2日目その3 雪ミク電車&カシオペア&北斗星 春の列島周遊大旅行

その2へ
15225 (32)
すすきのの写真を撮っていると雪ミク電車もやって来た

15225 (31)
こんな感じでキャラクターが車体にラッピングされている
今年で5年目だそうな


15225 (33)
さようなら~

15225 (35)
真昼間から風俗でかっ飛ばすような不健全なことはせずに地下鉄に乗り札幌駅に舞い戻る
全国唯一のゴムタイヤを履く地下鉄だけあって乗り心地も何となくごつごつした感じがした


何気にかなりの俊足でもあったりする
起動加速度は阪神ジェットカーにつぐ国内(たぶん)2位

15225 (36)
みどりの窓口で札幌→知床斜里の片道乗車券を買い入場
カシオペアを待つものの…
見ての通りこのマナーの悪さよ
黄色い線は越えるためにあるとでも思ってんのかこいつらは

15225 (37)
ぶれた

15225 (38)
最後尾
カシオペアの内装はなんか軽い感じがしてあんまり好きではない
何万円も出して乗るのにそこらのビジホと大差ないような感じがする
乗ったこともないし乗る予定も金もない人間が言うのもあれだけど…


15225 (39)
先頭のDD51とヘッドマーク
16時12分 上野に向け発車していった


札幌駅の出発指示合図の様子も記録

15225 (40)
更にその約1時間後、今度は北斗星が入線してくる
やっぱりこんなバカがいる
この看板の前でこんなことをできるなんてある意味凄いぞ


15225 (41)
せっかくのヘッドマークも着雪でよく見えん

15225 (42)
17時12分 上野に向けて出発していった
北斗星に乗り北海道入りしようかなあとも思ったけど、きっぷが買えるか分からないことと、もし運よく寝台券がゲットできたとしても車内はカメラを持った同業者で込み合ってとても落ち着ける状況ではないだろうなあと思いパスした次第
云万円払って何百人もの同類と一夜を葬式会場で過ごすようなもんだろうし。。。
ここでデジカメの電池が切れたんで以下2枚の写真はスマホ撮影です

この後江別行きの電車に乗り込み高砂駅で下車
歩いてトリトンという回転寿司屋に向かう
貧乏旅行ではあるけれど、ネタが本土の回転寿司とは比べ物にならないくらいうまいらしいんで奮発するのだ
店内は平日なのに結構混んでいた
カウンターに座ったけど、他の客には今日のおすすめの汁物はなんだネタはなんだと説明しているのに、自分には何の説明も無かった
まあ乞食みたいな見た目だしこんな扱いを受けるのも必然なのか
結局3000円を超えるくらい食い店を出た
味はまあまあと言ったところか
ほっぺたが落ちそうになるくらいうまいというわけではなかった
100円寿司なら2000円弱で済んだのになあと後悔しながら駅へと向かう
こんな貧乏性の人間が来るところではなかった

そのあと岩見沢まで電車で移動

DSC_0141.jpg
711系のご尊顔を拝んだ後

DSC_0145 (1)
ビジホ代をケチったため駅から少々…というかかなり離れたネットカフェへと向かった

この日の気温は-3度とかそれくらいだったんで特に問題は無かったものの例年だと-10度以下になることもしばしばのようだ
そんな気温だったら途中で凍え死んでいたかもしれない

翌日に続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2日目その2 札幌駅でトワイライトエクスプレスを記録→札幌市電乗車 春の列島周遊大旅行

その1へ

15225 (15)
12時過ぎに札幌駅に到着
さっそく停車中のキハ183系サロベツ号を見物

15225 (16)
ヘッドマークをアップで
中々秀逸なデザインだと思います
結露がついてよく見えんけど、サロベツ原野のエゾカンゾウと残雪の利尻富士利尻富士が描かれております
このころの時期に行ってみたいもんだけど…
金と時間がなあ

15225 (17)
ホーム柱に着けられている出発指示合図器
この形が現役なのは札幌駅だけという結構レアな代物
というか行灯型の出発指示合図器自体ここと岩見沢(使用停止)でしかみたことないし…
そもそも国鉄時代からのものなのかとか、いろいろ気になる点はあるものの、こんなもんに注目する人間はあまり多くないのか、ネットを漁っても碌な情報は出てこず…

15225 (18)
そのあと15年春に引退する、というかもう引退したトワイライトエクスプレスを撮るために移動
大混雑しているかと思ったらホーム先っぽはごらんのような状態
北海道に鉄道好きはあまりおらんのね


15225 (19)
721系の普通列車
こんな感じで入線シーンを撮る予定やったんですが


思ってたのとは逆の方向から入線してきました…
同業者がみんな逆の方見てるからおかしいと思ったときには時すでに遅し
猛烈な眠気もこのショックで若干おさまった

15225 (20)
ホームギリギリに停まるんでDD51を入れた編成写真を撮ることは叶わない

15225 (21)
寝台客車と同じブルーに塗られたDD51は何度見てもかっこいい
DD51年も製造終了から40年近くたっているしこの先安泰ではなさそう
北海道向けブルトレもカシオペア以外全滅してしまうし…と思ったけどはまなすを忘れていた
ただどっちみち北海道新幹線開業までの寿命なんだろう

15225 (22)
テールマーク

15225 (23)
14時05分
トワイライトエクスプレスは大阪に向け出発していった

15225 (24)
改札を出て路面電車に乗りに行くことにした
とりあえず駅ビルをとる
駅前広場に雪はほとんどなく、この写真だけ見るととても2月には見えない

15225 (25)
歩道にも雪は全くと言っていいほどない
除雪されたのではなく完全に溶けてなくなっている

15225 (26)
北海道庁の旧本庁舎
しょぼいことで有名な時計台とともに札幌の街のシンボル的存在となっている

15225 (27)
札幌駅から10分ほど歩くと大通公園に着いた
雪まつりの雪像の土台が残っていた
クレーン車が入っているので祭り関連の後片付けをまだやっているようだ
奥にはテレビ塔もたつけど、2012年夏に登ったんで今回はパス
高さはJRタワーに負けちゃっているし…

15225 (28)
更に道をまっすぐ進むと、いきなり電停が現れた
ここが西4丁目の電停のようだ
それにしてもビルの合間に位置しているせいでびっくりする位目立たないというか影が薄い

15225 (29)
降車ホームと乗車ホームは分離してあった
乗車ホームには長蛇の列ができている
日中なのに案外お客は多い

15225 (30)
座席はすべて埋まり立客が出た状態で4丁目の電停を出発
真っ白な路面の上を進む光景を想像して家でにやにやしていたけど、結局はごらんのような状況
ちょっと残念

15225 (34)
50分弱で終点すすきの電停に到着
有名なすすきのの光景が目の前に広がる
こんな超一等地に電停があるなんて知らなかった
市電の路線はループ状になっているんで起点の4丁目電停とここ、すすきの電停は400メートルほどしか離れていない
4丁目とすすきのを繋ぎ環状線化する工事が本来ならば2014年度中に完成する予定だったそうだけど入札がどうのこうのとかで工事は遅れているらしい

続く
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

2日目その1 日根野駅で列車見物→ピーチで北海道へ など 2015年春 列島周遊大旅行

1日目へ

2015年2月25日(水)
2日目
本日の予定 関空→日根野→関空→新千歳→札幌→岩見沢
                          
旅も2日目
前述のとおり寝不足でごぜーます

15225 (1)
飛行機の時間まで余裕があるんで、朝6時前の始発に乗り日根野駅にやって来ましたー
さっそく205系が停車中だったんで撮影

15225 (2)
103系もまだまだ元気
しかし大阪環状線には近いうちに新型が投入されるらしいしそろそろ本腰を入れて記録しないといけない時になってきたのかも
少なくとも今はまだ主力として活躍しているし、阪和線=103系のイメージすら持っているので消えてしまうなんて想像できないけど…

15225 (3)
早朝深夜にはシャトル幕を提出した車両が関空~日根野を往復している

15225 (4)
特別な電車ではなくただシャトル便って意味の普通列車ではあるけれど一応撮影

15225 (5)


9両繋いだはるかも到着
ホームから車内をちらっと覗いたら関空から乗った客はほとんどいないようだったけど、ここ日根野駅から大勢の通勤客が乗り込んだ
空港アクセス特急というより実態としては通勤特急みたいなもんだ
そういえば阪和線もちょっと前までは381系のはんわライナーだとか113系の新快速色だとかいろいろな車両が走っていた
そのころに訪れたかった…


日根野駅の客扱終了表示の様子
なんか難しい専門用語のようだけど、ようは駅員が旗掲げて車掌にドア閉めていいよーって知らせる一連の動作のことです

15225 (6)
飛行機の時間も迫って来たし通勤客も増えてホームをぶらつくのもなかなか難儀するようになってきたんで7時過ぎの列車で関空に戻った
それにしても関空~日根野間の往復で1000円弱もかかった
加算運賃恐るべし…


15225 (7)
ピーチ!

15225 (8)
昨日から相変わらず空の霞がひどすぎる
飛行機はすでに雲の上に出ているようで太陽も見えるけど空が全く青くない
まあ北日本は大陸からの汚れた空気の影響も少ないだろうし大丈夫だろう…


15225 (9)
何度も書くけど寝不足なんでうとうとしていた
ふと目が覚めて外を見ると上写真のように真っ青な空が広がっていた
ここはいったいどこなんだろう…

15225 (10)
下を覗くと雪をかぶった山々が連なっていた
これは岩木山だろうか
富士山もどきのような独立峰も見えた
もしかすると岩手山かもしれない
東北のでっかい独立峰はこの二つしか知らないので、多分そのどっちかなんだろう

15225 (11)
空中をぼーっと眺めているとベルトサインが点灯
間もなく新千歳に着くらしい
勇払原野の製紙工場が見えたかと思ったらあっという間に高度が低くなり新千歳空港に着いた



15225 (12)
外の気温は-2度
ただ風が無いんで思ったより寒くはない
吉野屋で豚丼を食い腹ごしらえする

15225 (13)
その後新千歳駅ホームに入場
地下駅だけど暖房が入っているわけではないのでひんやりしていた
JR北海道の車両を見ると北海道までやって来た実感がすこしずつ湧いてきた
785系を撮影していたら発車してしまったんで後続のエアポートに乗ることに…

15225 (14)
721系の快速エアポートは千歳線をぶっ飛ばし一路札幌へ…
エアポートは慢性的に混雑しているようで新千歳を発車時にはすでに満席状態
これから主要駅に停車し客を拾うわけだから当然札幌に着くころには当然かなりの混雑となってしまう
エアポートは、というか札幌都市圏の通勤電車は最長6両までしか繋がないけどいいかげん増結した方が良い気もする
駅の有効長の問題とかいろいろあんのかは知らんけど、190万人都市の通勤電車が6両ってのはあまりにも短い
150万都市の福岡では日中でも9両繋いだ快速がばんばん走っているし…
自分で書いといてなんだけど福岡と札幌では全く都市圏人口が違うから乱暴すぎる比較な気もするけど
名古屋圏の新快速は最長8両だったりするし

それにしても雪が少ないなあ

続く
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

1日目その2 特急ゆふ&103系1500番台 など 2015年春 列島周遊大旅行

その1へ

15224 (15)
1時間以上大分駅ホームで暇を潰した
13時24分ごろようやくお目当ての特急ゆふが入線
まさかまさかの4両も繋いでいた
にちりんより長いやん

15224 (16)
ガラガラの車内の適当な座席に座り景色を眺める
高架を降りると直ぐに住宅と田園が入り混じる風景が広がった

15224 (17)
さらに進むとすっかり田舎といった感じ
思いのほか飛ばしているようで床下からはテンポの速いジョイント音が途切れなく響いてくる
速度にして80~90キロといったところだろう

15224 (18)
途中駅で真っ赤なローカル気動車とすれ違う
運転台には古紙生まれと書かれたトイレットペーパーが積まれていた
運転士が運転台で糞を垂れたときに使うものではないだろうから、まあ沿線の業務委託駅だかに運んでいる最中なんだろう

15224 (19)
南由布付近までやって来ると真正面にどーんと由布岳が現れる
由布院あたりの線路は半円を描くようにぐにゃりと曲がっているんで車窓から見える由布岳の位置も列車の真正面から真横へと移った
気付いたら霞んでいた空も幾分まともになったようで真っ青ではないものの青空が広がるくらいにまで持ち直した
由布院駅からは大勢の観光客が乗り込んできて立客すら出るようになった
ホームを埋め尽くすほどだったからおそらく200人弱くらいは乗って来たんじゃなかろうか
内訳は中国人が3割、韓国人が6割、日本人は1割と言ったとこ
ゆふが増結されていたことからあるていどこんな状況になることは予測していたんだけど、ここまでお客が多いとは思わなかった
春節なんで中国人が多いのは当然としてなんで韓国人がここまで多いのかと疑問に思ったけど、中国と同じく韓国も旧正月は長期連休となるらしい
折からの円安で韓国では日本へと渡る旅行者が急増中だし、由布院なんかはもともと韓国人の間で人気の高い観光スポットらしいからこんな混雑になったということらしい
天ヶ瀬、日田でもビジネスマンなど数人ずつを乗せたため車内は益々混雑
とうとうデッキに立つ客も出始めた
ガラガラが売りといっちゃ失礼だけど、ゆふ号にはいつも空いているというイメージを持っていた
しかしこれから先は外人観光客もますます増えるだろうから状況も大きく変わるのだろう
そういえばGWに乗った九州横断特急も外国人観光客で大盛況だった
外人さんたちが案外地方ローカル線の救世主になったりして…

15224 (20)
そんで無事終点博多に到着
前面展望を撮ってたりもしたけどまだPCにも取り込んでいないような状態
youtubeにアップしたらこのページのこのあたりにでも貼り付けるつもりです

博多駅の自動改札機にタッチして出場しようとしたら設定されている時間を超過していたようで扉が開かなかった
有人通路の女性係員に説明して処理してもらおうと思ったけど福岡近郊区間を外れているのでどうのこうのとか言ってくる
SUGOCAでは特例で大回りができるということを説明すると女性係員は正社員の男性駅員を呼んできて自分が行ったことを確認している
そしてそのあと大回りが合法だということを理解してもらえたようで無事処理をしてもらい出場できた
格好からして対応したのは契約社員さんなんだろうけどこれ位知っておいてもらいたいなあ…
まあ係員からすると手間かけた癖に初乗り運賃しか取れない客なんてかなりウザいんだろう
ごめんなさいね一応特急料金は払ってますけどね

15224 (21)
その後福岡空港に…
2015年3月改正で地下鉄線から運用撤退する103系に乗車することができた
正月明けに乗り鉄した時には狙ったけど撮れなかったので、最後の最後に撮影できて本当に良かった
福岡空港に到着後103系はいったん引き上げ線に入りその後折り返しの唐津行きに…


15224 (22)
発車まで数分時間があったんでしばし撮影
福岡市営地下鉄線は基本的にATOで運転されているらしいけど103系はATOに非対応なので運転士が主導で運転しているそうな
停止位置支援装置も付いてないみたいだから国鉄型のボロ電車をホームドアにぴったり合わせるのは職人技と言ってもいいと思う
こんな光景も間もなく見れなくなる…というか今はもう見れません
そういえば103系撤退と合わせて地下鉄線内のツーマン運転も終了し全車ワンマン運転となったらしい

15224 (23)




15224 (24)
階段を上がり地上へと出た
空港ビル前には繁華街のようにネオン看板が林立している

15224 (25)
貧乏人の味方peachに乗り関空へと向かう
若干遅れて登場したけど今晩は関空宿泊だし、飛んでくれさえすれば何分遅れようと無問題でございます


15224 (26)
23時前に関空に到着
大勢の日本人や中国・韓国人を乗せ飛行機はほぼ満席の状態で到着した
海外便も同時刻に到着したようで第1ターミナルへと向かう連絡バス乗り場には長蛇の列ができていた
ほぼ夜中と言っていいような時間にざっと数百人がバスを待っている光景はなかなか異様な気もするけど、今の国際空港では当たり前の光景なんだろうか
こんだけ客が溜まっているんで相当乗車まで待たないといけんのだろうと思っていたけどバスは続行で次から次にやてくるので10分ほどの待ち時間で乗車することができた
座れはしなかったけど無料バスなんで文句を言うつもりは無い

そのあと関空ターミナルに併設のネットカフェへと向かう
予想に反しネットカフェは大盛況
オープン席になんとか座ることができた
個室ブースで仮眠をとろうと思っていたけど、オープン席だととても仮眠どころではない
隣の韓国人男2人組が韓国語で一晩中しゃべくるんでかなりカチンときた
こんな状況だったけど一応1,2時間は仮眠をとることができた
凄く質の悪い睡眠だけど、まあ寝てないよりましでしょう

~本日の行動~
???→小倉1043 にちりん90号 大分1220/1325 ゆふ4号 博多1633 福岡空港21252140 ピーチ 大阪222523時前

翌日へ続く
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

1日目その1 SUGOCA大回りで485系にちりん81号に乗る 2015年春 列島周遊大旅行 

2015年2月24日(火)
1日目
本日の予定 実家→箱崎→小倉→大分→博多→福岡空港 peach 関空
                         ※箱崎→博多はSUGOCA大回り    

2015年2月~3月にかけて旅行に行ってきました
前年夏の旅行記もまだ途中ですがこっちの方を優先して更新します…

では旅行記スタート



早朝に実家を出発、その後箱崎でいったん下車し再びSUGOCAで入場
そして小倉へとやって来た


適当に撮影…
15224 (3)
811系の門司港レトロラッピング車両がやって来たので早速シャッターを切る
そういえばレトロ地区の主役である門司港駅は現在長期補修工事に入っている
レトロ地区の観光客への影響もかなりあるだろう

15224 (2)
関門間の主役である415系
JR東日本とは違いまだまだ元気な415系
しかし817系の増備などでじわじわと数を減らしてきている
まあ817系をいくら投入しようと交直流車両を作るつもりは無いようなんで415系も当分安泰だと思う

15224 (1)
作業員が出発指示合図器の近くに梯子を立てて何かやっている
カメラを向け観察を始めようと思ったときには作業員が撤収してしまったため、新規に取り付けたのか、保守点検をしていたのかはよく分からなかった

15224 (4)
10時ごろに本日の主役である485系にちりん80号が到着
この車両が折り返しのにちりん81号大分行きとなる
それにしてもDo32編成は5両繋いでいるのが通常の姿なんだけど今日は短い3両編成
正直びっくりした

15224 (5)
ご老体の485系Do32編成はその後いったん留置線に引き上げて一休み

15224 (6)
車内整備を受けた後、10時半ごろに3番のりばへとやって来た
ホームの放送で、本日は3両で運転するので現車された号車の指定席を持った号車は何号車の座席に座ってくれと言っていた
どうも急きょモハユニットが抜かれたらしい
とうとう壊れてしまったのか検査期限の引き延ばしなのかは部外者の自分には良く分からないけど
告知なしの減車ということはやっぱり不具合か何かなんだろう
まさか担当者がうっかり検査期限を把握し損ねていたってことは無いだろうし

15224 (7)


15224 (8)
大分塗装が薄くなってきた
運用に入らない時は休車扱いになったりしながら必死の延命治療をされているだけのことはある
これだけ検査を引き延ばしているということは最後の最後に引退興行でひと儲けするつもりなんだろう
そのあとは多分鉄くずに
もうピカピカの国鉄色を纏った姿見ることは出来なさそうだ

15224 (9)
5両から3両に減車されてはいるものの平日午前中だけあって車内は閑散としていた
減車の影響を食らい自由席はたった1両だけど15人ほどしか乗っていない
たしか大学試験がどうとかでこの日の臨時便が設定されているらしい
上りはそこそこ混んだのかもしれないけど下りは大分のねぐらに帰るために設定されているようなもんだろうからこの状況も当然っちゃ当然だろう
だからわざわざ乗っているんだけど

そこそこの速度で日豊本線を下っていたけど城野駅を通過中にクシューっという空気が抜ける音が床下から聞こえた
非常ブレーキかなあとか思っていたら強い制動がかかり列車は停まってしまった
車掌の放送によると信号機の現示が急に変わったので非常停車したらしい
信号機が無事治ったのかはしらないけど少し後に列車は無事発車
足止めを食らわずに済んだ

非常停車する時の動画も撮ったんだけど編集もアップも全く追いついていないんで載せることができません…
そのうちアップします

15224 (10)
この日の空気は大陸から飛んでくるPMなんとかの影響かは知らないものの、かなり霞んでいた
向かいの列の座席越しに見る大分湾も霞んでいてまったくきれいではない

2014年GWに乗ったときは車窓から美しい新緑が望めたんだけど…
この時期なんで新緑が見れるなんてことはありえないけどせめて青空、最低でも霞んでいないまともな車窓が見たかった


15224 (11)
12時25分ごろ 定刻より若干遅れて大分駅に到着

15224 (12)
平日なので撮影者の姿もまばら
新潟の485系はフィーバーと言ってもいいくらいに賑わっているんだろうけどこっちはこんな状況でございます


15224 (13)
7,8分ほどホームに停車した後12時半過ぎに10人ほどの鉄道ファンに見送られながら車両基地へと引き上げていった
自分がDo32編成を見るのはこれが最後かもしれない
ただ2013年に乗車したときも2014年に乗った時もそう思っていたから運が良ければもしかすると次もあるかもしれない
定期運用を失ってもう4年になる
正直ここまで長持ちするとは思ってもいなかった

15224 (14)
久大線の特急まで1時間ほど時間がある
改札外に出てオープン前の駅ビルの姿を記録しておきたかったけど大回り乗車中なんでそれもかなわず…
適当に特急を撮ったりしながら暇をつぶす

続く
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR