4日目その1 浄土山経由で立山(雄山)へ向かう 真夏の本州周遊9日間の旅

3日目へ

2011年8月5日(金)



この日は立山(雄山)に登山後信濃大町に出て松本に宿泊する計画





11natu4mu (1)
5時前に目が覚めた


外に出るともう夜が明けていた


東に来ると夜明けが早い


当たり前のことだけど何だか新鮮な気分だった



今日も天気はよさそうだ







朝食までだいぶ時間があるので近くを散歩することにした





11natu4mu (2)
気が付いたらターミナルを超えて雄山方面への登山口付近まで来ていた





このあたりでやめとくかと思っていたらこのあたりで観光案内をやっているらしいおじさんに
「この先の室堂山展望台ではもっと素晴らしい景色が見れる」と言われた

今日この先の予定もあるしどうしようか迷ったけど次ここにくる機会も恐らくないだろうから…

ということでおじさんについていくことにした





11natu4mu (3)
雪渓を横目に見ながらどんどん歩く







11natu4mu (4)
山荘を出て1時間ほどで室堂山展望台に到着


空気も澄み渡っており素晴らしい展望を楽しめた


でっかいリュックを背負って何日もかけてここから遠くの山々に向かう登山者も多いらしい


いろんな趣味の人がいるもんだ





11natu4mu (5)
先っぽがとんがっている山は槍ヶ岳


この山が見える日は1年でそう無いんだとか


結構運がいいらしい








11natu4mu (6)
さて戻るか


映り込んでいる人が案内してくれたおじさん


ありがとうございました








11natu4mu (7)
イワカガミとチングルマ









11natu4mu (8)
日が昇るにつれて刻々と変化する景色…と言ったらいいのか分からないけど

山かげに光が当たり始めると雰囲気も大きく変わる



それにしても腹が減った


へろへろ…





食堂についた時にはもう食べている客はいなかった

一応時間内ではあるけれど自分が一番最後見たいだ







11natu4mu (9)

朝ご飯を食べ準備をして8時20分

いよいよ出発


当初予定より1時間ほど遅れたけどまあ影響はないでしょう



ただ夕立がちょっと怖いけど









11natu4mu (10)
「時間があるんだったら浄土山経由で登ると面白い」とおじさんが言っていたんでその言葉に従う


2時間ほど前に通った道を再び歩く



昨日の午後もこのあたりまでやって来たんでもう3回目だけど何度通っても良い


飽きるなんてことはまずあり得ないと思う














11natu4mu (11)
ジャガイモの花だ

と思ったけどこんなとこにジャガイモはさすがに生えてないと思う


何の花だろう






11natu4mu (12)
浄土山登山口に到着


ここまでは今朝やって来た道と重複していたけどこの先はいよいよ初めてのルート

先を眺めるといきなり岩場を登らないといけないようで初っ端から本格的な山登りといった感じになる


一応標高は2500メートルを超えているし油断したら大変なことになるかもしれないんで慎重に進む







11natu4mu (13)

岩場を上る



下を見たらぞっとした


そこまで断崖というわけでもないけどこんなとこを登るのは初めてなんで少し怖い


まあそのうち慣れるだろうと考えておく









11natu4mu (14)
何分かしたら慣れた







11natu4mu (15)
再び後ろを振り返る


だいぶ登った







11natu4mu (16)
30分ほど岩場を上ると浄土山山頂に到着

時刻は10時15分



何だか遺跡みたいなのがあった

石垣の真ん中には軍人霊碑が建っていた


日露戦争中に死亡した富山県出身の兵士を祀っているそうな







このあたりから残念なことに霧が出てきた






11natu4mu (17)
可憐な感じの白い花

たぶんイワツメクサだと思う





高山の花全般に言えることだけど小さいけれど存在感があって目立つ






11natu4mu (18)
霧がかかり始めた稜線を進む








11natu4mu (19)
岩にへばりつくように咲いていたリンドウ


色鮮やかでとても綺麗だった


11natu4mu (20)
10時35分 富山大学立山研究所の前に到着


このあたりは少し開けていて数人の登山客が休憩していた


自分も数分ここで休憩した





続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

3日目その5 夕方の室堂 真夏の本州周遊9日間の旅

その3へ

11natu03 (85)
立山室堂を通り玉殿の岩屋へと向かう

残雪の上は滑りやすい

だいぶ溶けていて何度か踏み抜いた

というか8月なのにこんなに残っているとは思わなかった





11natu03 (86)
太陽がいい感じに傾いてきた

見るものすべて綺麗に見える








11natu03 (87)
玉殿の岩屋に到着

昔はここで行者が修行していたそうな





11natu03 (88)
道を引き返す


素晴らしい景色が続く



何気にこの道も断崖絶壁とまでも行かないものの転んだらタダじゃすまないだろう

山はどこで怪我するかわからない




11natu03 (89)
まだまだ時間があるので室堂山のほうへ行ってみる


雷が嫌いなんで夕立を警戒して午後は何も予定を入れてなかった

この天気だったらこの日に雄山に登ってもよかった気がするけどまあ結果論だし考えたところでどうにもならない





11natu03 (90)
この時間になると登山客の姿もほとんど見かけなくなる






11natu03 (91)
明日登る予定の雄山山頂もはっきりと見えた





11natu03 (92)
適当なところに座り景色を楽しむ


室堂ターミナルの人影も随分と減った

あれだけ観光客でにぎわっていた湧水の前にもだれもいない




11natu03 (93)
最高





11natu03 (94)
日が傾くと空もますます青くなる







11natu03 (95)
そろそろ戻ろう






11natu03 (96)
少し霧が出てきた



11natu03 (97)
だれもいないみくりが池から雄山を眺める

頂上にも雲がかかっている


山の天気は変わりやすい






11natu03 (98)
雷鳥荘に戻って来た


11natu03 (99)
夕陽は正直そこまで綺麗ではなかった





11natu03 (100)
意外とおいしかった夕食


ご飯はおかわり自由だったので山のように食べた


山のように茶碗についだは良いけど満腹になった

残すのももったいないんで無理して何とか食べ終わる


吐きそうになり前のめりで自室へ戻る

そのままベットで横になっていたら寝てしまった


翌日へ続く
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

2014年 夏の旅行計画を考える

季節が進むのは早いもので、もうまもなく夏の青春18きっぷシーズンが始まる

keikaku14602.jpg
糸魚川駅にて


来年春に北陸新幹線全通に伴い北陸地区の大部分の在来線が第三セクター化される

来年が北陸の交通の大きな転機となることは間違いない


三セク化されるとおそらく青春18きっぷは使用不可になるものと考えられる


夏の北陸を青春18きっぷで満喫できるのは今年が最後となるんだろう


車齢が50年近く老朽化が進む急行型電車もほぼ確実に来年3月に運用を離脱すると思われる


そうすると、夏の旅行に北陸は外せない


じゃあ福井鉄道の200形に東尋坊、黒部峡谷鉄道にも乗ろうかとどんどん計画は巨大化する


ついでに白馬の山にも登ろうかなとか富士山にも行こうかなとか、紀伊半島も追加するかとかもう収拾がつかなくなってきた






ネットを見ていたら隠岐もなかなか良さそうだ


日本離れした国賀海岸の景色なんかはぜひ見てみたい

せっかく山陰に行くんだったら一畑電車に乗って出雲大社には行きたいしせっかく18きっぷを使っているんだから山陰本線のローカル列車に揺られるのもなかなか楽しそう


出雲に行くんだったら昨年遷宮した伊勢神宮にも行ったらなんかご利益があるかもしれない


じゃあついでに紀伊半島も行ったほうが納まりが良い


瀞峡に那智の滝など絶景が待っている


北海道も組み込みたいけどさすがに無理なんで諦める


↓2012年8月 利尻島にて
keikaku14601.jpg





まあ10日もあれば回れるだろうと思って時刻表をめくる


数時間かかってやっと計画の骨組を立ててみる

今のまんまだと旅行日数20日を超える超ロング旅行になってしまう


一番重要なのは金の問題だけど主食はカップ麺で駅寝&ネットカフェで一夜を過ごすなどして気合で予算を圧縮すると何とかなりそうな気もする




さあ、どうしましょうか…






関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

3日目その4 標高2500メートルの室堂を歩く 真夏の本州周遊9日間の旅

その3へ


11natu03 (64)
標高2500メートルの室堂を散策


室堂ターミナルから少し歩くとまだ雪が残るみくりが池が見えてきた


2006年に来た時は霧と雨で室堂を散策できなかった

念願だった室堂散策がいよいよ今日できる


天気も回復傾向だしめっちゃうれしい








11natu03 (65)
先ほどまでの登山道と違いさすが室堂、人が多い


九州某県の中心市街地よりも確実に活気がある








11natu03 (66)
大勢の人がカメラを構えて同じ方向を見ている


どうも雷鳥がいるらしい






11natu03 (67)
自分も同じようにカメラを持って雷鳥を探すも…



分からん



まあそのうち会えるでしょ










11natu03 (68)
記念写真を撮る人間で混雑していたみくりが池








11natu03 (69)
さらに進むとみくりが池よりも少し小さい池が見えてきた


この池はりんどう池というらしい


今晩は写真左の雷鳥荘に宿泊する










11natu03 (70)
さらに進む


このあたりから階段も増える




かなり起伏のある道が続く







11natu03 (71)
池塘かと思ったけどよく見ると赤い色の水がたまっている


血の池というそのまんまな名前がついている

血じゃなくて酸化鉄の影響でこんな色になってるんだとか










11natu03 (72)
雷鳥平とキャンプ場を見下ろす




結構テントが張られているけど大混雑といった感じでもない







11natu03 (73)
雷鳥平へ下る










11natu03 (74)
トイレはチップ制だそうな









11natu03 (75)
称名川を渡る


この先も登山道が続く







11natu03 (76)
8月でもまだ雪解け水なんだろうか

物凄く冷たかった







11natu03 (77)

少し川沿いの道を進む






11natu03 (78)
適当なところに座り景色を眺めることに




水分補給し一服



最高のひと時








11natu03 (79)
雪渓を渡っている人がいる


これを進むとどこに出るんだろうか









11natu03 (80)
この後地獄谷へやって来た



目に染みるくらいガスがキツイ


警報音がピーピーなっているが人が通行しているんで立ち入り禁止ではないらしい



自己責任で進めということなのかも







11natu03 (81)
物凄いにおいがする



別府の地獄なんて屁じゃないかと思うくらいの景色






11natu03 (82)
温泉が湧いていた


風で熱風が運ばれてくるくらい熱い

人が入れるレベルじゃないんだろう


11natu03 (83)
地獄谷経由でみくりが池の縁に戻って来た


11natu03 (84)
この後ターミナル横を通りこの地域一帯の名前のもとにもなった小屋を見物


見物と言っても外から小さな小屋を眺めるだけだけど




続く




関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

2014年 初夏の信州・関東よくばり旅行 メニュー

14kamikouti01 (5)

初夏の信州・関東よくばり旅行
1日目 2014年5月30日(月) 鹿児島→東京→高速バス乗車
スカイマークで東京へ…



2日目 2014年5月31日(土) →松本→上高地→白馬

その1 松本電鉄なぎさTARINで上高地へ向かう

その2 雪が残る穂高連峰と大正池

その3 残雪の穂高と梓川を見ながら歩く

その4 明神池に到着

その5 ニリンソウが咲き誇る徳沢へ

その6 上高地を後にして白馬へと向かう





3日目 2014年6月1日(日) 白馬観光&トレッキング→穂高 大王わさび農場観光→松本→新宿

その1 信濃森上駅から青鬼集落まで歩く

その2 白馬大橋と八方尾根

その3 八方尾根を歩き八方池へ…      

その4 八方尾根から雪の残る白馬三山を眺める

その5 大出の吊り橋→特急あずさで穂高へ     

その6 レンタサイクルで安曇野観光 大王わさび農場!

その7 穂高神社を参拝後東京へ…



4日目 2014年6月2日(月) 東京近郊区間大回り乗車→東急池上線→京急で羽田へ→帰宅

その1 東京近郊区間大回り 関東平野を北上…   

その2 国鉄型天国 高崎駅で115系湘南色などを撮る

その3 両毛線に水戸線…地味な路線を大回り乗車で乗り潰す  

その4 東京近郊区間大回りの後東急池上線に乗る

その5 東急池上線完乗後京急蒲田駅へ…

その6 京急で羽田へ… 旅の終わりEND
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR