旅名人の九州満喫きっぷで行く長崎の旅その3 路面電車で市内巡り

その2へ


ngsk01 (48)

こんどは4系統に乗り正覚寺下へと向かう




運転士のハンドルさばきを見ていた

なかなか面白い






ngsk01 (49)

20分ほどで正覚寺下に到着






ngsk01 (50)

川の上にホームがある





ngsk01 (51)

ホームから川を見る

川沿いにぼろぼろの家が立ち並ぶ

どう見ても無理な増築で大丈夫なんだろうかと思う

そのあとは石橋へ向かう





ngsk01 (53)

築町で乗り換える





ngsk01 (52)

向こうには中華街の門も見える

面倒だったんで行かなかったが角煮まんくらい食べてきてもよかったと今更後悔する


やってきた5系統は本数が少ない事もありかなり混雑していた

大浦海岸通から先は単線となる

大量の観光客が大浦天主堂下で下車






ngsk01 (56)

ほぼ空っぽの状態で終点石橋に到着







ngsk01 (54)

ここの停留所も川の上にホームがある






ngsk01 (55)

川には魚が群れていて見てて楽しかった

ボラか何かだろうか

良く分からんけど



川というかほとんど海水だと思うけど


折り返しの電車に乗り大浦海岸通電停でなんとなく降りてみる









ngsk01 (65)

海のほうへ歩いて行くと整備された公園が広がっていた

なかなかよさそう







ngsk01.jpg
青空が広がる

最高に気持ちが良い



釣り人もいるし芝生のほうでは家族連れがはしゃいでいた

観光名所というかこの辺の人の憩いの場といった感じ




ngsk01 (63)

凧も上がっていた




ngsk01 (57)

市街地の中なのにかなり水がきれい

ゴミもほとんど浮いていない









ngsk01 (58)

南を見る

奥のつり橋は女神大橋

造船所のクレーンも立ち並ぶ




ngsk01 (62)
女神大橋をアップで

2005年に供用開始した割と新しい橋らしい

大型客船も通過できるようにしたため巨大な斜張橋になったとか




ngsk01 (59)

対岸に浮かんでいたでっかいタンカー
何を積んでるんだか









ngsk01 (61)

造船所を見る

でっかい船が建造中みたい

手前には軍艦っぽいのも見える

詳しくないんで護衛艦?何と言ったらいいかよくわかんないけど造船所で整備中なんだろうか







ngsk01 (60)

自衛隊の船をアップで

ミサイルぶっ放したりするんだろうか

最近軍艦が流行ってるようだけど詳しくない自分が見てもなかなかかっこいいと思った






ngsk01 (64)

このあたりなんてゴミ溜めみたいになっていてもおかしくないのにほぼ全くゴミが浮いてない

自分がこのあたりに住んでいたら毎朝ここを散歩すると思う






ngsk01 (66)
港を見ると船に大勢の客が乗り込んでいた

軍艦島へのツアー船らしい

船は遠くから見ても満員と分かるくらい乗っているのでかなり繁盛してるんだろう

軍艦島近くの海は波が高くて船酔いしやすいらしい

青海島の事もあるしゲロ吐きそうなんで自分は乗りたくない


適当なところで停留所に戻る

時刻は13時40分ごろ


停留所の掲示によるとすぐ近くにオランダ坂があるらしい

もう1度車両センターへ行くつもりだったけどまだ時間もあるんでオランダ坂へと向かうことにした





続く






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

旅名人の九州満喫きっぷで行く長崎の旅その2 長崎車両センター撮影会 など

その1へ

ngsk01 (27)
検修庫横の側線跡

架線柱も立っているんで架線が張られていたんだと思う

昔は長崎港へも線路が延びていたらしいけどもしかしたらこれがその線路の跡なのかも




ngsk01 (28)

会場最奥へ歩く

途中検修庫や車両内部への見学会の受付もあったが午前はすでに締め切っているらしく
次の受付は12時からと掲示してあった

1時間毎くらいで見学ツアーが行われるみたいだったけど1回に付き10組くらいの定員らしくかなりの高倍率みたい
ホームページの案内では順次やると書いてあったんで参加するつもりだったけどこの感じだと相当並んでおかないといけないようなんで残念だけどこれもパス

ngsk01 (32)


会場端っこから検修庫を見る

485系が顔を出している


ngsk01 (33)

会場端から浦上方を見る

ngsk01 (31)

長崎駅ホームを見る


ngsk01 (30)

検修庫内にいたDE10
DD51をけん引してきた機関車

黄色ヘルメットを被った人たちは見学ツアーの参加者


車両下に付けられている修理中の丸板は多分演出だと思う

ngsk01 (34)

検修庫内から撮影会場を見る

ngsk01 (35)

検修庫内部

かなり歴史がありそうな感じだけど近々これも取り壊される

ngsk01 (36)

男の職場って感じがする



ngsk01 (37)

年季が入りまくってる

ngsk01 (38)

置いてあった鉄道部品
たぶんクーラーだと思う

1975とマジックで書かれていたんで多分キハ66系のやつだと思う

ngsk01 (29)

ヘッドマーク交換中

カートレインが見れるとは思ってなかった

ngsk01 (39)

キハ66はちくごと書かれたヘッドマークが付けられていた
急行ちくごはその昔長崎から佐賀線(廃止)を経由して熊本まで走っていたらしい



ngsk01 (40)

出雲のヘッドマークになっていた

なかなかカッコいい


ngsk01 (41)

485系はレプリカのみどり幕

ngsk01 (42)

なんと北斗星のヘッドマークまで登場

短い間隔で次々に変えられて飽きない






ngsk01 (43)

飽きないとか書いたけど1時間半近くいたら飽きたんで路面電車で市内を回ることにした

九州満喫きっぷは長崎市電も乗れるんで便利

吉野家で豚丼を食べた後駅前のペデストリアンデッキから行きかう路面電車を眺める

ngsk01 (44)

路面電車がある風景は良い









動画も撮ってみた

動画を撮り始めるとなかなか来なかったりした


とりあえず3系統に乗り蛍茶屋に向かうことにした

ngsk01 (46)

長崎駅前から15分ほどで終点蛍茶屋に到着

ngsk01 (47)

ホーム先には屋根付きの車庫があった

車庫の屋根上には駐車場とファミレス、真横にはレンタルショップと山ばかりの長崎らしくごみごみしている


続く




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

旅名人の九州満喫きっぷで行く長崎の旅その1 長崎車両センター公開&スイーツ列車

メニューへ



2月23日に長崎車両センターが一般公開された
車両センターは長崎駅の高架化と周辺再開発により早岐駅構内に移転されるらしいのでこれが最後の公開らしい

当初の予定ではこの時期道東に流氷でも見に行こうかと思っていて長崎に行く予定はなかった
北海道の宿も抑えていたんだけどいろいろあって流氷旅行の計画が潰れたんで消去法的な感じで長崎に行くことにした

旅名人の九州満喫きっぷを正月に買っていたけどまだ一度も使ってなかったんで
これを消化するいい機会にはなった


てな訳で旅の始まり






始発で長崎へ向かう予定だったが何時ものように寝坊したため7時過ぎの長崎行き普通列車に乗り込む

長崎には9時16分に着く予定だけどセンターの見学会は10時開始なんで特に問題もない


新しく買ったカメラの説明書を車内で見ていたがいまいちよく分からん

インテリジェンスオートとかいうインテリっぽいモードを使うととりあえず何とかなりそう

シャッタースピードやらなんやらを考えて撮影しようと思っていたけど面倒くさいし結局インテリ頼りでシャッター押すだけの撮影になるんだろう




途中415系とすれ違ったときに前のほうの席から415がどうのこうのと喋ってる声が聞こえたんでその人たちも見学会に行くんだと思う






肥前浜を過ぎたあたりから有明海の真横を走る

朝日がもろに車内に差し込む

着色ガラスだけど結構眩しく暑い

自分が座っている座席の下のヒーターも異常なくらい熱い

窓側の席はあらかた埋まってたんでほかの席に移るわけにもいかない

冗談じゃなく尻を火傷しそうなんで上着を座席に敷く羽目になる

昔815系に乗った時もやたら座席下のヒーターが熱かった事があった

ヒーターの調子が悪いのか良すぎるのかよく分からないけど困る



ngsk01 (1)


太良付近からは諫早湾越しに雲仙の山並みも見えたが着色ガラスのせいであまり綺麗には見えない

諫早に近づくにつれて座席がだいぶ埋まってきた

諫早でも大量の乗車があり車内には立ち客も目立つようになった

そのあともどんどん客は増え80%位の乗車率で長崎トンネルに突入

終点長崎の手前の浦上でかなりの客が降りた

高架化工事のためか仮駅舎になっていた


長崎に着く直前で側線にSL人吉の客車が停まっていることに気づく




ngsk01 (2)

あれはなんやったのかと思っていたら終点長崎に定刻に到着

1番のりばには黒山の人だかり

そういえばJRのホームページに大村線でスイーツ列車が運転とか書いてあったことを思い出しスマホで調べると
今日それが運転されるらしい

名前通り大村線の車窓を楽しみながら車内でスイーツを食う列車だそうで

これを見れるとは思ってなかったんでわりと得した気分


ngsk01 (3)

1番のりばへ向かうとテレビカメラに家族連れ、鉄道ファンで結構な混雑っぷり

最果て長崎にこんなに物好きがおるのかと思ったけど今日は車両センター公開日なので遠方からも自分みたいな人間がやってきてるんだろう

ngsk01 (4)


さっそく写真を撮る


ngsk01 (5)

変なゆるキャラも出てきていた

正面から見てないんで断言はできないけどたぶん長崎さるく博のマスコット「さるくちゃん」だと思う

さるく博開催時には817系にこれがラッピングされたりしていたことを思い出した

それにしてもさるく博は06年開催なんで存在すら忘れていたけどまだ引っ張り出されているみたい

モリゾーときっころじゃないけど結構これも人気があるのかもしれない

ngsk01 (6)


機関車



ngsk01 (7)

お偉いさん?にインタビュー


ngsk01 (8)

0番ホームから写真を撮る





結構な撮影者がいたけどなんの混乱もなく発車していった

これが当たり前のことなんだろうけど関東なんか見てると・・・

まあ人数が全然違うんだろうけど



ngsk01 (9)


駅ホームから車両センターを見ると撮影会の主役である485系が停まっていた


ngsk01 (10)

イベント会場へ向かう


ngsk01 (11)

10時05分
会場へ向かう長蛇の列

予想以上の人出でビビる

こりゃ入場まで時間かかるかなと思っていたけどわりとすんなり入れた

ngsk01 (12)

車両センターを見る

ngsk01 (13)

このあたりの留置線は架線が張られてないんでやたら開放的に見える

ngsk01 (14)

列の動きが停まる度に撮影タイムになる

係員が立ち止まらずに進めと言ってるがうまい具合に列の動きが停まるんでそのたびに写真を撮る

ngsk01 (15)

なんかサッカーのラッピング

長崎にもJリーグのチームってあったのか


ngsk01 (16)

転車台が見えてきた

キハ200が乗せられていた

ngsk01 (17)

10時15分
いよいよ会場に到着

相当な混雑


ngsk01 (18)

ターンテーブルの回転体験なんかも行われていたが家族連れなんかで長蛇の列
めんどくさいんでパス


ngsk01 (22)


このイベントメインの車両撮影会

485系とDD51とキハ66系が並べられていた

ngsk01 (19)



大分からわざわざ回送で持ってきた485系

ヘッドマークはかもめ

ngsk01 (20)

門司から持ってきたと思われるJR貨物所属のDD51
DE10にけん引されて来崎したらしい

ngsk01 (21)

そして長崎で活躍するキハ66
キハ40系列の一つ上の世代でまもなくデビューして40年になるけどいまだ現役
当分置き換えられることもなさそう


ngsk01 (23)

みなさん熱心に撮っておられます


ヘッドマークも多数展示

ngsk01 (25)

シーサイドライナーのヘッドマークもあった
多分JR初期のキハ58系時代に装着されていたものだと思う

展示されているのを見るのもいいけどやっぱりヘッドマークは列車につけられてなんぼだよなとか思っていた


ngsk01 (26)

DD51のほうを見るとさっそくヘッドマークが変えられていた
どうもここに展示してあるヘッドマークをいろいろ付けるみたいだ



鉄道ファンに家族連れ、子供なんかでかなりの密集度だったけど自分が見た限りなんの混乱も見なかったし罵声どころか舌打ちも聞かなかった

ネットで見てると関東あたりのイベントは一部の変な人が好き勝手やって問題になることもあるみたいだけどこっちは人口が少ないからか
そんな変な人はいないようでした








続く



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2011年春 さよなら雷鳥&キハ58の旅 3日目その1 雷鳥&419系&越美北線

メニューへ



2日目その4へ

早いもので旅はもう3日目

明日には旅が終わると思うと憂鬱になる






特急サンダーバード6号4006M
富山6:12→金沢6:54


HHh (742)
サンダーバードで金沢まで移動







HHh (744)
あっという間に着いた





HHh (747)
発車標

キハ58と並ぶ今回の旅の主役が間もなく登場






特急雷鳥8号4008M
金沢7:10→鯖江8:11

HHh (751)
7時05分ごろ485系特急雷鳥が入線

入線後発車まであまり時間が無かったんでパノラマグリーン車の写真はこれだけ…



HHh (752)
9両繋いだ堂々とした姿





HHh (759)
ホームは撮影するファンで程よく賑わっていたけど車内はガラガラ






HHh (768)
福井駅





HHh (774)
鯖江で下車




HHh (778)
国鉄のヘッドマークデザインはかなりセンスが良いと思う

本当によく似合ってる

それにしても顔のあちこちにくっついている赤い塗料はなんなのか


塗装の時に失敗したんだろうか







普通233M
鯖江8:18→森田8:44


HHh (792)
普通列車で福井の隣駅である森田へ移動





HHh (799)
なんでわざわざここに来たかというと




普通328M
森田8:54→福井9:00

HHh (805)
これに乗るためでした





HHh (806)
寝台電車を改造した車内

昔は昼行特急として使われていただけあって広々としたというか巨大なボックスシートに座る













HHh (807)
上を見上げると収納した寝台が撤去されずに残っていた

二十数年も開けられていないであろうこの中はどうなっているのかものすごく気になる


検査のときには開けていたのかもしれないけど








HHh (809)
数分の乗車で終点福井に到着



越美北線に乗り換えるため2番のりばへと向かう




HHh (818)
2番のりばは切り欠きホームとなっていてホーム端っこまで歩かなければならなかった







普通725D
福井9:08→九頭竜湖10:46

HHh (813)
2両繋いだワンマンカー

とりっぴいもどきみたいな良く分からないキャラクターがペイントされている







後ろの1両は途中の越前大野で切り離された




HHh (819)
六条を発車してすぐに北陸道の高架がオーバークロス





HHh (820)
列車はどんどん山の方へと進む


車窓には雪も目立ってきた





HHh (822)
列車は足羽川と並走


04年には集中豪雨で氾濫し大きな被害が出た

越美北線も橋が流されたりして一部区間では3年ほど不通となっていた

HHh (823)
何度も足羽川を渡る

水害後に建設されたと思われる新しい橋梁も渡った










HHh (830)
雪が降ってきた





HHh (832)
結構降っている




HHh (834)
うっすら積もってきた







HHh (839)
越前大野に着くころには雪もだいぶ収まった


この辺は平地ということもあってかあまり積もってない


続く




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2011年春 さよなら雷鳥&キハ58の旅 2日目その4 高山本線キハ58

メニューへ


その3へ

Hr-2 (75)
桜山八幡宮の鳥居




Hr-2 (76)
神社


桜山とかありそうであまりない名前

桜の字がつく地名とかってなんでも綺麗に見える

桜補正みたいなのが自分のなかにあるのか











Hr-2 (77)
参道を歩き宮川を渡る




Hr-2 (78)
橋のすぐ傍にある一の鳥居

かなり巨大






Hr-2 (79)
高山駅へと戻る






Hr-2 (80)
これから富山へと向かう




特急(ワイドビュー)ひだ13号1033D
高山17:13→富山18:52

Hr-2 (81)
再び特急ひだに乗車




Hr-2 (82)
車内はガラガラ…というかほぼ貸切状態




Hr-2 (83)
座席も座り心地が良くて快適

登場から20年以上経っていて大規模なリニューアルもされてないけど全く古さを感じさせない

流石JR東海 相当メンテナンスをきっちりやってるんだろう





Hr-2 (84)
富山との県境に近づくにつれてどんどん車窓は山深くなる

雪も目立つようになってきた


猪谷までの区間は2004年の水害により多大な被害を被っていて特に角谷~猪谷間は3年近く不通になっていたようでかなりの時間とカネをかけて復旧された区間となっている

でも前述の通り1日数本の特急の乗車率も悪く普通列車の本数も少ないしで利用客はあまり多くなく少し悲しい気分になった

まあ山間部なんで周りの人口も少ないんである意味当然なのかもしれないけどここまでひだの利用客が少ないとは思わなかった











1時間半ほどで終点富山に到着





Hr-2 (85)
富山駅ホームにはこの旅のメインでもあるキハ58&28が停車中

富山市の社会実験による本数増発で車両が足りなくなったのか鉄道ファンの客寄せなのかは分からないけど訪問時には
高山本線越中八尾と富山の間で定期運用が存在した



2011年3月ダイヤ改正で社会実験が終了したためこの車両も引退する事になった




キハ58系最後の運用ということもあって特設ホームページが設置されたり車両にはヘッドマークも付けられたりして全国の鉄道ファンが集結…はしてなかったけどそこそこ賑わっていた





Hr-2 (86)
早速写真を取る



普通888D
富山19:11→越中八尾19:36

Hr-2 (87)
なかなか渋くてカッコいい




Hr-2 (88)
車内

この角度からだと原形を保っているように見えるけど




Hr-2 (89)
デッキ横の区画はロングシート化されていた




Hr-2 (90)
越中八尾に到着

今日から富山~越中八尾の間を行ったり来たりすることとなる



普通893D
越中八尾20:01→富山20:33


Hr-2 (91)
国鉄色の脇腹に張られたJRマーク

これが無い方が良いという人も多いと思うけど自分は結構好きだったり



富山へと折り返すキハ58に乗車





Hr-2 (92)
速星で対向列車待ち合わせのため少々停車

急いで写真を撮る




Hr-2 (93)
富山に到着

この日の運用はこれにておしまい



Hr-2 (94)
せっかくなんでしばらく駅に残って写真でも撮る事に


停車していた475系を早速撮影



Hr-2 (95)
デカ目の急行型がごく普通に運用に就いているこの光景も北陸新幹線全通時には消えるんだろう








Hr-2 (96)
キハ58とともにダイヤ改正で引退する419系




Hr-2 (97)
国鉄末期の列車増発により車両数を賄うために寝台電車を無理やり改造したこの車両

その場凌ぎみたいな感じで造られたんだろうけど結局それから25年近く経った



Hr-2 (99)
中間車を無理やり改造した先頭車

このやっつけ仕事は無事JR西日本にも受け継がれたようです


妙に愛嬌がある顔のおかげで食パンなんて愛称で親しまれたりもしていたけどこれも間もなく見納めになる






Hr-2 (98)
特急北越

これも国鉄型


富山最高!






明日もあるし撮影も程々に切り上げる


Hr-2 (100)
ホテルでますのすしを食べる


Hr-2 (101)
この辺りから体調が悪化

全部食べきれなかった




翌日へ続く



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR