15日目その2 がっかり観光地忍野八海 など ★春の列島周遊大旅行

その1へ
山中湖平野から30分弱
忍野八海入口バス停で下車

案内板に従い忍野八海を目指す
310fuj15 (24)
忍野八海の一つである何とか池
名前を失念…
しょっぼいため池みたいな見た目だし改めて調べる気も起きない

310fuj15 (25)
さっきのため池もどきから数分で忍野八海の中心部に到着
美しい池の周りには茅葺屋根の土産物屋が立ち並ぶ

ちなみにこの池は忍野八海にはカウントされないらしい
なんだよそれ!

310fuj15 (26)
上の池の中にはもう一つ囲いで区切られた池がある
コンクリで作られた見るからに人口の池だけど、中の水は青く輝いていてその中を魚が悠々と泳いでいた
ぶっちゃけこの人工池が一番見ごたえがあった

ただあまりにも水が透明なせいで、そこに沈んだゴミやスマホもくっきりと見えて少し興醒した


310fuj15 (27)

310fuj15 (29)
上二枚人工池

310fuj15 (28)
上写真は忍野八海の一つである湧池(たぶん)

このほかにも八海の名の通りいろんな池が周りに点在しているんだけど、どれもしょぼかった
中には驚いたことに見物料を徴収する池もあった
このあたりの商売人のがめつさは筋金入りだと思った

大した見どころの無い観光スポットだけど、ここも中国人で大賑わい
中国人は土産物屋の漬物に殺到していた
セリでもやっているんかというくらい騒々しい

日本人観光客の姿は自分以外にはほとんど全く見なかった
2、3年前だったらこの時期のこの近辺の観光スポットはほぼ貸し切り状態で楽しめたと思う
いかに中国人頼みで日本の観光が持っているかということを改めて思い知らされた

自分は忍野八海で300円くらいしか金落としてないし…

それにしてもあの人たちもう少し静かにしてくれんもんかね
金をじゃんじゃん使ってくれてなおかつマナーもいいなんていう観光客がおったらそれこそ神様みたいなもんだろうし、
そんな都合のいい存在なんてよく考えたらあるはずがないんだけど、雰囲気をぶっ壊すくらいぎゃーぎゃー言うのは
お願いだから止めてほしい

310fuj15 (30)
忍野八海入口バス停前にある忍草浅間神社
バスの時間が迫っていたため鳥居の外から参拝する
参拝したことになったんかなこれ
まあ気持ちの問題だし、自分がしたと思ってればそれでいいのだ

50分ほどの滞在で忍野八海を後にしようと思っていたんだけど、待てども待てどもバスがやってこない
バス停の時刻表を見ると、おかしなことに次のバスは16時何分とか書いてある
地方のバス会社なんてたいてい適当だし、これも多分掲示ミスか何かなんだろうと特に気に留めなかったが…

結局30分待ってもバスは来なかった
バス会社に運行情報を聞こうとスマホを手に取る
電話する前に、もう一度バス時刻表を確認する
この近辺には、「忍野八海」と「忍野八海入口」、「忍野入口」の3つのバス停が存在している
自分が今いるところは「忍野八海入口」バス停
乗る予定だったバスが経由するバス停は「忍野入口」…

ちなみにここまで乗って来たバスは「忍野八海入口」を出た後「忍野入口」を経由し吉田方面へと向かうバスだった
ややこしすぎるわ!

このバス停には、16時過ぎまで富士吉田方面へのバスはやってこないらしい!
この後、浅間神社を参拝し河口湖へ向かい遊覧船に乗る予定だったのに予定が全部ぶっ潰れてしまう可能性もある
血の気が引いた

どうするか迷ったけど選択の余地はそもそも存在していなかった

310fuj15 (31)
2.5キロ離れた忍野入口まで歩くしかない!!!
正面にはどーんと富士山がそびえ立つがやっぱり頭は雲の中
結局富士山のまともな写真が取れることなく終わってしまうんだろうか
このために二日も待ったのに…

310fuj15 (32)
速足で歩き30分ほどで忍野入口のバス停に到着
時間にすると30分だけど、もっと長い時間かかったように感じた

14時40分前のバスに何とか間に合った

元々立てていた予定より1時間ほど遅れている

310fuj15 (33)
ミラーの下に見える丸い物体は富士山レーダードーム館
運転士の鋭い眼光を写そうと思ったわけではない


310fuj15 (34)
浅間神社前のバス停で下車
世界遺産にも登録されている由緒ある神社である

次のバスまで15分ほどしか時間が無いので小走りで参道を進む
西日が差す参道はなかなかの雰囲気だった
立ち止まってその雰囲気に浸りたいところだけどそんな時間は無い

310fuj15 (35)
ちゃっちゃと参拝した後写真を撮りダッシュで参道を引き返す


310fuj15 (36)
無事バスにも間に合い富士山駅に到着

310fuj15 (37)
河口湖行きの普通にはトーマスランド号が運用されていた
元京王の富士急1000形(リバイバルカラー)と並んでいるところを撮影

310fuj15 (38)
車内の様子
最前列の助手席側は偽運転台が付けられていた
マニアが運転士ごっこするのを防ぐためか、子ども以外の立ち入りはやめろと窓に貼り紙がしてある

310fuj15 (39)
数分で終点河口湖着

310fuj15 (40)
ホームに降りた瞬間天気が急変…
いきなり雪が降って来た

310fuj15 (41)
駅から歩いて河口湖岸へと向かう
20分ほど歩き船津浜に着くころには、天気も回復していた
時刻は16時前…
なんとか遊覧船にも、カチカチ山ロープウェイにも乗れそうだ

310fuj15 (42)
遊覧船をスルーし

310fuj15 (43)
まずロープウェイのりばへとやって来たのだが…

強風のため運休!




310fuj15 (44)
しゃーないんでダッシュで遊覧船乗り場へ戻り16時発の便に乗船

310fuj15 (45)
河口湖大橋の下をくぐる
やっぱり富士山の頭は雲の中…
これはこれでありなのかもしれない…と無理やり自分を納得させる

310fuj15 (46)
遊覧を終え桟橋へ戻るころには再び吹雪となった
物凄く短いサイクルで天気がコロコロ変わる

310fuj15 (47)
下船するころには再び晴れ間も差すような天気となっていた
富士山の頭をまともに見れないまま、河口湖を発つわけにはいかない

もしかしたら奇跡が起こるかもしれない…と思い湖岸沿いをウォーキング


310fuj15 (49)
旅館街に差し掛かった時に奇跡が起きた!

続く!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR