1日目その3 日豊線を北上し四国へ… 最南端から稚内まで日本縦断鉄道の旅 

その2へ


20140807 (230)
16時14分
南延岡に到着 4分停車するのでホームに降りた
向こうにはこの駅始発の佐伯行普通列車が止まっている
ここで乗り換えても良かったけど自分はこの列車の終点である次の延岡まで乗り通すことにした
混むんだったら当然始発から乗ったほうが良いけどどうせ混まないだろうし



20140807 (233)
16時18分 発車
駅構内には貨物列車が止まっていた
南九州の貨物列車というとED76が牽引しているイメージがあったけどここまでEF81が入って来るようになっていたのか…
貨物は(その他のこともだけど)あまり詳しくないので良く分からんけど角目ライトは南九州には似合わんよなあ

20140807 (236)
南延岡を発車後直ぐに車窓左手に旭化成の専用線が分岐
さっきの貨物列車もここの貨物を運んできている
鹿児島地区に専用線はなかったはずなのでここが日本最南端の専用線なんだろう

貨物列車もかなり短かったしいつまで現役の姿を見ることができるんだろう…


20140807 (241)
16時22分 終点延岡着

20172017807 (11)
 

20172017807 (12)
駅構内
変な色の入換DLが停車中

20140807 (264)
少し間をあけて16時47分にさっき南延岡で見たキハ220が入線
乗り込むと予想通り車内はガラガラ
5人ほどを乗せ2分停車の後に延岡を発車した
ぱっとみて自分含めほぼ全員が18きっぱーのようだ




20140807 (274)
列車が1日上下線合わせて6本しか止まらないことで有名な宗太郎で3分ほど停車
行き違い列車があったわけでもないしもしかしてJR九州のサービスなのかね

20172017807 (13)
自分はてっきり行き違いがあると思っていたので駅前の写真を撮ったりしていたけどふと出発信号機を見たら青になっていたので大急ぎで列車に戻った
その後30秒ほどして扉が閉まり列車は発車
危ない危ない…


20140807 (282)
そのあと信号場でキハ220の普通とすれ違う
超閑散区間に2本も車両を使うなんてなんか非効率な気もするけど距離も長いのでやっぱ1本で回すのは無理なんだろう
学校が始まったら通学の需要もあるのかもしれないし…


20140807 (286)
まわりに住宅が建て込んできたら間もなく佐伯に到着
何だか少しホッとする

20140807 (288)
18時04分に定刻に佐伯に着いた
3分の接続で上り普通列車が発車するけど40分後にも普通があるので佐伯で途中下車することにしていた
今降りとかないともう二度と来ないかもしれないし…

20172017807 (15)
駅舎

20140807 (304)
キハ220はその後回送列車となり大分方向へと発車していった
多分この後基地に帰るんだろうけどどうせだし客扱いしてくれてもいいのにさ
1両じゃ大分口で客を捌けないのかな

でも久大線とか豊肥線は1両で無理やり捌いているような気も…
増結したらいいのにと思うこともたびたびある
ちょっと昔は大分口の豊肥線は20分間隔で運転されていた気もするけど今時刻表をめくるとどうも本数が減っているみたい
お客の減りよりも先に車両と本数を減らすのはちょっとどうなのかと思わないでもないけど全国的な傾向なのでしょうがない
乗務員が確保できなかったりローカル線で多少客が減った増えたしても金にならんとかまあいろいろ理由があるんだろう

その後18時47分発の大分行き普通列車に乗車した
ガッラガラというか1両貸切の状態で佐伯を発車した

20140807 (315)
浅海井で10分弱停車
10年くらい前までは急行型が走ってたんだよなー
その時乗りたかったなあ

20172017807 (16)
浅海井駅の駅舎

20172017807 (17)
最長片道きっぷかなんかで見たような見てないような
確か委託された人が駅舎に家族で住んでいたような気がする
気のせいかね


20140807 (319)
定刻より5分ほど遅れて20時35分ごろに大分着

駅前にやよい軒があるみたいなのでそこで夕食をとった
冷汁定食が旨かった
ご飯に物凄くよく合うんで5杯くらい食べた
気づいたら動けないくらいに満腹になっていたけど動かないわけにもいかないんで前かがみの状態で店を出た
駅前の横断歩道でゲロをぶちまけそうになった

ここまで腹いっぱいになったのは2011年の雷鳥荘の夕食以来だなあ


20140807 (320)
さて別府駅にやって来た
ここから路線バスに乗り別府港へ向かう

やって来たバスに乗り込んだ
立命館大学方向へ向かうため発車間際には車内はほぼ満席になった
しかも7割がたの客が外国人
多分留学生なんだろうけどこんなに別府に外人さんがおるとは思わなかった



20140807 (321)
別府港の宇和島運輸フェリー乗り場にやって来た


20140807 (322)
夏休み期間で混雑しているんだろうなあと思ったけど建物の中にはほとんど誰もいなかった

まあ出航まで時間があるしね



20140807 (323)
結局出航時間になって乗り込んだのは30人ほどかな
ガラガラじゃないか


23時50分 別府を出航
深夜2時35分に四国の八幡浜に到着するけど5時30分まで船内休憩ができる
八幡浜の町に深夜ほっぽり出されてもどうしようもないんでこのサービスはありがたいというかある意味必然かなあ


20140807 (324)
ガラーン…
一区画無人の場所もあった
まあ客の立場からすると空いているほうが良いんだけどね
3100円で四国に渡れて夜も明かせるわけだからもうちょっと混んでもよさそうなんだけど

豊後水道を挟んだ人の行き来は思ったほどないのかもしれない
ただ日中は臼杵からの便も含めかなり本数があるんでそんなことはないはずないか

フェリーの経営もだいぶ大変なのかね


翌日へ続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR