2日目その2 サクラジマアイランドビューで桜島を観光 2014年春 九州縦断適当な旅 

その1へ


続いてやって来たのは赤水展望広場

2004年の8月に長渕剛がオールナイトコンサートをやった場所でなんと75000人もの観客がやって来たらしい



⒕春鹿児島 (20)
それを記念した「叫びの肖像」も建てられていた


好きな人にとっちゃ聖地みたいなもんなのかもしれんけど正直どうでもいい



8分ほど停車した後バスは出発







⒕春鹿児島 (21)
赤水展望広場から約15分ほどで湯平展望所に着いた


標高373メートル


桜島を間近に眺めることができる







⒕春鹿児島 (22)
錦江湾と鹿児島市街地も一望できる



この日はもともと霞んでいたのとさっき噴火した影響もあり今一つパッとしない景色













⒕春鹿児島 (23)
桜島の山頂をアップで


当然登山は禁止となっている


何百年後かには登れるようになるんだろうか


崩落も過ごそうだけど






20分くらいまでものすごい量の噴煙が出てたのに風に流されたのか完全に消えていた



⒕春鹿児島 (25)

こんな感じの展望台





⒕春鹿児島 (24)
避難休憩施設というプレート


非常時にはここに逃げ込むことになりそう



阿蘇の避難施設兼ロープウェー駅みたいに要塞みたいな造りではないんで意味があるのかは疑問








⒕春鹿児島 (26)
バスの発車直前にまた噴火


やっぱり音はしない








⒕春鹿児島 (27)

1時間ほどで鹿児島港に戻って来た







⒕春鹿児島 (28)
海岸沿いには遊歩道も整備されてるんで少し歩いてみる

溶岩が流れ込んで出来たごつごつした磯が続く




ここらの景色は利尻島の仙法志御崎に似ている気がする









⒕春鹿児島 (29)

利尻山…ではなく桜島

この辺は桜島溶岩なぎさ公園として整備されている


画面中央の小川のようなものは足湯となっている

全長100メートルとかなり長い


桜島を見ながら足湯に浸かるのも気持ちいいのかもしれないけど個人的に温泉も足湯も大っ嫌い

写真だけ撮って通り過ぎる





⒕春鹿児島 (30)
足湯は海岸線間近まで続く


見てる分は本当に気持ちよさそうだけど…








⒕春鹿児島 (31)
さっきの公園から続くなぎさ遊歩道を少しだけ歩いてみる

1914年の対象噴火でこのあたりは溶岩に埋まってしまったらしい


100年たった今も低い木々しか生えておらず独特の景観が続く










⒕春鹿児島 (32)
溶岩の隙間には水がたまっている…ように見えたけど実は海水が来ているようだ








⒕春鹿児島 (33)

磯の向こうに桜島







⒕春鹿児島 (34)
磯にも降りられる


ちなみに国立公園なんで持ち帰りは厳禁






⒕春鹿児島 (35)
生物密度が濃そうな磯だなと思い少々漁ってみたけどヤドカリ一匹見つけることはできなかった


何にもいないはずがないし見つけられなかっただけだとは思う


ただ見つけられなかったとしたらそれはそれでショックだったり





フェリーターミナル近くの浜に降りた

砂浜を赤い粒みたいなのがうごめいている





写真を撮って拡大してみたら…






14だにk
この形…

ダニ!



げええと思い急いでその場を立ち去る


調べたら「タカラダニ」という人間に悪さはしないダニらしい



ただやっぱり気持ちが悪い



また一つ賢くなってしまった









⒕春鹿児島 (37)
日も傾いてきたんでフェリーで鹿児島へ帰る







フェリーからの眺め






⒕春鹿児島 (38)
鹿児島港に接岸








⒕春鹿児島 (39)
その後天文館付近で路面電車を撮ったりして時間を潰した後適当なところでホテルに戻った




3日目へ





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR