3日目その1 福井鉄道200形に乗車する 車内の様子など… 最南端から稚内まで日本縦断鉄道の旅 

メニューへ
2日目へ

2014年8月9日(土)
本日の予定
福井鉄道乗りつぶし→えちぜん鉄道未乗区間乗車→北陸鉄道に乗る?→高岡へ
14809 (1)
早朝の越前武生駅にやって来た
窓口も閉まっている
えちぜん鉄道との共通のフリー切符を買うつもりだったけど困った

乗務員がカーテンが閉まった駅事務室の中に入っていったんでダメもとで声をかけるときっぷを売ってくれた
営業時間外何で断られると思っていたけど助かった

14809 (9)
ホームの一番端っこには200形が留置されていた
いきなり遭遇できた
ホームに据え付けられているということは運用に就くんだろう

それにしても後ろにも縦列駐車みたいに列車が停められている
始発列車は当然後ろの方から順に発車していくんだろうから200形はいつ動くのか
乗務員に聞こうかなとも思ったけどあんまり趣味的なことを聞くのもどうかと思ったんでとりあえず路面電車タイプが運用に就く始発列車に乗ることにした

14809 (21)
岐阜の路面電車の車両のようで
これは6時15分初の急行だけどホーム向かいの線路に停まっていた始発(これと同型車両)に乗り込んだ


14809 (23)
6時02分に越前武生を列車は発車
お客は自分ひとり…


14809 (24)
名鉄の車両らしくどことなく野暮ったい感じがする


14809 (36)
6時04分
隣の北府で下車
もっと遠くまで乗ろうかなと思ったけどやっぱ始発から200形を堪能したいんで下車した次第
どの運用に入るか分からないしすれ違うのも嫌だし…

しかし武生方面の始発が6時54分と1時間近く列車が無いため越前武生まで雨の中歩いて引き返すことになった
距離は0.6キロだけど長旅の荷物を背負って雨の中を歩くのはいい気分じゃない


14809 (48)
武生駅の留置線が見えてきた


14809 (53)
福井鉄道カラーの200形がいた
車内の照明が点いているんでこれも運用に就くらしい
運転士が台車をチェックしたりしていた
始業検査かな


14809 (66)
カッコいいなあ
個人的にはこの新カラーが一番きれいだと思った
爽やかな感じが良い

14809 (68)
大型車両のなかではあまり人気が無い(と思う)610形
名古屋市営地下鉄からの譲渡車だそうで

200形は新型路面電車の投入でいよいよお役御免となりそうだけどこの車両はどうなるのか
こっちもたぶん製造から40年は越えてるだろうし

14809 (73)
7時01分発の急行にようやく200形が入る

14809 (91)
5分後の普通列車も3番のりばから発車するようだ
ということは200形新カラーの後ろの旧福鉄カラーの編成が続行で運転されるのか


14809 (92)
かっこいいなあ
頭のでっかい1灯のヘッドライトも昔は当たり前だったんだろうけど今ではかなり新鮮に見える
103系もキハ20なんかも2灯シールドビーム化改造されてるし…
これとSLぐらいしか現存して無いと思う


14809 (95)
ステップをあがり車内に…
年寄りさんにはかなりきついと思う
このご時世置き換えられるのもやむ無しかなあ


14809 (75)
セミクロスシートが並ぶ車内
青モケットがたまらん


14809 (79)
壁とドアの薄緑がまた良い
これが肌色とかに塗り替えられていたらいい雰囲気が半減してしまう


14809 (84)
運転台の様子

続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR