3月下旬 青春18きっぷで帰宅の旅㊦廃止となった肥薩線特急&キハ31から見る大畑駅構内

P1650890.jpg
人吉駅に戻って来た
この後吉松経由で鹿児島へと変える
左は春のダイヤ改正で廃止となった16時48分発の九州横断特急8号 別府行き
右は吉松行きのいさぶろうしんぺい号ではなく普通の八代行き
いさしん編成は熊本の車両基地をねぐらとしているので八代まで普通として下りその後回送列車として熊本へ帰る運用が組まれている
ダイヤ改正後は八代までではなく熊本まで客扱いされるようになったらしい

P1650898.jpg
きじ馬とキハ185

P1650906.jpg
発車

動画で
肥薩線を走る特急を見るのはこれが最後となった

P1650923.jpg
キハ31に乗り吉松へ向かう
八代から乗ったキハ31が引き続き吉松行きに入るらしい

P1650925.jpg
キハ31の半自動ドア
製造時からついていたらしいけど恥ずかしながら設置されているということに今更気づいた
九州管内では筑肥線305系がデビューするまで半自動ドア扱いが存在しなかった
夏は暑く冬もそこそこ寒いんでできれば他の列車にも半自動ドア機能が広がってほしいところ
3扉の電車なんかは通過待ちの際に一つか二つか扉を閉めたりはするけどやっぱり車内温は変化するし…
ちなみにキハ31の半自動ドア機能は現在使われていません
製造されてから使われたことあるんだろうか…

P1650939.jpg
後部運転台近くに張り付き後ろ展望を楽しむ
線路わきには菜の花が咲き乱れていた
こういうのって誰かが種をまいたのがきっかけで広がったんだろうか
それとも完全な野生種なんだろうか

P1650941.jpg
菜の花カーブを過ぎたらすぐに球磨川の鉄橋を渡った
人吉発車後ずっと並走してきた球磨川とはここでお別れ
肥薩線はこの後吉松まで山岳路線となる

P1650948.jpg
17時25分頃
一番左の線路を通り大畑駅に到着

P1650952.jpg
駅構内には桜が植えられている
本数も多く大きさもでかい
桜並木と言ってもいいくらいの規模だと思う

P1650955.jpg
大畑駅はループ線の中に位置し、しかもZ形のスイッチバックまで併設しているかなり複雑な構造となっている
一番左側からやって来た列車はホーム停車後進行方向を変えて右側の線路を少し進む
その後もう一度進行方向を変えて一番右の線路を通り吉松へと向かう

P1650958.jpg
行き止まりの引き上げ線の様子
かつては長編成の列車が行きかっていたこともあり終端が見えないほど有効長は長く取られている

P1650959.jpg
運転士がブレーキハンドルを持ち反対側の運転台に移動

P1650962.jpg
その後三枚上の画像の一番右の線路を通り大畑駅構内を脱出
列車はループ線を登る
写真中央の信号機は大畑駅の場内信号機

P1650964.jpg
ループ線をぐるっと周った当たりで進行方向左手には大畑駅の構内が見えるようになる

P1650966.jpg
アップで
普通にまっすぐ進むだけではとても登れる高さではないということが分かるはず

上中下で終わらすつもりだったけど終わりませんでした
次回はその4ということで…
続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

3月下旬 青春18きっぷで帰宅の旅㊥肥薩線キハ31&人吉青井阿蘇神社


P1650773.jpg
一気に飛んで熊本県の八代駅

P1650777.jpg
駅構内には貨物駅も併設
ED76形電気機関車が貨車とともに停車中
そろそろ40年選手だとは思うけどまだまだ元気

P1650740.jpg
昔ながらの駅舎が残るも市の代表駅としての立場を新八代駅に取られてから10年以上経つためか
駅周辺は閑散としていた
後ろのでっかい煙突は製紙工場のやつだったと思う
貨物列車もここの製品を運んでいたはず

P1650744.jpg
人吉発別府行きの九州横断特急
2016年ダイヤ改正で肥薩線の特急列車は全廃
九州横断特急は減便増結で熊本~別府間に運転区間も短縮
キハ58時代の急行列車から名前を受け継いだ特急くまがわは愛称自体消滅してしまった

P1650752.jpg
肥薩線の特急に特に何の思い入れもないんだけど一応記録しておいた
この後右のキハ31に乗り肥薩線の旅へ…

P1650729.jpg
車内には0系の廃車発生品だったと思う転換クロスシートが並ぶ
国鉄型らしくバネが効きまくった座り心地が特徴的
個人的には結構好きだけどこれこそ人によっては好き好きがありそう

P1650727.jpg
発車するまでに時間があるんで鳥栖駅で買っておいた焼売(しゃおまい)弁当を食べることに

P1650728.jpg
すっごく旨そうな見た目だけど正直なところそこまで旨くなく期待ハズレだった
これだったら鮎屋三代でも買ったほうが良かった

窓側の座席が埋まり切らないような乗り具合で列車は八代を発車
球磨川にかかる旧鹿児島線の鉄橋の下をアンダークロス
その後しばらくは右側に川面を見ながら球磨川左岸を進む

P1650792.jpg
しばらく進むと鉄橋を渡ったため進行方向左側に球磨川が移動した
線路沿いには菜の花が植わっていて川面の緑と菜の花の黄色が結構いい感じ
4月頭頃にはこれに桜色も加わるだろうから相当美しい景色となるはず

P1650796.jpg
ただ煤煙で汚れまくったディーゼルの窓越しに見るから感動は半減どころじゃないかもしれない
上2枚の写真は川沿いの駅に停車中に窓を開けて撮った
今の季節だと走行中に窓を開けるのは寒いんでやらないほうがいい

P1650801.jpg
肥薩線には木造駅舎も数多く現存
途中下車したいところだけど今日中に家までたどり着くことが困難になるんで車内から眺めるのみ

P1650808.jpg
白石駅でSLならぬDL人吉号と行違う
小倉工場でアスベストが検出された影響でSLの検査が遅れているらしい

P1650816.jpg
後ろ展望
こんな感じのとても長閑な路線

P1650819.jpg
咲いてないけど桜の木のトンネルを通ると

P1650821.jpg
終点人吉到着

P1650880.jpg
駅舎
閑散とした駅前通りを歩き球磨川を目指す

P1650842.jpg
数分で球磨川の畔に到着

P1650847.jpg
向こう側には菜の花の群落もある
よく考えたらセイタカアワダチソウと大差ない
菜の花は綺麗だと思うのにセイタカアワダチソウだと迷惑な外来種だなあと眉をひそめるだけで終わる
さて自分は何が言いたかったんだ

P1650848.jpg
4年前に来た時は太陽の光がもろに照っていたこともあり水面が不思議な緑色になっていてそこそこ綺麗だったが
今日は青空2割雲が8割といったような天気なんで川もご覧のように対して綺麗ではない

P1650849.jpg


P1650857.jpg
駅の方に移動して青井阿蘇神社にやって来た
楼門や拝殿などは1600年代の初めに建造されたとかで年季の入りっぷりは写真で見ても分かるほど半端ない
当然国宝に指定されている

P1650859.jpg
規模自体はそんなに大きい神社ではないけどなんか圧倒される

P1650865.jpg
茅葺屋根だからか独特の雰囲気が漂っているような気がした

P1650877.jpg
境内には鶏が数羽うろついていた
小さな子供から追っかけまわしてたりして鶏も楽ではなさそうだった
見たところ全部雄鶏だけだ
雌鶏はもしかしていないのか

続く
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

3月下旬 青春18きっぷで帰宅の旅㊤ 竹下&博多駅で撮り鉄 など…

まず初めに更新間隔が大幅にあいたことをお詫びします

北海道などを旅行した記録はそのうちアップするとして
実家から自宅まで18きっぷを使い帰宅した記録をとりあえずアップします
期間はタイトルの通り2016年3月の下旬です

P1650611.jpg
8両繋いだ415系に乗り鳥栖駅に到着

P1650618.jpg
向かい側のホームに移動し編成写真を撮る
東日本所属の415系は昨日ですべて引退したらしいけど、九州ではまだまだ元気に活躍中
今日のダイヤ改正からついに宮崎県の都城まで運用が拡大した
ということで、2016年3月現在では九州全域で415系の姿を見ることができるようになった

P1650623.jpg
竹下に移動

P1650625.jpg
構内にはゆふいんの森用のキハ71系が留置中
中間車が検査中のようで3両編成となっていた
さすがに短いし違和感もあるけどこのまま運用に入っているとのこと

P1650627.jpg
博多にやって来た


P1650637.jpg
快速門司港と表示された415系が停まっていた
ラッシュ時は3編成繋いだ12両の快速3223Mを筆頭に415系を山ほど目撃できるけど
快速運用はあまり多くないので一応記録しておく

P1650656.jpg

P1650668.jpg

P1650671.jpg
博多駅には貨物列車含め全列車が停車する
数分停車したのち出発信号機下の出発合図器を介して駅員から出発合図が出された
警笛を鳴らし発車…と思っていたけど警笛は鳴らさずゆっくりと発車していった

P1650675.jpg
ホームに設置の操作盤
立ち番の駅員がこの操作盤で軒下にぶら下がっているト○表示の合図器や出発信号機直下の出発合図器を作動させている

P1650690.jpg
3両のゆふ森

P1650698.jpg
783系
みどりとハウステンボス

P1650680.jpg
駅前広場
博多駅ビルの横の郵便局が建っていた場所にはでっかいガラス張りのビルができていた
丸の内にもある「kitte」とかいう郵便局関連が運営する商業施設が入るらしい

P1650712.jpg
その後鹿児島本線を下り鳥栖駅へ…
かしわうどんと駅弁を買いさらに鹿児島線を南下

P1650723.jpg
筑後船小屋到着時には右手にホークス2軍の施設が見えた
1週間くらいまでプロ野球界は金銭授受の問題で大揺れだった
円陣まではマスコミアホみたいに騒ぎ過ぎやろと思っていたけどヤクルトとかのガチな賭博にはさすがにドン引き
開幕を直前に控えてるんでマスコミも逆に騒ぎにくいのかもしれないけど読売の闇スロット出入り含めもうちょい大々的に
扱っても良いと思う
話題が逸れて申し訳ないけど自浄作用が全くなく身内に甘いプロ野球界には失望したし野球ファンとして正直がっかりした
まあ宮本を調査委員会に使った時点で分かり切ってたことではあるけど
つい数年前までプロ野球の中心にいた宮本が調査委メンバーってなんの冗談か
お前もむしろそれをしよった側じゃないのかとすら思ってしまう
ヤクルトの賭博なんかは一般企業でやったら告発→書類送検されてもおかしく無いような事をやってるわけで
永久追放とか言うつもりはないけどせめて賭博に手を染めた選手の名前を公表して罰金なり数試合の出場停止位やるのが筋やろ




P1650725.jpg
快速列車は大牟田に到着
乗ってた列車は荒尾行きだけど八代行き普通は大牟田の一つ上の銀水始発なので
この駅で乗り換える
西鉄ホームには福岡天神行きの8000系特急が停車していた
8000系も新型車両導入に伴い急激に数を減らしているようで、紅色とクリーム色の原色編成は写真に写っている1本だけに
なってしまったらしい
もっと記録しておけばよかった

この後八代まで下り肥薩線の旅
続く
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

鎌倉駅 ★江ノ島電鉄

★鎌倉駅 神奈川県鎌倉市御成町1-15 1949年3月1日開業 
enoshima16 (5)
駅舎
右側の洋館風とんがり屋根の建物が江ノ電の鎌倉駅
左側の和風平屋の建物はJR鎌倉駅西口駅舎となtっている

enoshima16 (4)
駅前の風景
鶴岡八幡宮へと続く参道はJR鎌倉駅の西口駅舎の前から伸びていることもあり江ノ電の駅舎がある東口は事実上の裏口
駅ビルも建つ西口に向かうには入場券を購入しJR駅構内を突っ切るか回り道して地下道を通る必要がある
ただ江ノ電の駅舎はこちら側にしかないので裏口といえどもそこそこの人で賑わっていた

enoshima16 (1)
江ノ電の駅構内から見た改札口
駅改札口は左側
正面の改札はJRとの乗換改札口となっている

enoshima16 (8)

enoshima16 (7)
駅名標

enoshima16 (9)
駅構内は頭端式の変則的な2面2線となっている

enoshima16 (3)
ホームはJRと連番
このため左から3番・4番・5番線となる
3番線は乗車用ホーム
4番線は降車ホームというように私鉄にありがちな構造となっている

一番隅の5番線は乗車・降車共用ホームとなっている
早朝時や多客時に使用するそうで

enoshima16 (2)
車止め

enoshima16 (6)
私鉄らしく駅構内はびっしりと広告が掲示されていた

2016年3月訪問
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ただいま北海道旅行中 

DSC_0194 (1)
特急オホーツクのヘッドマーク

DSC_0191.jpg
落石岬のエゾシカの大群
200頭くらいいて唖然とした

DSC_0193.jpg
落石の集落で見かけたキタキツネ



タイトルのとおり現在旅行中です
記事を貯めて予約投稿というようなまじめな運営はしていないので駅舎コーナーの更新もいったん停止中です
更新頻度がいつにも増して不定期となること確実ですがご了承ください
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR