1日目その5  熊電併用軌道を楽しむ くまモンと青ガエルとボケガエル 2014年春 九州縦断適当な旅 

その4へ





併用軌道区間に向かう





⒕春熊本 (43)
踏切から藤崎宮前駅を見る






チンチンチンと昔ながらの警報機の音が聞こえた

音のする方へ走ってみると踏切をゆっくりと電車が通過していった






⒕春熊本 (44)
路地を進む

途中行き止まりに入ってしまった

遊んでいた子供から声をかけられる

こっちに来ると抜けられるそうなんでついていくとアパートの駐輪場を抜けて無事道に出ることができた

本当は部外者が入っちゃダメなんだろうけど…

それにしてもこっちが聞いてもいないのに道を教えてくれるなんてよくできた子供たちだと思った

自分以外にも迷い込むバカが多いのかもしれない








⒕春熊本 (45)
道中すこし変わった形をした架線柱を見つけた

ちょっとだけ鳥居みたいに見えなくもない







⒕春熊本 (46)
藤崎宮駅から20分ほどで併用軌道のポイントに到着







⒕春熊本 (47)

凄い所に線路を敷いたもんだ

線路が敷かれた後に道路ができたのかな

この辺はよくわかんない

まあいいや






⒕春熊本 (48)
家の真ん前に線路がある



車庫入れなんかにもたついたら列車が突っ込んできそう







⒕春熊本 (49)
15時27分ごろ

チンチンチン…という警報機の音とともに御代志行がやってきた







⒕春熊本 (50)
なにげにかなりの急カーブのようで





⒕春熊本 (51)

ゆっくりとしたスピードで通過していった


熊電は日中ライト付けないのね





⒕春熊本 (52)
良い天気







⒕春熊本 (53)

15時35分ごろ藤崎宮前行きがやって来た





⒕春熊本 (54)
スカートが東南アジアっぽい気がする





⒕春熊本 (55)
数々の鉄道写真に収められてきたコンビニも今は営業していないようだった









⒕春熊本 (56)
併用軌道から専用軌道へ…






⒕春熊本 (57)
原爆でやられたみたいな銅像


何なんだろう


男みたいだけど







⒕春熊本 (58)
15時58分ごろ

先ほどの折り返しである御代志行きがやってきた


上熊本~藤崎宮前間も交換設備がないため1本の列車しか入れない







⒕春熊本 (59)





⒕春熊本 (60)





⒕春熊本 (61)
車のすぐ横を通過






⒕春熊本 (62)
行ってしまった






⒕春熊本 (63)

なんか路面電車の軌道よりも適当な感じがする線路


スピード出したらレールが外れそうな感じ










⒕春熊本 (64)
併用軌道の目の前にある高校


ココの学生はこの風景をいつも見ながら登校していることになる

非日常な風景が近くにあるなんて不思議だなあと思うけどこの辺の人たちにとってはそれが日常なんだろう





16時05分ごろ藤崎宮行きのくまモン電車がやって来た

土日は朝以外30分間隔で運行されている


平日ラッシュ時と土日朝は15分毎に列車が運転されているんで本格的に撮影を楽しみたい人はその時間帯に来るのがいいかもしれない

くまモン電車の折り返しに乗車するため黒髪町駅へと向かう






⒕春熊本 (65)
併用軌道のポイントから歩いて5分ほどで黒髪町駅に到着


崩れそうなホーム上屋が建っていた

柱を力いっぱい押したらたぶん倒壊するだろう








普通53列車
黒髪町16:28→北熊本16:31
⒕春熊本 (66)

またくまモン





北熊本で下車







直ぐに上熊本行き電車の接続があったけど1本見送ることにした

次の電車は30分後…







⒕春熊本 (67)
駅併設の車両基地にはケロロ軍曹のラッピング車も止まっていた

今日は終日運用に入らないようだ


ノーマルタイプが青ガエルの愛称ならこっちはボケガエルになるのか









⒕春熊本 (68)
石積みのホームに木の架線柱

何十年も前からこの光景は変わってないんだろう


鉄道の架線柱は数十年たっても普通に使用されるようだけどこの木製架線柱は設置から何年くらいたってるんだろう







⒕春熊本 (69)
青ガエルがやって来た

ここまで木製の架線柱が林立する光景が見られるのは熊電だけだろう


さすがにあまりにも古くなりすぎたのか一部区間では枕木がコンクリート製のものに交換されたり架線柱も通常タイプのものに更新されていたけどまだ大部分はこんな感じの木製架線柱が現役で頑張っている





こんなノスタルジックな鉄道も珍しい

もっと観光客が来てもよさそうだと思う




まあ観光地化されてないのが熊電の魅力なんだけど




普通42列車
北熊本17:02→上熊本17:11


⒕春熊本 (70)
というわけで青ガエルで上熊本に戻る







⒕春熊本 (71)
幕式の運賃表

増税されたんで今はこの運賃じゃないです

念のため…







⒕春熊本 (72)
つり革の広告は東急時代のまま



⒕春熊本 (73)
ワザと残してあるのか、放置してあるのか…

どっちなんだろう


それにしても30年前の広告とは思えないくらいの状態の良さ










⒕春熊本 (74)

線路状態があまりよくないらしく低速で走っているのに電車は良く揺れた

カーブ区間やトンネル内では長いつり革が網棚にぶつかってガチャガチャ音を立てていた




韓々坂→上熊本の車内の様子


ゆっくりゆっくり走る






⒕春熊本 (75)

終点上熊本に到着


車内には自転車も持ち込めるようだ


間もなく青ガエルも車齢が60年に達するんだけど具体的な置き換え計画はまだ無いようだ





もうしばらくはこの懐かしい光景を楽しめそう




この後路面電車に乗り市内中心部へ…




続く






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

つり革

旧東急車両のつり革ですが、青森の弘南鉄道も熊本電鉄と同様に東急当時のままです。

たぶん取り替える必要性がないんでしょう。

東急のファンの方は嬉しいでしょうね^_^

No title

>弘南鉄道
そうなんですね
初めて知りました

去年旅行した際寝過ごして乗れなかった苦い記憶を思い出しました…
プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR