岩見沢駅 ★JR北海道 函館・室蘭本線

★岩見沢駅 北海道岩見沢市有明町南1-1  1884年8月15日開業 直営駅
14814 (516)
駅舎
かなり凝ったデザインの巨大な駅舎となっている
自由通路と一体化してる構造で改札も2回に設置されてるけど線路上空に改札が設置されているわけではないので
橋上駅舎には分類されないらしい

14814 (518)
こんな感じ

14814 (520)
壁面のレンガには名前が刻まれていた
1500円寄付した人の名前を刻む「レンガプロジェクト」という企画が行われていたそうな

14814 (535)
レンガ調の駅舎と一体化している自由通路を渡って駅北口にやってきた

14814 (530)
駅前一等地には空き地が広がっていた
その向こうにはレンガ庫らしきものが…

14814 (531)
アップで
調べたところこの建物は保存されているわけではなくまだ現役で、JR北海道が保有しておりレールを加工するレールセンターとして使われているらしい
うっすら見える星形のマークは北海道炭礦鉄道の社章だそうで

14814 (512)
改札口

14814 (513)
改札付近の様子


14814 (521)
駅入り口から2階改札口へ続くエレベーターを見上げる
駅舎の外観は立派だけど中は結構狭いというか薄っぺらい
見掛け倒しと言ったらおかしいけどこんなに駅舎の幅を横に広げる必要はないような気もする


14814 (492)
駅名標

14814 (541)
駅名標

14814 (491)

14814 (489)
駅構内は3面5線

14814 (509)
1番線

14814 (494)
3・4番線上に設置のばんえい競馬を模した木彫り
「ばんばの像」というらしい


14814 (547)

14814 (539)

ホーム上屋にぶらさがっていた出発指示合図器
札幌駅ではいまだ現役で使用されているが岩見沢ではもう使われていないようだ

14814 (538)
軒下の乗車位置案内
特急街道らしくさまざまな列車の案内板がぶら下がる


14814 (537)
多数の留置線に検修庫があるなど構内は非常に広い
駅構内を自由通路から観察するとターンテーブルを発見
ターンテーブルから延びる線路の先はすぐに途切れたり草むらになったりしているようだけど今も使ってるんだろうか

14814 (319)

14814 (311)
数え切れないほどの線路がある割に車両がたくさん留置されているというわけでもないんで
構内はがらんとして寂れているような印象を受ける

P1350282.jpg
冬はラッセル車の拠点となっているようだ

最後の写真以外2014年8月撮影
最後のやつは2015年3月撮影



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR