いつの間にか原型の485系が全廃になっていた

ふと485系に乗りたくなった
JR東日本の快速あいずに485系の国鉄色が運用されていたような…と思い
調べてみると快速あいずなどで使用されていた仙台所属の485系は今年の夏で引退していたことが判明
自分の知らない間に消滅していた
そこそこ乗車してはいたので心に大穴が開いたとかいうつもりもないけど
やっぱりそこそこショックではある

という訳でパソコンの中を漁り写していた485系の写真の一部をブログに並べて気を紛らわすことにする

15312 (56)
2015年撮影 快速くびき野号
テールライトが飛び出ている車両は北海道向けに造られた車両だそうな

CIMG5365489465456746463.jpg
2013年撮影 快速ムーンライトながら号
国鉄色+絵幕はめっちゃかっこいい

CIMGmll5404.jpg
車内の様子

201610244856 (1) 
2014年8月 直江津駅で早朝遭遇した485系国鉄色の回送列車

201610244856 (2)
リニューアル車と並ぶ様子


CIMG5687978535.jpg
2013年1月 雪にまみれた特急いなほ
国鉄色もいいけど上沼垂色?と言ったらいいのか
この色もなかなかいい


r48520166.jpg
ここからはJR西日本の車
485系の中でも名門中の名門?特急雷鳥号
絵幕の美しさはトップクラス

r (2)
もう一方はこんな感じのパノラマグリーン車だった
無理やり国鉄色に変更された感が出ていて正直微妙だった
スーパー雷鳥色でもよかったやん


489201666 (2)
こちらは番外編
489系急行能登 2006年7月富山駅で撮影
本当に撮っててよかった
車掌の制服も旧タイプということで時代を感じされられる

489201666 (1)
サイド
1本くらい動態保存してくれても罰は当たらんやったはず…

2016102555587 (1) 
ここからは地元JR九州の485系
上写真はK&H色
旧ハウステンボス色をロゴ以外そのまま引き継いだど派手な塗装が特徴
この色には賛否あるかもしれないが自分は485系ハウステンボスカラーを見て育った人間なので
ほかのどの塗色よりもこの色が良い

2016102555587 (3)
レッドエクスプレス色と国鉄色の並び
右のJNRロゴが付いた国鉄色は末期の復刻塗装
JR化直後に撮影した写真ではない

48555555555974.jpg 
RED

2016102555587 (2)
宮崎空港にて
飾り帯は上下復元しているくせに貫通路はふさがれたままなので
正直ださい


485645546.jpg
まあこのキチガイ眉無し編成よりは100倍良い
こんなもん世に出すなよと当時は思った
今見ると気持ち悪いなりに悪くないような気もしないでもない


2016102444 (1)
おまけ
九州鉄道記念館に保存されている485系の生首
JR九州を象徴する車両なので1両まるまる残っていないというのは本当に残念
ぶっちゃけ485系のボンネットを押しやってでも残してほしかった



2016102444 (3)


動画
もうちょい撮っとけばよかった





おわり
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ああ素晴らしき北海道!

P1750563.jpg 
今年の夏の神威岬
夕暮れ時のいちばんいいタイミングで訪問できたので海の美しさは礼文以上と言っていいレベル
今まで見た海の中で一番綺麗な景色の一つ



夏もいいけど冬もいい!


根室本線(花咲線)の車窓のすばらしさは鉄道ファン誰もが知るところだけど
沿線の景勝地とセットで楽しむ乗り鉄はあまりいないように思える
鉄道に乗るのもいいけど貸し切り所状態の霧多布・アゼチ岬や琵琶瀬展望台を周れたのはいい思い出だ


厚岸付近の車窓



エゾシカ



関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

利尻島の思い出その2 ★早朝の姫沼と利尻富士

rebun12-28 (1)
民宿のおじさんに姫沼を案内してもらうことになった
鴛泊の集落から山道を進み姫沼へ…

rebun12-28 (2)
朝日が眩しい


rebun12-28 (3)
さあ姫沼だ

CIMG0rererere275.jpg
無風なので水面は鏡のようになっていて利尻富士が映り込んでいる
今まで見てきた中で最も美しい景色の一つに数えていいぐらいには綺麗だった

rebun12-28 (4)

rebun12-28 (5)
池に住み着くオシドリ
遊歩道を歩いているとエゾリスとも遭遇

rebun12-28 (6)
まさに大自然の真っ只中
素晴らしい自然を満喫したつもりだったが姫沼はなんと人造湖だそうで…
ちょっと拍子抜けしてしまった

rebun12-28 (8)
姫沼展望台から見る鴛泊の集落

続く
次回こそ自転車で島一周
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

利尻島の思い出その1

risiri121212 (1)
初めて利尻島を訪問した時の記録を振り返ってみます
16時頃に礼文を出発するフェリーに乗船
約1時間ほどで到着


risiri121212 (3)
下船
利尻島・鴛泊港のフェリーターミナルは建て替えのためプレハブとなっていた
宿を予約して無かったので宿泊案内所に尋ねると幸いなことに空きがあるらしい
ということで民宿のおじさんに迎えに来てもらい宿へ


risiri121212 (4)
時刻は18時過ぎ
セイコマで腹ごしらえをした後夕陽ヶ丘展望台に向かう

risiri121212 (5)
名前の通り夕日を見物するスポット

risiri121212 (6)
北海道特有?の木の生えていない大岩のてっぺんが展望台となっている
知床のゴジラ岩だったり鴛泊港のペシ岬だったり行ったことないけど江差のかもめ岩
や様似のエンムル岬だったり海ぞいの登れる大岩みたいなのは結構な数ある

risiri121212 (7)
てっぺんは平べったくなっており思ったよりも広かった
礼文島方向はこのような景色
奥の島影が礼文島

risiri121212 (8)
逆側はこんな感じ
夕日に照らされる利尻島と鴛泊の街並み
どっちを向いても絶景だった

risiri121212 (9)
18時45分過ぎ
太陽は礼文島の島影に…

2012年8月の記録です

翌日は利尻島を自転車で一周
続く


関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR