18日目その3 ついに富士登山開始! ★北海道から列島南下の旅

その2へ

14824 (33)
12時半発の富士登山バスに乗り
五合目を目指すことに

発車10分前にのりばにやって来たんで長打の行列の最後尾
座れないどころか乗れないかもしれんと心配になった


14824 (34)
ぎっしり満員だったけど何とか乗り込めた
それにしても半分以上外国人観光客…

14824 (35)
ゲロを吐きそうになるくらいに酔った
1時間ほどバスに揺られてなんとか五合目着
貸し切りバスで乗り付けた中国人観光客筆頭に観光客であふれていた
一応標高2300メートルと高山と言っていいくらいの標高ではあるけれど、そんな風情は全くなし

14824 (36)
富士山の頭がはっきり見える
それにしてもぶっちゃけ対して綺麗ではない
やっぱり富士山は雪がある時期に遠くから眺めたほうが良い

14824 (37)
神社に参拝した後山小屋の予約を取り、14時前に登山開始

14824 (38)
協力金を払い登山道を進む
相変わらず外国人の姿が目立つが白人黒人が中心で、5合目には大量にたむろっていた中国人観光客の姿はほとんどなかった
たぶん中国人は大部分が貸し切りバスのツアー客なので、みんな五合目までで引き返していくんだろう

14824 (39)
木々が生い茂る中を進む
観光客用に乗馬もやっていた
馬が言うことを聞かないと係がぶっ叩いていてちょっと引いた
馬も結構気の毒だ
人間でよかった…

14824 (40)
森林もあっという間に消えこの先は富士山おなじみ灰色の景色が延々と続く

14824 (41)
なんかもう嫌になって来た
人多すぎ

14824 (42)
15時18分 七合目で小休止
チャイを買って飲む
とても美味かった…

14824 (43)
さらに上へと進む
ツアーの団体も多く登山道は慢性的に渋滞していた

14824 (44)
タイ語?のいろはす
ということはこの人はタイからやって来たのか…

今富士山に登っている自分が言うのも変な話ではあるけど、このタイ人筆頭に外国人観光客たちは何に惹かれて富士山にやってきてるんだろうか
美しい景色を見たいんなら立山とかに行ったほうがよっぽど満足できると思う
外国人にも日本一というブランドが通用してる証拠ではあるんだろうけど、なんか釈然としない


14824 (45)
登山道を振り返る
ずっと似たような景色が続く
ずっと渋滞も続く

登山気分も糞も無いわと思っていたけど標高が上がるにつれ何となく息苦しくなってきた
空気が薄くなってきたようだ


14824 (46)
どっかの山小屋で用を足す
「一歩前 振って散らすな 竿の露」
山小屋の従業員のドヤ顔が目に浮かぶようで微妙に癪に障る
「一歩前へ」だけでいいやん

14824 (47)
17時40分ごろ
標高3250M、8合目の元祖室に到着
今晩はここに宿泊…


14824 (48)
自分のスペースは寝袋一枚分…
夕食にカレーを食べた後この小さなスペースで横になる
高山病の症状か若干の息苦しさと頭痛はあるものの大した疲労も無くここまで到達できた

翌日へ


本日の行動
後日追記します


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR