2日目その2 伊予鉄道の平面クロスを見学→予讃線を北上  西大山から稚内まで日本縦断鉄道の旅 

148s02 (18)
さて平面クロスで有名な大手町駅へ行ってみますよ
歩いて行こうかなと思ったけどせっかくなんで路面電車に乗ってみる
平日朝ということもあり駅前の停留所からはひっきりなしに電車が発車していた


148s02 (19)
外板にリベットが打たれた古そうな電車がやって来た
車内の床も板張りとなかなかいい雰囲気
7時53分ごろに唸りながら松山駅前の停留所を出発



148s02 (20)
3分ほど乗るとお目当ての大手町駅に到着
お値段160円也
やっぱ歩いたほうが良かったかな
目の前にある平面クロスの上を乗って来た電車がごとごと揺れながら通り過ぎていった


148s02 (21)
リベット打ちに板張りの車内と伊予鉄道の路面電車の中でも相当古株に当たったのかなと思っていたけど
調べてたらこの車両1960年くらいに製造されたらしい
路面電車としてはそこまで古くもないか


148s02 (22)
さっそく鉄道線の方を電車が通過していった
京王の車両みたい



148s02 (23)
そして道路というか踏切の直ぐ脇にある大手町駅に停車
大勢の通勤客が駅の改札から出てきた

この後も何本か列車の通過を見学
鉄道線の方も前に書いた通りほぼ終日15分毎に運転されているんで列車の観察も割としやすい
というかこの辺は複線区間なのね

ローカル私鉄というより都市鉄道と言った感じが強い気がする
148s02 (24)
路面電車もひっきりなしにやってくる

148s02 (25)
路面電車が踏切待ちする光景も珍しくない
踏切が鳴っていない時も路面電車は車と同じようにちゃんと一時停止していた

無視したらおまわりからサイレン鳴らされて切符切られたりするのかね
そりゃないか


せっかくなので動画も載せた
伊予鉄道自社発注車である610形が通過
切るタイミングが早すぎたけど許してちょんまげ





148s02 (26)
そろそろ帰るかね
帰りは歩くよていだったけど大手町駅の駅員から有難いことに平面クロスのパンフをもらったので路面電車に乗ってお金を落とすことにした
お布施みたいなもんですな
ただパンフは長い旅行中に紛失してしまった
そんな大したこと書いてなかったし別良いけど

鉄道線の通過を待った後電車は発車







148s02 (27)
鉄道線のレールと交差
独特のジョイント音がする


148s02 (28)
松山駅前の停留所に戻って来た
時計を見ると8時20分

あれ、8時20分発の観音寺行に乗る予定だったけど…






見事に乗り遅れました
高松駅で連絡船うどんを食う計画がパーになってしまった
あーあ
何気に楽しみにしてたのに

特急でショートカットする計画を考えたりもしたけど高くつきすぎるんで大人しく次の普通に乗ることにした

148s02 (29)
8時50分発の普通列車に乗ることにした
素っ気ない顔にステンレスの地肌に水色の帯、うっすら浮いた赤錆
なんかパッとしないなあ


この列車は伊予北条どまりのためそれより上に行くには9時28分発のやつに乗らんといかんのだけど半端な待ち時間をつぶせそうなところもないんでとりあえずこれに乗る

148s02 (30)
ホーム横の留置線には今年6月にデビューした8600系が停車中
中々洒落たデザインだと思う
外国製の車両みたい




148s02 (31)
松山を出発した列車は少しすると伊予鉄道線の複線の線路をまたぐ
こっちは単線だよ…

148s02 (32)
9時16分に伊予北条に着いた




148s02 (33)
特にコメントすることが無いんで困る




148s02 (34)
このまま上り列車を待つのも暇過ぎるんで下り列車に乗り上り列車と交換するギリギリの駅で降りることにする
というわけで9時28分発の松山行きに乗ることになった
この列車は高松を4時53分に発車し終点松山には9時51分に着くなかなかの長距離運用となっている


148s02 (37)
なんとなく伊予北条の次の次の駅である栗井で降りた
特に変わったこともない普通の駅だった

まあそのうち駅舎コーナーで紹介します




148s02 (38)
9時46分発の伊予北条行で予讃線を再び北上する
またこいつかい



続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR