ミヤマキリシマの季節到来 高千穂峰登山その3 5月25日

その2へ


14525高千穂 (43)
というわけで少しだけ霧島東神社へ続く登山道を歩いてみる


高千穂河原からのルートと違い緑が多いので雰囲気が全く違う






14525高千穂 (44)
山頂から少し歩くと斜面にはイワカガミが群生していた


若干見頃を過ぎたようでどれも花がしわがれている

遠目に見る分には綺麗だけど近くで見るといまいち


年取った人間の顔と同じだ


人間の顔は遠目でも…











14525高千穂 (45)
相変わらずピントが合ってない


それにしてもここのイワカガミは色が薄いような気がする

前立山で見たイワカガミは濃ゆいピンクだったけどここのは桜色に近い感じがする








14525高千穂 (46)
進む

あの稜線が間近に迫る

14525高千穂 (46) - コピー
矢印の場所まで言って引き返すことに決めた












14525高千穂 (47)
山頂から15分ほどで現在の場所に到着












14525高千穂 (48)

ゲートのようなものが見えた

何だろうと思っていたけど近くで見たら鳥居のようだ











14525高千穂 (49)
さらに進み奥の岩で少し休憩した後引き返す








14525高千穂 (50)
霧がかかるとあっという間に周りが真っ白に




14525高千穂 (52)
山道はずっと遠くまで続いている


霧島東神社からの道はこんなとこばっかり歩くんだから高千穂河原コースよりもはるかに楽で楽しいんじゃないのかと思ったけど霧島東神社を出てからしばらくはなかなか荒れた登山道が続くらしい


東神社から登って来た人にとってはこのあたりの景色はご褒美みたいなもんなんだろう








14525高千穂 (51)
学生軍団がこっちに向かってきた




まさにアリの行列


今から山頂に戻ると行列とぶつかるのでこの場所でやり過ごしてから動くことにした


行列をしばらく観察していた

これが結構面白い



















14525高千穂 (53)
小林方面を見る


晴れていたらもっと展望がきいたはず









14525高千穂 (54)
田んぼも上から見ると別のもののように見える






14525高千穂 (55)
学生が通過したんで山頂へ出発



鳥居をくぐる直前で霧がかかる


頂上の日の丸も見えなくなった


天孫降臨はあくまでも神話だけど本当に神様が降りてきたと言われたら信じてしまいそうな、
そんな光景だった


雨さえ降らなければ霧の山も結構いいもんだ








14525高千穂 (56)
鳥居

雰囲気あるなー








14525高千穂 (57)
山頂を目指す


当然だけど登りと下りでは見える景色が違う


何だか別の登山道のような気分になる








14525高千穂 (58)
この花は何だ









14525高千穂 (59)
再び山頂に到着




携帯用トイレブースが設置されていた








14525高千穂 (60)
山小屋


14525高千穂 (61)
別角度から天逆鉾


思ったよりもかなり小さなものだった






14525高千穂 (62)
黄色い花






続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR