11日目その1 レンタサイクルでサロベツ原野・稚咲内を周る ★稚内から列島南下の旅

10日目へ

2014年8月17日(日)
北海道・東日本パス5日目
<本日の予定>
南稚内→豊富(レンタサイクルでサロベツ観光)→宗谷本線南下→札幌→はまなす

10時過ぎにホテルを出た
7時台の列車で南稚内を後にしたかったけど見事に寝坊してしまった

宗谷線の普通列車の本数はかなり少ない
南稚内発の上り普通は7時38分発を乗り過ごすと10時55分まで3時間以上も間隔があく

14817 (3)b
10時55分発の普通列車が到着
お盆休みの日曜なんで相当な混雑を覚悟していたけど
クロスシート部分が埋まっているくらいでロングシート区画はスカスカだった
ロングシートに座り窓を開けて体をひねり車窓を楽しむ

14817 (4)b
鉄道ファンにも人気の抜海駅
年季の入った木造駅舎が現存


14817 (5)b
平原の中を進む

14817 (6)b
40分ほどで豊富着

14817 (7)b
駅舎に併設されている観光案内所で自転車を借りる
売店には沿岸バスのキャラクターグッズも販売されている

14817 (8)b
11時45分 サロベツ原野&稚咲内に向け出発進行!

14817 (9)b
ひたすらまっすぐ
向かい風がきつい

しかも自転車の整備状況も良くない
早朝に豊富駅にやってきてオトンルイ風力発電所あたりを散策する全長約60キロのロングサイクリングを妄想したりもしていたけどその計画はどう考えても無謀だということに気付いた
寝坊してよかった…

14817 (10)b
サロベツ原野を突っ切り

14817 (11)b
日本海が見えてきた
奥には小さく利尻山も見える

14817 (12)b
オロロンラインに合流

14817 (17)b
12時50分 稚咲内のサロベツ海岸に到着!

14817 (13)b
これぞ北海道!

14817 (14)b
これぞサロベツ原野!
これぞオロロンライン!

札幌小樽と美瑛あたりだけで北海道を知った気になるなよ!と叫びたくなる

この先に進みたいところだけど時間的にも体力的にもここまで来るのが精いっぱい
いつか原付で走ってみたいけど…
再訪できるかね

14817 (15)b
灰色の砂浜がどこまでも続く
空が若干霞んでいるのが残念
利尻・礼文訪問時の澄み渡った空気と青空を体験しているだけに少々物足りないけどあまり贅沢は言うまい

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR