2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その3 後楽園・岡山城

メニューへ

ここから昨日買っておいた岡山・尾道おでかけパスを使う
快速マリンライナー20号3120M
児島10:22→岡山10:48



瀬戸内02 (42)
岡山へ向かう

瀬戸内02 (43)
アンマンパントロッコが止まっていた
初めて見た

まさかの収穫で嬉しい


瀬戸内02 (44)
車内


瀬戸内02 (45)
キハ185
国鉄風色



瀬戸内02 (46)
誰がどう見てもアンパンマン

ばいばいきーん


瀬戸内02 (47)
やくも


瀬戸内02 (48)
2000系アンパンマン

20数分ホームをうろついた後岡山市内を観光することに



瀬戸内02 (49)
岡山電気軌道
岡山駅前11:17頃→城下11:25頃
瀬戸内02 (50)

岡山駅付近は100円で乗れるのでお得

たぶん全国で一番安いんじゃないの


城下停留場で降車し後楽園へ向かう




瀬戸内02 (51)
道途中にあった岡山神社

岡山神社 という県名を冠した名前のわりに小規模だと思った

本殿は白くて相当新しそうに見えたが後日調べてみると1975年建築(拝殿)だそうな

よっぽど手入れしてあるのか塗装したてなのかは知りません



瀬戸内02 (52)
旭川を渡り後楽園へ向かう

瀬戸内02 (53)
岡山城との共通入場券を購入し入場


瀬戸内02 (54)
バックに小さく見える岡山城

日本三大庭園と謳う割に小さかったような気が…

兼六園くらいでっかいのかと思ってたんで余計に

偕楽園は行ったこと無いんで知りません



瀬戸内02 (55)
このエリアは時期になると菖蒲が美しいらしいが当然今はシーズン外




瀬戸内02 (56)
流店 と呼ばれる東屋風の建物
中に水路が通っている珍しい構造
当時は藩主が庭を回る時ここで休憩していたとか

中は案外すごしやすかったがガイドツアーの集団が来たんで退散





瀬戸内02 (57)
唯心山から園内を一望

まぁこじんまり


瀬戸内02 (58)
餌に群がる池の鯉

子供が落ちたら一緒に喰われそうな位食い意地が張ってそう

瀬戸内02 (59)
ハス畑なんかもあったり

人もそんなに多くなかったんでぶらぶら散策した後川を渡り岡山城へ向かう

続く









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その2 瀬戸大橋・鷲羽山

メニューへ


バス停に着くたび老人さんが何人か乗ってきて瀬戸大橋の下をくぐるくらいには大半の席が埋まる
正直ガラガラだと思っていたんで驚く

展望台のバス停では自分と中年夫婦計3人が降車
瀬戸内02 (23)
児島駅方向を見る
いきなり眺めがいい

バス停からさらに道を登る


瀬戸内02 (25)
5分ほどでレストハウスと展望台がある個所に到着
おそらくここで写真撮って帰る観光客も相当数いると思う
瀬戸内02 (24)
瀬戸大橋!

ここからでも十分景色は楽しめるが
瀬戸内02 (26)
さらに遊歩道を先に進むことにする

鷲羽山の山頂には復路に登ることにしていたんでスル―
どんどん進む

途中中高年の男性にこの先瀬戸大橋を真上から見下ろせるスポットがあると教えてもらう
ご丁寧なことにそこから撮ったらしい写真も何枚か見せられた
まぁもともとそれ目的で今ここを歩いているんですけど

とは当然言わずに

じゃあ行ってみますねありがとうございます

と言ってさらに進む

階段も多く地味に膝に負担がかかる

瀬戸内02 (27)
鷲羽山古墳群らしい
1300年~1500年前に作られたそうで
やっぱり眺めがいいこの場所に埋葬したんだろうか



瀬戸内02 (28)
いよいよ瀬戸大橋が真近に

手前のつり橋が下津井瀬戸大橋

中ほどの斜張橋が櫃石島橋&岩黒島橋

最奥のつり橋が北備讃瀬戸大橋&南備讃瀬戸大橋




瀬戸内02 (29)
下津井瀬戸大橋をアップで

ハンガーロープがあばら骨みたいでなんとも言えない

別に特殊性癖持ってるわけではないんで




さらに進むと東屋が
レストハウス前から20分程度で到着

ここが高速の真上となる
瀬戸内02 (30)
ここで弁当でも食ってゆっくりしたかったが残念ながらそんな暇はない
あーあー


瀬戸内02 (31)
美しいね


瀬戸内02 (32)
結構交通量が少ない


瀬戸内02 (33)
斜張橋は若干不気味に感じる
好きなんですけどね



瀬戸内02 (34)
北備讃瀬戸大橋&南備讃瀬戸大橋をアップで
ひょろひょろしていて蹴ったら倒れそうな気がする

バックのおわん形の山がいかにも讃岐らしい
あれが讃岐富士かな?


写真を撮った後時間がないんで急いで戻る



瀬戸内02 (39)
大急ぎで遊歩道から分岐する階段を駆け上がり鷲羽山のてっぺんに到着

瀬戸内02 (35)
鷲羽山山頂からの景色
児島駅方向を望む



瀬戸内02 (36)
山頂のモニュメント


瀬戸内02 (37)
水島コンビナート方向を見る
煤煙で空が汚れている

瀬戸内02 (38)
下津井瀬戸大橋をアップ



瀬戸内02 (40)
鷲羽山ビジターセンター



下津井電鉄とこはい号
鷲羽山第二展望台9:57→JR児島駅南10:08


瀬戸内02 (41)


続く






人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その1 瀬戸大橋など

メニューへ

6時過ぎに起床

6時30分前に寝床から高松駅へ向かう
瀬戸内02 (1)
琴電が走っていた
京急のお下がり

琴電にも乗りたかったが時間がないんでパスしたが
今考えたら本数も多いようだしひと駅くらいのっても良かったかも




瀬戸内02 (2)
玉藻公園
琴電の高松築港駅の真後ろに位置する
高松城跡を整備した公園らしい
少し散歩しようかと思ったが中に入ると入場料を取られるようだったんでこっちもパス


瀬戸内02 (3)
高松築港駅の前の大通り

ビルが立ち並んでいてまだ6時台半ばなのに築港駅から結構な人数の通勤客が吐き出されてきて賑わっていた

こんなに栄えているとは思わなかった

高松駅の前にもサンポート高松とか言って再開発で高層ビルが建ってるし

築港駅前の通りをまっすぐ歩くと数分で高松駅

瀬戸内02 (4)
駅前広場にあった海水が流れ込むらしい人工潮だまり
魚かヤドカリか居るのかと思って覗き込んだけど何もいないようで
やたらと磯臭い


後でネットで調べたら前はタコがいたらしいんでもう少し念入りに探せばよかった

タコもこんなとこに住まわされるくらいなら食われたほうがマシだろう






瀬戸内02 (5)
高松駅舎

でっかいようで特に中身は無かったりする
土産物屋とコンビニが入っているくらいだったと思う
改札の上のガラス張りの吹き抜けがなかったら正直かなりちんまりした駅だったと思う


瀬戸内02 (6)

朝食は駅近くで讃岐うどんを食べた

節約朝食のつもりだったけどなすびとタコの天ぷらをトッピングをしたらかなり高くついたんでへこむ

味はうどんでしたが天ぷらがおいしかった





7時過ぎから撮り鉄開始

児島までの切符を買いホームに入場

この日は青春18きっぷは使わない

瀬戸内02 (7)
しまんと&211系もどきと早速遭遇

jr四国の形式は良く覚えていない

もどきは3両×2本しか製造されておらず結構レアらしいんだけど別に嬉しくはない



CIMG瀬戸内201

7時37分発特急いしづち5号松山行き


全国的な傾向ではあるんだろうけど特に四国内は高速バス&マイカーに押されて特急の利用客はかなり減ってしまっているらしい

そのせいか増結用の8000系も3両から2両に減車されたそうな

電車特急の2両編成はどうも見慣れない




正直オレンジ唇の生首に見えて気持ち悪いんであんまり好きじゃない




瀬戸内02 (9)

反対側は貫通型

見るからに冴えない顔


まさに今のJR四国のようで悲しい気分になる



瀬戸内02 (8)
割と新しい1500形ディーゼル車

車内は転換クロスシートの豪華仕様

瀬戸内02 (10)
普通観音寺行きは7000系

瀬戸内02 (11)
7時27分着サンライズ瀬戸

残りわずかとなった夜行列車ということもあってか大勢の人がカメラや携帯を向ける

瀬戸内022
朝日をイメージしたらしいこの色も国鉄色っぽくて似合うけどブルーに塗られた姿も見たい



快速マリンライナー12号3112M
高松7:45→児島8:19

瀬戸内02 (12)
色々写真を撮っていたんで発車間際に車内に乗り込む

通勤客で座席は大体埋まっていたんで運転台の後ろで全面展望を楽しむことにする


瀬戸内02 (13)
ヘッドマークのアップ
せとうち…嗚呼悲しいかな読めません

瀬戸内02 (14)
途中ゲテモノみたいな113系とすれ違う


なんでもこのとき開催されていた瀬戸内国際芸術祭の作品の一つだそうで
「エロスとタナトスの共存」とテーマにしたデザインだとか
出来れば高松駅で写真撮りたかった
ノーマル113系も撮れなかったし心残り


エロスという事でさぞ猥褻なラッピングだろうと期待して検索窓に打ち込んだ男性陣も多いのか少ないのかは
知らんけどネットで調べてみたら何がエロスタナトスなのか良くわからん


芸術センスのあるお方が見たら卑猥なものに見えるんでしょうかね
そんな目を持ちたかった


どうもエロスとは「生」の意味であってエロとは違うのかむしれないがまあいいや





瀬戸内02 (15)
今度はノーマル塗装の113系とすれ違う

なぜ高松駅で出会えなかったんだ



結構なスピードで木枕木の上を飛ばす
ロングレール化されていないところも多くガタゴトガタゴト楽しい
ちなみに地元の路線は大部分ロングレール化されている

瀬戸内02 (16)
坂出を発車するといよいよ瀬戸大橋
かなりアップダウンのある高架を上り下りした後宇多津からの高架と合流

瀬戸内02 (17)
上に高速が覆いかぶさる

瀬戸内02 (18)
南備讃瀬戸大橋に突入


瀬戸内02 (19)
下は当然海
人間はすごい

瀬戸内02 (20)
児島で下車

瀬戸内02 (21)
カフェオレ色が停車していたんで撮影
湘南色だとなおよかった



下津井電鉄とこはい号
JR児島駅8:30→鷲羽山第二展望台8:57

瀬戸内02 (22)
駅前のバス停から下津井循環線とこはい号に乗車
このあと鷲羽山へ向かいました

バスの前部についている良くわからん装置は自転車を積むための奴だとか

続く


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅1日目その2 倉敷美観地区&水島臨海鉄道キハ20 青春18きっぷ

メニューへ

その1へ
普通47列車
倉敷市16:40→三菱自工前17:08


瀬戸内 (22)
駅舎に入って時計を見たら発車間際だったんで急いで乗車
間に合ってよかった

1年ぶりのキハ20

前来た時は国鉄色じゃなくて水島色の編成だったんで今回これに乗れてよかった







切符は車内で購入

同業者は7,8人いて思ったより多かった

車内は学生やらでそこそこ座席が埋まっていたがひと駅ひと駅客が減り水島に着くころにはほぼガラガラ



瀬戸内 (23)
市街地の中を進む

駅の間隔は相当短いようでたいしてスピードは出せないようで



瀬戸内 (24)
年季が入っている車内
製造されてから5年を超えるおぢさんディーゼル

今夏にJR東日本からお古のディーゼルを譲り受けたんでこのおぢさんもそろそろリストラされそうなんで
もう一度乗りたいと思ってわざわざやってきた




瀬戸内 (25)
半自動のドア
復路の車内では関西訛りの中学生?軍団が手動だボロいとはしゃいでいた

関西もこれに負けないボロがまだ多数ご存命だと思うんですがね

ドア下部の楕円形の小窓と薄グリーンに塗られた内装がまたなんとも言えない







瀬戸内 (26)
ドアスイッチ

キハ20はワンマン改造されてないんで車掌が乗務している

ドア扱いのときはこれを使っているようだった

運転台のやつ使えばいいのに

瀬戸内 (27)
50歳を超えるおぢさんの連結部






瀬戸内 (28)
30分弱の乗車で終点の自工前に到着

降車がすんだら直ぐにドアを閉めてこの先の車両基地へと回送されていった

写真を撮る暇もなかったがしょうがない




瀬戸内 (29)
周りは工業地帯



普通54列車
三菱自工前17:28→倉敷市17:54

瀬戸内 (30)
発車1分前位に入線してきた

数枚写真を撮り乗り込む



瀬戸内 (31)
倉敷市に到着

もう会うことはないでしょう

合掌



前にも書いたがこの日は暑くなくお散歩日和だったんで再び美観地区に向かう
瀬戸内 (32)
大原美術館

もうこの時間帯には閉館しているようだった

無教養な自分には無縁の場所

このほかにも星野仙一記念館なんかもある

まさか楽天が優勝するとはねぇ・・・



瀬戸内 (33)
この時間帯になると観光客の姿はまばら
犬を散歩する人やウォーキング中のおそらく地元民の姿がちらほら

こんなところを散歩できる犬は贅沢ですね

犬には理解できんか





瀬戸内 (34)
日も暮れてきたんで散歩もほどほどにして倉敷駅へと戻る

美観地区に1円も落とさずにこんなに満喫してしまって申し訳ない

いちおう寺社に賽銭入れてきたからまあいいか



普通368M
倉敷19:20→岡山19:32

瀬戸内 (35)
また黄色


岡山で降りると残り少なくなった湘南色の姿も



 
瀬戸内 (36)
暗い時間に撮ると感度が上がってざらざらになるんでできれば明るい時間に撮りたかったけど
ざんねんながらこの旅行中に再び湘南色を撮る機会はなかった

この後すき屋で夕食を取ろうとするが場所が分からずに地下街をさ迷った
快速マリンライナー61号
岡山20:12→高松21:06

瀬戸内 (37)
すき屋のチーズ牛丼を初めて食べたが思ったよりうまくなかった
まぁ腹が膨れたんでいいよ

5両つないだ車内は帰宅客で結構な混雑

茶屋町あたりで座ることができた


瀬戸大橋を渡り8年ぶりの四国に突入

坂出の工業地帯の夜景がきれいだった

21時過ぎに高松に到着

連絡船うどんを食おうと思っていたがもう閉まっていた



瀬戸内 (38)
駅前では路上ライブをやってた


この後寝場所へ移動

2日目その1へ続く


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅1日目その1 倉敷美観地区 など・・・ 青春18きっぷ

メニューへ


2013年8月の終わりごろ香川&岡山&山口&広島を観光してきたんでその記録

快速1820M
??? ??:??→ 博多 7:29


もともとは始発で出ろうと思っていたけどいきなり寝坊
萎えて旅行中止も考えたけどこれを逃すともう行く機会も無さそうなんで出発

鹿児島線直通の快速に乗車

今日は水島臨海鉄道のキハ20に乗車&倉敷美観地区を散歩したあと高松まで行く計画だったんだけど前述の通り
寝坊したんで新幹線でショートカットすることにする


瀬戸内 (1)
新幹線改札



こだま854号854A
博多7:53→小倉8:10



瀬戸内 (2)
当然青春18では乗車できないんで小倉までのきっぷ&特急券を買う
青春18きっぷほぼ1日分の値段がする

青春18の鈍行旅にはまると異常なほど高く感じるがまーしゃーない

3割ほど座席が埋まり博多を発車

客層は9割がた通勤客のようだ

20分もしないで終点小倉に到着




普通5138M
小倉8:24→下関8:41


瀬戸内 (3)


3536M
下関8:44→新山口9:58

瀬戸内 (4)
117系末黄色
いつ見ても酷い
青春18きっぷシーズンのこの時間帯の上り列車はそこそこ混雑しているイメージがあったけど
夏休みもほぼ終わりかけていたためか車内は空いていた

3336M
新山口10:28→岩国12:22

瀬戸内 (5)
毎度おなじみ平面黄疸イエロー
115系というか湘南型の面構え個人的に大好きなんだけどそれを台無しにしちゃうこのウコン色
まぁこっちは平面ですけど

354M
岩国12:24→糸崎14:35
またまたウンコ色だかウコン色だかの115系
写真撮らなかった



1762M
糸崎14:37→倉敷1546
瀬戸内 (6)
またまたまたまた黄色
黄色4連発
せっかくの国鉄型天国が台無し

天国に近いから末期なのか黄疸なのかしらんけど酷いよ

瀬戸内色も体質改善色も好きなんだけど黄色はなぁ・・・


倉敷で降りる
瀬戸内 (7)
まともな色の117系もだいぶ減ったようで

瀬戸内 (8)
でっかい駅ビル

ホテルが潰れたせいで大部分が開きテナントと化してしまったそうで
そのうちこの駅ビルも解体されてしまうらしい

駅前の通りをまっすぐ歩き美観地区に向かう

瀬戸内 (9)
10分ほどで到着
ここに来るのは1年ぶり

散歩するだけで十分楽しめるんで貧乏旅にお勧めのスポット




瀬戸内 (10)
1年前もいたこの白鳥?


瀬戸内 (11)
いいねー


瀬戸内 (12)
有隣荘の横を抜けその先へ進む



瀬戸内 (13)
鶴形山隧道の脇の階段を上ってみる



瀬戸内 (14)
観龍寺というお寺

瀬戸内 (15)
誰もいない

この日は8月なのに涼しかった

空も秋の空のように見えなくもない

その後路地を抜けて阿智神社へと向かう

森の中を抜けるときにスズメバチが飛んでいてビビる



瀬戸内 (17)
能舞台



瀬戸内 (18)
絵馬殿

瀬戸内001
割と眺めがいい

鶴形山に位置するこの神社からは美観地区を一望できる

この神社には阿知の藤という日本最大級の藤の木があるらしいが見てなかった

どっちみち夏の藤なんてただのつるだから別にいいか



瀬戸内 (19)
元来た道を下る
右の櫓風の建物が絵馬殿

瀬戸内 (20)
途中から別のルートを歩いてみる

階段を下るとアーケードに出た

ここをまっすぐ行けば倉敷駅に行けるらしい

列車の時刻が迫っていたんで大股で歩く

人通りは少なかったので歩きやすかったが考えてみるとあまりいい事じゃないね

10分もしないで倉敷駅前に着いた


ペデストリアンデッキ の階段を上り水島臨海鉄道乗り場に向かう


瀬戸内 (21)
JRの駅ビルの西側にちんまり立っている水島臨海鉄道の駅舎
2階&3階部分は駐車場か駐輪場だったか・・・になっていた


ということで次回はキハ20に乗車

その2へ



人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR