6日目その2 JR最後のキハ58 さんりく北リアス号(Kenji編成)に乗車!★山から海まで東日本周遊の旅

その1へ

081127 (14)
盛岡~久慈間を走る臨時快速さんりく北リアス号
キハ58のKenji編成と三陸鉄道の車が隔日で運用に入るようだ
Kenji編成は国鉄末期~JR民営化直後に大量発生したキハ58系列ジョイフルトレインの最後の生き残り
旅の主役にしても良いくらいの格がある列車だと個人的には思う


実はこんな乗り得列車が運行されているのを知ったのは昨日の深夜だった
本当に無能すぎる
仮にスルーしてたら帰って死ぬほど後悔したと思う
この日が運がいいことにキハ58編成の担当日
本当に記録できて良かった

081127 (12)
車体側面には前ページでも紹介したゆるキャラ「わんこきょうだい」がべたべたと貼ってある
こいつは「うにっち」というらしい
なんか海に蹴り落としてやりたくなる

081127 (13)
先頭側面には兄弟が勢ぞろい
最近ありがちなステンレス無塗装の車にべったべった広告やらシールを張るのは本当にみっともないと思うけど
塗装車だとそんな違和感も特になく結構いい感じのように思う

081127 (15)
隣のホームには485系の快速ジパング平泉号が停車中
485系とキハ58という大ベテラン同士ではあるけどどっちも原形をとどめないくらいに改造されてしまっている



081127 (9)
次観る機会があるかどうかも分からないのでこっちも写真にとっておこう


081127 (10)
4号車のデッキ部分を車外からのぞいてみる
モニターが設置されて観光ビデオのようなものが流されている
こんな良く分かんないもの造るくらいならソファでも置いてフリースペースにすればいいのに…


081127 (16)
発車間際には駅員たちが出てきて横断幕をもってお見送り
鉄道ファンのおじ様たちの向こうには海女ちゃん風の格好をしたコンパニオン?もいた
自分はまだ若いのであんな至近で撮るのは恥ずかしいわ

081127 (11)
車内を記録
鉄道ファンはみんな知ってることかもしれないけど中間の2号車はこのように変わった座席配置となっている
窓側が通路になるってのは正直良く分からない
同業者の撮影会場のような状態となっていたんで好き好んで子の号車に座る人間はほとんどいなかった

081127 (27)
先頭車両の運転席後ろ付近は展望室となっている(宮古到着後に撮影)


081127 (26)
運転台(宮古にて)

P1470780.jpg
展望車は通常座席よりも一段高くなっている
天窓が付けられていて曇り空ながらこの日は蒸し暑くあまり居心地はよさそうではなかった
紫外線カットのガラスでもなさそうなので晴れた日は結構きついかもしれない

P1470782.jpg
一般の車内(この写真まで宮古)

081127 (25)
洗面台


081127 (20)
10時05分 定刻に盛岡を発車
先頭展望室以外はガラガラとなっている
自分も最前列ではないものの先頭展望者の座席をいったんは確保したけど
同業者が密集していてとても蒸し暑く居心地が悪かったので先頭後方の一般座席に座ることにした

JRのプレスには「昨年好評であった「さんりく北リアス号」を本年も運行します」と記載されているから
前回運行時にはもっと客が乗っていたのかもしれない
こんな乗り具合なら次から列車の設定がなくなるんじゃないかと心配したけど
いま調べてみるととりあえず来年の2月までは土日中心に数日間の運転が決定されているようだ
雪景色の中を進むkenji号も一度見てみたいもんだ


P1470725.jpg
特に変わり映えの無い山の中を進む
車内は若干煤煙臭い
普段列車で酔うことはないけどなんか少し気持ち悪くなる

081127 (21)
詳細な時刻は忘れたけど10時50分過ぎに区界駅に到着
この駅では盛岡行きの快速リアスと行違うために5分ほど停車した

081127 (22)
ホームの長さが短いため先頭はホームに収まり切れていない
このため先頭3号車はドアカットが行われていた

ちなみにこの駅はなんと標高744m
東北地方では一番高いところにある駅だそうな

ただ下界と比べてとても涼しかったとかそういう記憶はあまりない

詳しくは後日駅舎のコーナーにアップしたい
あそこも1年近く放置してるけど…


081127 (24)
自動ドアの表記もなかなかレトロ

P1470770.jpg
11時25分ごろ 川内駅を通過
これは給水塔かな?


P1470774.jpg
まもなく宮古…


081127 (30)
12時10分過ぎに到着
いやあ長かった
といっても工程の半分以上は熟睡してたと思う
山田線は有名なローカル線ではあるけれど山ばっかでぶっちゃけ大して面白みがなかった


081127 (28)



081127 (29)
中間のキハ28
こちらのお顔はほぼ原形のままだ
中間のため顔全体を見ることができないのが残念だけど入換のときなんかには先頭に立つこともあるんだろう

この顔を先頭にして走る姿も見てみたいもんだ

この編成も製造から約50年
いつまで走ってくれるんだろうか

頼もしいことにjr東日本盛岡支社のページには「岩手県の観光キャンペーンで使用している 青を基調とした車体カラーに塗り替えてこれからも大活躍するのじゃ」という記述もある

還暦まで頑張れるかな?

この列車は宮古どまりではなく三陸鉄道線に入り久慈まで運行する
30分ほど停車したのち12時40分過ぎにごくわずかな乗客を乗せて発車していった

もうJR線内で動く気は58系列を見ることはないんだろうなあ…とちょっと悲しくなっていたけど
次の日にもう一度乗る機会がありました
その様子はまた何日か後の更新でアップするつもり


続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR