2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅3日目その2 鞆の浦 太子殿 原爆ドームなど

メニューへ

その1へ


瀬戸内3 (21)
奥のちっこいのが太子殿


鞆の浦を見下ろす

瀬戸内3 (19)
絶景!


まではない


そこそこの景色

ただ港の形がはっきりと分かって面白い




瀬戸内3 (20)
奥の大きな島が仙酔島

一番手前の島が弁天島

弁天島の右側の島が神功皇后が立ち寄ったとされる皇后島

名前がそのまんま



瀬戸内3 (22)
常夜灯&いろは丸展示館付近をアップで

建物の密集具合が凄いと思う


火災なんかが発生したら大火になるんじゃないの



その後再び坂道を降り下る

瀬戸内3 (23)
明圓寺だったと思う たぶん


この他にも鞆の浦一帯には結構な数の寺社が密集しているがパス

いくつかの寺社の前を通り過ぎるだけで終わった




瀬戸内3 (24)
それにしても狭い

金魚アニメが放送された時は相当賑わったと思うけど地元の人間は大変でしょうなあ



瀬戸内3 (25)
後ろを振り返ると仁王寺と太子堂が

赤まるで囲んでいるところが太子堂

その下のどう見ても寺の建物が仁王寺

かなり上のほうにある

そりゃ疲れるわなあ





瀬戸内3 (26)
その後も適当に街をぶらついた後バス停に向かう


瀬戸内3 (28)
港の水面をのぞき込んだりもした

生物らしきものは自分の目には映らなかった

当然いることはいるんだろうけど

あとどうも臭い

普通の磯の香りじゃなくて磯臭い

濁っているから水質が悪いって訳じゃ当然ないんだろうけどあまり綺麗ではなさそう








結局鞆の浦には2時間30分以上滞在した

滞在時間の割に内容が無い気もするがしゃあない

倉敷美観地区と同じく賽銭以外に金を使うことも無かった

あまり歓迎される観光客じゃないね


鞆鉄バス
鞆港10:38→福山駅前11:10

瀬戸内3 (27)
色が薄くなったようなバスに乗り込む

腹の具合が悪くなった

前屈みの姿勢で耐える

そのうち今度は酔ってきた

脂汗がいろんなところから出る

バスは往路と同じく芦田川の土手の上を進む


瀬戸内3 (29)
見るからにぼろい橋で芦田川を渡ったらいよいよ福山駅までもうすぐ

なんとか耐えた


前傾姿勢で近くのコンビニのトイレへ直行

20分近くこもった

予定の列車には乗れなかったが腹はすっきり機嫌も良い










普通1735M
福山11:49→糸崎12:17

黄色いのに乗り込む

福山・広島間の乗車券はどこかの区間で分割して購入すると多少安くなるって某知恵袋に書いてあったんで
某所までの切符を購入後車内で某所から広島までのきっぷを車掌から再度購入

某所は隠すつもりじゃ無い ただどこか忘れただけ

大した金額じゃないけど節約したんで精神的にも良い

とこれを書くまで思っていたが使用していた 岡山・尾道おでかけパス は糸崎まで使用可能だったようで

昼食代くらいの額を損したようです

あーあ


馬鹿は損します
普通351M
糸崎12:18→広島13:38

瀬戸内3 (30)
乗り換え時間1分なので皆さんダッシュで乗り換え

またまたまたまた何度目かの黄色

癌細胞のように増殖




瀬戸内3(30A)
広島に到着

早くも赤い帽子をかぶった人間がそこそこいて驚く

試合開始まではまだ4時間近くあるのに


新幹線口の牛丼屋で腹を満たした後市内観光に出発




広電2号線151
広島駅14:08→原爆ドーム前14:24

窓口で電車線&宮島ロープウェイ&連絡船が乗り放題の宮島フリーパス(2日間有効 2000円)を購入
瀬戸内3 (31)
乗車ホームは相当混雑していた

前来た時もこんな状態だったんでどうも1日中混雑しているらしい

利用客が多いのは良い事

広島の中心地である紙屋町の電停で結構な降車があり車内も落ち着く

15分ほどで原爆ドーム前の停留場に到着


瀬戸内3 (32)
原爆ドーム

観光客でにぎわっていた


瀬戸内3 (33)
相当老朽化している様で鉄骨やら何かでがっちりと補強されていた

これからもずっと残していかないといけないものだけど管理は相当大変だろう




瀬戸内3 (34)
その後広島平和記念資料館を見学

冷房が効いていて気持ちがいい

入場料も安いんでなおよい


瀬戸内3 (35)
館内も観光客で大混雑

展示物の文章を読むのも一苦労と言った具合

外人もやっぱり多い

解けた瓶やら解けた人間の写真だかが展示されていた

皆さん相当真面目に資料を見ていた

自分もなるべく見たつもりだった


はだしのゲンの原画展も開催されていた

このときの少し前には隣の鳥根県だかの松江市教育委員会が小学生に観覧制限をかけたことで話題になっていた

自分も小学生の時に見たんだけど特に悪影響を受けたとかそんな事も無かったと思うが

悪影響を受けなくても元々悪かったが

漫画家の原画は初めて見た

当たり前だが絵は漫画の内容そのまんまで驚いた

うまいなあと思った







次は空いているときに来たい





瀬戸内3 (36)
頭の上から爆弾が降ってこられたら困る




瀬戸内3 (37)
パンフには被爆はまゆうなるものが記載されていた
やたら気になったがどうもすぐ近くにあるみたいなんで見てきた

普通のはまゆうだった


瀬戸内3 (38)
投下時には死体が相当浮かんでいたであろう元安川

広島城へ徒歩で向かう


瀬戸内3 (39)
県の人口自体は対して多くないけど一応100万都市だけあって都会

瀬戸内3 (40)
市民球場跡

囲いの隙間からのぞき見る

スタンドの一部が残っていたが保存するんだろうか

駅横の新球場よりも好立地だと思うけど



瀬戸内3 (43)
広島城が見えてきた

時刻は16時30分

洋風の噴水と像がミスマッチ



瀬戸内3 (42)
城をアップで


瀬戸内3 (41)
細部をもう少し作り込めないものか




瀬戸内3 (44)
間違えた城はこっちだった


その3へ



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR