4日目その2 白馬大池→白馬駅 下界へ戻る★山から海まで東日本周遊の旅

その1へ

25809sb (22)
白馬大池の畔に造られた登山道を進む

25809sb (21)
水が澄んでいる

25809sb (23)
池の脇の斜面を登り9時35分
白馬乗鞍岳着
数分休憩


25809sb (24)
ここ(2469m)からは栂池の自然園駅まで(1829m)まで延々と下りが続く


25809sb (25)
上写真が最後の雪渓
写真中央より上は天狗原(てんぐっぱら)の湿原が広がっている
湿原の中には木道が続いているのも分かると思う
そこを通って栂池に向かう

まだまだ道は長い・・・


25809sb (26)
アイゼンがいるかなとも思ったけど
距離が短く勾配も緩いため軽登山靴で問題なかった

もう少し時期が早かったら全く違う状況だったんだろうか


25809sb (27)
相変わらず良い天気


25809sb (28)
巨岩がごろごろしている
岩と岩の隙間に落ちたらえらいことだ


25809sb (29)
上を見上げる
当初は大雪渓を登り切る自信が無くて、栂池から登って白馬大池まで往復するプランも考えていたけど
こっちはこっちで急坂が続くしなかなかきつそうだ
下りだからまだ良いんだけどこれを登るのはちょっと心が折れそうな気もする


25809sb (30)
道は木道に変わった



25809sb (31)
木道の周囲は湿原となった
ただあまりにもいい天気の為か水は干上がっている個所が多かった
九重の雨ヶ池を思い出した


25809sb (32)
干上がらずに残っている池塘の縁には綿毛を付けたワタスゲが生えていた


25809sb (33)
10時40分 標高2180m 天狗原(てんぐっぱら)着
栂池高原を11時30分に出るバスに乗る予定だったけどもうどう考えても間に合わない
12時26分白馬発の普通にも当然乗り継げない

…まあなんとかなるやろ
最悪特急を使えばいいだけだ

25809sb (34)
木道から白馬乗鞍岳方向を見る
湿原に水が残ってたら美しい景色だったんだろうけどなあ


25809sb (35)
へろへろになりながら山道を下る
遠くには栂池のロープウェイのりばの屋根も見えてきた
もうちょいだ



25809sb (36)


25809sb (37)
11時37分 ようやく到着…と思ったけどこれはビジターセンターの建物だった
ロープウェイのりばはまだ下にある


25809sb (38)
良く分からない奴が出迎えてくれた
8.11のたすきを巻いているけどその日に何かイベントでもあったんだろうか


25809sb (39)
舗装された地面
今まで山道ばっか歩いてきたんで妙に固く感じた


25809sb (40)
11時43分 ようやく到着!


25809sb (41)
10分ほど待ってロープウェイに乗車

25809sb (42)
そんでゴンドラに乗り継ぎ無事下界に到着
13時発の白馬行きバスに乗車


25809sb (43)
登って来た山々を見る
山の上はあんなに空気が澄んでいたのにこの辺は霞んでしまっている
大気汚染ではなくて盆地だから湿気が溜まってこんな感じになってしまってるんだろう


25809sb (44)
30分ほどで白馬駅に到着
蒸し暑い!

次回からやっと鉄道の旅に戻ります
続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR