ちょっと昔の九州の鉄道を振り返ってみる

旅行記書くのもいい加減飽きたんでちょっと休憩
九州新幹線全通以前の九州の鉄道を振り返ってみる

k15603 (6)
まだキハ58と65のコンビが現役だった
最晩年の引退興行ラッシュの時もっと記録しとけばよかった…
2010年2月か3月 大分駅で撮影

k15603 (16)
485系レッドエクスプレス色と485系国鉄色の並び
地上時代の大分駅は国鉄の雰囲気が色濃く残る良い駅だった…と写真を見て思い返す
当時はただのぼろい駅くらいのイメージしかなかったけど、無くなってから初めて良さに気付く
右側のDo32編成(このころはまだ鹿児島所属のDk32だった気も)は現在も現役
しかし今夏の臨時にちりんには運用されないらしいし、ついに引退?

P1010391.jpg
2007年撮影
K&H色の485系
3両編成なので全車普通車だったと思う
錆が浮いた鉄製の架線柱がなんともいえない
ちなみに大分駅、現在は立派な駅ビル併設の高架駅になっている



k15603 (10)
2006年 肥前山口駅で撮影
こちらは415系の有田陶器市号
415系は現在も運用に入っているらしいけど、ヘッドマークの装着は何年か前に取りやめとなったそうな

k15603 (11)
2006年 肥前山口駅で撮影
さるく博ラッピングの817系
ついこの前のようだけど、もう撮影から9年も経っている

k15603 (8)
2007年8月撮影
島鉄南目線の終点 加津佐駅に停車中のキハ20
末端区間廃止と同時にキハ20も引退
1両くらいイベント用にとっとってくれてもいいやんと思ったもんだけど
死にかけの地方私鉄にそんな体力があるはずもなくあっという間に解体されてしまった

P1010227.jpg
2007年8月 鳥栖駅にて
なはあかつきの分割シーン
結局1度しか撮影していない…

k15603 (7)
415系国鉄色
これも一度しか記録できていない
2007年6月行橋駅で撮影

P6220008.jpg
883系オリジナル編成
水戸岡先生も和風かぶれはいい加減に卒業して、キハ72以前のギンギラデザインに戻ってほしいんだけど…



地元周辺でも当たり前のようにキハ20や急行型が走っていた時代があったんだけど
どれもまともに記録できないまま消えていった

なは、あかつき、さくら、0系、100系、ぜーんぶまともに記録できないまま消えていった
なんか見直していたら憂鬱な気分になった

このころの九州の鉄道は今よりもずっと楽しかった…

デジカメの時刻データが消えちゃってるんで詳しい撮影日時が良く分かんない写真も複数あるけど、
宮地岳線とか島鉄南目線だとか、記憶が消えないうちにそのうち記事としてまとめたい
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR