その1 九州横断特急で大分へ… 2014GW SUGOCA大回りで帰省 

GW後半に鉄道を使い帰省したんでその時の記録…




本当は始発の新幹線で鹿児島を出る予定だったけど毎度おなじみ寝坊してしまった

新八代で新幹線を降りて特急料金を浮かそうと考えていたけど見事に計画は崩れた

あーあ




14GWomawari (1)
結局7時ちょうど発のみずほに乗り込むことになった





14GWomawari (2)
混雑してるのかなと思ったけど列車はすでに入線してるんでホームは閑散としていた



14GWomawari (3)
車内もガラガラ


関西直通の速達便なんで混雑してると思っていたけど拍子抜けした




GWですらこの状態なら普通の平日は空気を運んでるようなものなのかもしれない






14GWomawari (4)
車窓はトンネルばっかりでつまらないけどトンネルの合間のわずかな明かり区間から町並みや東シナ海が見えたりして
目が離せない



天気も素晴らしく良い


今日は1日中列車に乗っているだけだけどやっぱり天気は良かったほうが楽しい









14GWomawari (5)
40数分の乗車で熊本に到着

九州横断特急に乗り換えるために下車した


指定席の乗車口には長蛇の列ができていたが自由席はこの先もガラガラのようだった


新幹線改札を出て券売機でSUGOCAを買う

前の大回り乗車の時に記名式のSUGOCAを買ったけど無くしてしまった


残額も0円だったんで使用停止の手続きはしていない

まあ犯罪に使われることもないだろうし…







そのあとみどりの窓口で熊本→大分と大分→小倉の自由席特急券を買った


大回り乗車の準備は万端








14GWomawari (6)
九州横断特急の乗車口には長い列ができていた

九州横断特急はいつもガラガラのイメージがあるけど飛び石とはいえゴールデンウィーク

今日は混みそうだ





8時23分 定刻に列車はやって来た


この列車は人吉駅が始発だけど到着した列車の車内はほぼガラガラ

運用の都合上人吉発だけど実質熊本発の列車みたいなもんだろう

阿蘇五岳を車窓から眺めるため進行方向右側の窓側の席を確保することができた







列車が熊本駅で方向転換をすることを忘れていた







14GWomawari (7)
すべての座席が埋まっているんで自分ひとり回転させるわけいかずこのまま逆向きに座ることになるのかとガッカリした

発車直前に客室乗務員がやってきて座席を回転させるようにとの案内があった

無事前を向くことができた






発車間際まで客が乗り込んできて指定席の通路も人で溢れていた


隣に座るおじさんがこの列車がこんなに混むことはないのにと言っていた

乗客の半分くらいは外国人観光客でアジア系のほかに白人もかなり多かった

この状況だと大部分は阿蘇で降りるんだろう


その後隣のおじさんは自分はすぐ降りるからと外国人に席を譲っていた


いやー日本人は素晴らしいなーと感心する

おもてなしの心じゃないけどさ


まあ自分は何もやってないけどこんな人たちのおかげで日本のイメージが良くなるんだろうなと思った














14GWomawari (8)
熊本の市街地を列車は進む


電車通りを跨ぐ鉄橋は味気ないコンクリートの橋梁に架け替えられていた







14GWomawari (9)
次第に山深くなってきた

かなりの急こう配を上っているためか線路規格が低いからなのか列車はかなりゆっくりとしたスピードで進む






14GWomawari (10)
立野からはスイッチバックのため一時逆向きに進む

外輪山の急こう配を徐行と言ってもいいようなスピードで登っていく




14GWomawari (11)
まもなく赤水に到着

阿蘇カルデラの中に入ったんで一気に景色が開ける

水が張られた水田越しに見る新緑の外輪山がめちゃくちゃ綺麗だった


大回り乗車じゃなければこの辺で途中下車して田圃道を歩きたいところだけど…




14GWomawari (12)
素晴らしい車窓が続く






14GWomawari (13)
阿蘇で7割がたの乗客が下車




14GWomawari (14)
最後尾の車両に移った

程よい乗車率





14GWomawari (15)
進行方向右側の座席に座り阿蘇五岳を眺めるも逆光であんまし綺麗じゃない


赤水付近では素晴らしい景色を眺めることができたし結果的には進行方向左側に座っていて良かったようだ









14GWomawari (16)
宮地を過ぎると再び外輪山の急こう配を上る


進行方向左側からは一瞬だけ阿蘇谷が一望できる場所がある

写真に撮ろうと思っていたが撮れなかった


九州最高地点の波野駅を通過すると大分へ向けて線路は下り始める

80キロくらいのスピードで列車は快調に走る




眠くなってきた


座席を倒しうとうとする



これが最高に気持ちがいい




ぼけーとしていたら間もなく大分と車内放送が入る



大分に着く直前でDF200とすれ違う


まさかななつぼしが止まってたりするの?

















14GWomawari (18)



いた!





その2へ続く





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR