2013年新年日本縦断の旅5日目その1 函館観光 立待岬

メニューへ


4日目その4へ

いよいよ旅も5日目に突入
hk05 (1)
この日は函館市内を丸1日かけて観光する予定

函館駅前のコンビニで市電の1日乗車券を購入

まずは立待岬に行く事に





函館市電2系統
函館駅前7:06頃→十字街7:24頃

※通常時の所要時間は5分ほど
hk05 (2)
路面の除雪作業を行っているらしく電車はのろのろ進む

作業車とすれ違う



hk05 (3)
除雪車が続いてやってきた

なんか後ろに見える気が…


hk05 (4)
いきなりササラ電車とすれ違う

初めて見たんで当然うれしい


下手したら歩いた方が早かったかもしれないけどササラ電車が見れたしまあ良いか


函館市電5系統
十字街7:25頃→谷地頭7:53頃

※通常7分ほど
hk05 (5)
のろのろの2系統のすぐ後ろを走っていた5系統に乗り換え



谷地頭線に入ると電車は停車


hk05 (6)
前を走っている電車が動かない

作業員数人が何かしている

どうもレールの溝が凍ってしまって電車がまともに進む事が出来ないらしい


この日が特に大雪ってわけでも寒さが厳しい日ってわけでも無かった

普通の冬の函館の朝レベルの気候だと思うけどなんでだろう





hk05 (7)
この電車も前進したりバックしたりを繰り返しながらなんとか前に進む




hk05 (8)
運転士も外に出てレールをいじっている

客の婆さんが運転士に
前の電車に連結させて走らせてはどうか   と言っていたと思う

運転士はそうしたら架線が切れるかもしれないからできないと返していた


hk05 (9)
終点谷地頭の停留所には先行列車が入っていたためホーム手前の路上で客は降ろされることになった

十時街から約1.5キロを30分近くかけてたどり着いた

歩いたほうが早かった




運転士がお金は要らないと言っていた

自分は1日乗車券だから関係ない


自分が乗ってきたすぐ後ろにも谷地頭行き電車がやってきていた




hk05 (10)
この時停留所に1両 その手前の路上に自分たちが乗ってきた1両 さらに手前にもう1両 合計3両が団子状態

停留所ホームに停車している車両もなかなか折り返さない

もしかしたら抑止がかかっているのかもしれない

こりゃ交通局も頭が痛いだろう


この後立待岬へ向かう



hk05 (11)
車は冬の間は通行止めとなる

ただし徒歩で行くことは可能





hk05 (12)
墓地の中を進む

思ったより雪は積もって無かった

スニーカーでもなんとか歩ける


岬に着く直前に散歩中の老人さんとすれ違う

多少会話したけど方言がきつくて何を言っておられるかあまり理解できなかった

hk05 (13)
割と広い駐車場が整備されていて東屋もあった

夏場は観光客でそこそこ賑わうのかもしれないがこの時は自分一人だけ

駐車場も雪に埋もれていた







hk05 (14)
立待岬

先のほうの海に突き出ている陸地は大鼻岬というらしい



hk05 (15)
風が強い




hk05 (16)
白波が立つ

そういえばここから見える海は津軽海峡だった


そう思うとなんか雰囲気出る






hk05 (17)
靴の中に雪が入ってきて冷たい





hk05 (18)
函館市街方をみる

これから行く五稜郭に立つ五稜郭タワーも中央奥に小さく見える





hk05 (19)
雪に埋もれるベンチ



hk05 (20)
雲の切れ間からたまに日差しが差してくる

ものすごくきれいだった

神々しい

景色に見とれてしまい結局20分近く滞在



hk05 (21)
立待岬を後にする




hk05 (22)
途中にある石川啄木の墓

名前は聞いたことあるけど…




hk05 (23)
坂道を下り谷地頭停留所へ向かう


左奥にうっすら見える鉄塔が建っている山が函館山

この日の夜には夜景も見に行く予定

続く



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR