6日目その6 475系国鉄色を記録する 最南端から稚内まで日本縦断鉄道の旅 

その5へ

糸魚川を出るとボックスが丸々空いたんでそちらに移動
山側だったけどまあ最後に急行型のボックスシートに座れただけましだ

14812 (762)
17時ちょうど 定刻より4分ほど遅れて終点直江津着


14812 (775)
かっこいい…
ヤバいなあ


14812 (779)
はくたかがやって来た
JR東日本の車掌が681系に乗務している光景というのも見られなくなるのか


14812 (794)
485系特急北越も到着
またリュニューアル車だ
国鉄色は無理だとしても原型車の上沼垂色を記録したかったんだけど遭遇できないまま終わるのか
まあこれから乗るくびき野に期待します

14812 (805)
走り続けてほしいんだけど



14812 (811)
時間があるんで駅の外に出てホーム横にやって来た
ホーム上で写真を撮ってる同業者はいたけどこっちまでやってきているのは自分だけ

14812 (820)
柵がびっくりする位低いんで思った以上に撮りやすかった
西日に照らされ輝く国鉄色
本当にかっこいい

14812 (827)
欲を言うと方向幕部分が塞がれてなければもっと良かったんだけど

最後の最後で見れて本当に良かった


さようなら…




14812 (869)
17時32分発の快速くびきの5号に乗り新潟へ…
またまたリュニューアル車
原型車に合えないまま終わるのか
何日か後にも信越地区に来るんでそん時に期待

14812 (870)
デッキには立客が出るくらいの乗り具合で直江津を発車
途中駅での乗客の入れ替わりも激しかったけど終点新潟までほぼ満席の状態だった
短距離の通勤客に長距離旅行客と幅広い客層に利用されているようで
新幹線全通後はどうなるのかね

14812 (882)
夕暮れの田園地帯を走る
なんかこんな風景を見ると鬱っぽくなる




14812 (892)
新潟駅に到着
駅前の松屋で食事をとるもかなり待たされた
このあとE653系が運用されるらくらくトレイン村上のグリーン席(自由席として開放)に乗るつもりだったけどタッチの差で乗り遅れた
地味に楽しみにしてたのに…


14812 (902)
新潟どまりの特急が到着
乗りたかったなあ…


14812 (905)
このでっかい座席でくつろぐつもりだったのに…

14812 (906)
結局後続の普通に乗り込むことに


14812 (909)
窓枠がユニットサッシ化されておらず丸っこい
ということは115系初期車か…

14812 (908)
初期車はボックスの幅がかなり狭いからあんまり乗りたくない
車齢50年近く…というかもしかしたら超えているかもしれない大ベテラン車両だし乗れたのはある意味ラッキーかもしれないけど

14812 (916)
村上で乗り換え

14812 (919)
22時49分終点鼠ヶ関着
今夜はこの駅で一夜を明かし翌日の秋田行き始発を待つ

~本日の行動~
魚津610→631泊642→658黒部 徒歩 電鉄黒部719→749宇奈月温泉 徒歩  宇奈月817→933欅平1146→1304宇奈月
宇奈月温泉1345 特急うなづき10号 ダブルデッカーエキスプレス 1416新魚津 魚津1510→1516黒部
1536→16561700直江津1732 快速くびきの5号 1929新潟2017→2054柴田2103→2249鼠ヶ関


7日目へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR