2日目その1 SUGOCAを紛失。。。京阪特急全面展望を楽しむ 年末関西適当旅行

メニューへ
1日目へ
2014年12月20日(土)
本日の予定 
京阪で京阪間を往復→阪急嵐山線に乗る→阪急河原町から特急の最前列に座り梅田へ→能勢電鉄→三宮

14関西2 (1)
夜明け前の大宮駅
スルットKANSAIの3日間乗り放題のやつを券売機で買おうとしたけど売ってなかった
百数十円無駄な出費になるけど河原町で飼うことにした

SUGOCAを改札にタッチして入場

14関西2 (2)
数分で阪急の京都側のターミナル駅である河原町に到着
改札前でSUGOCAをバッグから取り出そうとしたけど…

無い!

バッグをがさごそやったけど見つからない
一応ホームまで歩いたところを引き返すけど無い
ていうか記憶では大宮のホームでポケットかバッグに入れてそれっきりのはずだからこの駅にあるはずもなく…

とりあえず改札の窓口に説明した
不正乗車を疑われて尋問されるんだろうなあと憂鬱な気分になっていたけど凄く丁寧な対応をしてくれた
SUGOCAを落としたといったら乗ってきた電車の時刻を聞かれ大宮駅と梅田の落し物センターに問い合わせてくれた
さすがにまだ届いてないらしい

そのあと係員が落し物センターの電話番号が書かれた紙をくれた
驚いたことに運賃は払わなくていいらしい

いやあびっくり
さすが阪急
お客の主張を信じてくれるとは思わなかった

14関西2 (3)
鴨川を渡り対岸にある京阪の駅へ向かう
無くしたSUGOCAは無記名のやつだから多分見つからないだろう…
まだ4000円近く残額があった

さすがに旅行中止を考えるほどではないけど地味にショックも大きい


祇園四条から京阪電車に乗車
河原町まで向かう
券売機でするっとKANSAIを買おうとするも項目が見つからない
まあいいや淀屋橋で買うし…

もう百いくらの出費なんてどうでもよくなってきた
14関西2 (4)
来た電車に乗り込む
丸くカーブした金属製の座席仕切りに薄緑色の化粧板
すっごいレトロでビックリした

14関西2 (5)
出町柳に到着
この車両は1964年から製造開始されたらしい
前面は改造されているものの中身は昔のまんま

それにしてもよく手入れされているようで国鉄型の車内のような黒ずみや汚れなんかはほとんどなかった

改札を出てスルットKANSAIを買うために窓口に向かう
3日分をお願いしますというと何日か前に発売が終わったとのこと

え!

終わった?


急いでスマホで調べなおすと12月14日で現地発売は終了したらしい
また春シーズンに発売されるそうだ

関西以外では年間通して旅行会社やコンビニ端末などで購入できるらしい
開いた口が塞がらん

何をやってたんだ
出発前に買うとかんといかんやった

これから3日間関西の私鉄を適当に乗り回す予定だったけど見事に計画崩壊


愕然としつつもとりあえず淀屋橋までのきっぷを買い再びホームに入場
こりゃあ出費がかさみまくりそう

せっかくだし特急に乗ることに…
特急の最前列に座るために1本見送る
なんと10分間隔で運転されているんでとても便利だ
14関西2 (7)
やってきました8000系

14関西2 (8)
無事に最前列をゲット


14関西2 (6)
発車間際になっても車内は閑散というかガラガラ
土曜の朝7時台なら1本見送ると余裕で特等席を確保出来そうだ

14関西2 (9)
隣のホームには年季の入った車両が止まっていた
1959年から製造を開始した2000系を改造した2600系2601F
もう車齢は50年を超えているらしい
国鉄で言ったら101系世代になるのか
この車両は顔も改造されておらずほぼ原形のまま


この顔を見に京阪に乗りに来たようなもんだし
こんなにあっさり対面できるとは…

7時50分
特急は出町柳を定刻に出発
京都市中心部は地下を走るんであんまり面白みがない

ガラガラだった車内も三条四条と停まるうちにどんどん人が乗ってきて七条ではついに立客も出始めた

14関西2 (10)
地上に出た

14関西2 (11)
8000系特急とすれ違う
S字カーブや勾配が連続している区間も多い

京阪は思った以上に線形が悪かった

14関西2 (12)
高架線でもきついカーブやアップダウンがかなり多い

14関西2 (13)
それでも直線では100キロ近くまで加速
ただJRにスピードでは太刀打ちできない
この列車も京橋まで48分もかかる

14関西2 (14)
淀川と木津川を渡る

特急停車駅では緩急接続が行われていて駅に停まるたびに大勢の人が乗って来る


14関西2 (15)
大分端折って複々線区間
めっちゃ駅間が近くてビックリ

14関西2 (16)
京橋を出るとすぐに地下に潜る


14関西2 (17)
8時45分
終点出町柳着
続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR