2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅4日目その3 宮島 など

メニューへ


その2へ


とりあえず一番遠いところから攻めようと思ったんでまずは弥山に登る事にする

鹿に絡まれながら海岸沿いの道を十数分進むと砂浜の向こうに大鳥居が見えてきた

どうも鹿はパンフレットを餌だと勘違いするらしく手に持っているパンフを何度となく食われそうになった

匂いを嗅いでみたら旨そうな匂いがしないでもない


13宮島 (45)
この辺りの浜は御笠浜というらしい

アオサらしきものが波打ち際に打ち上げられてるのか生えているのか知らないけど青々しててヤドカリでも漁りに行きたくなったがそんな事をしている馬鹿は誰ひとりとしていなかったんで我慢する



13宮島 (46)
石造りの鳥居も現れた

これ厳島神社の鳥居ですよね?








13宮島 (47)
狛犬の下では鹿がだらけていた

右側の鹿は一瞬梶谷に似ている気がしたが多分気のせい




13宮島 (48)
日本三景宮島の景色がいよいよ目の前に広がる

大鳥居は近くで見たらでっかい!

以外にも高さは16メートルしかないそうだけど周りに比較する建物が無いせいなのか神々しさからなのかそれよりもでっかく見える

そそり立つ巨大な柱は大木をそのまま使ったらい

表面のごつごつさが妙に男らしいじゃないか



今は干潮の時間帯だけど大潮じゃないんで残念ながら濡れずに鳥居の根元まで行くのは無理そうだった




13宮島 (49)
鳥居に行くのは無理としてもせっかく来たんだし半端に潮が引いた浜に降りてみる

家族連れや一眼で写真を撮っている外人で賑わっていた



13宮島 (50)
浜から社殿を見る

もう少し近づくと社殿からこっちを撮っている観光客の邪魔になりそうだったんで遠慮しておく

この先には誰もいなかったし


潮だまりを覗くとヤドカリやらハゼやらちっちゃい生き物が凄い密度で蠢いていて楽しい

見ていて飽きない

ちっちゃい子供もはしゃいでいる

ちなみにこのあたりの浜は絶好の潮干狩りスポットらしく春の大潮の日にはアサリとかを獲る人間で賑わうらしい

でも大鳥居より内側は神社の敷地のため採集は禁止だそうで


13宮島 (51)
気づいたらどんどん潮が満ちてきたんでそろそろここを離れる事にする

磯の生き物好きとしては楽しかった

今回は時間と予算の都合でパスした宮島水族館に行かなくとも十分楽しめた

その後すぐ近くの丘の上に立つ豊国神社の本殿である千畳閣に行く事にする





13宮島 (52)
wikipediaによると
「豊臣秀吉が戦歿将兵の慰霊のために大経堂として建立した」
らしい

へえ

造っている途中に秀吉さんは死んじゃったんで今も未完成のまま


千畳というだけあって中は広かった

年季が入ったでっかい柱が立ち並んでいて凄い

天井を見上げると複雑に木が入り組んでいてこれも凄い

外からは風がはいってきて気持ち良いんで外の回廊に座って寛ぐ人もいたりする

明治の廢佛毀釋で神社になったそうなんでその関係なのかは良く知らないが本殿に入って写真も撮れる神社ってめったにないと思う


13宮島 (53)
神社なんで祭殿もある

実はこれが本殿みたいな扱いだったりするんだろうか

なんか物凄くとんちんかんな事を書いてそうで怖い

後ろにはでっかいしゃもじもある












13宮島 (54)
外に面した回廊

良い雰囲気で長居した

13宮島 (56)
回廊の下を潜り五重塔を見に行く

この建物のでかさが分かると思う






13宮島 (55)
1407年に建てられた五重塔


この後弥山へ向かうロープウェイ乗り場へ向かう

パンフを片手に内陸へ進む

この後寝不足からなのか馬鹿だからなのか知らないけど適当に進んだらしい

迷った覚えなんて全くなかったが
13宮島 (57)
なんか明らかにメインの道じゃない


前に家族連れが歩いていたから安心していたのかもしれない

良くわかんないけど
13宮島 (58)
その家族連れは川を渡りでっかい石を越えて向こうへと消えていった

どう見ても道じゃないよ



どうする事も出来ないんで自分もそれについて行く





13宮島 (59)
無事本道に合流できました


そんなこんなで12時45分 紅葉谷駅に着く


ロープウェイ乗り場に向かうが





13宮島 (60)
小さい


定員8人らしいこの小さな箱が短い間隔で次々やってくる

車両?はロープウェイより観覧車に近い感じだと思った



相席になった事もあり小さい車内は凄まじく蒸し暑かった

10分ほどのっていると榧谷駅に到着

山へ向かうにはここでロープウェイを乗り換えないといけないらしい




13宮島 (61)
獅子岩駅へ向かうロープウェイがやってきた

こっちの車両はごく普通のロープウェイだった


海側に視界が開けて晴れてたら凄まじく眺めが良かったと思うがもやっていて何がなんだかよく分からないような状況だった

獅子岩駅についたらなんと小雨が降ってきた

雨の中山を歩く気合いは無いんでとんぼ返りしようかとも思ったが数分待つと雨は止み青空が見えてきた



13宮島 (62)
獅子岩駅のすぐ脇にある展望台からの景色

うーん・・・

焦点の定まらないような景色をしばらくぼけーっと眺めていた



13時20分 弥山へ向けて登山開始

ロープウェイを使わないと結構本格的な登山となるらしいけど獅子岩駅から弥山へは1時間ほどで往復できるらしい

13宮島 (63)
山道を進む

途中今日何度目かのスズメバチと遭遇

屋内ほどの恐怖感は無いが奴ら馬鹿なんで何されるか分かんない

近くにキ○ガイがいるのと似たようなもんだと思う

油断大敵



13宮島 (64)
歩道の路肩がスパッと切れている場所があった

看板によると平成17年の台風による土石流で歩道が流されたらしい

もっとも今は歩道は新しく整備されていて特に危なくも無かった

13宮島 (65)
15分ほどあるくと弥山本堂に到着


13宮島 (66)
本堂の向かいには霊火堂が立っていて空海が灯した火が1200年間消える事無く燃え続けているらしい

中に入って賽銭を入れてきたが凄まじく煙たかった


13宮島 (67)
弥山本堂の脇では二匹の鹿がいちゃついていた

白昼堂々女どうしでなにやってんねん



かわいい






13宮島 (68)
例の鹿をしばらく観察した後弥山の山頂へ向かう事にする

旗によると霊火堂は恋人の聖地らしい

けしからんね

そんな低俗な物に媚びる必要無いよ

その4へ




人気ブログランキングへ









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR