10日目その2 長官山を越え利尻山頂へ… ★礼文&利尻島 最果ての離島訪問記

その1へ

14816 b (20)
8時10分ごろ
利尻山8合目標高1218メートル
長官山に到着

目の前には黄緑色の利尻山の頂がそびえる

14816 b (21)
後ろを振り返る
ほんといい天気

水分補給をした後再び歩き始める

14816 b (22)
利尻山の山肌にはもう盆過ぎなのに少しだけ雪が残っている個所もあった
あの辺りはまだ春が来たばっかりなんだろう
もしかしたら年中冬なのかもしれない

画像でしか見たことないけど5月6月ごろの残雪の利尻山の美しさと言ったら物凄いらしい
一度その時期に来たいところだけどなかなか…

14816 b (23)
だんだん雲が出てきた
この日は快晴の予報
雨具も港のコインロッカーに置いてきている

雨具を持たないで登山なんて一番やっちゃいけないことだけどまあこの天気だし大丈夫だろう

14816 b (25)
避難小屋
宿泊は禁止らしい


14816 b (26)
笹原の下には海が見える
すぐ近くに海があるようにも見えるけど海面は今いる場所より1000メートル以上下
いまいち実感が湧かない
他の山ではあんまり見ることのできない光景だと思う

14816 b (27)
この花はトリカブトだっけな
きれいだからなんでもいいや

14816 b (29)
9時ちょうど
標高1410メートルの9合目に到着
景色のいいところでは立ち止まったり日陰は速足で歩いたり、一定のペースで歩いてきていないんでさすがに疲れてきた
北麓野営場から3時間30分でここまで登って来た

まだ案内板の標準タイムよりも30分ほど早いペースで登ってきている
この調子だと時刻の問題はなさそうだ

14816 b (30)
人の背丈よりも少し大きいくらいの樹木が茂っている
9合目を出ると急に勾配がきつくなった気がした

14816 b (31)
急坂をえっちらおっちら上る

14816 b (32)
大変危険な状況らしい

14816 b (33)
右側の斜面がやばいらしい
登っている最中は良く分からんけど

14816 b (34)
上から見るとこんな感じ
崖の端を歩かない限り危険はないけど落ちたらたぶんやばい
踏み外したら何メートルくらい下まで滑落することになるんだろうか

それにしてもロープに捕まるなとわざわざ表示してあるのにロープを頼りに登っている人の多いこと多いこと
ロープの杭はどう見てもまともに固定されておらず地面に刺してあるだけのように見える
複数の登山者が同時にロープにしがみ付いている場面も見た
もし杭が引っこ抜けたらどうするつもりなんだろう

14816 b (35)
登山道も荒れていた
切通かなとも思ったけど、人間が通ることにより土砂が流失してこのような有様に成り果ててしまったらしい
こんな状態だと夕立でも降ったら目も当てられないほど悲惨な登山になりそう
泥まみれで済むかな

14816 b (36)
足場の悪い切通しもどきを上る
勾配もきついため目線の先には太陽の日差しが…
眩しすぎる!


14816 b (37)
こんな感じで登山道の補修工事も行われているようだ
何年か後には状況も変わるのかもしれない

14816 b (38)
ひいひい言いながら登っていると遠くに祠のようなものが見えてきた
あれが山頂のようだ

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR