを借りに行く

20170611 (41)
2012年訪問時はセブンスターの木などがある「パッチワークコース」
を爺さんが運転するレンタカーで回ったので今回は美瑛の通称「パノラマコース」をレンタサイクルで巡ることにする

20170611 (42)
まずは美馬牛駅の割と近くにある四季彩の丘
ここまでならなんとか徒歩でも来れそうだ

20170611 (43)
駐車場には観光バスがずらり

20170611 (44)
建物内は中国人観光客で大混雑

20170611 (46)
建物を抜けると花畑

20170611 (47)
素晴らしい

20170611 (48)
こんだけ立派な花畑を維持するのには相当なコストがかかるだろうけど入場料はなんと無料
その代り協力金として200円相当の募金をお願いしてあったので当然入れてきた

20170611 (49)
当然入場料とってもいいレベルなんだけど逆に人件費などがかかるから
それだったら物販飲食で儲けようという姿勢なんだろうか
富田ファームなども同じような感じだけどやっぱ儲かってんだろうなあ

20170611 (50)

20170611 (51)

20170611 (52)
青空だ

20170611 (53)
もしかしてこの後晴れるの?と期待したがこの後青空を見ることは無かった

20170611 (55)
50分ほどの滞在で四季彩の丘を後にする



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

6日目その4 ファーム富田とノロッコ号 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


20170611 (20)
11時30分前 ファーム富田着
ここに来るのは2012年7月以来2度目
前回はこのメロンハウスでメロンを喰った気がするが今回はスルー
wikipediaを見ているとこのメロンハウスはファーム富田とは何の関係もないことが判明
びっくり…

20170611 (21)
園内はこんな感じ
入場料が無料なのは素晴らしい
物販飲食などで相当儲けてるんだろう

20170611 (24)

20170611 (25)
こんな感じで花は咲いておりますが

20170611 (23) 
一番有名な森の彩りの畑はすでにシーズン終了


20170611 (22)
畑を眺めたところでただの畑なので美瑛の平原を撮る
20170612 (2) 
2012年7月終わりに訪問した際はこんな感じ

20170612 (1)
これでも時期は過ぎていた方ではあったがこの淡い感じが何とも綺麗だった

無題 
ピーク時にはこんな感じになるらしい(ファーム富田HPからパクりました)

20170611 (28)
列車の時間も迫って来たのでラベンダー畑駅へ戻る
飯食ったりせん限り1時間も滞在時間があれば十分な気がする

20170611 (29)
この白いやつは雪渓だろうか
多分2000mも行かないぐらいの標高だろうけど盆に雪渓が残ってるなんて
流石北海道

20170611 (30)
沿道の注意書き
アジア系観光客の数が極めて多いのでこんな感じで多言語表記
まあここに限らず日本全国こんな感じになりつつある

20170611 (31) 
ラベンダー畑駅

20170611 (33)
12時12分発富良野・美瑛ノロッコ2号旭川行きに乗る
5分ほど遅れての到着
1時間前に下車した時と同様に狭いホームにはどばーっと大量の降車客が溢れる
やっぱり後者に手間取り結局10分弱遅れての発車となった

20170611 (34) 
バーベキューカーを通り

20170611 (35)
この辺に座るか



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

6日目その3 ノロッコ号で臨時ラベンダー畑駅着 ★北海道・東日本パスで行く2016夏旅


20170611 (1)
富良野・美瑛ノロッコ1号に乗る

20170611 (2)
車内はガラガラ
ということで最前列ボックスの進行方向側の座席
つまり一番前から二つ目の座席をゲット
盆だけど一便目だしこんなもんかと思ってたら
発車間際になって特急が到着したようで大挙して乗り換え客がやって来た
一番前の座席も無事に人で埋まって9時56分 定刻で旭川を出発
何度となくこのパターンに騙されてきたが今回もやられてしまった


20170611 (3)
発車後直ぐに右側にカーブし富良野線へ入る
忠別川を渡ると直ぐに地平へ降りた

20170611 (4)
富良野線をそこそこのスピードで進む

20170611 (5)
西神楽駅で

20170611 (6)
対向の普通列車とすれ違う


ノロッコ号は50系客車(510系)+DD15形機関車
先頭の客車備え付け運転台で運転をしているが後ろから機関車が推しているので一応扱いは客車列車
発車の際には車掌がいちいち無線で出発合図を出していた

20170611 (7)
10時30分頃 美瑛着
発車時刻は10時38分とのことなので向かいのホームに行って編成写真を撮る
先頭から茶色のノロッコにバーベキューカー
そして釧路の方で使われているはずの緑のノロッコ号が2両
最後尾にはDE15形ディーゼル機関車


20170611 (8)


20170611 (10)
美瑛で降りる人間はそう多くないため美瑛発車後も車内はほぼ満席

20170611 (11)


20170611 (12)
美瑛~美馬牛間
奥の赤い屋根の家と丘の風景が美しいと評判の有名な絶景ポイント
まあ正直なところそんな大したもんじゃない

20170611 (13)
美馬牛駅舎
この後訪問予定

20170611 (14)
11時17分
定刻より若干遅れて臨時のラベンダー畑駅到着
その名の通り富田ファームの最寄り駅

20170611 (15)
大部分の乗客が下車する為仮設のホームは大混雑

20170611 (16)
後者にも手間取り列車は11時14分の定刻より5分ほど遅れての発車となった

20170611 (18)
こんな感じで田んぼの中に駅がある

20170611 (31)
上と下は帰るときに取った


20170611 (32)
駅名標もなかなか凝っている
20170611 (19) 
下車後富田ファームへ向かった

6日目その2 旭川駅で小休止★北海道・東日本パスで行く2016夏


旭川駅着
20170312 (23)
785系スーパーカムイを撮る

20170312 (24)
キハ183系オホーツク

20170312 (25)
網走行き
そろそろヤバいかな

20170312 (26)
富良野・美瑛ノロッコ号に乗りラベンダー畑を目指す

20170312 (27)
発車まで結構時間があるためホームに客の姿はほとんどない
もしかしてガラガラのまま発車するんだろうか
とりあえず最前列のボックスに荷物を置き場所を確保

20170312 (28)
そして改札の外に
でっかいイオンも完成していた
よく考えてみると前に来た時にはすでに完成していたような気も

20170312 (29)
忠別川に面する裏口の駅前には美しい花壇が整備されていた
ただべつ川ではうまく変換できない…と思ってたけどちゅうべつがわというらしい
恥ずかしながら知らなかった

20170312 (30)
この写真ではかなり見づらいが小川まで作られている
もう花壇とかいうレベルではない

20170402 (2) 
遊歩道は忠別川の方へと続いている
主要駅の駅前とは思えないゆとりある造り
流石北海道
ますます旭川駅舎が好きになる

20170402 (1) 
こんなに立派に整備して手も入れてるのに悲しいほど人がいないのも北海道らしい
盆の9時過ぎだしこんなもんか

20170312 (31)
ノロッコに戻る

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR