2011年春 さよなら雷鳥&キハ58の旅 2日目その3 白川郷&高山観光

その2へ

展望台の次は国の重要文化財にも指定されている和田家へと向かいます




Hr-2 (53)
この集落では最大規模の合唱造りの建物だそうで





今も住居として使われているけど建物内部は一般にも公開されています
Hr-2 (54)
中はこんな感じ


自分の家を一般公開するなんて相当ストレス溜まりそう…



当然入場料収入はかなり入るだろうけど世界遺産&国の重要文化財だし勝手に改築もできないだろうしいろいろ大変だろう





和田家見学の後は再び集落を散策







Hr-2 (55)
いたるところに合掌造りの建物が立っている


Hr-2 (56)
水路で泳ぐ鯉

寒そう


冬は凍らないのかね





Hr-2 (57)
良い雰囲気

メインストリート以外はひとけもあまりなく散策するにはいい環境だった









Hr-2 (58)
立派な茅葺の楼門が建っていた

失礼だけどなんか弥生時代の集落の櫓にも見えた


ちなみにこの楼門は1801年に延べ1400人以上の人間を動員して建てられたらしい




Hr-2 (59)
楼門の後ろにはお堂があった

明善寺というお寺だった

雪が舞いこまないようにカバーが掛っているんで遠目からでは良くわかんなかった

本堂は1806年より欅材の伐採がスタートして1827年に延べ9191人を動員して建築されたそうです

なんか数字がインフレしまくってる気もするけど自分の気のせいなんですかね










Hr-2 (60)
荻町集落は合掌造りだけが注目されているけど集落から見る庄川の渓谷もなかなか美しい


その後も五平餅を食いながら集落を散策していたらあっという間にバスの時間になった

ここ白川郷はアニメの舞台にもなったらしい


白川八幡神社なんかは聖地巡礼スポットにもなっているという事を帰ってから知った

そんな神社集落内にあったかなあと思っていたらどうも荻町集落とは若干離れた場所に位置しているらしい


まあそれ目的の人は事前に調べていくだろうし迷ったり場所が分からなかったりする事はないんだろうけど


















濃飛バス
白川郷14:00→高山濃飛BS14:50

Hr-2 (61)
2時間強の散策で白川郷を後にする



Hr-2 (62)
高速に乗る



50分ほどでバスセンターに到着


これから市内を散策する事にする
















Hr-2 (63)
分かりやすくてよろしい


おカマはガールなじゃなくてボーイのような気も…

取ったの?













Hr-2 (64)
町の中心を流れる宮川







Hr-2 (65)
三町地区の古い街並み




3月の平日の午後ということもあってか閑散としている




Hr-2 (66)
もうちょっと賑わっているのかなと思ってたけど






Hr-2 (67)
杉玉が良く似合う





Hr-2 (68)
三町伝統的建築物群保存地区のほぼ端っこに立っている市政記念館

1895年に旧高山町役場として完成したらしい


別に高山市政には興味ないけどせっかくだし建物を見学してみる







Hr-2 (69)
市政に関する色々なものを展示してあった

正直よく覚えてない





Hr-2 (70)
再び街並みを歩く


閑散とし過ぎてて少し寂しい




Hr-2 (71)
高山陣屋

この辺りは資源豊富だったため徳川幕府の直轄地だったそうで中央から役人が来てここで年貢の取り立てやらやってたらしい




Hr-2 (72)
まあこんな感じの室内




Hr-2 (73)
立派な中庭?もあったりして当時のお役人はなかなかいい暮らしをしてたようで



その後は桜山八幡宮へと向かった






Hr-2 (74)
八幡宮近くでは路面の工事が行われていてアスファルトがはがされていた


これはこれで古い街並みに良く似合うような気がする

時たま車が砂埃を上げて通ったりしたけどそれも逆に生活感が出てて良かったり

住んでる人間からしたら良くないんだろうけど







続く


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR