2011年春 さよなら雷鳥&キハ58の旅 3日目その3 大荒れ東尋坊

その2へ



HHh02 ss (7)
東尋坊へ向け進みます

いきなり雪が降ってきたと思ったら霰になってその後すぐでっかい粒の雨が降ったと思ったらまた止んだりとにかく不安定な天気

たまに口の中がしょっぱくなる

横風で海水が飛んできているみたい



この辺も晴れてたら海がかなり綺麗なんだろうけど今日は景色を楽しむ余裕すらない

観光には最悪の日みたい






HHh02 ss (8)
14時25分ごろ 遊歩道の入り口に到着

全く人気が無く不気味






HHh02 ss (9)
松林の間から眺める日本海

首つり死体が掛ってたら警察に通報せんといかんかなとかいろいろ思いながら歩いてたけど幸い死体を見る事はなかった

やっぱり首つるより飛び込んだ方が手っ取り早そう



HHh02 ss (10)
誰ともすれ違わない

こんなとこで誰かから海に放り投げられても多分自殺扱いで処理されるんだろうなとか思った

帰ってから写真を見返していて気づいたけど写真中央上あたりになんか写っていた


HHh02 ss (11)
何これ…


これを見たあなたは呪われます

一緒に不幸になりましょう








天気も雰囲気も悪いんで海沿いの遊歩道を歩くのはやめにして車道に戻る事にした




案内通りに分岐を森のほうへと進む


HHh02 ss (12)
怖い怖い

あんまり幽霊なんて信じる方じゃいけどこのときはそこそこ怖かった

なんか雰囲気が気持ち悪かったし


途中人糞みたいなのも落ちていた

スッキリして死んでいったんだろうか











HHh02 ss (13)
14時35分 無事車道に到着

もの凄い長い時間遊歩道を歩いていた気がしたけど時間は10分弱しか経ってなかった

看板通り東尋坊の岩場へと向かう






HHh02 ss (14)
ぼく東尋坊




むかし東尋坊という悪い坊さんがいてそれを他の坊さんたちが酒を飲ませて酔わせた後ここの断崖から突き落としたらしい

それで東尋坊という名前がついたとのこと


自殺スポットなんで坊さん儲かるから坊主の絵を描いてるのかとも思ったけどそうじゃなかった


それにしても不気味な絵だと思う
























HHh02 ss (15)
誰もいない商店街を進み14時45分ごろ東尋坊に到着

ここだけではなく遊歩道付近含めこの辺一帯の岩場が東尋坊なんで到着と言った言い方は変なのかもしれないけど他に言い方も思いつかないんで…





HHh02 ss (16)
海は大荒れ

ここから飛び込んだらあっという間に海の藻屑になりそう


東尋坊は特に柵なんかもなく断崖の先ギリギリまで行けるんだけど波にさらわれそうなんで当然行かなかった


HHh02 ss (18)
この位が限界



波しぶきが顔にかかる






HHh02 ss (17)
ガラーン


誇張じゃなくて本当に誰もいない


夏なんかは観光客で賑わうんだろうけど…





数枚写真を撮っていたらまた風雨が強くなってきたんで近くの土産物屋に逃げ込む


ずぶぬれのまま店内に入りトイレ横のベンチに座り込む

上着を脱ぎ一息つく

土産物屋の通りを歩いていたときに開いていた店の店員から妙に視線を感じたんでなんでだろと思ったけどトイレの鏡で自分を見ると自殺者と言われてもおかしくない格好顔つきだった

これはしょうがない


広い店内には自分と東南アジアっぽい感じの観光客のグループがいるだけ


東南アジア風のグループは土産物を物色していた

高い金出してはるばるやってきてるのにこんな天気なんてもの凄く気の毒






15分ほど休憩したあと15時過ぎに店を出た

髪の毛もまだ乾いてないけどいつまでもここにいてもどうしようもない


HHh02 ss (19)
やっぱり誰もいない商店街





HHh02 ss (20)
駐車場から東尋坊方向を見る

商店街の後ろに立っているでっかい建物は東尋坊タワー

昭和の香りがぷんぷんする

中の電気は付いていたんで多分営業中だと思うけどこんな天気だったんで行かなかった

今日何人の客が展望台に上ったんだろう






バスで芦原温泉か三国港の隣駅である三国駅まで向かうかとも思ったけどやっぱり三国港まで歩く事にした





HHh02 ss (21)
元来た道を引き返す


東尋坊を振り返る

雲の切れ間からは青空も見えていた


どうも一番天気が悪い時に行ったようだった


人糞は見たのにどうも運が無い




天気も若干回復してきたんで調子に乗って往路とは別の道を地図も持たないくせに進み始める

直感でなんとかなるだろうと思っていた





HHh02 ss (22)
海沿いの集落を歩く


HHh02 ss (23)
途中あった白山神社






HHh02 ss (24)
厄払いじゃないけどとりあえず参拝する




その後駅へ向かう






HHh02 ss (25)
ここはどこ?








HHh02 ss (27)
完全に迷ってしまった











HHh02 ss (28)
16時過ぎ 人に聞いたりしながらやっとの思いで三国港駅に到着


住宅街のなかにこの駅はあるんで本当に入口が分かりにくい








続く







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR