4日目その1 白馬大池・舟越ノ頭から雲海を見る&雷鳥! ★山から海まで東日本周遊の旅

前日へ

2015年8月9日(日)
本日の予定 
白馬大池→栂池→白馬駅→東京へ


山荘の朝は早い…
たしか朝食は5時からだったと思う
5時前には食堂前から廊下まで長蛇の列ができていた
ただ長居する人間はいないので15分ほどで食事にありつけた…と思う

25809sb (2)
今日もいい天気!
快晴だ


25809sb (1)
寝床
持病の?腹痛もあり山荘を出発したのは朝の6時30分ごろ
ライトを探していたりもしたんで最後発組となったようだ
ただ今日は昼頃までに栂池に下れば良いので時間は腐るほどある
結局ライトは見つからん
だれか間違えて持って行ってしまったんだろうか

25809sb (4)
キャンプ場脇のお花畑
チングルマの綿毛が朝日に照らされ輝いていた

25809sb (3)
昨日も登場したなんかの花

25809sb (5)
とりあえず舟越ノ頭まで向かうことにした

25809sb (6)
登山道から白馬大池を見下ろす
大池の向こうには雲海が広がっている
なんか現実離れした景色じゃないか


25809sb (7)
ちんたら歩き1時間ほどで舟越ノ頭着
足元にはもこもこした雲海が広がっていた
北海道には雲海テラスとかいう観光地があるけどたぶんそれとは比べ物にならないくらいの美しさだろう
凄いわ
こんな景色を見てしまったら本当に目が肥えてしまう

…と思っていたけど調べてみると雲海テラスからの景色もこれに負けず劣らずというか
これに勝るほどの絶景のようだ
失礼しました

よく考えたら盆地を見下ろす高い所からだとタイミングさえ合えば割とどこででもこんな景色は見れるはずだ


25809sb (9)
目もまともに開けれられん程の超逆光
ずっと景色を眺めていたら瞬きした際に視界が黒っぽくなった
目がおかしくなったら洒落にならない


25809sb (10)
写真だけだといまいちスケール感が分からんので人を入れて撮ってみる
ズームで雲海を撮っていたわけではなく本当に直ぐ足元にそれが広がっていることが分かると思う


25809sb (8)
舟越ノ頭から稜線を見る


35分ほど景色を眺めた後下山開始
25809sb (12)
下山中またまたライチョウと遭遇!
おってほしいなあと思うときはたいてい会えないんだけど
本当に遭遇できるとは思わなかった
今回の登山では5度目、通算で10度目の遭遇となる
なんか持ってるなあ


25809sb (13)
母ちゃん


25809sb (14)
子どもを5羽以上連れていた
ひょこひょこ動き回るんでカウントできなかった


25809sb (15)
雛だお
雑草の先っぽ、多分実を啄んでいた
可愛い鶏みたいな風貌だ


25809sb (16)
もっと近寄ってこないかなあと思いながらライチョウを観察していたら
一人の馬鹿登山客が雷鳥の至近で撮影しようと登山道を外れたエリアまでずかずか踏み込んでいっていった
当然雷鳥は奥へ奥へと逃げる

戻って来たこのブス女は仲間に「めっちゃ近くで雷鳥が撮れた!」などと喋り喜んでいる様子だった
あまりにも腹が立ったんで後姿をこの1日の平均アクセス数が60程度の糞ブログに晒してやることにする

25809sb (17)
あんなに遠くへ行ってしまった…
さようなら雷鳥
次に来る機会があるか分からんけどそれまで絶滅せずに頑張ってください

結局30分ほど雷鳥をぼけーっと観察していた
ちょっと時間的にやばい気もする

25809sb (18)
きらきら白馬大池の湖面が光る

25809sb (19)
9時ごろ 白馬大池山荘着
キャンプ場脇のトイレで用を足した後栂池目指し出発進行


25809sb (20)
白馬大池の景色を目に焼き付ける
相変わらず不気味なほどいい天気

続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR