20日目その2 大井川鉄道のボロ電車を撮影 ★北海道から列島南下の旅

その1へ

26826h (17)
金谷から大井川鉄道にちょいのりする
本来なら千頭の先、井川線沿線の吊り橋を散策しようと思っていたけど
富士登山で静岡側に下山できなかったため予定が狂ってしまった

大井川鉄道に未練たらたらなので一つ先の新金谷駅までプチ乗車することにした
ちなみに2年前に全線乗り潰しています

14時06分発の新金谷行き電車に乗り込む
狙っていた南海ズームカーではなく近鉄からやって来た16000系が運用についていた

26826h (18)
14時06分 ほぼ貸し切りの状態で金谷駅を発車

近鉄では特急として使われていた車両ではあるけど1965年から製造された形式なので車内には
リクライニングシートではなく回転クロスシートが並ぶ

リネンも真っ白で一見するととてもきれいな車内のようにも見えるけど


26826h (19)
座席肘掛は写真の様にそぜてボロボロになっていた
なんか内臓が飛び出したように見えてとても気色悪い


26826h (20)
14時10分 終点新金谷に到着
この駅は車両基地・工場を併設している大井川鉄道の拠点駅となっている

26826h (21)
側線にはトーマス列車も留置中
個人的にはあんまり好きではないなあ
てかこれ人身事故やらかしたらそれこそホラーみたい


26826h (22)
ターンテーブルの上にはC11が乗っていた
車両基地の一部は有料で公開されているけど今日はもう終わっていた
まあ2012年に来たしいいや

26826h (23)
駅から大井川付近へと延びる側線
通称「構外側線」とか呼ばれているらしい
線路上には引退した421系が留置(放置?)中

26826h (24)
住宅街の中にボロボロの車両が存在している少し異常な風景


26826h (25)
車輪には雑草の蔓が絡んでいた
もう走ることは無いんだろう

26826h (26)
こっち側のテールライトは落っこちたのか
目が潰れた哀れな顔を晒していた


26826h (28)
車両基地を観察…
西武から移籍してきたEL


26826h (31)
車庫のなかには十和田観光鉄道からやってきた元東急7200系の姿も…
今年の2月から大井川鉄道で運転を開始したそうな

50年くらいたった車両を8000万かけて導入したとかで
そこまで金出すくらいだったら東急のもっといい中古車をもらえたような気がしないでもない
まあ両運転台の車なんでこれの方が使い勝手が良いんだろう
大井川鉄道は数年前にダイヤを大幅減便するなど経営は火の車
7200系を買わざるを得ない状況はそれを象徴する出来事のような気もする


26826h (32)
ちなみにこの引き込み線は1キロほどの距離があり
終端部には部品取り用の錆びたSLの残骸などが放置してあるここの比ではない異常な光景が広がっているらしい
興味のある人は適当にググったら画像が見れるはず
自分は時間が無いんでこの後駅に戻りました

26826h (34)
JR新金谷駅へ引き返す
千頭からやって来た新金谷行き普通列車にはお目当ての元南海ズームカーが運用されていた
このよれよれの木造架線柱が立ち並ぶローカルな雰囲気
本当に大好きです!
熊電と違いクロスシート車が運用についているから益々良い

26826h (35)
あまり知られていない気もするけど新金谷~金谷間はスタフ閉塞
というわけで右手にスタフ、左手に手旗を持った駅員が列車の到着を待っていた

26826h (37)
草ぼうぼう、よれよれの線路を進み金谷へ…

26826h (38)
数分で終点金谷着
昭和33年にデビューした南海21000系
原型ヘッドライトの急行型亡き今、鉄道界で最高の顔をした車両だと勝手に思っている

26826h (39)
惚れ惚れしてしまう素晴らしいデザイン
大井川鉄道 万歳!

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR