2012春 南九州乗り潰しの旅1日目その6 水源めぐり

その5へ12113016.jpg
白川吉見神社の鳥居
写真では閑散としているが水汲みに来る人もそこそこいた
土日は結構賑わうのかもしれない

12113017.jpg
横に水源

12113018.jpg
拝殿
こじんまり

12113019.jpg
水源
当たり前だが水がきれい
ちなみに水は飲んでません

12113020.jpg
アップ
砂利が舞い上がっているところから水が噴き出しているみたい
この水源から毎分60トンも出ているらしい
てことは計算が間違っていなければ1日8万トン以上の水が出ていることになる
ここから湧き出た水は白川水源の名前の通り白川となり有明海に流れ込む
よく見ると魚もいるみたい


20分ほど滞在した後阿蘇白川駅を通り越して明神池水源へ向かう

12113021.jpg
南阿蘇村のメインストリート
市町村合併が進んでも村を名乗ってるくらいだから相当人口が少ないんだなと思ってたが調べてみると
3村が合併してできた南阿蘇村の人口はなんと1万人を超えていた
しかし自然の中にあるイメージを大切にするためあえて町ではなく村のままにしているらしい
まんまとイメージ戦略に引っかかるところだった
ネットde真実じゃないけど、まあとりあえずありがとうwikipedia

ということでたどり着いた明神池水源
白川水源から徒歩20分少々
良い運動だ

12113022.jpg
真横というか水源の斜め上の丘にある群塚神社


12113023.jpg
割と痛んでる気がする
拝殿の前もすぐ階段になってるので無理やり撮影
安産のご利益があるらしい
誕生石とかなんかいろいろあったみたいだけど行き当たりばったりで来たので見てない
やっぱり下調べしてこないといろいろ損すんだね


12113024.jpg
丘の下にある南側の鳥居
こちらが多分正面

12113025.jpg
丘を下ると下には明神池水源
当然だが水がきれい
昔はもっと広かったらしいが昭和の水害で今の大きさになったとか
貸し切り状態
ここの水を飲むと安産に効果があるらしい
男が子供を産んでもどうしようもないんで自分は飲みませんでした


12113026.jpg
脇にも池がある
ここまで水源なのかとも思ったがどうも雰囲気的にここは親水公園に近い感じがする


ここの脇には佐川官兵衛の資料館もあったが時間が無かったのでパス
また歴史を勉強してから来ます

12113027.jpg
てなわけで明神池から南へ下ると

12113028.jpg
直ぐに南阿蘇鉄道のガードの下をくぐる

12113029.jpg
住宅街というほどでもないところを抜けて

0001.jpg
もう一度南へ上がって線路を越えて

0002.jpg
数十分前に通った南阿蘇村のメインストリートに出て今度はもう一度南へ折れて

0003.jpg
やっと阿蘇白川駅へ到着
まぁ明神池水源から15分くらいなんだど
迷わなくて良かったというか素直に元来た道を戻ればよかったのだった

その7へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR