2日目その1 四国上陸! 西大山から稚内まで日本縦断鉄道の旅 

メニューへ
1日目へ


2014年8月8日(金) 青春18きっぷ2日目
本日の予定
八幡浜→松山→高松(連絡船うどんを食う)→岡山(赤穂線経由)→大阪(ちょっとぶらつく)→京都→米原経由で武生

目が覚めたらすでに四国
不思議な気分・・・
148s02 (1)
始発列車に間に合うように5時ごろ下船
通常は5時半まで線内休憩が可能みたいだけどこの日は5時までで打ちきりだった気がする
夏休み期間中だったため…かな
よく覚えてないけど



148s02 (2)
昭和の香りがプンプンする八幡浜港のフェリーターミナル


148s02 (3)
川沿いを歩き駅へと向かう
夜が明けてきた
雨にぬれた路面がなんかいい雰囲気を醸し出している気がする
割と古い味のある建物も多く中々楽しい街歩きでした





148s02 (4)
この辺が市の中心部かな・・・
まだ5時過ぎということもあり人通りは全くない


148s02 (5)
30分弱で八幡浜駅に到着
フェリーと鉄道を乗り継ぐ人間は自分だけだった

18きっぷシーズンだし何人かいるかなと思ったけどそんな暇人は多くないのか

148s02 (6)
5時42分発の予讃線(海線経由)始発の松山行に乗車
列車はキハ47のユニットにキハ54をくっ付けた3両編成で運転
5時34分発の内子線経由松山行に乗ったほうが松山には早く着くけどまあ急ぐ旅でもないし…

148s02 (7)
車内はガラガラ
最後尾は貸し切りだった

148s02 (8)
客もほとんど乗ってないので車内をぶらつく
先頭には前述のとおりキハ54がくっついている
そのキハ54名物長い長いロングシート
良い子の皆さんは寝っ転がっちゃだめですよ

148s02 (9)
ちょっと前面展望を楽しむことに…

148s02 (10)
適当なところでキハ47のボックスに戻った
内子線と分岐してしばらく進むと海が見えてきた
瀬戸内海らしくほとんど波立っていない

ただこの天気だとなあ…
晴れてたら朝日に照らされる美しい車窓が望めたんだろうけど


148s02 (11)
列車はあの有名な下灘駅に到着
晴れてたら下車しても良かったんだけど


148s02 (12)
駅舎反対側には海が見える
実は…というか結構有名な話だけど線路のすぐ横に海があるわけではなく一段低い所に道路が通っている
駅舎改札あたりから撮ると旨い具合にそう見えるわけだ
なんか詐欺というかそんな感じもするぞ

このことを知らずに下車して下の道路を見てがっかりした人も多いと思う
個人的には海が絡む駅としては鎧(島取だか鳥根だかあの辺)が一番風情がある気がする

行ったことないけど…



148s02 (13)
伊予市で内子経由と合流
坊っちゃんスタジアムが見えると間もなく松山
この球場の真横にある市坪から部活の集団が乗ってきて車内は一気に賑やかになる
どっか遠征でも行くのかな
ごくろうなこった






148s02 (14)
伊予鉄道線をオーバークロス
コンクリートの枕木が並んでいたり案外近代的だ

実は列車本数もかなり多くなんと15分毎に運転されている
伊予市~松山間ではJR線と競合しているけど伊予鉄道のターミナルである松山市駅の方が松山駅より中心部に圧倒的に近い事もあってこの区間の近距離競争ではJRに勝ち目は無さそう


148s02 (15)
7時39分 終点松山着

148s02 (16)
アンパンマン列車がお出迎え
キャラクターを全面にラッピングした列車がここ数年増殖しまくっているけどこのアンパンマン列車が元祖かなあ
キャラクターとコラボというと快速海峡のドラえもんがたぶん早いだろうしここ数年の異常な増え具合の原因はたぶんのと鉄道の成功?(何をもって成功というのかはよく分かんないけど)だったりするし何をもって元祖というのかは難しいけどたぶん元祖の一つではあると思う

元祖がいくつもある時点で元祖じゃない気もするけどまあいいか




148s02 (17)
EF65も停まっていた
ここまで貨物運用があるようで

次の列車まで少し時間があるので伊予鉄道の鉄道線と路面電車が交差するところを見に行きます

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR