8日目その4 青い森鉄道&IGRいわて銀河鉄道初乗車! ★山から海まで東日本周遊の旅

その3へ
P1490934.jpg
15時22分発の青い森鉄道八戸行きに乗車
北海道東日本パス利用なので追加料金なしで乗れる

15813a (63)
相変わらず素晴らしく天気がいい
三陸を周ったときにもこんな天気だったら良かったのになあと思う
遠くの山々は八甲田山だろうと思ってたけど地図を見直すと
白神山地とかその辺の山のようだ
まあどうでもいい


15813a (64)
夏泊半島の付け根を進む



15813a (65)
16時53分
終点八戸に着いた
58分発の二戸行き電車に乗り換える
いつも思うがステンレス車に薄い水色のラッピングはどう考えても似合わない
いっそのこと全面ラッピングしてくれたらいいのにと思う

15813a (66)
東北新幹線の高架と並走
特に変わり映えの無い田舎の風景が続く


15813a (67)
気付けば車内はガラガラ
車両は701系だが一部の編成の車内はこのようにクロスシートが設置されていた
JRも積極的にクロス化工事をやってくれれば今よりもずっとましな鈍行旅が楽しめるのに…
羽越線とかに乗ると酒田から青森まで延々701系に乗る羽目になる
正直あの区間にはもう乗りたくない

P1500004.jpg
17時28分、岩手県に入って一つ目の駅である金田一温泉駅で下車
この駅から南はIGRいわて銀河鉄道の管轄区域となる
ちなみにwikipediaを見て初めて知ったが乗務員は青い森鉄道・銀河鉄道双方とも通しで乗務するらしい
駅舎内は閑散としており委託の窓口もこの時間は閉まっていた

15813a (68)
線路わきの花畑と古い民家を撮る
中々いい雰囲気だった

15813a (69)
盛岡方から2番線に銀河鉄道カラーの701系が到着
この列車が当駅折り返しの17時45分発盛岡行きとなる

15813a (70)
やっぱり車内はガラガラ
発車時に列車に乗ってるのは自分と運転士含め3名だけだった

15813a (71)
昔は大動脈だっただけあって立派な複線が続く


15813a (72)
間もなく二戸駅
新幹線駅併設だけあって遠目に見てもでかい

15813a (73)
19時01分終点八戸着

15813a (75)
はやてという名前の駅そばやで腹ごしらえ


15813a (74)
盛岡名物らしい「じゃじゃ麺」を注文
特にうまくも不味くもなかった


15813a (76)
701系地獄の始まり~

20時54分 終点一ノ関着
21時ちょうど発の仙台行きに乗り継ぐ
下りはこの列車が最終列車となる
腐っても東北本線なのにいくらなんでもちょっと早すぎる気がする

15813a (77)
22時38分 終点仙台着
二戸出発後~仙台までは日も暮れたため写真も撮っておらず寝てたのか殆ど記憶もない
まあ701系だししょうがない

この後駅前のネカフェに向かった

翌日へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR