雄信内駅 宗谷本線

雄信内駅(おのっぷないえき)

北海道天塩郡幌延町大字雄興小字雄信内






onoppunai12 (6)


1925年開業当時からの古い木造駅舎が残る

駅舎外板も左側の端は新しいものに張り替えられていた

少し雰囲気が壊れるのが残念だけどこればっかりはしょうがない

そのうち駅入り口付近の黒光りしている木板も張り替えられるんだろう


これからも末永くこの駅舎が残ってくれたらいいけど









onoppunai12 (5)

駅前の風景

駅前ロータリーは舗装すらされておらず周辺を見渡しても本当に何もなくてビックリする


この駅を毎日使っている人はいるんだろうかと思う





onoppunai12 (7)

駅舎内

古いながらも荒れてはいなかった

こんなところを荒らしに来る不良もいないだろうけど




当然無人駅で駅寝もやろうと思えばできると思う

ただ周囲は無人地帯のようで羆のことを考えると眠れない夜を過ごすことになりそう



onoppunai12 (4)


ホーム側から見る駅入り口

手書きの駅名標と傘つきの電球がいい味出してる





onoppunai12 (2)


駅名標








構内は2面2線で普通列車と特急列車の離合も行われる

北海道らしくホームは舗装されておらず砂利が敷き詰められていた


onoppunai12 (1)






明日は音威子府駅をアップ予定




2012年8月訪問



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

雄信内駅

こんばんは、雄信内駅、私は、列車の停車時間の間に訪問しました。

あまりゆっくりみる時間はなかったのですが、この駅の床がとても気に入りました。

年季が入ってるのか、黒光りしてとても長く使われている気がしました。

No title

歴史を刻んできた床…と書くと言い過ぎかもしれませんが使い込まれた感じが最高ですよね


雪と寒さに耐えている冬の駅も一度見てみたいものです

利用者はいますよ

駅近くは確かに無人地帯ですが、利用者は結構います

この駅は幌延町にありますが、雄信内というのは本来は対岸の天塩町の地名で、郵便局や小学校、中学校、農協、旅館などが揃った雄信内市街はここから3キロ程離れています。朝晩には自動車で送られてきた通学の高校生で賑わいますよ

No title

そうなんですか

夏休み期間中に訪問したんで学生の気配を感じ取ることすらできなかったんですけどよく考えたら当然ですね
ただこの完全に無人な状態の駅を見た自分としては学生でにぎわっている光景をあまり想像できないですけど…
プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR