2013年新年日本縦断の旅2日目その2 浅間大社と富士山 青春18きっぷ

2日目その1へ

普通3529G
富士8:05→富士宮8:23


hok02 (19)
2両編成の313系に乗車

身延線の主役と言っていいと思う





hok02 (20)
前面展望を楽しむ

目の前にどーんと富士山が現れる


曇ってはいるものの雲が高いのか上から下までくっきり見える


こんな奴が噴火したらえらい事です












hok02 (21)
富士宮に到着

歩いて浅間大社に向かう


途中のコンビニで焼きそばパンを買う

袋を開けたら焼きそばが飛び出てきてアスファルトに張り付いた

頭来た


そんなに食われたくなかったのか














hok02 (22)
10数分歩くと鳥居が見えてきた


屋台が立ち並ぶ参道を進む

hok02 (23)
拝殿の前では剣道部だかが集団でいた

総決起集会かな




集団でこれから参拝するのか知らんけどなんか自分がいても邪魔になりそうだったんでいったんここを離れる事にする




富士山の方向へとりあえず歩く

無計画もいいとこ

はるばる静岡まで来て何やってんだよ



hok02 (24)
普通の住宅街の背景に富士山がそびえ立つ

この辺の人はそれが普通の光景なんだろうけど






hok02 (26)
でーん




hok02 (25)
ズームしなかったら実際はこれくらいですがね


見上げんばかりではないにしろやっぱり大きい

気づけば青空が広がっていた


だいぶ進んだしここらで引き返す




hok02 (27)
再び浅間大社に着いたころには時刻は10時前になっていた

参拝客もかなり増えた

が1月3日の割には少ない

ごった返すほどの人の多さでは無かった




hok02 (28)
眺めるのも良いけどそのうち機会があったらあのてっぺんに立ちたい






hok02 (29)
楼門

本殿・拝殿とともに徳川家康が造営した当時から残る建物

400年前から建っていたなんて凄い



400年前からこの神社と富士山は変わってないのかと思ったけど
その当時はまだ宝永火口は存在していなかった


富士山の形が変わってもこの神社は当時のまんまってなんか面白いと思う






hok02 (30)
拝殿

2013年の初詣になる


良い事ありますようにってお願いしたけど特に良い事は無かった


今生きている事が良い事なのかもしれない


知らんけど
















hok02 (31)
本殿

2階建てとなっており浅間造という珍しいタイプらしい



本殿の写真を撮っているとおじさんから

「神社詳しいの?」

と話しかけられる

そこまで無いと返すとおじさん蘊蓄を垂れ始める

この本殿の作りは珍しいとおじさん言うんでいつごろ造ったやつなんでしょうねと尋ねたら

「けっこう新しいと思う」


1604年建造ですよ


おじさん年いくつなの?





hok02 (32)
火山弾と南極の石

うんこみたいな石が火山弾で吐いたガムみたいなのが南極の石




リアクションに困る







hok02 (33)
境内にある湧玉池

富士山の伏流水が1日に20万トン近くも湧き出ているらしい

鯉が泳いでたりして楽しい

ふとリュックを見ると鳩の糞が上のチャックのところにベッタリひっついていた


運がいいのか


それとも

糞食らえってか



半年前も礼文で海鳥の糞を食らったんだけど

半年の間に2度も糞浴びるとはついてない



ついたのは

糞だけ



糞処理をしてたら列車の発車時刻が迫っている



やばい



その3へ続く


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR