塘路駅 釧網本線

塘路駅(とうろえき)

北海道川上郡標茶町字塘路







12touro (5)
駅舎

湿原観光の拠点駅ということで無人駅ながらログハウス風の小奇麗な駅舎が建っている

訪問時は夏休み中ということもあり駅員もいて大勢の観光客でにぎわっていた








12touro (3)
駅前

観光シーズンということもあり軽食を出す簡易店舗も出ていた



12touro (4)
駐車場にずらりと並ぶ観光バス

くしろ湿原ノロッコ号でやって来るツアー客を待っているんだろう




12touro (6)
駅舎内

喫茶店が入っていた

たぶんヨーグルトかなんかを食った記憶がある

レンタサイクルもココで扱っていたと思う







12touro(8).jpg
駅名標




12touro (7)
2面2線の駅構内





12touro (9)
駅舎を見る







12touro (10)
ノロッコ号が到着

この駅が終点のため大勢の観光客が下りてきた

大部分がツアー客のようだった






12touro (11)

線路わきに現れたエゾシカ


なかなか可愛いけど地元民から見たら相当な迷惑ものというか害獣らしい






12touro (2)
駅から直線で1キロほど離れたサルボ展望台から塘路駅方向を眺めた写真


画像中央奥の集落の中に塘路駅がある

手前右の沼が塘路湖で左の沼がエオルト沼

大自然の中にある駅ということが分かる









12touro (1)
レンタサイクルに乗り砂利道を飛ばしてやってきたコッタロ展望台

塘路駅からは10キロ弱の距離がある

コッタロ湿原を一望できてなかなか絶景の場所だった

暇な人はぜひ・・・



次は釧路湿原駅をアップ予定




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

厚岸駅 根室本線

厚岸駅(あっけしえき)


北海道厚岸郡厚岸町宮園1丁目

wikipediaによると2012年度の1日の乗車人数は198人/日



12akkeshi01 (4)
コンクリート造りの薄い水色で塗られた駅舎が建つ






12akkeshi01 (3)
駅前の風景

釧路~根室間の中間駅では一番大きい町こともあり住宅が立ち並んでいる

ちなみに厚岸駅は釧路~根室間の中間駅では唯一の有人駅でもある

いかにこの区間が何もないところを走るのかがわかる





12akkeshi01 (2)
駅舎内

典型的な地方駅の造りで特に珍しいところはない

キオスクはシャッターを閉めていた

訪問時間帯が早朝でまだ開店して無かったのか、それとも潰れてしまったのかはわからなかった






12akkeshi01 (6)
駅名標









12akkeshi01 (5)
2面2線の駅構内

若干変則的な構造となっている






12akkeshi01 (1)
こんな感じ


元々は1面2線の構造だったけど改札口から直結できるようにするためJRになってから駅舎側のホームが付け足されたらしい

1980年代前半にはこの駅から厚岸港へと続く貨物線も分岐していたとか…






駅周辺にはカキで有名な厚岸湖や景勝地の愛冠岬などがあるけどとくに後者は徒歩でアクセスするのは厳しそう

個人的に物凄くいってみたいあやめケ原なんかもこの駅から出るバスに乗ってアクセスすることになるけど本数が絶望的に少ない

正直公共交通機関を利用して上記スポットへ向かう観光客はほとんどいないと思う



個人的な妄想だけどこの駅から厚岸大橋を渡り愛冠岬、あやめヶ原と太平洋沿いを進み霧多布岬まで歩いてみたい




このほかにも尻羽岬や春国岱など行ってみたいスポットが山ほどある

何でこの時行かなかったんだろうといまだに後悔している




必ずリベンジするぞ…







2012年8月訪問



次は塘路駅をアップ予定









人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

茶内駅 根室本線

茶内駅(ちゃないえき)
北海道厚岸郡浜中町茶内緑113




12tyanai01 (3)

駅舎は最近塗り替えられたようで抹茶色がまだあまり馴染んでないような感じがする





12tyanai01 (1)

駅前の風景

一本道が続く北海道らしい風景








12tyanai01 (2)

道幅の割に交通量がほとんどないのも北海道らしい









12tyanai01 (4)

ルパンルパーン…



ルパンです


原作者がこの駅がある浜中町出身らしい


最近は漫画なんかを使った町興しが流行りのようで…











12tyanai01 (9)

駅舎にはふれ茶内(ちゃう)館が併設されていた

ふれちゃうってどう考えても読めないし無理やりすぎる気がする

何があったか全く覚えていなかったけどwikipediaによるとこのふれ茶内館には浜中町営軌道の写真、資料が展示されているらしい


…記憶が無い


列車の交換待ちの間にぶらついただけなんでその館を見る時間がなかったのかもしれない


うーん…









12tyanai01 (8)

そっけない改札口…というかホーム側の出口

ここも夏は駅寝ができそう






12tyanai01 (6)

駅名標


12tyanai01 (10)


銭型警部もいた

結構下半身が貧弱なことに気付く

あの細い足でいろんなところを駆け回っているんだから警察の仕事は大変だ

ご苦労さんです


インターポールだったかな…






まあいいや




12tyanai01 (5)

駅構内は2面2線となっている


よく列車交換も行われるようだ




12tyanai01 (7)

駅舎とホーム


昔は駅員が詰めていてタブレット交換を行ったりしていたんだろう

そんな光景を妄想するのも楽しいけど衰退してしまった現実を見ると少し悲しくなったりもする







12tyanai01 (11)

乗車してきたルパンラッピングトレイン

胸の谷間が書かれた列車は世界唯一…かもしれない






2012年8月訪問


明日は厚岸駅をアップ予定


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

東根室駅 根室本線

東根室駅(ひがしねむろえき)

北海道根室市昭和町4丁目

12higasinemuro (5)

日本最東端にある東根室駅








12higasinemuro (1)

少し引いたところから駅を見てみる

駅舎も何もなく板切れのホームと最東端の駅のモニュメントがぽつんと立ってるだけ









12higasinemuro (6)

駅前の風景

この駅が住宅街の中にあることがわかる

観光バスも待機していてこの後到着した列車からは大量のツアー客が下車してバスに乗り込んでいった

単行のディーゼルに詰め込まれてここまでやってきて何が楽しいのか

ご苦労なこった




12higasinemuro (2)








板切れの短いホームがあるだけの駅









12hinemuroekime.jpg


駅名標






12higasinemuro (3)


北海道ではおなじみのサッポロビールの看板がついた駅名標







12higasinemuro (4)


一応ホームにも最東端の駅と書かれた標が建てられたりしている






12higasinemuro (7)

列車がやってきた




板切れのホームだけの駅はいかにも北海道らしいけど周りは住宅街で特に珍しい景色が広がっているわけでもない


最東端の駅だけど正直見るところはあまりなくて3分くらいいると正直飽きてしまうような駅だった

まあ観光地じゃなくて駅だしこれでいいのだ




2012年8月訪問

次は茶内駅をアップ予定




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

根室駅 根室本線

根室駅(ねむろえき)
北海道根室市光和町2丁目
wikipediaによると2011年度の1日の平均乗車人数は156人/日


12nemuro01 (12)

根室市の代表駅ということもあり割と大きな駅舎が建つ


木造モルタル造りの駅舎かな…と思っていたけどwikipediaによるとプレハブ工法だと書いてある

言われてみればそんな感じに見えなくもない

ただ同じくwikipediaによると現駅舎に改築されたのは1959年とのこと

本当にプレハブ工法で建てられたのなら当時としては最新の技術だったのかもしれない






12nemuro01 (9)

別角度からもう1枚









12nemuro01 (11)

駅前には花咲ガニを売る商店やスーパーらしきものもある

列車発着時にはタクシーも待機しているようだ








12nemuro01 (10)

駅横にはバスターミナルも建っていた

中には観光案内所も併設されていた

納沙布岬方面への観光バスもここから発着する








12nemuro01 (7)

駅舎待合室


1日の乗車人数は100人台と本州・九州基準だとそこらのごく小規模な田舎駅程度の利用客しかいない

しかし一応根室本線の起点で運行上の拠点ということもありみどりの窓口やキオスクも設置されていた







12nemuro01 (8)

改札口

本数がかなり少ないので当然列車別改札が行われている

駅事務室には数人の駅員がいたけど列車発着時以外は正直暇なんじゃないのかと思う








12nemuro01 (2)


改札口にぶら下げられている案内板

列車が発着するたびに変えないといけないアナログなやり方がいまだ現役

本数も少ないんでこれが一番安上がりなんだろう

これもまた北海道らしい光景









12nemuro01 (3)


駅名標






12nemuro01 (1)

ようこそ根室へ







12nemuro01 (6)

名所案内板

納沙布岬や根室車石へは割と安価な観光バスも出ているため利用しやすい

ただ本数はかなり少ない





12nemuro01 (4)


1面1線の駅構内

機廻し線と数本の留置線があるだけの必要最低限の設備


レールは少し先に延びていてそこにも列車が留置されていた




明日は東根室駅をアップ予定

2012年8月訪問


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR