13日目その3 標高2696M 唐松岳登頂 ★北海道から列島南下の旅

その2へ
11時15分ごろ
歩き始めて3時間弱で無事唐松岳頂上山荘に到着
マップによるとリフトを降りて4時間ほどかかるらしいから案外いいペースで登れたことになる

14819-1 (33)b
荷物を置いて唐松岳登山へと向かう
山荘の直ぐわきにはコマクサの群生地があった
コマクサを見るのは初めてだったけど思いのほか花も小さく特に感動は無かった
そういえば昔田沢湖線には特急こまくさも走っていた
小さかった頃読んでいた児童書に書いてあったことを思い出した
話が脱線…

14819-1 (34)b
進む

14819-1 (35)b
後ろを振り返ると斜面に張り付くように建つ山荘が見える

14819-1 (306)
山荘から20分ほどで唐松岳の頂上に到着
もうついてしまった…
今日の予定はもうこれでおしまい
物足りねー

14819-1 (36)b
そんなことを思っていたらいきなり霧が晴れ立山連峰の山々がくっきりと見えるようになった
ただカメラを構えたときには再び霧に隠されてしまった
山の天気は変わりやすい…


14819-1 (305)
アニョハセヨー
山荘と標を一緒に撮ろうとするもこの角度だとハングルしか表記されていない面になる
ハングルを表記するなとかいうつもりは無いけどせめてどの面にも日本語を表記してほしいところ

あと当然別の面には2つ上の写真のように日本語で表記されている面もあります
韓国が絡むと過剰反応する人がどこにでも湧くんで誤解の内容に…

14819-1 (37)b
さあ戻るか


14819-1 (38)b
時折ガスが晴れ崖下の雪渓が見えたりする
最高の景色だ


14819-1 (39)b
山荘に戻って来た
奴隷船のような状況を覚悟していたけどご覧のとおり寝床はスカスカ
温度も当然涼しくきわめて快適だった
コンセントも設置されているからスマホの充電も出来る
素晴らしいじゃないか!

何だか急に疲れが出てきたんで昼過ぎだけどひと眠りすることにする
よく考えたら前日は軒下で野宿だしその前の日は急行はまなすの簡易リクライニングシートで一晩耐えたわけだから疲れがたまっているのも当然だ

目覚めた後も何だか怠いんで、うつぶせでぼーっとしていたら中高年のばばあ集団がこの人は勝手にスマホを充電しているけどいいのかしら?とでっかい声で言いながら目の前の通路を通り過ぎていった
こっちも即と飛び起きばばあを凝視
ばばあはこっちが寝ているとでも思ったんだろう
ぎょっとした顔をしながら外へと消えていった

あんな悪口みたいな言い方せんでも素直に聞いてくれればいいのにさ
こっちも無断じゃなくてちゃんと受付で聞いてるんだし

その後おっさんからも充電してもいいのかと聞かれたんで受付でいいと言われたと答えた
素直にこう聞いてくれれば何も問題ないんだけど


14819-1 (40)b
寝たり起きたりを繰り返していたら夕方になっていた
うつらうつらしているとますます怠さが増してきた気がする

気分転換に夕日でも見るかと思い外へと出るとご覧の状態だった

ただガスはかかっているものの予報とは違いは降っていない
落雷の危険性もなさそうだ

これだったら日帰り登山で十分だった気もする
まあいいや

翌日へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR