2日目その3 十三で撮り鉄&能勢電鉄復刻塗装車に乗る 年末関西適当旅行

その2へ

14関西2 (39)
ここでも適当に撮り鉄
京都線の優等列車に使用される9300系
ヘッドライトから屋根にかけての白いカバーが結構かっこいい

14関西2 (40)
十三は3路線が分岐し特急も停まるターミナル駅
3方向に1時間当たり片道42本の列車がこの駅を発車する
ということは上下合わせて1時間当たり84本!

都会の人には当たり前の数字なのかもしれないけど田舎者からしてみたら現実味が全くない数字

14関西2 (41)



本当にひっきりなしに列車が発着する
京都線の最古参である2300系と最新鋭である1300系が並ぶ
2300系は1960年に製造が開始、1300系は今年営業運転に投入されたばかり
下手したら爺さんと孫くらいの年の差がある

関西私鉄恐るべし…
関西の鉄道ファンは毎日が楽しくて仕方がないんじゃないかと思う



14関西2 (42)


神戸線のホームはカーブしていない
何だか別の駅の写真のようにも思える

40分ほど撮り鉄していたけどさすがに体が冷えてきた
雨風も弱まる気配が無い
大宮から能勢電鉄までの運賃の切符を買ってあるんでいい加減に切り上げて移動することにする
14関西2 (43)
宝塚線の電車に乗る
普通列車は割と空いている

14関西2 (44)
運転台後ろのロングシート区画が空いたんで座った

14関西2 (45)
川西能勢口で能勢電鉄に乗り換えの為下車

14関西2 (46)
元阪急のマルーン色の車両が止まっていた
改札も分離されていないし列車の色も同じなんで完全な同一会社のようにも思えた

14関西2 (47)
未だにパタパタが現役
何気に驚いた

程よい乗り具合で川西能勢口を出発

14関西2 (48)
途中車窓には吊り橋も見えた

14関西2 (49)
昭和35年!


14関西2 (50)
製造から54年が経過しているけど車内も綺麗に整備されている
外観もピッカピカのマルーン色
何度も書くけど関西私鉄凄い!

それにしてもいったいいつまで現役なんだ

14関西2 (51)


20分ほどで終点の日生中央に着いた
こっちの車両のドアが開いたのと同時に向かいのホームからは開業100周年を記念した復刻塗装の1500系が出発していった


14関西2 (52)
線路終端を見る
この後改札の外に出て駅舎の写真を撮ったりした
いつになるかはわからないけど画像上げます
多分


14関西2 (53)
15時37分発の山下行に乗り込む
さっき見送ったはずの復刻塗装車がやって来た
特別塗装車はこの日山下~日生中央を往復する運用に就いているみたいだ

14関西2 (55)
車内には過去の写真なんかも展示されていた

14関西2 (56)
数分で分岐駅である石橋に到着

14関西2 (57)
この特別塗装車は到着した2番線で客扱をし客を乗せたまま1番線へ転線
その後何十秒か扉を開けた後再び日生中央へと走って行った

客を乗せたまま入換をするなんてビックリ
妙見口方面への列車から対面で乗り換えやすいようにとの能勢電鉄の配慮なんだろうけど…
本当に関西私鉄はお客第一なんだなあと感心してしまった

14関西2 (58)
駅名標

14関西2 (59)
マルーンばっかだと思ったけど意外と塗色のレパートリーも多い
SATOYAMA?
帰宅後調べると沿線の里山をPRしたラッピングだとか…
そのままの意味だった




14関西2 (60)
こちらも復刻塗装車

割と短時間の滞在だったけど能勢電鉄の車両は全種類コンプリートできたようで
案外収穫があった




帰り際川西能勢口でとった動画

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR