2日目その2 とにかくでかい紫禁城 ★初めての大陸(北京編)


20170930china (1)
天安門広場の次は紫禁城に向かう

20170930china (2)
道路を地下道でくぐり天安門の正面へ
ここは通れないんで端から入場

20170930china (6) 

cchina (1) 
また似たような門(たぶん端門)の下を通り

cchina (2)
入場券売り場
平日朝の9時過ぎということでそこまで混んでいないが
ピーク時にえらいことになるのはこの窓口の数からして簡単に想像できる

cchina (3)
たしか手荷物検査場を通り入場だったはず
午門より手前のこの位置までは金払わんで来れる(たぶん)

20170930china (7) 
もういちいち書くのは面倒なので詳しくはこっちで

20170930china (8)  

20170930china (11) 
とにかくでかい

20170930china (10) 
でけー
人のまとまり方から見てもわかるように圧倒的にツアー客が多い
たぶん地方からのおのぼりさんだと思われる

20170930china (13) 

20170930china (12)

20170930china (14)

20170930china (15)
玉座に群がる人民
20170930china (16)
押しつぶされそう

20170930china (17)
触るとご利益があるのか金ぴかの取っ手にも人民が群がっていた
自分も確か触ったはず

20170930china (18)

20170930china (19)
また玉座

20170930china (20)

20170930china (21)
またまた玉座

20170930china (22)

20170930china (23)
まさか

20170930china (24)
あれは

20170930china (25)
またまたまた玉座
まあ地球の歩き方を見て行動してるんでここに玉座があるというのは知ってたけど…

20170930china (26) 
まただ…


20170930china (27)
これだけあるとありがたみというか新鮮味が無くなる

20170930cccchin (1) 
出口である神武門の手前に作られていた奇岩の庭園

20170930cccchin (2)


20170930cccchin (3)


20170930china (28)
10時20分ごろ
神武門を通過し外に出た




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2日目その1 朝の天安門広場 ★初めての大陸(北京編)


20170926 (2)
朝8時 ホテルを出る

20170926 (1)
ホテル前の道路

20170926 (3)
路地
北京の銀座と呼ばれる王府井のすぐ横
天安門広場まで1キロ圏内のこの場所なのにまだこんな感じ
思った以上に発展していなかった
中国はストリートビューがないから行くまでその場所のことが分からない
だから面白い

20170926 (4)
天安門広場へ向かう

20170926 (5)

20170926 (6)
中国公安部の本部
でかい

20170926 (7)
歩道側の車線は自転車専用レーンだった

20170926 (8)
中国国家博物館
赤い
ここまでくると天安門広場はすぐそこ


20170926 (9)
駅へと続く地下道を通り道路の反対側へ向かう

20170926 (10)
そして天安門広場へ入るため手荷物検査場に並ぶ
並んでいる最中、人民は身分カード的なものを念入りに審査されていたけど日本人の自分はパスポートの表紙を見られただけ
車が突っ込んだりテロも時たま起きている
中国でトップクラスに警備が厳しい場所のはずなのに案外ザルな感じだった
全人代終了直後だから気が抜けてるのかもしれない

20170926 (21)
ということで天安門広場

20170926 (22)
さすがに広い
朝っぱらの国旗掲揚を見に来ようかなとも思ったが面倒だし寒いだろうし地方からの人民で
大混雑するらしいのでやめた

20170926 (23)
天安門広場とは…
南北880m・東西500mにわたる世界最大の広場[6] 。敷石は花崗岩である。北は北京随一の大通りである長安街が位置し、その反対側に紫禁城(故宮)の入口である天安門が位置する。wikipedia
 
20170926 (24)


20170926 (25)
サウジの国旗
そういや訪日したサルマン国王がその後訪中してるんだった

20170926 (11)
人民英雄紀念碑

20170926 (13)
共産国らしいレリーフが刻まれている

20170926 (12)
わがんね


20170926 (14)
南側のしょぼくみえる建物は毛主席紀念堂
たぶん普通に見たらそう小さくはないはずだけど周りがでっかい建物ばっかなんで
どうしてもそう見える
防腐処理された毛沢東の死体を飾ってあるらしい
ありがたやありがたや

20170926 (15)
人民じゃないのでわざわざ入るつもりはない

20170926 (18)
この辺のスケール感を狂わせる原因になってる建物がこれ

20170926 (19)
人民大会堂
でかすぎ

20170926 (17)
何度も書いているけど昨日までこの中で全人代が開催されていた
中にも入れるらしいけどよくわからなかったからスルー
今改めて調べていたら内部は相当豪華な作りでしかも写真撮影も可能とのこと
入ってみても良かったかもしれない
まあそもそも全人代翌日に入れたのかどうかも不明だし初めての中国旅行で人民大会堂に入るほど
マニアックな中国通でもないんだしまあいいか

20170926 (20)
中央には国章が飾ってある
将来的にはこの場所が世界の中心になるんだろうか


関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

1日目その2 やっとこさ王府井着 ★初めての大陸(北京編)


20170925.jpg
北京に着いたはいいが預けた手荷物が出てこない
案内板を見ても確かにここだ
まあそのうち出て来るやろと思ってたが結局20分待っても出てこずとうとう後続便の荷物が出てくる始末
とりあえず近くの掃除のおばちゃん(掃除してない)に英単語で荷物が出てこないということを伝える
どこか連れて行ってもらえるだろうと思ったがシカト
このくらいでへこたれてたら中国は旅行できそうにないので必死に食い下がりようやく詰所的なところの場所を指さしてもらう(決して連れて行ってはくれない)
そこに向かうと今度はCAみたいな格好の女性係員が談笑中

やっぱり適当な対応をされるがここでも必死に食い下がり
いったん外(完全に外)に出て隣の手荷物受取エリアに取りに行けばいいということが判明
いやいや受取所を出たらもう戻れないだろと思って何度もジェスチャーで確認するも
そうしろということだったのでもう何とでもなれと思いそれに従う
当然連れて行ってくれるとかいうことはない

結局のところは受取場出口の公安にパスポートを見せると難なく中に入ることができた
自分の荷物は隅っこの持ち主不明人の荷物の山に置かれていた
とりあえずホッとしたのと同時にああ日本の感覚で行動したら駄目なんだということを身をもって知る
それにしても徒歩1分ぐらいの場所だし日本だったら係員が案内してくれて終わるんだろう
中国の係員は会話に夢中で英語もできない日本人に場所を案内する気もないようだったし
覚悟してたとはいえこれが文化の違いなんだと驚くばかり
まあ一番は英語がしゃべれん自分が悪いんだけど

20170923pekin (18)
ということで到着してから40分ほど荷物騒動で無駄にした
20時30分ごろ 
ようやく北京空港から北京地下鉄機場線に乗り市中心部へ…

20170923pekin (19)
終点の東直門まで乗りそこからブルーの北京地下鉄2号線に乗り換える

20170923pekin (20)
さらに建国門駅でレッドカラーの1号線に乗り換える
上がDKZ4G型とかいう旧型車両で

20170923pekin (21)
下が新型で主力のSFM04型
東京メトロの10000系に似てる感じがしないでもない
というかこっちのほうがかっこいい気もする

動画

乗務員も駅員もびしっと指差確認
指差しすりゃいいって話でもないが思った以上にしっかりやっていてなかなか頼もしい
一昔前なら写真撮影はアウトだったかもしれないが今回の旅行中特に注意されることはなかった


北京の銀座とも呼ばれる王府井で下車する
地下鉄は2度乗り換えたが案内板もとても分かりやすく迷うことはなかった
20170923pekin (22)
今日まで全人代が開催されているからかどこもかしこも警察だらけ
時刻は21時40分前
ネオンも輝いて夜はこれからみたいな雰囲気が漂っている
かのように思っていたが

20170923pekin (23)
王府井のランドマークというか代表的な観光地である王府井小吃街

20170923pekin (24)
表通りはとても活気がある感じだったが

20170923pekin (27) 
わき道に入るともう真っ暗
開いている店も店じまいの真っ最中

ぼったくり店も数多く存在するらしいこの王府井小吃街で飯を食うつもりはなかったし
20170923pekin (26) 

20170923pekin (25)
ここの名物である生きたサソリの串刺しを見れたので自分的には問題ないけど
北京の夜って寝てしまうのが早すぎはしないか
台湾の夜市なんてこれからが本番ぐらいの時間なのに…

20170923pekin (28)
そんなことを思いながら宿へと到着
所持金以上のデジポットを要求されたりもしたが何とかチェックイン
後から知ったが中国のホテルではデジポットが普通らしい
まあ客を信用してくれてないんだろうししょうがない
今日は昼過ぎまで日本にいたとは思えないぐらいに長すぎる1日だった
宿近くの全家(ファミマ)で買ったカップ麺が今日の夕食だった
とにかく猛烈に疲れた




関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

1日目その1 中国国際航空に乗り福岡から北京へ… ★初めての大陸(北京編)

20170923pekin (1)
中国、そして世界へ
旅行を一言で説明してくれた
20170923pekin (2)
過去2度の海外旅行はすべて台湾
島国日本人として大陸には一度行ってみたいなあと前から思っていたので
北京経由バンコク行の旅行を決行
前から書いているように日本語オンリー
現地語英語は全くだけどまあなんとかなるだろう

チケットはDeNAトラベルで購入
何年か前にソシャゲのガチャで社会問題になったかと思えばこんどは盗作まとめブログの運営元だったことが判明したり
とにかく糞みたいな会社なのであまりここに金は落としたくないけど
サイトが使いやすかったのとコンビニ入金が使えること
なにより手数料込でも値段が安かったのもあって泣く泣くここで購入した

ネットで予約をした後少したっていきなり電話
入金期日は○○日だったが航空会社の都合で○○日までに振り込まないと予約が流れてしまう…とのこと
そりゃないだろうと思いもうちょい何とかならないのかと言ったら少し猶予をくれた
猶予を与えられるということはお前の会社の都合だろと突っ込みたくなったがまあいいや
お値段はDeNAに何千円かぶんどられる手数料に燃油サーチャージなどすべて込みで35000円弱
福岡から台湾に行くのと大差ない値段
出発3週間前に予約した割には相当安い価格で買えたと思う

旅行時期は時期はいまから半年前
3月半ばの記録
20170923pekin (3)
搭乗するのはCA954便
大連経由で北京へ向かう
いざ機内へ

20170923pekin (4)
15時20分過ぎに離陸
中国の会社ということで大丈夫かな不安になるが中国国際航空は中国のフラッグキャリア
国家主席も利用するなど元国営で日本でいうところのJALに相当する会社だそうな
LCCと比べるのも失礼なレベルだった
そんな会社の航空券がなぜ3万円台で売りに出されているのかは謎

20170923pekin (5) 
出発から30分ほどで機内食が配られる
22年生きてきて人生初の機内食
テンション上がりまくり

20170923pekin (6)
パンとごはんとチキン南蛮とかいうよくわからない組み合わせ
とんでもなく不味かったらどうしようとか思っていたけど
味は普通にうまい
日本発の便は日本で積み込まれているんだろうか

20170923pekin (8)
デザートまで付いてるし
もうちょい量が多かったら文句なかったがエコノミーなのでこんなもんだろう
割と満足できた

20170923pekin (7)
出発から数十分
窓の外にはどこまでも続く陸地
初めて見るユーラシア大陸に感動…
下を凝視すると時たまでっかい街があって飛行機から見えるレベルの陸上競技場が立っていたり
日本では名前も知られていないような町なんだろうけどこんなのがいくつもあって
中国のスケールのでかさを改めて感じた
たぶん今飛んでいるのは中国の東北部
場所が場所だけに上から見ていても緑が少なくえらく埃っぽい感じがする

20170923pekin (9)
海には吊り橋がかかってたり
今日見てきた中でも一番でかい都市が現れた

20170923pekin (10)
と思ったらぐんぐん高度を下げる
これが大連か

20170923pekin (11)
めっちゃ埃ってる

20170923pekin (12)
現地時間の16時30分過ぎに大連周水子国際空港に着陸
北京へ行く客も機内から全員降ろされここでイミグレを通り入国手続き
パスポートにスタンプを押される

20170923pekin (13)
ということで待ち時間もなくあっけなく入国

20170923pekin (14)
出発ロビーで再搭乗の時刻を待つ
台湾に行った時もそうだけど見るものすべてが違うとかいうわけではなく
中国といえども案外普通だ

20170923pekin (15)
18時前
夕日が沈むころに大連を出発

20170923pekin (16)
19時10分ごろ北京首都国際空港に着陸
その後はゆっくりと空港内を移動
ずっと向こうまで延々とターミナルが伸び
ボーディングブリッジが引っ付いた飛行機が停まっている様子は圧巻だった
初めての北京
しかも夜なのでだいぶオーバーに感じているとは思うけど
正直どこからどこまでが空港なのかよくわからないぐらいにでかい空港だった
自分が乗っているのはどこに着くのかと思っていたら空港外れのほう
ボーディングブリッジではなくタラップでそのまま地面に降りることになった
時刻は19時23分
 
続く

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

14日目その2 リスを探しに円山に登る ★真夏の札幌をぶらつく日


20160823札幌 (54)
12時55分ごろ 円山登山開始



20160823札幌 (58)
円山にはリスが多数生息しているらしい
こんな感じで巣箱が設置されたりもしていたが

20160823札幌 (73)
13時50分前
リスを発見できないまま山頂についてしまった

20160823札幌 (75)
眺めはいいがリスが見たかった…

20160823札幌 (84)
さすが190万人都市
何もない原野からこれだけの街を作ったというのはなかなかロマンがある

20160823札幌 (87)
ひときわでかいビルはJRタワー

20160823札幌 (101)

20160823札幌 (120)
遠くには美幌大橋
その後ろに写っているものは観覧車だろうか
検索してみると江別市に観覧車は存在しないらしい
ヒットしたのは岩見沢にある北海道グリーンランドの観覧車のみ
写真を見ると確かにこんな感じの色をしている
ここから江別まで約20キロ
岩見沢までは倍の40キロ
望遠だから相当圧縮されているのを考えてもそんな離れてるようには見えないけど

20160823札幌 (142)
下山
もと来た道を引き返したつもりだったがなんだかよくわからないとこに出てきた

20160823札幌 (145)
なんか立派な家々が並んでいる
円山は札幌の高級住宅街だそうで

20160823札幌 (147) 
スマホ片手に移動しようやく幹線道路に出た
これを道なりに進むと地下鉄の円山公園駅にたどり着けるらしい

20160823札幌 (149)
たまにプロ野球の試合が行われる円山球場

20160823札幌 (151) 
歩道のすぐ横に立つスコアボード
間近で見るとでかいというかただのビルみたいだ

20160823札幌 (156)
円山動物園
寄ろうと思ったがスルー

20160823札幌 (161)
着いた

20160823札幌 (164)
すすきのへ

20160823札幌 (179)
今回の旅行で一番良かったのはすすきのの60分だったかもしれない

20160823札幌 (169)
そんな悲しい旅だった
明日は廃止間近の留萌線にお別れ乗車に行く予定
留萌線の記事は鮮度が落ちまくりなのでしばらく月日が経って発酵してから載せます
翌日へ

お疲れさまでした
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR