50系流氷ノロッコ2号にお別れ乗車 ★2日目その3 毎年恒例?普通列車で行く春の大旅行記

その2へ
160226 (43)
快速しれとこ号が摩周に到着
予想通り座席はほとんど埋まっていて立客も出ている
去年と同じようにアジア系の観光客の姿も目立つ
10時21分 定刻に摩周を発車

160226 (44)
先頭のデッキに立ち前面展望を楽しむ
摩周発車後はしばらく原生林の中を進む
昨年この区間に乗車した際にはエゾシカやタンチョウが線路上に現れ列車の運行を妨げた
今回は何が出るんだろうと思っていたらいきなり警笛と急制動
写真には撮れなかったけど線路脇をキタキツネが歩いていた
根室本線の落石付近と同様に乗ったらかなりの確率で野生動物が見れる区間らしい
北海道らしく生物の密度が異常に濃い

上の写真を撮った付近では木々の葉っぱが落ちずに残っており
遠目に見ると紅葉のような感じで割と綺麗だった
当然近くで見るとただの枯れ葉だった

160226 (45)
列車は原生林を抜け雪原の中を進む
遠くの山は斜里岳
昨年と同じように山頂は雲に覆われていた

160226 (46)
11時10分過ぎ 清里町着
行き違いのため何分化停車するそうなんで車外に出る
カーブしている駅でもないのに列車とホームの間にはかなりの隙間が開いていて足を踏み外しそうになった

160226 (48)
こっちが到着して約1分後に行き違いの快速しれとこ号釧路行きが向かいのホームに到着
快速しれとこ号というとこの列車の様にヘッドマーク付きのキハ54系が運用に就くイメージを持っていたけど
キハ40も運用に入るらしい
キハ40にもヘッドマーク付けてくれればいいのになあと思ったけど貫通扉にヘッドマークステーが取り付けられていないため
マークを付けるのはそもそも無理のようだ

160226 (47)
列車は11時16分に清里町を発車する
発車まであと4分ある
ダッシュで行けば余裕だとは思うけど交換列車がすでに到着しているので精神的になんか落ち着かない
結局ホームからの撮影にとどめた

160226 (49)
11時28分 知床斜里着
2月いっぱいで運転を終了する流氷ノロッコ号に乗り換えるために下車

160226 (50)
到着ホーム向かいの3番線にはすでに緑色の客車が停車していたが
客扱いはまだのようで、自由席車両には数人の列ができていた

160226 (51)
先頭の機関車
ホームからはみ出して止まっている
160226 (52)
こちらは機関車と反対側の客車に運転台を取り付けた車両
客車5両+機関車1両とこのあたりにしては長編成の列車なので
やっぱりホーム端ギリギリ
知床斜里駅で顔を取ることは叶わなかった

160226 (53)
トロッコ車両をのぞいてみる
冬期間中は窓にガラスがはめ込まれているので実際にはトロッコではない
50系改造の客車が投入される前は貨車改造の本物のトロッコで運転されていたようで
乗客は毛布を被り震えながら景色を眺めていたらしい
そっちの方がどう考えても楽しい気がする

160226 (54)
だるまストーブも設置されていて正直暑いくらいだった

160226 (55)
海側の座席は窓の方を向いている
知床斜里駅で一応指定券を購入したものの窓側は全て埋まっていたため
結局自由席車両に座ることにした

160226 (56)
廃止4日前にも関わらず車内は割と空いていた
ボックスも海側をゲットできた
青モケットの50系客車は下手をすると普通の旧客以上に貴重な存在だ
観光案内が五月蠅いから国鉄時代の汽車旅の雰囲気は感じ取ることは出来なさそうだけど
マニア的には改造されたトロッコ車両に乗るよりもこっちの方が断然良い

11時55分 知床斜里を発車
160226 (57)
知床斜里発車後は終点網走に着く直前までオホーツク海のすぐそばを走る
残念なことに流氷は今日も接岸しておらず、残りかすがぽつぽつ浮かぶだけ
水平線付近に白い流氷帯が見えるもののあんな遠くにあってもなくても意味は無い

「年々地球温暖化の影響か流氷が見ることができる日は減っている」
「今年は観測史上最も遅く流氷が接岸」
「10年連続通っても流氷に出会えない人がいる 遠くの方に流氷が見えるが初めての訪問で流氷が見れるのはとても幸運」
みたいなめっちゃポジティブな案内放送が車内に流れているのがなんか虚しい
まあウトロでは腐るほど見れるだろうからいいや

160226 (58)

160226 (59)
北浜で少々停車
この辺まで来ると沖合の流氷帯すら良く分からんような状態になった
本日乗船予定のおーろら号のホームページを見ると沖合に流氷はあるらしいけど
このざまを見ると正直信じれん

160226 (60)
12時55分 定刻に終点網走着

160226 (61)
160226 (62)
駅舎側のホームに回って写真を撮ろうと思っていたら13時前に早くも北見方向に発車してしまった
もう少しホームにとどまってくれてもいいのに

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR